うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

福島から11時間かけて                                                                     希望の牧場代表の吉沢さんが京都に!まずは京都市役所前で演説が始まりました演説終了デモ行進が始まり ... 続きを読む
福島から11時間かけて
                       
                       
                       
希望の牧場代表の吉沢さんが京都に!





l06502
まずは京都市役所前で演説が始まりました



l06505


l06513


l06525
演説終了


l7561




l06532
デモ行進が始まります


l06538


l06545
蒸し暑い中の行進です


l06551
市役所から目指すは東本願寺


l06570
河原町通りを南下し三条


l06588
京都の一番の繁華街

河原町通りにはたくさんの観光客が



l06614
河原町四条


l06620
総勢200余名のデモ参加者です


l06633
河原町五条


l06646
烏丸通

右手奥にゴールの東本願寺です








l06671
たくさんの方々が演説をされました



l06678
その合間に吉沢さんは本の販売

寅さんばりに上手いセールストークです



l06691



l06708
吉沢さんの京都観光



l06711
観光といっても東本願寺の入り口だけですが



l06728
浪江を夜中に出発

11時間寝ずに到着してデモ行進

さすがにお疲れですね



l06744
19時を回ってもイベントは続きます

吉沢さんもテントを片付け そろそろ終了です



l06741
振り返ると京都タワー



l7568
今晩は本願寺の宿坊でお泊りです

ゆっくりお休みください



名称未設定 2
明日は大阪の集会に参加です

お近くの方 応援よろしくお願いいたします!




10年前2014年3月                                                                                            福島第一原発20キロ圏内が警戒区域だった頃のお話です警戒区 ... 続きを読む
10年前

2014年3月

                       
                       
                       
                       
福島第一原発20キロ圏内が

警戒区域だった頃のお話です

警戒区域南端の楢葉町に

一軒の金物屋さんがありました

震災から3年が経っていましたが

依然として立入は許されず

誰もいない町に

のこされた動物たちがさまよっていたのです





l2719
私が行くたびに居た一匹の黒猫




l4515_00002
私には保護する能力がなかったので

餌を置くようにしました


餌を置き

それを食べて生き延びてもらう

当時の私はそれだけしかできなかったのです




l4501_00001
「えさ台」を使ってくれていましたが

この時はまだ

近づくと逃げてしまうような子でした



また翌週に行ってみると




ab2543
身体の横側がおかしい

どうやらネズミ捕りの

粘着シートがくっついた様子

捕まえることも出来なくて途方に暮れていたところ




l2283_00002
金物屋のご主人が一時帰宅で戻って来られ

ありがたいことに

自分には馴れている子だから何とかしますと

おっしゃってくださった

黒猫の名前はクロだったことも教えていただき

震災前からお世話をしていたということでした




l3730
次に来た時にはお店の前に餌箱が置いてあり



l3412
ベタベタだったところの毛が

刈られていてスッキリ




l3415
ちょっと寒そうだったけれど

まずはめでたい


ところが

誰も住んでいないところに残されている

その状況は変わらず

お店の方も避難先には連れて行けないので

このままここに残しておくしかない





l4226_00001
私にも懐いてくれるくらいの

人懐っこいオス猫だったので

里親さまを募集してみることにしました




l2292_00003
お店の奥さまが描かれた里親募集チラシ(笑)




l4720
他にも猫がいるので

「えさ台」も新しいものに交換





こんなに人懐っこい子だったのか




l4820
ぽてぽてのクロ

見た目や性格は申し分ない

やがて救世主になる里親候補さまが現れたのです


里親候補さまはなんと新潟の方

新潟・・・また遠いところから・・・

でも猫のためなら距離なんて関係ない

その距離で手を挙げてくださったということは

それだけ覚悟があるということ


さっそく日にちを調整して

お迎えに来ていただきました




l4830
スゴイ! 軽自動車でお迎えですよ

左は私の軽自動車ココア(笑)




l4848
金物屋の奥さま 最後の抱っこ



l4867
お別れ

左が里親さまのSさん




l4884
そしてクロは新潟に旅立ったのです







さて

なぜ今 10年も前のクロの話をしているかというと

実は・・・・




403416225_304750245868796_223988232349315330_n
どーん



385529700_880212616905654_2242555141708969425_n
クロは元気だと連絡があったのです!

今年でなんと17歳

確かエイズ陽性だったと思います

しかしクロは元気です




385475238_678524187720964_585993225315121713_n
良かったなあ

君は新潟に行って大正解だったね




403403981_745090654180449_4099645253068353711_n
飼い主様Sさんからのメッセージ


最近のクロちゃんは今年で17歳、かなりおじいちゃんになりました。そして貧血でゆるやかに体重が減ってきております。 腎不全ではないものの、エイズの子に貧血は状態としては良くないとお医者様が言っているので、
猫用の鉄分サプリを試しにあげたりと、何とか回復してくれるように試行錯誤してます。 ご飯を食べる気力はあるので、こまめに病院に連れて行って体調管理に努めたいと思ってます! 毎日布団に入ってきて腕枕して寝ていて甘えっ子なところはかわりません笑




こんなお知らせ最高ですよね!

クロは

震災と原発事故によって窮地に立たされましたが

運と持ち前の性格で みごとに幸せを掴みましたよ




一匹の福島の猫が幸せを掴んだお話でした






せんちゃんは うちの子                                                                                              私が発見保護し最期はうちで看取り故郷の大熊町に ... 続きを読む
せんちゃんは うちの子
                       
                        
                       
                        
私が発見保護し

最期はうちで看取り

故郷の大熊町に埋葬

せんちゃんは うちの子だったのです






l5115
初めて目撃したのは



l5609
福島大熊町 山の入口の家

震災の年 2011年の12月でした

それでももう9カ月経っていてます



l5126-02
せんちゃんはひとりぼっちで生きていました


目撃したからには餌を置かねばなりません

当時の私は保護することができず

餌を置いて生き延びてもらうしか方法がなかった




l4737-02
まだ牛たちも何とか生き延びている頃



l4730
牛たちにはこの後

殺処分という運命が待っていました



l4734
ダチョウ牧場にも

辛うじて生き残っていた

ダチョウたちが居ました




せんちゃんを保護出来たのは翌年の5月

半年も待たせてしまいました





l4745
頑張って生きていた せんちゃん



l4758
ごめんよ

人がいなくなった町で1年と2カ月

気が遠くなるほどの時間だったことでしょう




l1050411
大阪にお住いの里親さまが手を挙げてくださり

お迎えに来てもらうまでお預かり




l1050449
大熊町で半年間 何も出来ず見てきた

せんちゃんがうちにいる

私は幸福感でいっぱいでした




l1050514-02
せんちゃん 良かったなあ



l1050617
せんちゃんはとても人馴れしていました


ところが・・・




1116
窓に鍵をかけ忘れていて脱走



l1067
なぜか うちの車の下に隠れていた


せんちゃんの脱走は3日間で終了

知らない土地で

不安な思いをさせて申し訳なかった




l1050733
心配したよ~




l0560
せんちゃん せんちゃん

かわいいよ せんちゃん




l20120830_234022
大阪の新しいおうちのせんちゃん

直ぐに馴染んだようでした



せんちゃんは体調を崩しながらも

3年間 家猫として暮らし

その後

せんちゃんも里親さまも

健康状態が悪くなってしまい

うちに戻すことになりましたが

うちに戻って2日で

病院で亡くなってしまいました



l4702210
助けてやれなくてごめんよ



l47022111
せんちゃんは故郷に埋葬することにしました




l8079
せんちゃんを初めて見かけた家の

裏の林に埋葬




l8276
せんちゃんがいた場所は

3年以上経ってもそのままで

せんちゃんがまだそこに居るような

そんな気がしたのでした




もうお正月の恒例となっている麦くん便りです                                                                                                           ... 続きを読む
もうお正月の恒例となっている

麦くん便りです
                                             
                                             
                                              
l218914819_0
ぼくは むぎ

ずっとひとりでいきていたんだ

あるひとつぜん おりにいれられたんだよね

そのときはこわかったけど 

そのあと わかいおねえさんが

ぼくのおかあさんになってくれた

とてもやさしくしてもらって

おかあさんとふたりぐらしをたのしんだよ

しばらくしたら かぞくがひとりふえて

おとうさんができた

またしばらくしたら

こんどはおとうとができたんだ

いまはかぞく4にんで たのしくくらしてるよ





l3790
今から8年前までは

麦は茨城県の水戸に近い

常磐道の友部サービスエリアで生きていました

かれがそこで生まれたのか

もしくは捨てられたのかは分かりませんが

そこで私に捕まってしまったのでした


その名はユウ





l218914821_0
飼い主さんは毎年お正月に

写真付きで近況を教えて頂いています



l218914822_0
しやわせのあくび




l218914824_0
保護した時が何歳だったかは分かりませんが

あれから8年

麦もいい齢でしょう

最近は寝てばかりだそうです

昨年は膀胱炎にもなったとか

いろいろ問題が出て来る齢になったということ



l218914826_0
それでもこうして甘えられる家族がいる幸せ



l218914827_0
麦は素晴らしい時間を過ごしています



l218914829_0
ぼく?

しあわせだよ? あたりまえじゃん



l218914830_0
幸せな麦

きっと来年のお正月も

元気な姿を見せてくれるでしょう



飼い主のおかあさん ちえさん

里親募集掲示板の麦を見つけてくれたおかげで

麦は幸せです

本当にありがとうございました




残念なお知らせです                                                                                                                       ... 続きを読む
残念なお知らせです
                                             
                                              
                                              
しろさびを殺処分から救い出し

松村さんに託した郡山在住のボランティア

佐藤さん

今日のお昼ごろ亡くなられたそうです


もう早くから病状は良くないことは

ご自身は知っておられましたが

私には一切話していただけませんでした

何度も福島に足を運んで会ってくださっていた

マルモさんからの連絡で先月知った次第




l07242
佐藤さんは三春にあった

福島県の被災した動物シェルターで

ボランティアをしておられ

その後

郡山から2時間3時間かけて

しろさびたちに会いに来て

ご馳走をふるまわれていました




l07567
しろさびも佐藤さんは大好きな人

だって命の恩人ですから


この軽自動車で毎回峠をふっ飛ばして

来られていたのです

「わたし飛ばし屋だから(笑)」

なんて言って豪快に笑われていました



l07686
恩人と言っても天敵でもある(笑)

毎回 はがい締めにされて

耳掃除や顔を拭かれるのですから



l00675
佐藤さんの行き先は

松村さんのところだけではありません

浪江町の赤間さんのところへも

お手伝いに行かれていました



l06271
人懐っこい犬たちの散歩は

運動にもなり癒しにもなっていました



l00718
誰もいなくなった町を散歩



l06809
赤間さんシェルターのドッグランにて

猫だけではなく犬たちにも

愛情を注いでおられました





さらに佐藤さんは一番重要な活動を

双葉町の帰還困難区域でされていました




l7153
震災前は原発のすぐ隣にあった

養鶏場で働いておられた佐藤さんでしたから

双葉町の帰還困難区域に立ち入る

許可証を持っていらっしゃったのです

一般の私たちは

独自に入ることのできない場所でしたので

どうしても手薄になってしまっていました

佐藤さんはキャットフードを抱え

区域内で残された猫たちのため

何カ所も餌場を作って給餌しておられたのです



20キロ圏内の動物たちを助けるために

行動された佐藤さん

佐藤さんのおかげで

たくさんの猫たちが生き延びられたことでしょう


腰が痛い

身体がしんどいと言いながら

身体が動く最後まで浜通りに通われました


残った私たちは寂しいですが

佐藤さんはきっと寂しくないはず

今年の2月にひと足早く逝かれた

ご主人が待っていらっしゃいます


そしてそして佐藤さんが助けた動物たちも

きっと虹の橋のたもとで待っていることでしょう



l8429
佐藤さんを一番に見つけてやってくるのは

間違いなく このふたり

佐藤さんは寂しくなんか絶対あり得ないと

私はそう思っています




佐藤さん ありがとうございました

大好きでした




福島の写真で探し物をしていて                                                                                                                  ... 続きを読む
福島の写真で探し物をしていて
                                             
                                             
                                              
今日は見つからなかったので

しろさびをどうぞ



l6637
2015年

8年も前

しろさびは仲が良かった



l6478
避妊が間に合わず

たくさんの子どもを産ませてしまったこと




l6520
それが申し訳なくて辛いです

生まれてきた子供たち

もちろん しろさびにも



l6820
会いたいなあ




l9040
ダチョウのモモ

しろさびは

この里に確かにいましたが

今となっては会える手段は

写真と

時々思い出す

自分の曖昧な記憶のみとなりました




写真の探し物をしていて                                                                                                                     ... 続きを読む
写真の探し物をしていて
                                            
                                             
                                             
見つけてしまったハチワレ猫のお話です

一度紹介しましたが再度




時は2011年震災の年です

7月

原発からほど近い双葉町で




l2061
一匹のハチワレ猫を発見



l2056
痩せていて元気がなさそうでしたので

保護を決断


しかし お腹は減っているはずなのに

捕獲器にはなかなか入ってくれませんでした


7月といえばまだ許可証も貰えず

勝手にバリケードを押しのけて潜入していた頃

長時間の滞在は無理

少ない時間の中で数回試すも

何日か かかったのを覚えています



l2107-02
いつも同じ場所にいたこのハチワレ

写真をクローズアップしてみると

胸の毛などが不自然なのが判明


原因は分からなかったけれど

とりあえず早く保護しなければと

福島に行くと必ず捕獲をチャレンジしました




l2110
何度かのチャレンジでやっと捕獲!

捕獲器の中にいるハチワレを良く見たら

首輪がたすき掛けになっていたのです

ハチワレは痩せてユルユルになった首輪に

前脚を通してしまっていた



l2191
カットした首輪

当然 飼い猫だったのでしょう



l2188
脇は擦れて皮がむけて痛々しかった

お前の飼い主さんは

迎えに来てくれなかったのかい


治療の後

東京のボランティアさんが預かってくださり

療養した結果



l0000
きれいに治り

身体もふくよかに



その後

里親さまも見つかり

もっちゃんと名付けられ数年生きましたが

確か腎臓を悪くしていて

亡くなってしまいました


それでも もっちゃんは

最後はおうちの中で暮らせた

ラッキーな猫だったのでした



背後で猫のケンカ時の唸り声が聞こえ                                                                                                               ... 続きを読む
背後で猫のケンカ時の唸り声が聞こえ
                                            
                                             
                                              
振り返ってみたら

ヤヨちゃんが寝ていた


l4699
ケンカの声はやがて収まり

次に悲しい声になった


負けたのか?

悲しい声は1分ほど続き

その後 寝息だけが聞こえるようになった



うちに来てからは

チャオと遊びで戦っているのを見ただけ

ということは

福島の記憶が蘇ってるのかなと思ってしまう


先日 X(エックス)で流れてきたポストで

荒川河川敷でアライグマが猫を襲っている

監視カメラ映像を見た

福島にもアライグマはいっぱいいたけれど

私の監視カメラでは

共存している映像しか映っていなかったから

結構 衝撃的でした

私が知らないだけでヤヨもアライグマたちと

戦っていたのかもしれない

その時のヤヨは

本当に生きるか死ぬかの環境にいたのだと

ふとそんなことを思い

より一層大事にしてやらねばと思い直したのです



--------------------------------------------------------------------



昭和の喫茶店「花梨」のママさんから連絡

去年からTNRしようとして

なかなか捕まらなかったオス猫を

やっと捕まえましたという連絡です




l03429
コイツ




l5443
コイツは私も一度捕獲にチャレンジしましたが

ギリギリ逃げられてしまった手強い奴だった


この地域で一匹だけだった未去勢猫ですから

とにかく強い



l12972
同じ地域にいた白血病のチャイも

コイツが怖くて

コソコソ餌を貰っていたという猫だったのです

いずれ消えてしまうのではないかと思い

保護した経緯があります



この地域のボス猫

これで少しは大人しくなって

皆と共存してくれればと願っています




ヤヨイです                                                                                                                           ... 続きを読む
ヤヨイです
                                             
                                              
                                              
ヤヨイは滋賀に来てから保護した子

でも保護したのは滋賀ではなくて福島です




l7742
ヤヨは身体は小さいのですが

うちでは一番強い存在かもしれません

といって威張っているわけではなく

とにかく自由

うちの中を誰に遠慮することもなく

自由に動き回っていて

オス猫の

チャオ レオーン うすお たまお チーたちからは

一目置かれている存在です







l03728
ヤヨが福島にいた2018年のころ



lneko03
何度か監視カメラにも映っていましたが

私は保護する余裕もなく

この子はこの地に置いておくしかないと

そう考えていたのです



l03808
監視カメラだけでなく

何度か実際に目撃したヤヨ

強く生きていってほしい

そう思ったのは

会った時はいつも健康そうだったから

この子ならこの環境でも生きていける

そんなことを思っていたのです



しかし




l04440
ヤヨが使っていた

最後の「えさ台」を取り外した時

ヤヨは現れたのです


その姿は疥癬に蝕まれ

今までのあの元気な姿からは程遠かった




l04406
ヤヨの餌場を失くすことは

とても不本意ではありましたが

現実問題として

滋賀から通うのはもう無理と判断

しかしヤヨは私が来たことで

餌が貰えると期待して近づいてくる



この時の数分で私はいろいろ考えました

そこで出た答

ヤヨを保護することで

すべてが解決することが分かり

彼女を保護したのでした




l7754
うちに来たのが2021年3月

初めてヤヨを確認したのは2018年5月

確実に3年以上

ヤヨは

何もない原発20キロ圏内で生きていました

本当によく生きていたと思います





l7764
もう心配ないよ

なんて

人間はいろいろ考えてしまいますが

ヤヨは飄々と生きています




l7732
マイペースヤヨにとっては

福島もうちも何も変わらないのかもしれない

それでも私にとって

あの場所から救い出せたという満足感は

言葉にできないほどです


ヤヨが私のことを好きでいてくれることは

私の後追いをしてくれることで分かります

でも撫でようとすると

すーっと離れていきます(笑)





pero
うちにきてしばらくケージ生活をしていた時

その時は撫でさせてくれていたのです

撫でるどころかペロペロまで!




ケージを出てから触れなくなってしまったヤヨ

それでも 後追い お風呂上り待ちなどで

ヤヨからの愛情はしっかり感じ

それで満足している私なのです








福島に通っていた頃                                                                                                                       ... 続きを読む
福島に通っていた頃
                                              
                                             
                                              
最後に訪れていたのが

しろさびの里

その夏の思い出です




l1241
しろ


l1319
さび


のこされた猫たちの給餌に回り

フードが減らなかったり
(ということは猫が居なくなった)
(ということは・・・)

また「えさ台」の破壊など

こころが沈むこともしばしば

それでも最後に寄る しろさびの里で

このふたりに会って

なんとか心を取り戻せて

東京に戻っていました



l1342
贅沢だけど必ずパウチをご馳走

お腹がいっぱいになるまでね



l1235
辛いばかりの福島行でしたが

この子たちのおかげでどれほど救われたか









ずっと見守りたかったけれど

叶わなかった



それが残念でならないのです





ヤヨちゃんです                                                                                                                         ... 続きを読む
ヤヨちゃんです
                                              
                                              
                                              
福島から保護してきた

私の餌場の最後の猫 ヤヨイです




最後の「「えさ台」」活動

帰ってまいりました





l3355
うちのヤヨちゃん

手袋が好きなようです


これは咬まれる子から手を守るために買った

溶接用手袋




l3345
皮の匂いが好きなのか



l3353
ずっと離れません



l3380
ソファーの背もたれに置いても離れません

堪らないようです



ヤヨちゃんのことで知らなかったところが

またひとつ判明しました





福島の記憶                                                                                                                           ... 続きを読む
福島の記憶
                                            
                                             
                                              
福島第一原発の事故により

まき散らされた放射線

原発から半径20キロ圏内は

閉ざされてしまった



l9581
その中ではおびただしい数の動物たちが

苦しみ息絶えていったけれど

何人ものボランティアよって

救い出された動物たちも少なくはなかったのです



l0007



l9958



l0482




l9562-02




l9680



l0007



l0025



なぜ突然

福島のことを書いているのかといいますと

あるテレビ番組から番組内で使用するために

写真をお借りしたいという依頼がありました

それは人物の写真で

もう何年も前に袂を分かった人の写真

その分かれ方が先方が一方的に私を切ってきたので

私はあまり良い印象を持っていないのですね

今回も写真を使用したいのなら

制作会社から言って来させずにご本人から

言ってくるのが筋だと思ったのです


ですがOKしましたよ

あの時の活動は動物を救うため

身を粉にして活動されていましたから

それは傍で見ていても間違いないと思います

ただ私は

寄付金のことだけが引っ掛かっていただけ

それを言うと何とも言えない雰囲気になって

結局そこから先へは進めなかった

そういう意味では私も同罪なのかもしれません





l4512-02
希望の牧場


ここもまた現在 お金の問題が噴出しているようです

Twitterで流されているようですが

私には触れない問題です

しかしこちらも応援していたという意味で

私にも責任の一端があるのかもしれません

実際 希望の牧場に

60余頭の牛を丸投げした団体の代表の女性は

裁判で負けても1千万円のお金を持って

現在も雲隠れしています

ここもまた私は応援してしまっていました


こうしてみると

動物愛護の世界は規模は違えど

本当にこういうことが良くあります

これは最初からうまくやってやろうと思っていた

騙そうとしてやっていたわけではなくて

初めは動物たちのためにと

純粋な気持ちでやり始めます

やがてその活動が認められ

恐ろしい大金が寄付で入ってくるようになって

それが頑張っている「自分」に寄付されたものと

勘違いしてしまうのです

本来は「動物」のために寄付されているはずですね

そうなると自分の財布とごっちゃになって

とても収支報告などできなくなっていきます

よっていつまでたっても収支報告は出せず

そのままほとぼりが冷めるのを

ひたすら待つしかないのです


こういうケースを現実にもネットでも

散々見てきていますので

私がお金に神経質になるのは無理もないことなのです


とまあだらだら書いてしまいましたが

これは今まで触らないようにタブーにしていたこと

それが今回

ご本人がテレビに出したいということですので

写真を出す私としては

そのまま喜んで提供はしていないということだけ

表明しておきたかったのです




以上です





2011年8月11日                                                                                                                          ... 続きを読む
2011年8月11日
                                             
                                              
                                              
夜が明けて1時間ほど

私は福島の阿武隈山地にいました


当時 福島第一原発からの半径20キロ圏内は

警戒区域となって立ち入りが制限されていて

閉ざされた20キロ圏内では

猫たち犬たち家畜たちがお腹を空かせて

人間が帰って来るのをひたすら待っていたのです


警戒区域に立ち入ることは違法行為

しかし当時動物を見捨てることができなかった

ボランティアさんや私は

たとえ捕まっても

それでもいいとバリケードを突破して

区域内に侵入していたのです




ll8539
山間部の道はバリケードも手薄な場合が多い

私は自分専用の良い侵入カ所を見つけていました


当時自分の車というものがなく

カミさんの車を借りて福島に来ていました

かわいいココアです

でもよく走ってくれましたよ



ll8535
バリケードに到着

柵をワイヤーで固定してあります

そしてワイヤーをしっかり固定する南京錠

ワイヤーをカットしない限り侵入は難しい

カットか・・・

しかしたとえカットしてその日侵入は出来ても

後日見回りに来た人間が気が付けば

また新たなワイヤーで固定されてしまう

さらに

もっと強力なバリケードになる可能性もあるので

目だったことはできない

そこで私は一計を案じました




ll8536
この南京錠・・・

破壊して同じものを購入して付け替えちゃった

やっぱり器物損壊になるんだろうな

カギはもちろん私だけが持っている

こんな田舎道のバリケードから入る

行政の人間もいないので

彼らがするのは

ちゃんと鍵が掛かっているかのチェックだけ

南京錠はしっかりかかっているので

ここから侵入していることはバレなかったのです


もう時効だと思うから話すのですけどね




ll8515
侵入してしまえば殆ど誰とも会うことはない

阿武隈山地の山道をトコトコ走り

海側に降りると大熊町に出ます

大熊町は原発立地町で

線量も高く危ないと言われていましたが

長期的には分かりませんが

短期的にはどうということもなかったので

平気で活動していたのです




ll8532
寄った駅が常磐線JR大野駅

原発の最寄りの駅です

もちろん人っ子一人いないし

いつまでか分かりませんが当分列車が来ることもない

生活音がまったくしない

風の音だけがやたら大きく聞こえました


ここらあたりにも

犬や猫がいたことは分かっていたので

フードを置く準備していたら




ll2398
はっ

猫がいる!

今日は 8月11日

震災からちょうど5か月も経っている

この子は5か月も

人のいないところで生きていたのか

食べものはボランティアが置いた餌だけ

ボランティアがいつ来るかも分からないところで

茶白猫は必死で生きていたのでしょう


そう思ったら

これは連れ帰らねばならないと

東京のボランティアさんに

預かっていただけるかどうかを連絡

連れて帰って良いと許可を頂き

捕獲器を設置




ll2403
ガタイはいいけれど痩せています

手前に捕獲器を置きました


刺激しないように離れて様子を見ます

頼む 入ってくれ!




ll2405
来た!


後ろにあるキャットフードはすでに空っぽ

お腹が減っていたんだろうなあ


いいぞそのまま奥に入るんだ!





ll2410
カシャン

しまったあああ!(茶白猫)



ねこちゃんねこちゃん

扉は閉まったけれど 君はしまってないよ

大丈夫

この時は肝を冷やしただろうけど

君は凄いチャンスを手に入れたんだ

とんでもなくラッキーな猫だったんだよ



この茶白猫は東京に連れて帰り

すぐに里親さまが決まった

その里親さまに大事に大事にされて

震災や原発爆発 5か月間の放浪

そんな大変だった過去のことなどすべて忘れ

何年も生き

先日 6日

ついに虹の橋へ旅立ったのです

晩年は心臓が悪くなったりあちこち不調だったそうですが

保護後12年も生きましたよ

推定20歳に届くかどうかくらいの年齢でした


最期までスーパーかわいくって賢くて優しくておおらかなとても良い子でした。

飼い主さん絶賛の猫です



福島で保護したから「福ちゃん」

たくさんの仲間が死んでいった福島で

運良く保護され幸せになった

数少ない猫



福ちゃん お疲れさま 良かったね



そして飼い主さん

福ちゃんを幸せにしてくださり

本当にありがとうございました







年の初めの麦くん便りです                                                                                                                    ... 続きを読む
年の初めの麦くん便りです
                                             
                                             
                                              
今年も送られてきた麦くん便り

毎年お正月に送ってくださる里親さま

これが嬉しいです




麦くんは福島に通っていた

2015年10月に

常磐道 友部サービスエリアで保護した子

その名はユウ



l03
保護して うちにいた頃

もう かわいいのなんのって!

こんなかわいい子だから

すぐに里親さんが決まりまして



b18284557
ユウちゃんは麦と名前を変え

若き女性に引き取られていったのです




l76046339
その後 2019年

女性はご結婚をされ 麦に弟ができました



l105971721
弟と仲良くTV鑑賞
(2021年お正月に送られてきた写真)



l145653771
弟に勉強を教えています!
(2022年お正月に送られてきた写真)



そして今年です




l184885259
麦 2023年版



l184885258
弟に続いて

麦に妹ができました




l184958981
弟はこんなに大きくなりましたよ



l184958979
お兄ちゃんが撫でられていてどうするの(笑)

でもこうして猫に触れながら

成長するっていいですよね





l184885261
麦は幸せ


来年のお正月には

また成長した弟妹と

やさしい猫 麦を見られることでしょう


それが楽しみです




さびが富岡町にやって来たのも                                                                                                                  ... 続きを読む
さびが富岡町にやって来たのも
                                             
                                             
                                              
当然しろと同じ2013年6月

ふたりは姉妹でした




l1726-02
一般的に さび柄の子は賢いと

そう言われているのが分かるような子







l6406
好奇心旺盛

さびはこの土地にすぐに順応し

狩りを始め

何でもひとりで始めることができ

しろはさびにくっついて

いろいろ学んでいたような気がします





l9624
さびは しろのお姉ちゃんという立場が

誰から見てもすぐに納得できる

そんなしっかりものの猫でした





l7858
さびの性格が少し変わってきたのが

2017年に入ってすぐの頃

子どもを2回出産してからです

まずは子どもたちが3カ月を過ぎると

寄せ付けなくなりました

母を慕って近寄る子供たちを追っ払うのです




l9055
そしてそれは しろにも向けられました

しろはさびが大好きだったので

一緒に居ようとしますが

さびはしろを攻撃するようになったのでした




l05870
子どもを独り立ちさせようとする母親

野性の世界ではよくあること

野性の心が残っていたさびには

当たり前のことだったのでしょう


妊娠しなければ

子どもを産まなければ

自然の中で暮らさなければ


避けられたことだったかもしれません



猫に関しては犬と違い

まだまだ自然に任せ

自由に外で生きる方が幸せだと

そういう考えでおられる方が多いです

確かに猫が野生動物だったなら

私も猫に関わることは無かったかもしれません

同じようにいたタヌキ キツネ ハクビシン

アナグマ アライグマ ネズミ イノシシなどには

手を出さないようにしていましたから




l7879868186863
しかし猫は明らかに違う

野性を残すさびだって

人から餌をもらって生きていて

狩りが上手いといってもそれだけでは

生きていくことなどできない

野生動物から程遠い生き物なのです


でも

ほんの少し残っていた野性の心が

周りの猫たちの運命を変えてしまった

さびによって追い払われた子供や孫たち

どこへ行ったのか行方は分かりません

辛うじて私が保護した4匹の孫たちのみ

現在も生きています




l01967
しろも結局 行方知れず

さびは一人ぼっちになりましたが

それはさびが望んだこと

彼女は本能に従って

当たり前に生きたにすぎません



「ここはわたしのなわばり」



皆がいなくなった しろさびの里は

さびひとりのものとなり

さびはご機嫌で生きていました

野性の心を持っていたとはいえ

人間に対する態度は誰にも甘えん坊で

飼い猫そのものでした





l02001
私が撮影した さびの最後のカットの中の1枚



バイバイさび

また来るからね



そう呟いて帰ったのが最後の別れでした



さびは2021年8月1日亡くなりました

発見したのはしろさびを富岡町に

連れて来て下さったボランティアさん

病気で弱っていたわけでもないさび

誰かと戦ったのかもしれません

雨に濡れた身体の首のあたりに

少し血がにじんでいたような跡がありました

自然の中で生きていたことでの死

もし家の中で飼われていたら

ここでも たら れば が出てしまいます

それを言っても もはやどうしようもないこと

さびは自分の猫生を全うして死にました

それはきっと後悔など微塵もない

さびの生き方だったのでしょう





li2z6eeFg
さよなら しろさび













福島県双葉郡富岡町                                                                                                                       ... 続きを読む
福島県双葉郡富岡町
                                             
                                             
                                             
しろとさびが富岡町にやって来たのは

2013年6月



l8415
私が初めて会ったのが7月4日

殺処分をぎりぎり免れて

ここにやってきたことも知らずに

しろは無邪気に走り回っていました




l6015
2016年

3歳になったしろ



外で飼われていることに

少し抵抗を覚えましたが

ここは通常の場所ではない

原発20キロ圏内

車もほとんど通らないところ




l5976
外を自由に駆け回るしろを見ていて

しろはきっと幸せなんだろうと

自分に言い聞かせ

このままずっと何ごとも起こらないで

幸せに暮らしてくれることを願っていました



l1110390
しろは好きな時に外に出て

好きな時に家の中に入れました



l1110333
誰にでも良く馴れ

たまにしか来ない私のような者にも

よく懐いてくれました




飼い主さんとの考え方の違いで

避妊手術ができず

やがてどこから来たオス猫と結ばれ

しろとさびは同じ時期に2回のお産をしました

2回目のお産をした時

しろは さびの子どもたちも引き受けることになり

自分の子どもたちも含め

10匹ほどの子どもたちを育て上げました



l5450-02
そのことにより しろの身体はやせ細り

ぼろぼろになってしまいました



このままではしろは死んでしまうと

飼い主さんを説得

そして富岡町にいたら管理も出来ないから

しろはうちに来てもらって療養してもらい

体力が回復したところで避妊手術もして

必ず富岡町に戻すことを約束して保護したのです




l5457
予定は3週間

まずは手術に耐える身体になってもらうため

最初の1週間半はひたすら栄養を付けてもらう




l5761-02
そして避妊手術をし

残りの1週間半を術後の療養に当てました




l5785
うちのまるとは仲良くしてくれましたが

とら とは微妙

でも居候ということが分かっているのか

決してケンカにはなりませんでした




l6070
残念ながら うちのシロとも相性いまいちで

仲良く しろシロ2ショットは撮れませんでした

ケンカはせずお互い避けてる感じでした



l5806
しろはどんどん回復してきました



l6036
ちょうど保護していた

オレオとマイラとも仲良く




l6421-02
ふっくらしてきています



l6130
抜糸も終わり手術の痕も消えつつあり

お別れの時期が近づいてきました


何度

何度このままうちの子にと

そう思ったか分かりません

しかし しろには飼い主さんがいる

これはどうしようもないことでした




l6287-02
しろ

さびが待ってるから帰ろうか

仲良しの犬の石松も待ってるし



l6581
ケージに入る練習もバッチリ


よし 帰ろう!




l2493
いしまつ ただいま!



パニックになると困るので

周りの環境をしっかり把握するために

ケージから直ぐには出さずに

様子を見ることにしましたが

しろはまったく問題はありませんでした




l2673
さびちゃん ただいま!



l2786
ダチョウのももちゃん ただいま!



l2805
んー おちつくなあ



l2631-02
ここが あたしのおうち


しろは富岡町に戻りました





これから5年後の2020年

しろは突然行方不明になります

しばらく捜してみましたが

現在も見つかっておりません




たら れば を思えばきりがありませんが

しろは私の心の中で

ずっとしこりとなって残っている

愛しい猫なのです




覚えていらっしゃいますか                                                                                                                    ... 続きを読む
覚えていらっしゃいますか
                                            
                                             
                                              
今年の3月に福島に行ったのですよ

その時に一緒に行ったのが

日系ブラジル人3世のダグラスくん

映像ジャーナリストを目指している人物です

今のところまだ仕事にはなっていませんが

きっといいものを録ってくれると

一緒に福島に行ったわけです


あれから5カ月

プロじゃないんだから

あまりせっついてもどうかと思い

ずっと黙って待っていたんですよ

でも 作ってます! 編集してます!

という話は風の噂で聞くけど

完成したという連絡が来ない

どないなっとるんやと

ついにしびれを切らして

昨日 連絡して

今日呼び出してみたわけです




l08067
撮ってるダグラスくん


で 会って問い詰めてみたら

もうすぐ本編が出来上がります!

ということらしい


そっかもうすぐ出来るのね

もうちょっと早く出来たらいいよね

それとその予告編になるような

ショートバージョンを作ったほうが良いと

ぼく言ったよね


あー えっと

できてはいるのですが まだもう少し・・・

日本語にするとか やることがあって・・・


なんや 出来とるんかい!

はよ

はよ見せてよ!


つってその場でyoutubeのリンクを聞き出し

やっと見ることができました

・・・・・・・

ええやん・・・

ほんとアマチュアなの?

こんなの私 逆立ちしても作れないよ



ということで見てあげて下さい

3分程の作品になっています





the scars



良かったわー



本編をなるべく早く

完成させることを約束してもらって

今日のところは解放してあげました

センスありますよね

今後が楽しみです







lフサ子タイトルポスター角
こちらもよろしく!



じつは                                                                                                                             ... 続きを読む
じつは
                                            
                                            
                                             
l2481
私も好かれていたのですよ


というか

しろさびは誰でも好きでした



l2496
ああ しろ しろ

大好きだった




l2517
もちろん さびも大好きだった




l2531
大好きな しろさび

また会えるのを楽しみにしているよ











しろ さび 散歩いくべ                                                                                                                     ... 続きを読む
しろ さび 散歩いくべ
                                              
                                              
                                              
今日は

松村さんちの おじいちゃん(故人)と散歩です




l2394
しろさびは おじいちゃんのことも大好きでした



l2416
今ごろ 天国で

おじいちゃんに甘えているかもですね




今晩 深夜バスで東京に向かいます

初めての利用でワクワクしています

何といっても

いつもなら眠い目をこすりながら

自走していましたが

寝ながらにして東京に行けるのです

素晴らしい!





スモール3945kirinuki
R.I.P
レスト イン ピース
しろさびとまっちゃん


ちょっと調子が悪いです                                                                                                                     ... 続きを読む
ちょっと調子が悪いです
                                             
                                             
                                              
身体じゃないんです

心の調子が悪い

ウクライナのことが

もう気になってしょうがないんです

外の猫たちのために動かねばと思っていますが

うちの猫たちのことで精一杯になっています



それと





l9006-02
月末に行事がありまして

のこされた動物たちがテーマなんです

現在その準備をしています





l6033
ここは柴犬ロードと呼ばれた

大熊町の大野駅前通り



行事の準備で出てきた写真

いや これは使わないのですけどね




あーもう

ウクライナは何とかならんのか

マリウポリの製鉄所に残された兵士たち

かれらを救う手段はないのか


ロシア軍の非道さは目に余るものがあります

もう軍でも何でもない

民間人を油断させ

背後から射殺など考えられない

ロシアの軍紀はいったいどうなっとるのか

殺人や強盗やレイプをする盗賊団じゃないか

曲がりなりにも大国と言われている一国の国軍が

これほど質が低く悪いとは思わなかった

戦争が兵士を狂わせ堕ちていくことは

かつてもあったことでしょう

しかしまだ余裕のある戦争初期の段階で

民間人を殺しまくり

家や仕事場に押し入り

酒を飲み 物を盗むとは

最初から兵士の教育が出来ていない証拠

いったいロシアという国はどういう国なんだ



こんな時にこそ とらまるがいてくれたらと思う

かれらを抱っこすることによって

私のバグった心は浄化されるはずなんだ




スモールだめだこりゃ
あーもう ふたりの間に挟まりたい!