うちに突然現れた 白に黒ぶちの若い男の子

                                          

                                       

                                                          



覚えていらっしゃいますか?


しろにくろぶち=シロニック.ロブチと名づけられた子を











ど どちらさんですか・・・





私の知っているシロニックは
















こんな痩せた子でしたけど・・・












【経緯】


去年の9月 突然うちにやってきて餌をくれと鳴きまくり


あまりにうるさいので餌をやり始める


うちではもう飼えるスペースはないので地域猫にすることに


去勢手術をし血液検査(エイズ白血病とも陰性)


リリース後もうちにくる


しかしうちには よわい18歳(先日判明)の長老地域猫ミヨコさまがいらっしゃり


ミヨコさまと衝突するシロニックは ちとまずいことから


猫好きご近所の方々に協力してもらい


餌は うちではなく2軒のお宅でやっていただいていました


シロニックが来れば追い払っていましたので


やがてシロニックは早い時間にはあまり来なくなりましたが


夜中にミヨコハウスにちょっかいを出すようになり


夜中に何度も大騒ぎになっていて困っていたのです












捕獲器セット


ご近所の2軒のおうちにセットさせていただきましたが


1時間もしないうちにシロニック捕獲 (笑)


とってもいい子です







 【経緯2】


そんな時に あの有名な犬猫保護の大先輩 アンニイさんからの 連絡がありました


妹さんのエリンギさんちで イエネコ修行し 里親さんを探しましょうという神発言


こんないいお話は そうそうないと思い すぐにご近所のお二方に連絡



しかしご近所さんは まったく人馴れしていなかったシロニックを 


なんとか触れることが出来るくらいまで可愛がって頂いていました


そして彼はコロコロ太った幸せ猫になっていたのです


ここまでしてくださっているのに少し心苦しいとは思いましたが


3人で話し合い シロニックの幸せを考えればイエネコになるのが良いと判断


アンニイさん エリンギさんにお任せすることになったのです













ご近所の奥様がたです


この方たちがシロニックの面倒を見てくださっていました









シロニックは明日の午後 この町内を後にします


彼がどこから来たのかは分かりませんが


彼のふるさとはここです


こちらのお二方だけじゃなく


気にかけてくださった町内の皆さんのおかげで彼は生き延びましたよ













元気でね シロニック