前回の続きです

                                    

                                       

                                            



場所は変わって浪江町


避難指示解除準備区域であるこの地域は


猫のTNR 給餌が浪江町から認められています


浪江町に いや 20キロ圏内で


なくてはならない人 


おやじさん  と浪江町で開業しておられた獣医先生の尽力で実現しました














数を減らしながらも


ボランティアさんたちが置くフードを食べ


自力で狩をしたりして生き残っている猫たちがいます


この子たちを無視するわけにはいけないのです















この日は少し余裕があったので


普段回りきれていない設置箇所をチェック













餌の補充は 忙しい中おやじさんが行って下さったり


浪江を回っている数少ないボランティアさんたちがしてくださっています


あ 給餌ボランティアさんは募集しておりますからねー













旧タイプ


プラケースがむき出しのこのタイプはもうだめですね


バリバリ破壊されていました


とりあえず応急処置しましたが


次回 新しいタイプに交換します


プラケースは小さいものに替わりますので購入しないでくださいね>ぽんぽんさん















ぴゅーん












ここはビックリ


フードがからっぽだった


対策をせねば


この日は時間が足りなくなってきて出来ず















2.453マイクロシーベルト


除染前ですが年間20ミリシーベルトをやや越えてしまう公園


ここで子育てを選ぶ両親はいないでしょう


ジャングルジムに設置してあります














昨年の暮れに設置した「えさ台」


フードが少し減っていて嬉しいです











犬用の捕獲器に入ってしまったアライグマ


猫の餌を横取りしてしまう にっくきアライグマ


おびえてうずくまっています




なんだよ


もっとシャー! とか凶暴なところを見せてくれよ


この子らも弱い存在なんだと つくづく思いました


捕獲器をセットした おやじさんに連絡


聞けば 町は駆除の方針だそう


しばらく沈黙













おやじさんの判断はリリース


私も同意


日本に来たのも増えたのも彼らのせいではなく 私たち人間のせい


「えさ台」はアライグマなら対処できる! (なーんていってますがー)




どうしてやることも出来ないけど


目立たず共存できたらいいと思います














牛舎から外に設置しなおしたところ


うん 食べてる













前回 入口を狭めてみたところフードの減りが少なくなった


本当に減りが少なくなったのは良いのか・・・


うーん でも入れない子が出たかもしれない




広くしてもアライグマに全部食べられてしまうし


狭めると猫が入れるかどうか心配になる


推測で考えても埒が明かないのでまた監視カメラセットしよう















大きい雄猫


栄養状態は良さそうだけど


「えさ台」までは直線で100m以上離れている


他の方にもらっているのかな
















しばらく行っていなかった場所


初期型の「えさ台」がボロボロです


すみませんサボっていました











蓋は外れ プラケースもバリバリ











しかも脚が開きすぎ位置が低くなっていて


野生動物が簡単に届いてしまうのです


牙の痕がすごいです


ここは山に近く 


キツネ タヌキ ハクビシンなど野生動物のオンパレード地区


これはダメだと思い新しいものと交換しました












これでしばらくいけるかな














今回またひとつ新しく追加


タイプ茶平ですよ 




ここは おやじさん お勧めの場所です


撮影している私の背後が すぐに帰還困難区域



「バリケードはありますが猫は関係ありませんから」


「きっとバリケードを越えて食べに来ると思いますよ」





そうですよね 





おやじさん ありがとうございます
















またまた遅くなってしまった希望の牧場


牛舎に行く前の風景




カラスがたくさんいました


何食べているんだろう・・・












今までの経験上


カラスが集まるとロクなことがなかったので少し心配 (死体があったりとか)


彼らも生きていますから行為自体はしょうがないですね


藁に混じって何か美味しいものがあるのかな?


しばらく見ていても よく分かりませんでした





考えれば不安は尽きませんが 一歩一歩進んでいくしかないのですね








先週の給餌活動 おわり







あ 台湾プレゼント残念賞 遅れております


理由は


送るものを用意していて思ったのが 


あまりにもショボイこと


こんなので偉そうに賞なんて言っている自分が恥ずかしくなってきました


もう少し考えさせてください


ちょっとお時間くださいね





くどいようですが


「浪江町 避難指示解除準備区域」 における給餌活動の


お手伝い募集中ですよ


月一回でもいいですから自分で動けて継続できる方 募集です


よろしくお願いいたします