ちょっと時間がたってしまった希望の牧場です 

                                                             

                                                                 

                                                               

                                                               











いつも牧場への到着は 陽が傾いてから


でもそのほうが きれいな写真が撮れたりします













見学に来られていたお客様の説明が終わったようです




餌の問題はエンドレス


心配の種は尽きません













この牛は前回立ち上がる練習をしていた子


http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-12031874827.html





立ってる!












そしてごはんも食べてる!











喜びもつかの間


この時はこのままいけるだろうと思っていましたが


現在 また立ち上がれなくなっているそうです


厳しい・・・





















こちらは ふくちゃん


後ろ足2本を切断した牛










今日は削蹄=爪切りですね


歩くことが極端に少ない ふくちゃん


牛舎のこの柵の中だけでは自然に削れることはまずありません


牛の爪切りは削蹄師という職業があるくらいの専門的なものですが


頼むお金もありませんので 伊東先生が頑張ってやっておられました













お手伝いはヒロノリさん


埼玉県から頻繁にボランティアで来ておられます


頭が下がります











スッキリ











ふくちゃんの後ろ足


傷も塞がり硬くなっています


牛舎内を少し歩く程度なら問題ありません




このままで良いのかと ふと考えたりします


しかし今は生かすだけで精一杯


QOLまで手が回らないのが現状です














牛たちは今日も生きています


被ばくという形で とりあえず命がつながった牛たち


吉沢さんが ボランティアさんが 応援しているサポーターさんが


少しでも 「もうだめだ」


と 思った時に彼等は消えていなくなることになります





もっと人手を もっとアイデアを 必要としています


牧場に来るたび いつもそう思うのです