覚えていらっしゃいますか
                                             
                                             
                                              
喫茶店の駐車場で生きていた猫




l07542
身体が小さかったから りとちゃん

そう名付けた猫です




l0745
人馴れはそれほどしていなくて

里子に出すのは難しいと思われましたが




l0779-02
これがまた美形でめちゃ可愛いい

これをアピールしたところ

優しいご一家の目に留まり

2年前の3月15日

無事におうち猫となることができました



名前は くう という名を貰い




ll4689B595-E8E3-4756-8F04-6401E90053D4
幸せに暮らしています



里親さまからのメッセージ


おかげさまで我が家に馴染んでくれまして、
家猫としてのんびり暮らしてくれています。
今冬は一緒に寝れるかなぁと思っておりましたが、
今年はゲージのカゴにペットヒーターを入れたところ
そこが気に入り寝床に😅
でも、家族が帰ってくるとみんながいる
リビングのソファの上でくつろいだり、撫でて、
と寄ってきて転がったりしてくれるまでになりました‼️
少しの時間なら抱っこできたり、
爪切りはカーペットに引っかかるのが嫌なのか、
捕まる時に文句は言うものの、
すんなり捕まってくれるようになったり。
人間のペースに合わせるところは
合わせて生活してくれているように思います☺️

猫が苦手だった主人も、子供たちが寝静まると遊んでくれ、
くうちゃんがストーカーのごとく
着いて回ってくることにメロメロ😍しています。
あのシャーシャー猫さんはどこへ行ったのか😅

とても楽しい猫ライフを満喫させていただいております。




ll08723CD7-1BC2-4ED3-902B-DB47B1C46D8C




llE1CAE738-6CF4-4DAA-9D55-C9285636A6AF



llF305B007-F495-4974-B63E-69861B072BC3


くうちゃんは幸せに暮らしていること

それが何よりの私へのご褒美です





------------------------------------------------------------------



本日、1年半ぶりに山登りをしてきました

ぶくぶく太ってこのままでは

歩けなくなるのではと危機感を持ち

意を決して山登りを再開することにしたのです



l6644
ひさびさのため

無理せずゆっくり登ることを心がけました

まさに牛歩

いや牛歩の方がまだましなくらい

ゆっくりと登っていますと




l6646
フーフーと歩いていたら

途中で茂みからお年寄りが現れたのです

木の枝を払った杖を2本持っておられます

こんにちはとご挨拶したら

人懐っこい表情で挨拶を返してくださり

これいる?

と 2本持っている杖の1本を譲ってくださった


ああこれはフーフー言っている私のことが

気の毒に思われたのだろう

断るのも失礼だと思ってありがたく頂くことに

それからしばらく雑談をしながら一緒に歩いていると

年齢の話になった


わたしは82歳ですわ


おおースゴイ!

70代にしか見えない感じのおじいちゃん


お若いですねえ


という返しに被せるように

そのおじいちゃんが続けて話された


おたくさんは80歳くらいかな?


あうっ



ヤバイ

いくらヨタヨタと歩いているとはいえ

はっちじゅっ歳!


だから杖をくださったんだ・・・




l6649



バイクにくくりつけて持って帰りました

おじいちゃんに会うかもしれないから

次回も使いたいと思います


とほほ