2013年4月に紹介した
                                            
                                             
                                             
第二の「おじさんと河原猫」


さらに2013年6月に紹介した

多摩川河原猫に「えさ台」ミニ


私の尊敬する

河原猫のお世話と保護活動をされていた

上原さんから連絡がありました



上記のブログで取り上げ

その後に保護した

ボス猫のクロが

今日の朝亡くなったというものでした



l4890627
(上原さん撮影)

今年4月に調子を崩し病院へ行くと

腎臓がもう機能していないということでした

あとは静かに見守るだけしか出来ない状態

それから4カ月クロは頑張って生き

今朝ついに力尽きたのでした

まさにびわこねこのボスと同じですね





l3969
河原にいた頃のクロ

外の生活が過酷とはいえ

こうして気にかけてくださる方が

いるのといないのではかなりの差があります




l4006
クロ

おうちに入って約3年

家猫暮らしはさぞかし快適だったでしょう

大好きなお父さんと一緒に暮らせて幸せだったね




外で生きていた猫は一見元気そうでも

身体の中はボロボロになっていることが多いです

かれらを救ってやりたいと思うなら

すぐに決断することです

自分に言い訳ばかりして時間が経つ間に

猫たちの身体やとりまく環境は

どんどん悪い方向に進んでしまいます

自戒の念を込めて書いておきますね