子猫たちは元気に過ごしています
                                             
                                            
                                             
とくに食事どきはもうえらいことに

ニャーニャーニャーニャーニャーニャー

鳴いて

争うように食べます



l01379
ビーと はわちゃん



l01334
クロエ



l01351
はわちゃんと ビー



kuroichihawa
くろいちと はわちゃん






はわちゃんがお腹を撫でさせてくれました!

あーしやわせー








幸せな気持ちだったのですが

先ほど

うちから車で1時間ほど離れたところに住んでいる

弟からの滅多にない電話がありました


子猫が倒れていて どうすればいいというもの

周りに親もいそうにない

一匹だけが横たわっていて虫の息だという

まず動物病院へ連れて行ってやってくれ

話はそれからで

その後そちらで保護出来ない飼えないなら

引き取りに行くからと

この電話をしている時に他からの電話が入り

弟の電話を一旦切って出てみたら動物病院からだった

うちの4匹の兄弟になる三毛姉妹

里親さん候補がいたのだけど

柄がイマイチということでダメになったと

これはやばい・・・



病院でも頑張って捜すと仰ってくださっていますが

なんといっても病院ですから健康な猫を

そんなに置いておくわけにはいかない

またさらに必死に里親さんをさがさなければ

そのうえ弟の子猫1匹を引き受けることにな・・・


病院からの電話を切って

しばらくしたら弟の再電話が鳴った

出てみると

子猫が息をしていないと

時間は19時30分すぎ

近隣の病院も閉まっていたようで

もたもたしているうちに

息をしなくなったらしい

それほど猫に興味もなかった弟が

私を思い出して連絡してきてくれた

それで精いっぱいだったんだろう

外で生きている猫たち

こうして見つけられることは稀で

ほとんどは誰にも知られなくて死んでいく

こういう悲劇をどうしてもなくしたい

TNRが正解だとは思っていないけれど

今のところTNRを頑張ってするしか方法はないから

皆さんも家の周り

会社の周りで

自分たち個人でできることTNRを

やっていってもらいたいのです

それで可哀想な猫は確実に減っていくのです

どうかどうか

よろしくお願いします



弟の見ている前で息絶えた哀れな子猫

今度は幸せになれますように

余裕のある時に来てくれたら何とかするからね



---------------------------------------------------------------------------



うちの子猫たちの里親さまになってくださいませんか

otacat@ymail.ne.jp

お問い合わせはこちらまでお願いいたします