今も生きている希望の牧場
 
218頭の牛たち
                                             
                                              
                                             
l07764
いや 生かされている牛たち



l07843
ダグラスくんはドローンを使って撮影



l08218
私たちが普段見られない風景を

見せてくれることでしょう





l07957
覚えてますか

震災の年に生まれ

吉沢さんにレスキューされた いちご

もう11歳になりました

餓死したお母さんの死体に

寄り添いながら生きていた子牛だった

いちごは繋がれていなかったので

草を食べながら生きていられたのです


メスのホルスタイン種の いちご

本来なら乳牛として搾乳するために

毎年強制的に妊娠させられ出産

それが5年ほど続き 乳の出が悪くなると

最後は肉牛として出荷され一生を終える牛でした

乳牛たちのこういう運命を知ると

いちごにとって原発事故は

むしろラッキーだったのではないかと思います




l08242
それも吉沢氏が

生かす助けると決断したからです

いちごは運の強い子でした

殆どの農家は殺処分を選びましたからね




l07824
ただ

生かすと決断したからといって

いいことばかりではありません




l0969
盲目の弱った牛


こういう弱った牛たちに

細やかなケアをしてやる余力がない

弱った牛たちは治療を受けることもできずに

死んでいきます




l0970
お尻をえぐられています

カラスは弱った者を見つけるのが上手い

カバーをかけてやるのですが

すぐにずれてしまうのです

そこをまたカラスがつつき出します



l07783
角の生え方がいびつで

放っておいたら目に届くところでした

除角をしますが

すべての牛にしてやれるわけではありません



l08263
なぜかヤギまで面倒を見ています

牛たちの餌をちゃっかりいただいて

丸々と太っていました




l07950
11年が経ちました

震災の年に産まれた子が11歳

長生きして20年生きたとして

あと9年生きるかもしれない

牛たちの牛生は

まだ折り返し点を過ぎて少し経ったくらい

年々 牛たちが死んでいくとしても

一気に頭数が減ることはありません

牛たちが本来の寿命を全うできるよう

吉沢さんの戦いは まだまだ続きます

どうか皆さまのご支援

よろしくお願いいたします



相双五城信用組合
浪江支店
店番:006
口座番号:0226330
名義:希望の牧場・よしざわ 吉澤正巳


あぶくま信用金庫
浪江支店
店番:005
口座番号:0305362
名義:希望の牧場 よしざわ 代表吉澤正巳





l4536
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分