少し前のことになりますが
                                             
                                             
                                             
一冊のアルバムが届きました

タイトルは

「元河原猫エル 家猫1年生」

というものでした




l00161
そう

多摩川河川敷で生きていた

キジシロ猫のエルのアルバムです


ぶちゃいくなこの子は

きっと里子に出ることは無理かもなんて

いや

エルには失礼で申し訳ないんだけれど



eru
だって これですもん



でも

こんなエルに奇跡が起きたんですよ




l05197
かわいいねって

そんなことを言ってくれる人が現れた



何匹かいる河原猫たちの中から

エルを選んでくださったタシロさん

この方がエルの運命を変えたのでした



そのエルがタシロさんちの子になって

はや1年が経ち

記念にアルバムを制作

それが先日うちに届いたのです




l00169
アルバムは保護されるところから

あとは愛情ダダ漏れの

タシロさん夫妻とエルとの生活で

もうお腹いっぱい(笑)



l00166
最後は

何年も餌をやり続けてくださった

ムライさんへの気遣いで締めくくられていました




l0779
すこしだけうちに居たこともあったのです

いやー かわいかったなあ




l03291
タシロさんが見初めてくれなければ

ずっと河川敷で暮らしていたであろうエル





l01444
表紙に河原時代の写真を選んでくださったのは

エルに二度とこんな暮らしをさせないという

タシロさんの強い意思の表れのような気がします




l00153
このアルバムにはやさしい光が似合います

飼い主タシロさんの あたたかーい気持ちが

込められたアルバムですからね




このアルバムは多摩川で今も餌をやり続けている

ムライさんにも届いています

ムライさんから喜びのお電話がありました

ボランティアさんの一番嬉しいことは

自分が世話をした猫が幸せになること



エルは幸せを掴みました






スモール冷蔵庫上シロ
エル よかったね
おじさんと河原猫