紹介の続きで

今回で一応最後になります
                                             
                                             
                                              
また新たな猫が見つかったら

順次追加していきますね




l05967
「くろいち」


今のところ名前しか把握できていません

黒猫は特定が難しいから

ひとりの時に会っても分からないかも





l05901
「片目のクー」


そんな中でも特徴があると分かりやすい

この子は片目というかわいそうな特徴

カラスにやられてしまったのかも




l05574
「パール」


クーの妹と言われています

この子も胸に白い星があるので

区別がつき易いのと

活動的に動いてくれるので目立ちます




l05975
「ハルエ姉さん」


ああっ もう一匹フサフサがいました

キジトラのフサフサ猫

ここには 黒 茶 キジトラ

3匹のフサ猫がいます




l06012
「新入り茶トラ」


撮影日の3日前に突然現れた猫

捨てられたのか流れてきたのか不明ですが

未去勢の男の子

戸惑いながらも他の猫と

コンタクトを取ろうとしていました

最初に紹介した茶トラとは

耳カットがしてあるかどうかで

見分けるしかなさそうです






以上20匹の「びわこねこ」を

紹介させていただきました




自分の気分や都合でたまに来て

その時だけ餌を与えているだけでは

猫たちは生きていけないのです

ましてや

ここに来れば猫たちがいて

自分を癒してくれるなんていうのは

都合が良すぎます


かれらが生きているのは餌を運ぶ

ボランティアさんがいるから

そのボランティアさんだって

毎日毎日の給餌は大変なことで

金銭的体力的にも負担は相当なものです




l05634
一見

のんびり生きているような猫たちですが

体調を崩したとしても

誰も面倒は見てもらえません

どうか皆さま

野生動物でもない猫たちが

外で生きるというのは過酷なことだと

気付いて欲しいのです



目標は

かれらが安心して暮らせる家を

見つけること

ボランティアさんの負担を

少しでも減らすこと

協力していただける方

気になる猫がいる方


otacats2@yahoo.co.jp

こちらまでご連絡ください

よろしくお願いいたします