こんな日が来るなんて

思いもしなかった
                                             
                                             
                                             
まさか生きていたなんて

さらに生きていて君に会えるなんて





l84895
チー!




かつて2009年に保護した

私のTNR第二号の子です

一号は「やさしいねこ」の ぽー

この子を捕まえようとして

ぽーが2回も

捕獲器に入ってしまったことが

あったんですよねえ




必死の「チー」捕獲作戦01

02


03

04

05

06ありませんでした!(笑)

07

08



チーをTNRしたのが2009年

それから数回

うちにご飯を食べに来ていましたが

ぽーのように居つくことはありませんでした

近くにある公園でご飯を貰っていると

そんな噂を聞きましたが

確認はとれていなくて

チーはどうしているのだろうと思いながら

何年も経ってしまっていたのです




l5752
2013年2月


l6643
2013年4月

顔には戦ったと思われる傷があった


この時以降は殆ど現れなくなったチー

ぽーと同じ世代としたら

もう亡くなっているのではないかと

そんなことを思っていたのでした




l84897
しかしチーは生きていました


外にいる3匹を

うちの子にしようと決心し

うすおを捕獲後

残った たまおチビのために設置した

捕獲器に昨夜入ったのです


ああ チー

やっと会えた

ずっと気にしてたんだよ




kinuta01
本日 病院へ連れていき健康チェック


TNRの時もそうでしたが

チーは人馴れしていなくて

とても暴れん坊です




kinuta02
洗濯ネットに入れて

さらに保定袋へ




kinuta03
奥歯が悪くなっているようです

耳の中もかなり汚れていて

たぶんTNR後

一度も捕獲されていなかったのかも




kinuta05
顔マスク(笑)

こんなのもあるのですねえ



kinuta06
血液の簡易検査の結果

チーは猫エイズ陽性でした

たくさんの猫と戦ったのか

過酷な外暮らしだったのでしょう




2009年からもう12年が経っています

チーは12年以上 外で生きていたのです

これからまだまだ寒くなる時期

自分にはチーを

このまま外に戻すことは出来そうにありません

ずっと外で生きて来たチーにとって

家の中で暮らすこと

他の猫たちと暮らすことは

かなりのストレスかもしれません

それでも私は外には返したくないのです




l02050
チー

一緒に頑張ろう

一つ間違えば 保護したのは

ぽーではなくて

君だったのかもしれないのだから






スモールぽー切り抜き02
チーは ぼくをいじめなかった
ミヨコさまともなかがよかったんだよ
やさしいねこ
(チーはこの本にも登場しています)