海岸で朝を迎え
 
請戸地区をウロウロし
 
その後
                                                
                                              
                                                

l06844
残り4カ所となった餌場を

サクっと回ります




l2815
もう猫が来ていない感じ




l06850
ここだけはまだ利用してくれているようです



l06852
お上品に食べてある

しかし

フードの減り方を見たら

1~2回くらいしか来ていない様子

他にも食べるものがあるというのは

嬉しいことだけど





あっという間に「えさ台」チェックは終わり

希望の牧場を挟んで

午後は赤間さんちへ行きました





l07077
この日はそれほど寒くなかった




l07091
かわいい・・・

服着せてもらっていいね(笑)

チップちゃん といいます



「もう10歳越えの老犬だからね」



かわいいなあ(笑)




l07107
なにがおもしろいの




もう1頭





l07140
ククリちゃん

これまたかわいい(笑)



「この子も10歳越え
この2頭は震災後すぐに うちの前
国道114号線を歩いていたところを
保護しました」

「もう9年前になりますね」

「飼い主も現れないので もううちの犬かな」

「今は毎晩 僕と一緒に眠っています(笑)」



l07129
もうどこにもいかないよ




l07087
震災から9年

確かに9年も一緒に暮らしたら

それはもう保護しているんじゃなくて

飼い犬ですね

ここは一時的に保護する場所ではありますが

犬たちは深い愛情を受けて生活している

赤間さんには申し訳ありませんが

ここに来ると一瞬ですが

保護シェルターだということを

忘れてしまう自分が居るのです