本日は福島に来ています
                                             
                                             
                                               
以下は2週間前の11月11日の写真です





l03341
殆どの牛たちはおおむね健康で

牛生を謳歌しているように見えます





l02686
お腹が膨れて満足した牛たちは

それぞれ秋の暖かい日差しを浴びていました








そういえば

牛舎の中でもう一頭

異端な牛がいました





l02786
いちごです



彼女は黒毛和牛の中に溶け込めないのか

独りでいることが多いようです



彼女以外 餓死で全滅した牛舎の生き残り

母親の亡骸の横を離れなかった子牛

それを救出して牧場に連れてきただけに

弱い子だからと見捨てる訳にはいきません


助かる命


今日も一人ぼっちで寂しそうにしていました

ああ やはりそうなのかと思っていたところ









l03069
隣の柵の黒毛和牛が

いちごをしきりに舐めてやっていました

これを愛情表現と見るか

身体の塩分を舐めているだけだと見るか






l03124
どちらにしても

いちごは満足そうな表情で

しばらく舐めてもらっていました

いちごがどう思おうと

彼女はここで生きていくしかありません


いちごは乳牛になる予定の牛でした

強制的に妊娠させられ

毎日搾乳され

時期を見て

出荷される運命だった牛なのです






l02584



l03194



l03238



l03294
今日も私は希望の牧場に来ています





牛たちの運命を見守ること

そしてそれを発信することで

少しでも彼らの役に立ちたいと思っているのです





l3196