うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 忘れられた動物たち

2011年8月11日                                                                                                                          ... 続きを読む
2011年8月11日
                                             
                                              
                                              
夜が明けて1時間ほど

私は福島の阿武隈山地にいました


当時 福島第一原発からの半径20キロ圏内は

警戒区域となって立ち入りが制限されていて

閉ざされた20キロ圏内では

猫たち犬たち家畜たちがお腹を空かせて

人間が帰って来るのをひたすら待っていたのです


警戒区域に立ち入ることは違法行為

しかし当時動物を見捨てることができなかった

ボランティアさんや私は

たとえ捕まっても

それでもいいとバリケードを突破して

区域内に侵入していたのです




ll8539
山間部の道はバリケードも手薄な場合が多い

私は自分専用の良い侵入カ所を見つけていました


当時自分の車というものがなく

カミさんの車を借りて福島に来ていました

かわいいココアです

でもよく走ってくれましたよ



ll8535
バリケードに到着

柵をワイヤーで固定してあります

そしてワイヤーをしっかり固定する南京錠

ワイヤーをカットしない限り侵入は難しい

カットか・・・

しかしたとえカットしてその日侵入は出来ても

後日見回りに来た人間が気が付けば

また新たなワイヤーで固定されてしまう

さらに

もっと強力なバリケードになる可能性もあるので

目だったことはできない

そこで私は一計を案じました




ll8536
この南京錠・・・

破壊して同じものを購入して付け替えちゃった

やっぱり器物損壊になるんだろうな

カギはもちろん私だけが持っている

こんな田舎道のバリケードから入る

行政の人間もいないので

彼らがするのは

ちゃんと鍵が掛かっているかのチェックだけ

南京錠はしっかりかかっているので

ここから侵入していることはバレなかったのです


もう時効だと思うから話すのですけどね




ll8515
侵入してしまえば殆ど誰とも会うことはない

阿武隈山地の山道をトコトコ走り

海側に降りると大熊町に出ます

大熊町は原発立地町で

線量も高く危ないと言われていましたが

長期的には分かりませんが

短期的にはどうということもなかったので

平気で活動していたのです




ll8532
寄った駅が常磐線JR大野駅

原発の最寄りの駅です

もちろん人っ子一人いないし

いつまでか分かりませんが当分列車が来ることもない

生活音がまったくしない

風の音だけがやたら大きく聞こえました


ここらあたりにも

犬や猫がいたことは分かっていたので

フードを置く準備していたら




ll2398
はっ

猫がいる!

今日は 8月11日

震災からちょうど5か月も経っている

この子は5か月も

人のいないところで生きていたのか

食べものはボランティアが置いた餌だけ

ボランティアがいつ来るかも分からないところで

茶白猫は必死で生きていたのでしょう


そう思ったら

これは連れ帰らねばならないと

東京のボランティアさんに

預かっていただけるかどうかを連絡

連れて帰って良いと許可を頂き

捕獲器を設置




ll2403
ガタイはいいけれど痩せています

手前に捕獲器を置きました


刺激しないように離れて様子を見ます

頼む 入ってくれ!




ll2405
来た!


後ろにあるキャットフードはすでに空っぽ

お腹が減っていたんだろうなあ


いいぞそのまま奥に入るんだ!





ll2410
カシャン

しまったあああ!(茶白猫)



ねこちゃんねこちゃん

扉は閉まったけれど 君はしまってないよ

大丈夫

この時は肝を冷やしただろうけど

君は凄いチャンスを手に入れたんだ

とんでもなくラッキーな猫だったんだよ



この茶白猫は東京に連れて帰り

すぐに里親さまが決まった

その里親さまに大事に大事にされて

震災や原発爆発 5か月間の放浪

そんな大変だった過去のことなどすべて忘れ

何年も生き

先日 6日

ついに虹の橋へ旅立ったのです

晩年は心臓が悪くなったりあちこち不調だったそうですが

保護後12年も生きましたよ

推定20歳に届くかどうかくらいの年齢でした


最期までスーパーかわいくって賢くて優しくておおらかなとても良い子でした。

飼い主さん絶賛の猫です



福島で保護したから「福ちゃん」

たくさんの仲間が死んでいった福島で

運良く保護され幸せになった

数少ない猫



福ちゃん お疲れさま 良かったね



そして飼い主さん

福ちゃんを幸せにしてくださり

本当にありがとうございました







今日は第二の現場に行ってまいりました                                                                                                              ... 続きを読む
今日は第二の現場に行ってまいりました
                                             
                                              
                                              
餌をやってくださっている おばあさんに

6月分の支援金をお渡しして来ましたよ

ただ

収支報告がまだ出来ていませんが

明らかに赤字になっておりますので

今回で一度支援はストップすることを

お願いしてきました

支援を続けるより

猫たちを何とかするほうが

良いに決まってますよね

あちこちに手を出してないで

ここもあと少しなんだから何とかしないと




l09354
ここに残っているのは現在二匹

こちらのミーコと




l09267
おっかちゃんです




l09297
おっかちゃんはミーコに

きつく当たることが多いのです

しかし今日は仲が良かったようです

二匹とも おばあさんには馴れていますので

いつかおうちに入れれば良いのですが




l09391
おまえはえさはくれないのか


目つきが(笑)



l09406
いやいや 瞬きの途中でした

鳥もかわいいですね





さて こちらで保護した おとっちゃん

ようやく退院が決まりました

来週土曜日になります

これで肩の荷が少し降りますが

引き受けてくださる方に申し訳ない

その方がお持ちの空き家暮らしになりますので

週に一回でも 二週に一回でも

お世話できる方を募集します

場所は大津の競艇場のすぐそばです

やってみても良いという方

otacats2@yahoo.co.jp

こちらに連絡くださいませ

どうぞよろしくお願いいたします


その昔                                                                                                                             ... 続きを読む
その昔
                                         
                                             
                                             
北朝鮮に行ったのですが



lneko001
猫の写真はこれだけでした

平壌で撮影


他に地方にも行きましたが

ほとんど猫や犬には

会ったことがなかったような気がします



・・・・・・



気のせいだと

たまたま会っていないだけだといいのですが





sumo-ru
この人は おじいちゃん
今の犬猫事情はどうなってるのかな

この地球上で生きているものはたくさん                                                                                                              ... 続きを読む
この地球上で生きているものはたくさん
                                              
                                              
                                              
そのたくさんの生物の命は

人間の都合でもれなく左右されます



現在 戦争中のウクライナでも

動物たちは被害を受け続けています




ldoubutsu006org
これらの写真たちは

1994年~1995年三回にわたって訪れた

ボスニア ヘルツェゴビナで撮影したものです



ldoubutsu005org
戦争のさ中に生まれる命

いったい誰が面倒を見てくれるのでしょうか




ldoubutsu007org
助けてやりたくても どうすることもできない

いざ戦闘が始まったら

犬どころじゃなくなるのは明らか


ウクライナだけに限らず

紛争地での動物たちは本当に悲惨です




でも




私たちの住む平和な日本なら

かれらは幸せでなのしょうか

私はそうは思いません


外で生きている猫たち

かれらが幸せそうに見える時はあります

しかし実際はそうではありません

かれらの表面上の一瞬の幸せばかり見て

かれらの本当の生活を知ろうともせずに

これでいいのだろうと自分を納得させている

そういう人たちが多いことが

猫たちを不幸のままにしています




猫は外で自由にいたほうが幸せなんだよ

自分もそう思います

しかしそれは 猫たちが

病気にならないように

事故に遭わないように

虐待されないように

人に迷惑をかけないように

これができたらの話です

これがクリアできない以上

猫は家の中で飼うしかないのだと思っています




lbosna062
戦場で生きている猫にも幸せはありました

しかしそれは一瞬で儚いもの

日本にいる猫たちも同じことなのです






4月29日30日の二日間にわたって                                                                                                               ... 続きを読む
4月29日30日の二日間にわたって
                                             
                                              
                                              
開催された「忘れられた動物たち」写真展

盛況のうちに終了いたしました

ご来場いただいた皆様

まことにありがとうございました





l1529
毎年行われていた代官山のお祭り「春花祭」

去年と一昨年はコロナのために中止

今年も開催が危ぶまれていましたが

なんとか規模を縮小して行われることになり

今回の写真展が実現したのです




l1518
お洒落な街として有名な代官山ですが

駅前はとても地味






l1535
テーマは何でも良いとのことでしたので

法人を解散し 代表の吉沢氏個人に引き継がれた

「希望の牧場」を少しでも支援できたらと




llotaQR2-02
11年が経ち今も尚 生かされている牛たちを

もう一度 思い出してもらおうと

タイトルを「忘れられた動物たち」に決定したのです




l1539
2日目は福島から吉沢代表がおいで下さりました

朝 4時半に牛たちに餌を与えてから福島を出発

写真展開場の11時には到着

すごいパワーです

この行動力で

現在も牛たちは生きていくことができています




l1542
吉沢氏の説明を熱心に聴く来場者の方々


二日間たくさんの来場があり

休む間もありませんでしたよ

とても嬉しいのですが くたびれました




lotaQR4
写真は希望の牧場だけではなく

多摩川の河原猫たち

びわこねこたちも加えさせていただきました



lタイトル
河川敷 びわ湖畔だけでなく

道端にいる猫たちに気づく人はたくさんいますが

その猫たちに手を差し伸べる人は少ない

そしてやがて忘れてしまう


そういう意味で福島の被災牛だけでなく

外で生きている猫たちも

同じことだと思ったのです

かれらが生きているのは

ほんの一部の人たちが

忘れないで手を差し伸べているから


他にも助けを必要としている動物たちは

たくさんいることでしょう

皆さんが関心を持つことで

かれらは生きていくことができるのです



「忘れられた動物たち」



またどこかで写真展ができたらと思います



ご来場くださった皆様

後援してくださったパルシステムさま

毎回 私を担当してくださるマルモさま

3日間 私を泊めてくれたカワカミくん

あと 甘いものを差し入れしてくださった方々

ありがとうございました



llびわこねこ名前入り本番
わすれないでね




そう あの日も良いお天気でした                                                                                                                 ... 続きを読む
そう あの日も良いお天気でした
                                              
                                              
                                              
l3812
今はローソンが再開されて

向かいのコメリは違う会社になってしまいましたが




l0537
2011年11月26日

震災から8カ月経っても

救いを求めている

しかし

怖くてこちらに近寄れない

忘れ去られた犬が確かにいたのです







l0399
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分




2011年7月2日                                                                                                                          ... 続きを読む
2011年7月2日
                                             
                                             
                                             
福島にきて3か月が経ち

たくさんの絶望を目の当たりにしていて

先が見えない中 もがいていた頃です

それでもまだ少しは希望が持てた一瞬がありました

富岡町の国道沿いにあった電気量販店




sanndennki
そこにはまだ牛たちが自由に動き回り

生きている喜びを噛みしめていました


しかし

この牛たちはその後

国の命令に従い殺処分されていくのです






l2884
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分



多摩川の河川敷で7年過ごした猫                                                                                                                 ... 続きを読む
多摩川の河川敷で7年過ごした猫
                                             
                                             
                                              
他の猫たちと寄り添いながら生きてきた




l0130
子猫で河原に捨てられ




l1856
ひとりを除いて

そこに居ることさえ

誰も知らない忘れ去られた存在だった




l002-02
そう

加藤さんのおじさんは

他の10数匹の猫とともに

シロをずっと見捨てなかった

その気持ちが皆の心を動かし

シロは我が家に

他の子たちも

それぞれ里子に出ることができたのです




加藤のおじさん どうしているかな

施設に入っておられ

2年前にお会いしたきりです

あ 違います 会えなくて

館内でお電話でお話しさせて頂いただけでした




lll3510
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分




あの子はどうしているのだろう                                                                                                                  ... 続きを読む
あの子はどうしているのだろう
                                              
                                             
                                             
ただそう思うだけ

それで「あの子」の状況は改善するのか

なんとか

なんとかせねば

自分が動かねば変わらない

自分で保護するだけでなく

里親を見つけるために必死で動いてみる




l00209
マミちゃんと その子供

まだ河原で生きている




l00145
ミシリンゴやピラミッドのお母さん

ミスカも生きている



動け動け

お前はまだそんなに動いてないぞ








l01011
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分



多摩川には                                                                                                                           ... 続きを読む
多摩川には
                                            
                                             
                                            
現在も忘れられた猫たちが

たくさん生きています



l07614
はなちゃん

現在は行方不明だそうです




l08180
名前のない仔猫でした(現在は成猫)

お年寄りのホームレスさんが

入院してしまい

お世話が行き届いてないと聞いています




l07733-02
多摩川の氾濫で

流されてしまった高野さんの忘れ形見

「もみじ」

この子も現在行方が分かっていません



知ってるよ

多摩川には猫たちが居るんだよね

生きるのが大変そう

知ってはいても

すぐに記憶から消されてしまう猫たち

かれらは

忘れられた猫たちです





l07591
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分




2年前4月26日の多摩川                                                                                                                     ... 続きを読む
2年前4月26日の多摩川
                                              
                                             
                                             
そこで出会った親子猫



l05905
4匹の子を産んでいたところを人に見つかって

河川敷に住んでいた

猫が大好きな

ホームレスのおじいさんに預けられます




l05861
ちいさい命




l05839
しかし おじいさんには

子猫を育てるスキルがありませんでした



子猫はみんな死に

母親も死んだと聞きました

預けた人間は自分は良いことしたと満足し

きっと猫たちのことも

もう忘れていることでしょう





それは私も同じ

この写真や動画を見返すまで忘れていたのです








l05887
多摩川河川敷では

今も生きている猫たちがいます

知っていても何もできなかったがゆえに

忘れようとしていた猫たちが生きています








l06733
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分