うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: おじさんと河原猫

シロです                                                                                                                            ... 続きを読む

シロです
                                            
                                             
                                            
                                               




l4061
まだ歯があったころのシロ 2010年8月







l1210613

まだ寝たきりです

気が付けば じっとこちらを見ていることもあります









l1210591

シロのごはんは高栄養の液体

最初は1ml飲むのも大変でしたが

現在は一度に15ml飲むことができます

はやく次の段階にいけたらいいなあ







b1080690


シロも私も お気に入りの体勢

長いときは2時間くらいこのまま

オシッコの香りがしてきて中断したことも(笑)




少しずつ

少しずつでいいから元気になって欲しいです











 

病院にて                                                                                                                            ... 続きを読む

病院にて
                                           
                                              
                                            
                                            


ちぇーい

ちぇーい!

シロがまるに よくちょっかいを出していましたよ

だから まるは今もシロが苦手









l12409


病院のシロ

借りてきた猫状態



家では大騒ぎするのにね

それほど緊張して怖いところなのかな






l12412


この時の心配事はウンチが出ないこと

触診してもらっています








l12405


約7センチ溜まってました(笑)

この後 先生に出してもらったのです



腎臓に結石

胆のうにも たくさんの結石がありました







l12416


なるべく病院は行きたくないよね





シロ

ゆっくり元気になっていけばいいよ

間違いなく良い方向に向かっているからね














 

シロは疲れたのでした                                                                                                                      ... 続きを読む

シロは疲れたのでした
                                             
                                              
                                             
                                             


l4302

シロは河原猫だった










l8044

今日は病院へ行ってきたの

疲れちゃった










l8018


それでもしばらくすると復活







l8020

ニャー



「シロ」って呼ぶと返事してくれますよ












 

シロです                                                                                                                            ... 続きを読む

シロです
                                           
                                          
                                         
元気を取り戻しつつあるシロ

しかし自力で体を起こすことは まだ出来ません






l1130113

元気だった頃

レオーンと相性が良かったようで

時々くっついていました







仲良くしてたかと思うと

戦いに発展したり(笑)











l4404377462C9

現在(笑)


カンガルーの袋が欲しい

ずっと寝たきりなので

こうして体を起こしているのも良いみたいですよ











シロ                                                                                                                              ... 続きを読む

シロ
                                           
                                             
                                            
                                           



l12297

動かすと嫌がるのですが

抱っこして安定すると幸せそう











食欲も出て

少しずつ良くなってきています




もう一度立ち上がって欲しいなあ












 

さてシロ通信です                                                                                                                        ... 続きを読む

さてシロ通信です
                                        
                                            
                                           

寝たきりながらも だいぶ安定してきましたよ

すぐにどうこうならないという安心感

良かったです








l2393

うちにきてしばらくは外の世界が恋しかったシロ 


窓際で外ばかり見ていました

そして外に行きたいとずっと鳴いていた


元気だったら絶対にできない外の散歩

春になって できたらいいなあ








l1210478

相変わらず抱っこ

これはもう私がしたいからなのですが

シロもずっと寝たきりなので

気分が変わって良さそうです

ファスナーを閉めると適度に圧力が掛かって

抱きしめている感じになるようです


一日に1回~2回と決めています







l1210322


レオーンの鳴き声に反応するのです

一緒になってよく鳴いています





シロは生きています














 

今日は福島の日でした                                                                                                                      ... 続きを読む

今日は福島の日でした
                                           
                                           
                                             
特急で行ってきましたよ(笑)

終わったら即帰る!

と決めてましたから


ところがアライグマたちのせいで

かなり手間取りました・・・

報告はまた後日という事で








l1611

イオナ・・・

少しだけ長毛のシロ

河原猫時代は薄汚れていましたが

きれいになったら とても別嬪さん



普段ならダラダラ寝ながら帰るのですが

早くシロに会いたくて仮眠も1ヶ所30分だけ

必死に戻ってきましたよ

なんだ やればできるんだ(笑)






l1210477

これをしたいがために(笑)



明日はシロ抜きで病院に行って

先生と相談しようと思います

シロが復活するために最善を尽くします

もちろんシロの負担にならないようにしないとね


しばらく まるが病院に行っていないので

ついでに検査でもしてもらおうっと













 

シロのことは書かねばならないですね                                                                                                               ... 続きを読む

シロのことは書かねばならないですね
                                          
                                          
                                            
ミヨコさまと並んで

やっぱり今 うちで一番重要なことですから






l9034

目の周りがきたなーい


シロは人に馴れているようでいて

じつはそうでもない


目薬をさそうものなら

当分は引っ込んで出てこないような子

病院に連れて行くときは

余程の覚悟がないと連れて行けないのです







今回は うちの猫のお見舞いシリーズ

やっぱりシロの事が気になるようです





l1210099

んー?




マーラ






l1210108

シロちゃんどうしたの




最近 一番仲良しだったマーラ

いつも一緒にヒーター箱に入っていましたからね














l1210227

どうしたの

何してるの



レオーン








l12219

シロちゃんうごかない



レオーンはシロと じゃれ合うのが大好きでした

かわいい じゃれ合いのムービーもありますので

また見てくださいね












l1210159-02


シロ大丈夫?



とらです

普段あまりシロには関心がなかったのに

気にしていたので少し驚いています
















l1150669


そして まるは・・・


空気の読めないシロがうちにきて 

さんざん迷惑を被ったのが まるでした

まるは遊びたくないのに

飛び掛られて困ってましたから

それが残っているのかは分かりませんが

今のところは関わらないようにしているようです







シロの容態は

安定しているような していないような

正直よく分かりません

このまま起き上がることなく逝ってしまうのか

復活して歩いてくれるのか

どちらにしても鍵は食事だと思います

また自分で食べる事ができるように

そうなってくれることを願いながらお世話をしています





 

シロのことばかりで申し訳ありません                                                                                                               ... 続きを読む

シロのことばかりで申し訳ありません
                                              
                                             
                                              

シロが倒れたのが日曜日

すぐに処置できたのが良かったのか

日を追うごとに

少しずつましになっているような気がします

今日のシロは具合も良さそうです

栄養剤も良く飲んでくれました

しかし動けないことには変わりはありません







l7048


なかなか触れなかった2009年7月のシロ


でも


カミさんには気の毒で申し訳ないけれど

おじさんに7年間お世話になっていたものだから

男性の方が好きなようで

私は随分と楽しませてもらっていますよ













b1210257


こうしてだっこする事も可能です


近すぎて顔が見えないのが難ありですが

耳元で名前をささやいてみると

グルグルが始まります


ほんの少しずつ良くなっていることで

何か根拠のない希望を持ってしまいます

もう一度

ヨロヨロでもいいから

自分の脚で歩いて欲しいと願っています








 

シロ                                                                                                                              ... 続きを読む

シロ
                                            
                                              
                                           
栄養剤と 口からの水分補給 そして補液

そして1~2時間おきの寝返りなどをしています







l6605


うちに来たばかりの若きシロ
 
といっても この時点ですでに7歳

環境の良くない外であったら

もう寿命が来ている歳ですね


お世話をしてくださる おじさんがいたから

河原猫たちは生きる事が出来ました




昨日 おじさんに連絡を取りました

おじさんは去年 脳梗塞を患ったそう

糖尿病もまだそのまま

おじさんもひとり必死に生きている

とても見に来てくださいとは言えませんでした

いつもいた おじさんちの飼い猫も

回りのボランティアさんが引き取ってくださり

今は一匹もいないそうでした

やっとおじさんはひとりになって

ご自分の体だけを心配して生きてゆけるのでした









nedoko


ちょうどいい大きさ

上半身用? の電気毛布があったのです

体温が下がるようでしたので温めています


上にカバーしているのは板

レオーンが乗ってしまうので(笑)




シロは目も見えるし 耳も良く聞こえます

いつものように話し掛け

体を撫でてやります


今日は抱っこもしてやりましたよ









 

シロは                                                                                                                             ... 続きを読む

シロは
                                          
                                           
                                            
 私が椅子に座っていると

どこからかやってきて

ヒザの横からひょっこり顔を出します

膝の上に誰も乗っていないのを確認しているんです


そして

私の顔を見上げて待ちます





l9226







私は 「いいよ」 と

膝ををポンポンとたたく仕草

私の許し が出ると

ぴょんと膝に乗ってきて

そのまま上にのぼり始めます

私は結構強い力で抱きしめるのですが

嫌ではないらしく

頬と頬をくっつけてスリスリが始まります









l1010896



しばらくするとじっとして

私が尻尾のつけ根をポンポンするのを待ちます

ポンポンを始めると

目を細め とても気持ち良さそう

これがシロのいちばん幸せな時間かもしれません
 

叩きながら耳元で 「シロ」 と呼ぶと

「クルルゥー」

切なそうな裏返った声で返事

この返事が聴きたくて

私は何度も何度も 「シロ」 と呼びかけます




7年間

シロは7年間 多摩川の河原で生き

7年半うちで生活しています


シロが私のことを好きになってくれて

たぶん5年くらい

このずっと繰り返してきた儀式が

終わろうとしています



シロは私が出かけた22日の日曜日に

突然発作を起こし

痙攣し出したのです

小脳に障害があるようです

命は取り止めましたが体は動かなくなり

寝たきりになってしまいました

もうやれることは殆どなく

私も妻も延命のための処置は望んでいません

私が帰宅した今朝

シロを病院に迎えに行きました





b1210076






薬 栄養剤を飲ませ補液

保温をして過ごします

もちろん こまめに寝返りもさせます



シロに

あとどれくらいの命が残っているか

それは分かりませんが

心から大事にしてやりたいと

そう思っているのです








 


おじさんと河原猫

シロと出合ったきっかけをまとめてあります
 

「シロは河原猫だった」写真展に  おじさんこと加藤さんがいらっしゃってくれました                                                                                        ... 続きを読む


「シロは河原猫だった」写真展に

  

おじさんこと加藤さんがいらっしゃってくれました


                                                               

                                                                

                                                                 

                                                               









2009年当時 体調の悪かったおじさんは


現在は少しだけふっくらして調子も良さそう


久しぶりにお会いできて本当に嬉しかった













ほうー 


シロだね
















「シロはね 一番最後に捕まえたんだよね」





懐かしそうにお話される おじさん


そう もう5年前のことでしたね





私がシロを引き受けることになって


連れ帰ってから一週間後に おじさんはうちに来てくださいました












(当時の写真)



外で自由に生きていたシロは


狭い部屋に閉じ込められてパニックになっていたのでしょう


おじさんが声をかけても反応できず鳴くだけ














「窓から外をじっと見ていたよねえ」




そうしみじみと 話すおじさん


保護されたのが嬉しい気持ちもあったのでしょうけど


シロの自由を奪ってしまったことを少し後悔されていたのかもしれません




なんてったって子猫で河原に捨てられ 7年間も野良猫やってきた子です


そりゃあ部屋の中で生きるなんて ね


分かりますよ



でも



街中で生きていくことのリスクを考えると 答えは室内飼いしかないのです


それがシロの為になると信じてやるしかありません


おじさんも きっとそう思ったことでしょう


だから私にシロを託してくださった



現在12歳 うちに来て5年が過ぎました


シロはまだまだ長生きしますよ


シロが 良かった と思える猫生を全うさせてやるようにこれからも努力します


ちなみにシロはエイズではありますが発症もせず元気です


そして5年間とらまると生活していますが とらまるにも感染はしていません

(検査をしています)














会場のカフェで3時間ほどおしゃべり


おじさんに奢ってもらっちゃいました


しかもポストカード10部もご購入いただきました・・・


こちらがお茶代払うって プレゼントするって言ったのですよ ホント


あああ すみませんでした




こういう人の良さですから


皆さんに好かれて 頼りにされてしまう人なんです


どこそこに猫がいるから保護してくださいとか連絡が来ると


つい行ってしまうそうです


もう程ほどにしていただかないとね














別れ際の記念写真




右の女性の方は とろろさん http://nanu2.blog16.fc2.com/


電車が苦手な おじさんを案内してくださったのです


とろろさんは個人で猫保護をしておられる方


河原猫のボス ミケ ミー3匹を引き取り


病気がちな3匹を看病して ボスとミーを看取ってくださいました


現在 ミケだけが河原時代よりふっくらして生きていることがブログで見る事が出来ます




おじさん や とろろさん


こういう個人で活動しておられる方々が もっともっと増えれば


野良猫問題も少なくなり 殺処分もなくなっていくと思います


行政や団体などに押し付けず 皆で少しずつ分担することが大事と考えています


まずは目の前の1匹


あなたの手で救ってやってください


救い方はいろいろ


保護して自分ちの子にするもよし TNRでもよし


マイ捕獲器を購入し ご近所の仲間を見つけ 


あとは行動あるのみです









Deco's Dog Cafe田園茶房  http://www.hot-dog.co.jp/index.html


期日:10月31日まで開催中





27日月曜日には 「おーあみ避難所里親会」も開催

http://ameblo.jp/oami-hinanjyo/entry-11933226322.html


タイミングが合えば エルはな も参加させていただくかもしれません







今日は 曇ってはいましたが穏やかな一日でしたね お昼にはツクツクホーシが お相手に向かって最後の訴えを頑張っていて 夕方にはもう秋の虫の声が聞こえてきています                                                 ... 続きを読む





今日は 曇ってはいましたが穏やかな一日でしたね

 

お昼にはツクツクホーシが お相手に向かって最後の訴えを頑張っていて

 

夕方にはもう秋の虫の声が聞こえてきています

                                                                  

                                                              

                                                                 

                                                                




ふと河原猫たちを思い出しました
















河原猫 コイちゃん





怖がりさんで最後の最後まで保護できなかった子


でも おじさんが根気良く通ってくれて見事に保護成功



(当時の記事)

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-10315517781.html





その後 北海道に里親さんが見つかり 行くことが出来ましたが


河原猫時代の劣悪な環境で腎臓を悪くしていたようで


1年半後に この世を去ってしまいました


もう少しイエネコとして のんびりさせてやりたかったとも思いますが


これがコイの運命だったのでしょう



(当時の記事)

http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-10738781895.html











「こういう運命だった」


これで済ますには可哀想過ぎる猫たちがいっぱいいます


少しでも その子たちに


生まれてきて良かったと思ってもらえるように活動していきたいと思います


人間の上から目線のエゴと言われるでしょうけれども


私は猫が好きだから 大好きだから しょうがないのです







ひさびさの河原猫の記事ですが残念なお知らせですチビタが腎不全で逝ったそうです ミカも一足先に逝っています大好きだった おじさんとボスとボスも腎臓が悪く先に逝きました外猫の生活は過酷です殆どの猫たちは腎臓を悪くしていて長生きができません野良猫の中でも過酷な ... 続きを読む


ひさびさの河原猫の記事ですが


残念なお知らせです
















チビタが腎不全で逝ったそうです















ミカも一足先に逝っています
















大好きだった おじさんとボスと


ボスも腎臓が悪く先に逝きました







外猫の生活は過酷です


殆どの猫たちは腎臓を悪くしていて長生きができません













野良猫の中でも過酷な環境であった河原猫たち


チビタたちは私に野良猫の厳しさを教えてくれたのです















辛い生活ではありましたが


一日二回給餌に来てくれる おじさんとのひとときは


本当に幸せそうでした




チャーも亡くなっています

















苦しい外での生活から脱出し


優しい里親さまに見守られながら


腕の中で安らかに息を引き取ったと聞いています


よかったね チビタ





チビタは間違いなく この世に存在していました





















シロは勝手し放題うちの中で いちばんストレス無く生きている気がします猫も それぞれ性格が違っていて面白いですね今日は福島行き小ネタでご勘弁を ... 続きを読む


シロは勝手し放題









うちのとらまる



うちの中で いちばんストレス無く生きている気がします


猫も それぞれ性格が違っていて面白いですね










今日は福島行き


小ネタでご勘弁を












こちらは うちのシロ届いた荷物の箱置いておけば必ず乗ります狭くて具合が悪いようです降りました床がひんやりして気持ちいいまた寝てしまいましたよ次に見た時には私の椅子で 「ごめん寝」シロは 「ごめん寝」 をよくしますはっ写真を撮る気配で目を覚ましましたふあー ... 続きを読む



こちらは うちのシロ











うちのとらまる



届いた荷物の箱


置いておけば必ず乗ります











うちのとらまる



狭くて具合が悪いようです


降りました











うちのとらまる



床がひんやりして気持ちいい


また寝てしまいましたよ












うちのとらまる



次に見た時には


私の椅子で 「ごめん寝」












うちのとらまる



シロは 「ごめん寝」 をよくします











うちのとらまる



はっ




写真を撮る気配で目を覚ましました










うちのとらまる



ふあーーーー




邪魔してごめんねー












新しく購入した監視カメラをテスト普段見慣れないものに警戒するシロですえ? それだけ?ええ それだけですよ ... 続きを読む


新しく購入した監視カメラをテスト













普段見慣れないものに警戒するシロです



え? それだけ?


ええ それだけですよ









となると やっぱりシロも いっとかんとねシロは活発な女の子その動きは まるで子猫のよう10歳子猫のときに多摩川に捨てられた子です川崎のおじさんが発見してくださり7年間ごはんをもらっていました猫エイズだけど 先日抜いちゃって歯が1本もないけど とても元気で ... 続きを読む



となると やっぱり


シロも いっとかんとね








うちのとらまる



シロは活発な女の子


その動きは まるで子猫のよう




10歳


子猫のときに多摩川に捨てられた子です


川崎のおじさんが発見してくださり7年間ごはんをもらっていました



猫エイズだけど 先日抜いちゃって歯が1本もないけど 


とても元気


でも近々 病院へ検査に行かなければなりません(腎臓系)





(本猫の希望により目やには修正しました)










毎日多摩川の猫たちのお世話をしてくださっている第二の河原猫おじさん  上原先輩ずっと前に「えさ台」を河原に提供しますなんて偉そうに言ってしまっていながらしばらくほったらかしこれは遺憾と先日 「えさ台ミニ」を設置させていただきました さっそうと自転車で現れた ... 続きを読む


毎日多摩川の猫たちのお世話をしてくださっている


第二の河原猫おじさん  上原先輩




ずっと前に「えさ台」を河原に提供しますなんて


偉そうに言ってしまっていながら


しばらくほったらかし



これは遺憾と


先日 「えさ台ミニ」を設置させていただきました










うちのとらまる



さっそうと自転車で現れた上原先輩(61)









うちのとらまる


チビとチョロがお出迎えしてくれます


もう何年も続いている風景










うちのとらまる


木登りが好きな猫たち


なら木の上に休憩所をということで










うちのとらまる


これから雨のシーズン


ここで雨宿りしてくれたら嬉しいです











うちのとらまる



チョロも気に入ってくれましたよ














うちのとらまる


今回の設置の目的は「えさ台」としてではなく


休憩所です


地上にはタヌキなどもいて ゆっくりくつろげないんじゃないかと思い


設置させていただきました




まあこうやって餌をあげても良いんですけどね


ここは毎日2回の給餌が行われている場所ですから


どのように使っていただいてもいいのです















うちのとらまる



心配なのは


国土交通省から撤去の指示があるだろうと予測されること


本当にダメになったらすぐに撤去は出来ます


また黄色い警告書を貼られるのかなあ














うちのとらまる



関わったからには少しでも いや出来るだけ




上原先輩もおっしゃっています


出来るだけのことはしてやりたい と




私もそうしたいです

















-------------------------------------------------------------



先日 「いかーん」  の記事で


アライグマが「えさ台」の中にある収納ケースを引きずり出す問題で


その日のコメントで あゆさん  から「かんぬき作戦」のアイデアを出していただきました


いただきます!


確かに一番手がかからず 確実だと思いました


遠慮なくいただきますね


他の方々もいろいろなアイデアありがとうございました


「えさ台」は完成形ではありません


まだまだ問題も多いので皆さんのアイデアを教えていただければと思います


但し一品モノではありませんのでお金や手間がかかるのは無理なんです


そこのところよろしくお願いします


できればアイデアだけでなく試作品を作っていただけるとより分かると思います


これから私も試作品を作ってみますね