うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: おじさんと河原猫

新緑の季節                                                                                                                     GW真っただ ... 続きを読む
新緑の季節
                        
                       
                        
                       
                       
GW真っただ中ですが

私の気持ちは晴れません

過去 4月の終わりから5月に入っては

家族を立て続けに4匹も亡くしていますから

この季節は悲しい季節だと

頭の中に刷り込まれてしまっています


ミヨコさま

シロ

せんちゃん

ぽー



今日 1日はシロの命日です




l0046
ふわふわしていて

おいしそうでした(笑)




l0187-02
河原に居た時も餌場をひとつにせず

リスクを分散させて生きていた

頭の良い子でした





l9183
うちに来た時も

とらがボスだとすぐに判断し

とらには従順でしたけれど




l9126
まるのことは大丈夫だと舐めていました(笑)




l2046-02
うちに来てくれて

幸せそうな表情を見るのが

私の何よりのしやわせだったのです






2017年5月1日

シロはこの世から居なくなりました




おじさんがお亡くなりになりました                                                                                                                ... 続きを読む
おじさんがお亡くなりになりました
                                             
                                             
                                              
今年の1月のことだったそうです

ご親族のかたからの連絡で知りました

数年前に脳梗塞で倒れ認知症に

でも

河原猫たち

シロたちのことは覚えておられたと




l7176-02
7年もの間

毎日 朝と夕方の餌やり

猫たちはおじさんのおかげで生きることができた




l2006
猫たちを見て最高の笑顔



l9294
雨の日も




l9239
猫たちを決して裏切らない人でした




l0851
ミケとミー

仲良し姉妹



l0876
チビタ

チビタはおじさんが大好き



l9119
いつも帰るおじさんをお見送り



l9129-02
チビタとチャー

おじさんを先導

でも おじさん歩きにくそう(笑)





今年はおじさんを訪ねようと思っていました

前回と同じようにコロナで会えなくても

施設に行こうと決めていたのです

おじさんの猫たちへの

これ以上ないやさしさに触れて

自分もそんな人間になりたいと思ったひとでした



加藤栄一さん

享年84歳

先に行ってしまった猫たちが

きっと待っていたことでしょう

加藤さんも猫たちも辛い身体を脱ぎ捨てて

永遠に一緒に居られるなんて最高

ボス

チビタ

チャー

クー

トラ

コトラ

ミケ

ミー

ミカ

コイ

シロ



その頃の記事が2009年5月から始まっています

堤防ねこ

あの時からもう15年もたっていました



不定期で続きます




唐突ですがシロ                                                                                                                         ... 続きを読む
唐突ですがシロ
                                             
                                             
                                             
心が弱っている時

ふと昔を思い出してしまいます



l8146
おじさんと河原猫のシロ

シロップ(後付けの名前)



シロたち12匹の河原猫を7年間見守り続けた

加藤おじさんにもお会いしたいなあ

施設に入っておられ

コロナで面会が出来ないのです



そして河原の犬猫のために尽力されていた方

この方にもお会いしたいのですが

身体を壊しておられ

寒い間は無理だと仰ってます

5月の代官山が終わったら

会えるかどうかお伺いしてみようと思います

先方のお身体次第ということになりますけれど



多摩川の氾濫で

猫たちと共に行方不明になってしまった高野さん

会えるものならお会いしたい



犬や猫のために私欲を捨てて

寄付も募らずに頑張った 頑張っている人たち

寄付を募っても正直に報告されている人たち

何人もいらっしゃいます

私はこういう方たちとだけ

お付き合いしていきたいのです




l8137
うちに来て

とらに認めてもらえたら家族の一員です

頭がいいシロは上手くやりましたね






昨夜のウーチャのリターンは

雨のため中止

今晩に変更することにしました

外は少し寒い感じです

こんな寒い時にリターンするのは可哀そう

なんて思いますが

ウーチャは限界にきています

うちの猫にする気がない

里親を見つける力もないなら

リターンしか方法はありません

しょうがない

簡単に諦めたくはないけれど

現在の私には力がないのです



だいぶ間が開いてしまいましたが                                                                                                                 ... 続きを読む
だいぶ間が開いてしまいましたが
                                            
                                             
                                              
河原猫シロがうちに来てから数日

ケージに閉じ込められ

出せ出せと騒いでいたシロでしたが




l6677
落ち着いて来ましたよ

お約束のトイレ寝




l6673
シロ すごいじゃん

うちに馴染んできたのかい



しかし



l6629
だしてー だしてよー


と騒ぐシロ

やはりそんなに簡単にはいかなかった

いいよ わかったよ

きみはうちの子になったんだ

一生うちで暮らすのだから

とことん付き合うよ

2009年6月のことでした





多摩川には

まだまだたくさんの河原猫がいます

誰にも知られなく

消えていっている命もあるでしょう

かれらが河原に居るのは

間違いなく人間のせいです

人間はかれらにたいして

責任を取らねばならないでしょう

工事現場に取り残された2匹の河原猫

預かってくださる方 募集中です

どうかよろしくお願いいたします


otacat@ymail.ne.jp

こちらまでご連絡ください






おじさんと河原猫

太田 康介
扶桑社






写真集「おじさんと河原猫」が発売して                                                                                                              ... 続きを読む
写真集「おじさんと河原猫」が発売して
                                              
                                              
                                              
その翌年にコロナが流行り出し

結局 出版後に写真展ができたのは1回だけ

皆さんと直接お会いできる機会を

失してしまったのは非常に残念でした




l6307
シロがうちに来てからの7年間を

もっと知ってほしかった




l8794
手がおかしい・・・



l8785
まるに抱きしめられていたのです

シロは まるのことが大好きだった

この時は本当に幸せそうでしたよ




l6423
ひかえめにシロに甘えるマーラ

とても幸せでした




またいつか河原猫シロの写真展

頑張ってやってみたいと思います





スモール横顔
あたしだけじゃなく
まだまだかわらねこがいること
もっとしってほしいな
おじさんと河原猫



多摩川の河川敷で7年過ごした猫                                                                                                                 ... 続きを読む
多摩川の河川敷で7年過ごした猫
                                             
                                             
                                              
他の猫たちと寄り添いながら生きてきた




l0130
子猫で河原に捨てられ




l1856
ひとりを除いて

そこに居ることさえ

誰も知らない忘れ去られた存在だった




l002-02
そう

加藤さんのおじさんは

他の10数匹の猫とともに

シロをずっと見捨てなかった

その気持ちが皆の心を動かし

シロは我が家に

他の子たちも

それぞれ里子に出ることができたのです




加藤のおじさん どうしているかな

施設に入っておられ

2年前にお会いしたきりです

あ 違います 会えなくて

館内でお電話でお話しさせて頂いただけでした




lll3510
「忘れられた動物たち」写真展

4月29日(金) 30日(土)
11:00~17:00

THE CONOE 代官山ギャラリースペース
代官山駅徒歩1分




シロは もともと 加藤おじさんには馴れていた子                                                                                                          ... 続きを読む
シロは もともと
 
加藤おじさんには馴れていた子
                                              
                                              
                                              
そりゃあそうです

7年間 ご飯を運び続けた

すごい実績がありますからね


ですから ぽっと湧いて出た

私のような人間でも

おじさんと一緒に居る時は

甘えてくれていました



心配だったのは

うちに来てからのシロはどうなるのか

おじさんもいない

ぽっと出の私を拒絶し

なかなか心を開いてくれないのでは

そんな心配がありました





l0948
シロ シロ

こっち向いてよ




l0950
撫でるとゴロゴロ

すごい馴れてるじゃん!




l0960
あごのせ



おじさんのおかげですよ

私にもすぐに馴れてくれました




l0962
あごをコリコリ


たまんないみたいです




l0965
猫が気持ち良くなると

こちらも気持ちいい

猫って不思議な生き物ですね





l0970
とどめに お礼のペロッ



これで人間は猫の奴隷になってしまう

シロがうちに来て1か月

一生涯シロの下僕となった瞬間です








おじさんと河原猫
太田 康介
扶桑社





























5月1日は シロの命日です                                                                                                                    ... 続きを読む
5月1日は シロの命日です
                                            
                                             
                                             
5月の連休中には

なぜか3匹の子が亡くなっているのです

1日は シロ

3日は せんちゃん

5日は ぽー

不思議です





l9991
「ねむくなってきたなあ」


2013年5月

保護して4年

保護当時カチカチだった肉球は

すでにプニプニになっています





l9957
zzzzz


もううちにすっかり慣れたシロは

乗ってはいけないテーブルで

カメラを向けてもまったく気にせず

眠るようになってくれました




シロが亡くなって4年が経ちました

新緑の5月

今日は八十八夜ですよ







おじさんと河原猫
太田 康介
扶桑社





福島の写真をチェックしていたら                                                                                                                 ... 続きを読む
福島の写真をチェックしていたら
                                            
                                             
                                              
ぽー と シロの動画が紛れ込んでいたので

公開しますね






燃えている ぽー

だるーい シロ



本当ならシロの方が燃えるはずなのに

どうしたのかな

眠かったのかもしれません

2012年11月10日のムービーでした






l2619
ねむいにゃー



l3058
ぼくもー





スモールあくび
やるときゃあ やるぞぅー!
やさしいねこ



スモールシロ顔02
ねむいときゃあ ねるよー
おじさんと河原猫



昨日は多摩川に行って参りました                                                                                                                                                      ... 続きを読む
昨日は多摩川に行って参りました
                                                                                
                                                                                   
                                                                              
川幅拡張工事は なぜかストップしたまま

河川敷で暮らすホームレスさんたち

猫の給餌に来られる村井さんも

どうしたのかと落ち着かない様子でした




DSC_1273
でも

工事が遅れれば それだけ猶予が出来ます

その間に一匹でも多くの猫たちを

河原から救い出せれば



詳しいことは

また自宅に戻ってから報告させてください



DSC_1313
日が長くなったけれども

村井さんの給餌活動は

暗くなるまで続いていました




多摩川の猫たち忘れないでください

かれらは今もギリギリの環境で

ひっそりと生きているのです


シロは私の初めての成猫の保護猫                                                                                                                 ... 続きを読む
シロは私の初めての成猫の保護猫
                                             
                                              
                                              
とらまるの次にうちに来た子です





llnadeshiro
この時7歳

もう立派な成猫なのに

子猫のような可愛さを

持っていた猫でした







おもちゃで遊ぶ後ろ姿が

何とも言えずかわいいです





l1010320
シロは15歳までずっと子猫だった

そんな気にさせる猫でしたよ



シロ

君に会えて良かった






おじさんと河原猫
太田 康介
扶桑社






シロのストレス発散法は                                                                                                                     ... 続きを読む
シロのストレス発散法は
                                             
                                             
                                             
撫でてもらうこと





l9896
なでてー



よしよし

いっぱい撫でてあげるよ




l0056
空中に向かって

エアふみふみ




l0028
たまらーん




l9916
ふー




毎日がこれの繰り返し

こうして

シロはうちの子になっていったのでした







おじさんと河原猫
太田 康介
扶桑社





良くも悪くも刺激があった外の生活                                                                                                                ... 続きを読む
良くも悪くも刺激があった外の生活
                                             
                                             
                                             
そんな環境で生きてきたシロですから

狭い部屋生活は

堪ったものじゃあないでしょう




l7431
だから

なるべくかまってやるようにしましたよ




l7436
シロはよく遊ぶ子でした




ひとしきり遊んだ後は





l7393
撫でてやります



シロは撫でられるのが大好き

だから死ぬまでずっとシロは

撫でて欲しいと

私のところに来てくれていました





おじさんと河原猫
太田 康介
扶桑社






元 河原猫シロ                                                                                                                          ... 続きを読む
元 河原猫シロ
                                            
                                            
                                             
2009年7月

シロがうちに来て約一か月が経ちました




l7271-02
シロは窓際が指定席となりました

窓の外に広がる風景をずっと眺めています

裏の畑を挟んだ先を横切る小径を

お散歩をするお年寄り

宅配便のトラック

近くをかすめ飛ぶ鳥たち

動くものすべてを目で追っていました




l7283
シロはもう

外に出たいと鳴くことはありません

ただ見ているだけです

シロは

自分の運命が変わってしまったのを

受け入れたのかもしれない

そう思ったら

初めての成猫を保護し

一匹の猫の運命を変えてしまった私は

この子を絶対に幸せにしてやらねば

申し訳が立たないと

そう思ったのでした







おじさんと河原猫
太田 康介
扶桑社





シロを保護して一番気にしたことは                                                                                                                ... 続きを読む
シロを保護して

一番気にしたことは
                                            
                                             
                                             

l6905
百数十メーターの距離を

行ったり来たりしていたシロ

そんな子を

家に閉じ込めていいのか

初めての成猫を迎えた私は

それを気にしていたのです





l6866
でも結果としては

気にすることはありませんでした





l6974
最初のうちは外が恋しいと

窓際でずっと鳴いていましたが

いつの間にか部屋の中で

楽しめるようになりましたよ




sippo






スモールシロ顔02
だって そとにでられないのだから
しょうがないじゃん
おじさんと河原猫



うちに来たばかりのシロです                                                                                                                   ... 続きを読む
うちに来たばかりのシロです
                                             
                                             
                                             
l6565
こわれものだから大事にしないとね


 



ずっと鳴いていたシロ

今では自信をもって

家に入れるほうが

猫の幸せだと思っていますが

2009年の保護した頃は

不安でしょうがありませんでした





【sippo】で河原猫シロを取り上げていただきました

河川敷に餌をもらいに来ていた白猫「シロ」 
ふたりのおじさんに愛され、生き抜いた








スモールシロ
だってしらないところで
しらないおじさんだったから
ふあんだったよ
おじさんと河原猫



シロが生きていた河原                                                                                                                      ... 続きを読む
シロが生きていた河原
                                              
                                              
                                              
l05761
少し前に撮影したものです


ここにシロは河原猫たちとともに

生きていました



現在は猫一匹見当たりません

この状況にほっとします




l0043
辛い生活だったのでしょうけれど

おじさんが来れば

シロたちは本当に幸せそうでした





l0095
おじさん大好きだったね




l1853-02
シロの寝床があった近くの公園

ここでも数匹の猫たちが生きていました



私は

ここの猫たちには手を出しませんでした

河原にいる猫たちを

保護するのが精いっぱいだったから




l02249
現在の公園


たまたまかもしれませんが

猫の姿は見られませんでした





こういう猫たちを救えるのは

猫に関心を持っている

私たちだけですよね

自分が飼えなくても

飼ってくれる方を探すことはできます

私がしているのはそういうことなのです







スモールシロ顔
おじさんにもういちど
あいたかったなあ
おじさんと河原猫



かつてはブログ 今回の「おじさんと河原猫」でも登場の                                                                                                      ... 続きを読む
かつてはブログ
 
今回の「おじさんと河原猫」でも登場の
                                             
                                              
                                               
怖いシロの写真の話です




今日はシロをしっかり撮影したいのに

とらが居座っています




l5274
とらちゃん とらちゃん

あたちのさつえいをするから

どいてくれる?




l5278
ねえねえ おねがい

どいてよー




l5279
どいてってばー



とらは動きません(笑)





l5193
とらちゃん どいてくれない・・・


そうかー

じゃあ少し とらを撮ってみるかな




l5194
バシャ

なんじゃこりゃ!




l5198
さらにバシャ!


ひいいいっ!



これに恐れをなしたのか

とらは さっさと退散





l5256-03
で 無事に撮影することが出来たのです




l5248-03
シロ美しいよ

シロには白が似合うね









おじさんと河原猫
太田 康介
扶桑社
2020-09-13






やさしいねこ (扶桑社文庫)
太田 康介
扶桑社
2020-09-25




9日間にわたる写真展 終了しました                                                                                                               ... 続きを読む
9日間にわたる写真展
 
終了しました
                                           
                                            
                                            
コロナ禍のさ中や

お天気も不安定だったにも関わらず

ご来場くださいました方々には

お礼の言葉もありません

でも

ありがとうございましたと

言わせてください




l3925
程よい広さのスペース

気取らなくて気楽に入れるギャラリー

何回か利用させていただいていますが

いつもありがたく使わせてもらっています


加えて

オーナーの気さくなお人柄などに

助けられて

乗り切ることが出来ました

ありがとうございました




l0617
8日から先行販売させていただいた書籍も

嬉しいことに たくさんの皆さまに

お手に取っていただいたので

私が在庫抱えて

シクシク泣くこともなさそうです




l0611
ギャラリーでお求めいただいた方のみ

貼らせていただいたシロシールも

評判の方はまずまず

たぶんですけど(笑)




l02013
写真集「キス猫」の作者

shimabossnekoさん
ぺにゃんこさん

からいただいたお花も

最終日までキッチリ会場を華やかにしてくれました

ありがとうございました





l02015
撤収してスッキリした会場

長い間お世話になりました

またいつかここで写真展をしたいと思います

その時は皆さま

是非いらしてくださいね



Gallery Pawpad(ギャラリー パウパッド)
世田谷区砧5-23-8
小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅徒歩8分






スモールシロ絵01
ありがとう
しっかりシロ!
「おじさんと河原猫」


ついに                                                                                                                             ... 続きを読む
ついに
                                            
                                               
                                              
書籍の販売が始まりましたよ!


l0613
いいわー

ほんまに いいわー


ぽーと並ぶ時が来るなんて

感無量です





l0611
自作のステッカーを作りました

写真展で購入していただいた方

もれなくくっついています


「しっかりシロ!



シロが発破をかけてくれますよ



写真展はまだあと5日間あります

皆さんお待ちしていますねー


Gallery Pawpad(ギャラリー パウパッド) 2020.9.5(sat)~9.13(sun) 12:00~19:00 世田谷区砧5-23-8 小田急線 祖師ヶ谷大蔵駅徒歩8分



スモールシロ
ぜったいきてね
おじさんと河原猫