うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

浪江町「えさ台」活動の続きです                                                                                                                 ... 続きを読む

浪江町「えさ台」活動の続きです
                                             
                                             
                                              
お天気がどんどん良くなってきて

動いていると少し汗ばむくらいになってきました









l7567834725005
前回イノシシに破壊されてしまった場所

今度は大丈夫そう







l01144
反対側の柱に取り付け直した「えさ台」

ここまで上げればイノシシも届くまい

しかし餌は減っていず そのままだった

壊されなくても猫が登れなければ意味がない

後で監視カメラをチェックすることにします






l01024
ゴソゴソ作業をしていたら

またしても!

これで2回連続 赤間さんとバッタリ遭遇です

朝の8時半ですよ






l01045
赤間さんは監視カメラに映っていた

猫たちを保護するために

捕獲器を設置してくださっています







l01067
最近イノシシがまた増えているんだよ


赤間さんにとっても

イノシシはやっかいな存在

仕掛けた捕獲器をひっくり返されてしまうから






l01128
誰も入っていない捕獲器を

またセットし直して

赤間さんは去って行きました





l01152


l01166


l01178


l01185
えーっと ここは

わたし自身の記念撮影ポイント



今回はどうしよう・・・







l1320915
小さくてよく分からないけど

本人はメンズノンノ風です

黄色いタオルをマフラーにしています



どうでもいいので次にいきます






l01196


l01204


l01212


l01224
桜のつぼみ





l01229


l01234


l01238


l01272





l7567828714125
「えさ台」活動は終了

お天気が良くて気持ちの良い一日でしたよ





監視カメラ映像や

希望の牧場

松村さんちの しろさびたちは

またあとで紹介させてください













楢葉町をサクッと終えて浪江町へ向かいます                                                                                                            ... 続きを読む

楢葉町をサクッと終えて浪江町へ向かいます
                                              
                                             
                                             



l00655
楢葉町にある

福島第二原発付近で夜明けを迎え





l00674
ここ2カ月ほど動きのなかった餌場

今回は餌が減っていた

餌が減らないからと

簡単に諦めてはいけないんだ







l00680
アライグマの攻撃に耐えていた「えさ台」

侵入できるところまでは いっていない







l00720
補修&強化

次回は齧られた部分を交換しよう







l00728
こちらも少し食べた跡があった

「少し」の場合は大体 猫だ







l00735
あれれれ

引きずり出されている

力があるのはイノシシだけど

「えさ台」は破壊されていない

アライグマなのか






l00747
針金を使って手前に出ないようにした

しかし後ろには落とすことはできます(笑)

やったのがイノシシなら

台ごと倒されるだろうなあ






l00751
こちらはもう2か月以上餌は減らず

うーむ







入ることが出来る午前7時を回ったので

帰還困難区域へ向かう








l00772
ゲートのおじさんが赤間さんのことをよくご存じで

2週間前にゲートを入って100mくらいのところで

猫を見たと教えてくださった








l00753
車を停めてしばらく捜索するも気配なし

先に見えるのがゲート


夜明け前は2℃しかなかったのだけど

だんだん気温が上がってきました







l00797
間違いなく猫が来ている餌場





l00812
アライグマも来ているようですが

中には入れていない

餌はいつも十分残っている

安定して猫に利用してもらえる餌場だ






l00824
犬がお留守番をさせられているところ

おやつを持ってきたよ




もう一匹

女の子のブルテリアは・・・






l00848
いたいた


いつものところで寝ている

この子は寒がりなんだね

気温もだいぶ上がってきているから

そろそろ起きなさいと

おやつを鼻に近づけたら

すぐに起きてきた(笑)






l00945
いつもお別れは切ないね

君たちがいるおかげで

野生動物は来なくなった

でも猫も来れなくなっちゃったよ

しょうがない

けれど・・・





しょうがない












さわちゃん さわちゃん                                                                                                                      ... 続きを読む

さわちゃん さわちゃん
                                             
                                             
                                              
そこはやめて





l1320900
機器の上には乗らないで

しかもスイッチオンしてるし

壊れたらほんとダメージが大きいのよ





l1320905
そんなにかわいい顔しても

ダメなものはダメだよ






l0543
今朝は私の部屋のゴミ箱がひっくり返ってたし

本棚から本が落ちていた

さわちゃんと郁ちゃんが追いかけっこして

やったのは間違いない




お願いだから 本当に困るから

やめてちょうだいね








唐突ですが






l1320888
知る人ぞ知る写真集です

写真に出会ったのが10年ほど前

実際に見たのは本ではなくてパネル展でした

内容があまりにも強烈ゆえに

本を購入しようかどうしようか

迷っているうちに月日が経ち

1年ほど前にやっと中古ですが手に入れました

溝淵氏の写真と

阿部氏のうたで構成された写真集は

強いというだけではおさまらない強烈なメッセージを

私たちに投げかけています



「楽しい日 覚えておいで 母さんが
いなくなっても 頑張るように」



写真に添えられているこのうたと

溝渕氏撮影の

母猫のおっぱいにすがりついている

子猫たちの写真をみて

この子たちのこれからの運命を考えると

身もだえするほどの たまらない気持ちが

こみ上げてきます



そろそろ猫たちの繁殖の季節

不幸な猫たちを増やさないために

ご自宅の周り

身近にいる猫たちに

手を差し伸べてあげて欲しいと思います

勇気を出して一歩を踏み出してください

私も勇気を出しました

そしてそれが上手くいった時の達成感

何とも言えないほどの気持ち

それを是非味わってみてください



どうかどうかよろしくお願いいたします










スモールnya06
ぼくたちは
ずっとにんげんとともに
いきてきたんだよ
やさしいねこ


7年が経とうしている福島にまた行ってきました                                                                                                          ... 続きを読む

7年が経とうしている福島にまた行ってきました
                                             
                                              
                                             
まだ夜明けには程遠い時間

いつもの常磐道 友部サービスエリアに到着





l00569
ほとんど車のいないサービスエリア


いつも私を待っていてくれる

レストランの灯りが眩しい






l7567834804768
ANATABE



シェフはいつものように

「KAKIAGE SOBA」を

4分ほどで調理してくれた

今日も貸し切りの店内

ゆったりとした時間が流れる







l00578
フルサーブのスタンドで

レギュラーフルアップね と注文



給油後

撮影するからと言うと

慌てて逃げようとするオヤジさん



フフ 遅かったね





私もタントもお腹いっぱいになって

さらに1時間半北上する






l00601
第一原発20キロ圏内 最南端

楢葉町に到着



夜明けは まだ少し先だ






l00621
最初の「えさ台」

中身は空っぽ



1週間と少し前に

知り合いのボランティアさんが

補充してくださったのだけれど・・・

これ以上は どうしようもない

フードがなくなる前に

猫が食べてることを願うしかない






さらに愛車タントは北上する








l00648
ちょうど福島第二原発で日の出を迎える








l00626
振り返ってみると まだ沈み切っていない月







l00663
そして横を見るとタント


朝日に照らされ

妙にカッコよかったので撮影





さあ一日の始まりだ


















本日は福島に来ています                                                                                                                     ... 続きを読む

本日は福島に来ています
                                             
                                             
                                             
来週の日曜日は3.11

7年が経とうとしています
                       
たくさんの人々と動物たちの

人生が変わった日







l7483
南相馬市にある東北電力原町火力発電所




l7450-02


l3551
私が生まれて初めて見た

津波の被害



7年前私はここで

人間の力が及ばない

自然による圧倒的な力を

見せつけられていました







福島の地で しろさびは逞しく生きています                                                                                                             ... 続きを読む

福島の地で しろさびは逞しく生きています
                                             
                                              
                                              

しろさびが松村さんちに来たのが2013年

もう5年が過ぎました







l09640
しろさびは元気です

とはいえ この時しろは鼻水ズルズル

さびは慢性的に鼻風邪をひいているようです






l09441
ぺろぺろ

はなみずでちゃう・・。





l09425
あーっ おきゃくさんだ



お客さん大好き

フレンドリーな しろさび&石松





l09733
ニャー

わたしもだいすきー



チビクロと言われている子

東京で避妊手術したこともあって

私はママクロと呼んでますけれど


うちにいた

黒猫の あかり や ひかり

現在うちにいる

さわのお母さんだと思ってます







l09535


もう一匹のお客さん大好きは アキ

しっぽブンブン






l09750
さらにもう一匹

東京で避妊手術したミューズちゃん

少し長毛でゴージャス

この子はまったく人馴れしていなくて

病院でも扱いが大変だったと(笑)

しょうがないので帰っていただきました







l09658
しろ




l09461
ころころ




l09490
ころころ





l09505
ん?



しろはかわいいねえ

うちのシロがいなくなってから

気になってしょうがないよ




この時 松村さんはお留守

一時間待ちましたが帰ってこないので

しょうがない帰ろうと車に乗り込みました







l09779
かえるの?





l09768
かえるの?




l09798
かえるの!?





l09436
かえるのか・・・




またくるから!

美味しいもの持って!

またね!



後ろ髪を引かれながら福島を後にしたのでした








スモールshiro001
またきてね



しろの鼻水
ボランティアさんがお薬を用意してくださり
松村さんが投薬してくださっていて
ましなってきたようですよ




こちらはもっとご無沙汰の さわちゃん                                                                                                               ... 続きを読む

こちらはもっとご無沙汰の さわちゃん
                                               
                                               
                                               
さわちゃんは うちに来た時に

他の子たちと一緒に家の中で脱走させちゃって

最後にお風呂場で捕まえた子

怖い思いをさせてしまいました







l0737
だからなのか臆病な子になってしまった





l0485
でもゆっくり近づけば

触れることはできるところまでは来ていますし







l0833
食事中はゆっくりと触ることができます





l0496
毎晩 郁ちゃんと運動会






l0500
月齢が同じくらいだから

良い遊び相手になっています






l0420
そしてやっぱり

郁と同じくレオーン兄ちゃんが大好きで

一緒に寝たり






l0450
一緒に日向ぼっこをしています






l0868
福島からやってきた さわちゃん

もう寒い思いはしなくてもいい

手術もすませたから

出産を繰り返し

ボロボロにならなくてもいい

もちろんお腹を空かせることもないのです


あとはもっともっと私たちに馴れて

人と一緒に暮らすのがしやわせだと

思うようになって欲しいですね








スモールnya
ぼくもさいしょはこわかったけど
なれたらとてもかいてきだったよ
やさしいねこ





希望の牧場に寄ってみました                                                                                                                   ... 続きを読む

希望の牧場に寄ってみました
                                             
                                             
                                             
まず驚いたのが





l08903
餌が殆どない!



これはかなり厳しい状況ではないのか

資金も底をついてきているという話を聞いたが

大丈夫なのだろうか







l08751
作業が一段落したのか

それともわざわざ時間を取ってくださったのか

吉沢さんがストーブに火を入れてくださった






l08745
しばらくストーブを挟みお話しタイム





l08776
お昼前

早朝の寒さはもうありません





l08785
牛たちは温まった土の上で日向ぼっこ






l08781
いや

たい肥の上と言ったほうが良いかな








001
1時間ほど話を聞いて

再び餌やり作業が始まった





ストーブの前で話をしていた

残り少ない餌問題

餌の入る予定があるのかを聞いてみたら





002

「ないならないで工夫をしているんだよ」






003
定期的にいただけるパイナップル

カットフルーツや缶詰用のパイン

その皮は産業廃棄物









004
「その廃棄物の処理を引き受けているんだ」

「先方は廃棄物の処理代を浮かすことが出来る」

「こちらは牛の栄養源をいただける」



どちらにも都合の良い

こういうことがあるともっといいですね








005
「パイナップルだけでは」

「牛の腹は満たすことはできない」

「だからこうやって藁にトッピングしてやる」



「牧草と違って」

「藁自体には栄養はまったくない」

「だから藁と一緒にパインを食べてもらうんだ」






006


005-2


007


008
繰り返しの作業を続ける吉沢さん





009
工夫をして

やりくりして

幾度の危機を乗り越えてきています






010
牛たちは現在292頭

とうとう300を切りました

これ以上頭数が増えることのない牧場は

この先 数を減らしていくことになるのです








011
その死へのスピードをいかに抑えるか

それは吉沢さんの腕だけではなく

私たちがどれだけ関わって行けるか

それが大事なのだと思うのです









2月28日 ギャラリー古藤 

にて


27972963_1551217448280805_3798309443212521443_n
13:00~映画「被ばく牛と生きる」

15:00~「被ばく牛と生きる」を観ての感想会

吉沢さんがいらっしゃいます

予約されると料金が割引になりますよ


江古田映画祭フェイスブック






また先の話になりますが

5月の連休には今年も代官山での

希望の牧場ブースをだすことになっています

こちらのほうもよろしくお願いしますね











sgagagaga
わたしはガガ
今はもういないけれど
空から牧場を見守っているわ


いよいよ最後です  長々とすみませんでした                                                                                                           ... 続きを読む

いよいよ最後です
  
長々とすみませんでした
                                             
                                              
                                             
「えさ台」をイノシシに破壊された餌場は

どうなっていたのでしょうか






lsabi

「えさ台」は もうないのに

餌を求めて何度も来る猫たち

申し訳ない気持ちでいっぱいです









ごめん

ごめんよ












l08722
この後

今度は反対側の柱

さらに高いところに取り付けてきました


これくらい高ければ

イノシシも届かないと思います




頑張れ猫たち!





おわり



アライグマが来て 猫が来て  それで終わりではありませんでした                                                                                                 ... 続きを読む

アライグマが来て 猫が来て
  
それで終わりではありませんでした
                                            
                                              
                                              



                       
inosisi
でたっ!



しばらく見ていなかったし

「えさ台」の被害もなかったものですから

油断していました








イノシシの出現は

私の思惑をすべてぶち壊します



いや

油断して低い位置に取り付けてしまった

自分の甘さのせいです



猫たちに申し訳ないことをしてしまいました






あと一回続く








































今回は猫ムービーです                                                                                                                      ... 続きを読む

今回は猫ムービーです
                                              
                                               
                                               


人が住めない場所で今も生きる猫たち






lkurokuro
胸に白い部分がある黒猫

赤間さん豊田先生にTNRしていただいた子

TNRはR(リターン)したあとも

しっかり生きていける環境でなければ

意味をなしません

増えないように手術してハイOK

というわけにいかないのです



しかしこの辺りは残念ながら事情が変わって

餌の確保が大変になってしまいました










そんなことがあって新しく設置した「えさ台」

この子たちの餌場のひとつになれることを

期待しながら・・・

帰還困難区域のため家屋の解体はまだ先

家主の許可も赤間さんが取ってくださっている


私は楽観視していたのです




続きます








































久々の監視カメラ映像です                                                                                                                    ... 続きを読む

久々の監視カメラ映像です
                                             
                                             
                                             
新しく取り付けた「えさ台」

浪江町の帰還困難区域にあります





laraiguma
今回はそこに来ている

アライグマたちを紹介します









生きるためにアライグマも必死



でもね



これは猫のためのものなんだ

フードを全部食べ尽くさないなら大目に見るけど

あっという間に食べちゃうからなあ



申し訳ないけど自分たちで生きてくれ





ムービーには続きがあります


















ノイちゃんに引き続き                                                                                                                      ... 続きを読む

ノイちゃんに引き続き
                                              
                                               
                                               
麦ちゃんの写真便りが届きましたので

ご紹介します



その前に麦ちゃんのおさらいを





l01
麦ちゃんは常磐道の友部SAにいた子

茨城県ですね

私がいつも「あなたべ」する場所で

福島に行く時はこちらで必ず

かき揚げそばを食べてから行くのです

ご存じだと思いますが「あなたべ」は

「あなたと食べたい午前4時のかき揚げそば」の略です

え? どうでもいい?

そんな人には一緒に行っても食べさせませんよ!

絶対に奢ったりしません!

自腹でうどんでも食べておきなさい!




話がそれました






l02
本線からSAの駐車場に入る誘導路上

ヘッドライトに一匹の猫が浮かび上がったのです

あろうことか その子は

誘導路の真ん中に座っていました



もしスピードを落とさない車が入ってきたら・・・

とても危険な状況

これはまずいと思い 持っていたフードで猫を誘導

写真右側のゼブラゾーンでご飯を食べさせたのです



お腹を空かせているのか黙々と食べている猫

よかったよかった

お腹が膨れて めでたしめでたし・・・

でも それでいいのか という気持ちが湧いてきました

このまま私が去ったらまた道路に出るかもしれない

このSAで この子はいつもお腹をすかせて

車にひかれる危険と隣り合わせで

生きていかねばならないのか

どうにもこうにも気になってきてしょうがない


がしかしっ!


一匹の猫を保護するのは本当に勇気が要ります

うちでは飼えない

里親が見つかる保証はない

それに捕まえるための捕獲器も持っていない

どうするんだ どうするんだ・・・


じゃあ

唯一持っている小ケージ

これに入ってくれたら保護しよう!

そう決めました

入らなかったらそれは猫が選んだことだ

置いていくのは私のせいではないのだ

置いていくことの正当な理由を見つけた私は

おいしいパウチをケージの中にセット

ほうらおいしいよー

そっちのカリカリよりもおいしいよー

と猫にケージを近づける








l3735
入っちゃった・・・


どうしよう

入っちゃったよ






l3796
にゃーん





入っちゃったものはしょうがない

嬉しいやら困ったやら複雑な心境



とりあえず・・・



「あなたべ」だ

車にケージを入れ布をかぶせ

貸し切りのレストランへ

「いつものやつね」

と心で呟き自販機で食券を買う

シェフは慣れた手つきで ものの5分程で

かき揚げそばを作ってくれた

だめだ そばの味がよく分からない

まだ福島にもたどり着けていないのにどうするんだ

どうするんだようー






l04
えへへー えへへー (赤間さん撮影)


実は私には強い味方がいたのでした

福島について早々に(ご迷惑にならない程度の時間に)

赤間さんを訪ねたのです

あのう 猫拾っちゃいました

ちょっと預かってもらえますかって

赤間さんは二つ返事でOK

赤間さんには福島の猫も茨城の猫も関係ありません

不遇の猫なら手を差し伸べてくださいます








l03
(かじもいさん撮影)



私が今回初めて会った茶トラ猫は

じつはボランティア仲間の「かじさん もいさん」ペアも

友部SAで何度か出会っていて

会えばこうして餌を与えていたようでした

ご覧ください この痩せた身体

大柄な茶トラのオス猫なのに・・・





l06
こうして餌をもらえる

優しい人たちを待ちつづけながら

友部SAでこの猫は生きていたのでした







l07
うちに連れ帰った茶トラ猫

友部で保護したからユウと名付けて

里親探しが始まりました


オスの茶トラは人懐っこい


そんなことを聞いたことがありますが

本当にそうでした





l08
何じゃこの可愛さはー!


とメロメロのメロンパンナちゃん(意味なし)






まあこんなにかわいいものですから

当然皆が放っておきません

何件か問い合わせが来た中

里親さまに決定したのは

茶トラオスLOVE!

というお嬢さん






l09
電車とバスを乗り継いで

うちまで見に来てくださいましたよ







l10
(里親さまから頂いた写真)


すぐにユウは人にも家にも慣れて

「麦」と名付けられ 甘い生活を送るようになりました



まあ



私のようなおっさんよりは

若い女性のほうが麦はいいわなあ

おっさんももらって欲しいくらいだ





そして近影





l11
代わり映えしない麦

それがしやわせなのだ





l12
寒いからとホカペ投入したら

そこから動かないらしいです

良かったなあ 良かったなあ






l13
そして相も変わらず

飼い主さんとイチャコラしている麦

良かったなあ 良かったなあ




いろんな意味で良かったなあ









スモールnya02
ぼくも・・・
やさしいねこ



福島から保護してきた黒猫                                                                                                                    ... 続きを読む

福島から保護してきた黒猫
                                              
                                              
                                              
あかり





l7493867003119
(以下すべて里親NORIKAさん撮影)



うちでつけられた「あかり」を脱ぎ捨て

名前はノイアになりましたよ







l7493867088536
よく遊んで




l7493867147060
よく寝て





l7493866957551
お兄ちゃんのカイザくんとも仲良し






l7493867211310
甘え上手のノイちゃんは

病院の判断で もうすぐ避妊手術をするそうです





もう寂しくはない

しばらくは あかりロスで凹んでたけれど

こんなに幸せそうなノイちゃんを見て

寂しがっていたらバチが当たります


ノイちゃんは新しい しやわせな生活を手に入れました

もう何の心配もなく

このままずっと生きていけるのです




ノイちゃんを選んでくれた里親さんに感謝します










amallokao
わたちはNeuer
どいつごなんだって




福島第一原発20キロ圏内での 動物レスキューに関わったなら 知らない者はいないという人                                                                                      ... 続きを読む
福島第一原発20キロ圏内での
 
動物レスキューに関わったなら
 
知らない者はいないという人
                                             
                                              
                                              
それが赤間徹さんだ






いつも私は「えさ台」活動が終わると

赤間さん宅に寄ってから帰ることにしています

それは赤間さんが浪江町の住民で

圏内の動物事情を一番ご存じだから

お手間を取らせて申し訳ないのですが

毎回少しお話を聞かせて頂いているのです





l09336
奥さまと二人三脚でもう7年

私たち よそ者と違い

赤間さんは逃げることはできません

覚悟が違うのです





l09371
この日は嬉しいことに2匹の猫が救出されました





l09343
毛並みの良くない三毛ちゃん

良かったね

もう飢えに苦しむことはないよ


この猫はまた後日のブログで登場します







l08679
もう一匹は前回登場した黒猫



人がいないところでは

猫は生きていくことはできません

赤間さんはそれを考え

猫の救出活動を続けておられます






l09396
ドッグラン

大型犬たちは大喜び




l09424
赤間さんの動物に向ける目は優しい





優しさ

これが大事

皆が優しさをもって

動物たちに接していけたら

それによって

どれほどの動物たちが助かることでしょう



私はそれを やさしいねこ

ぽーに教えてもらいました






AM6:00                                                                                                                             ... 続きを読む

AM6:00
                                              
                                             
                                              
楢葉町に入ります





l08411
昨年暮れに亡くなった ぴーちゃんがいた場所

人家も近くにない寂しい場所です







l08472
夜明けを浪江町で迎えました

震災がれきや家屋解体で出る廃棄物を焼却する

仮設焼却施設がシルエットで浮かび上がります





l08503
さあここからはスピードアップ

「えさ台」にフードを補充していくのです





l08513
アライグマの攻撃に耐える「えさ台」

中のフードは守られていました

よく頑張ったねと褒めてやります






l08524
前回 監視カメラで猫が捉えられました

保護してやりたいと思う人がいます

そのために赤間さんが捕獲器を設置してくだいました







l08559
JR常磐線の浪江駅

駅を南側の踏切上から撮影

危険?

いいえ

ここはまだ電車が走ることはできません

浪江駅の次の駅は原発立地町の双葉駅

まだ開通していないのです

錆が浮く線路を電車が走るのはまだ先の話






l08572
朝日に照らされてぽつんと

「えさ台」は もう何年ここにあるかな

周りの家屋が解体されて目立ってしまっています







l08589
帰還困難区域の「えさ台」

猫が来ている形跡があります

人が戻れないこの場所は

夏はジャングルのように植物で埋め尽くされ

冬は悲しみにつつまれた家屋を

目の当たりにすることになります






l08598
日中は暖かくなりましたが

朝はまだまだ寒かった




l08614
水道管が凍結して

破裂したのではないでしょうか






l08670
右の柱に設置していたはずの「えさ台」

無くなっています

柱に固定していた板が残っているということは

イノシシの仕業です

外されてしまった「えさ台」を探しましたが

見つけることはできませんでした

どこに持って行ってしまったのかなあ


左の柱に取り付けた監視カメラに

何か映っているかもしれません






l08716
さらに高い場所に再設置

猫たち 頑張って登ってね






l08723
今度は左側に設置

監視カメラは右側です



ここでじたばた設置しているところに

赤間さんが颯爽とやってきました

朝の7時半ごろですよ

こんなに早くから活動しておられるのです

赤間さんの軽トラの荷台には

捕獲器の中に入った猫が






l08679
「室原で保護したんですよ」






l09327
室原の「えさ台」





ああ・・・

かつて室原地区には猫がいっぱいいたのです

そういやムロハラと名付けられた猫もいたなあ

去年の暮にも同じ場所で1匹保護してくださった



人がいない場所で生きて行くことが

どれほど大変なことか

赤間さんの「保護」は「救出」です

赤間さんの活動のおかげで

猫は命を繋ぐことが出来たのです





l08730


l08737
猫が食べた痕跡があった2か所





「えさ台」活動

この活動はただの餌やり活動ではありません

定期的に猫に餌を与える

そんなものではないのです


考えてもみてください

私が福島に来るのは2週間ごとですよ

猫に餌をやるのは毎日のことですよね

うちの外猫たちには朝夕2回の餌を与えています

これが餌やりですよ

でも「えさ台」活動では

2週間に1度しか餌を補充できない

しかもその間に野生動物に食べられてしまったら

「えさ台」を破壊されてしまったら

猫たちは自分の力で

食料を確保しなければいけないのです

私の活動は

通常の餌やり活動ではなく

猫たちを「死なせない」ための活動なのです

私の目標は

人々が帰って来て猫たちに餌を与えてくれるまで



それが叶わなければ・・・



猫たちが

「消えていなくなるまで」の活動となるでしょう









毎日更新を目標にしているのですが                                                                                                                ... 続きを読む

毎日更新を目標にしているのですが
                                              
                                              
                                              
どうにもならんときがあるのです

だからしょうがないのです







l1320886
しょうがないと言えば

毎回の記念写真ポーズを考えるのも大変

悩んでいます





l1320887
悩んでいます




いいアイデアが思いつかない

これまたしょうがないことなのです



おまけにホワイトバランスが狂ってるし

散々ですよ







スモールnya05
こうしんすりゃいいってもんじゃないよ
まったく・・・
やさしいねこ



福島でバタバタやっとります                                                                                                                   ... 続きを読む

福島でバタバタやっとります
                                           
                                           
                     



                      
l0689
郁ちゃん見て和んでおいてくださいませ



郁ちゃんは

すっかりうちに馴れています

しつこく触ると噛みますが

悲鳴を上げるほどは痛くありません






では








名称未設定 1
あおやまで まってるよ
やさしいねこ

TOBICHI2で行われている
「ぽーの遊び場」
いよいよあと3日で終了です
土日月の3日間
昼過ぎからは待機していますね!


福島には・・・                                                                                                                         ... 続きを読む

福島には・・・
                                              
                                             
                                              
なんの経済価値もない牛が生きています







l07126
経済価値がないから消えろと言われた牛たち






l07693
大部分の人々が「しょうがないよね」と見捨て








l07306
2000頭以上が餓死と殺処分







l07434
その生き残りたちが今も生きている場所があります







l07385
その名は



希望の牧場



数少ないスタッフや

ボランティアさんたちの協力で

7年目の冬を乗り切ろうとしています







あかりは  あたらしいおうちにいきました                                                                                                            ... 続きを読む

あかりは
  
あたらしいおうちにいきました
                                             
                                            
                                             


l04247
うちに来てくれたのが去年の10月1日

もう4か月も経つのか・・・

比較的早くから人間に馴れてくれた あかり

問い合わせはあっても

なかなか条件が合わず

行き先が決まりませんでした


そんな あかりでしたが






l04308
本日ついに理想の里親さまのところに

行くことが出来たのでした!



先住猫ちゃんがいるため

一番心配していた脱走防止対策は

もうすでに終えてあり

万全の態勢で迎えてくださったのでした






l04155
お勤め先は動物病院

なんと猫専門の病院なんですって

ムービーのカメラマンをしておられましたが

猫好きが高じて病院で働くことを選択された

とっても奇特な(失礼)女性






l168df5d
こういう方ですから

私なんかより 間違いなく あかりを

しやわせにしてくれることでしょう




心配なのは

先住猫ちゃん(オス)が受け入れてくれるか

それのみです





l01677c
あかりによく似たカイザーくん

おっかなびっくりで あかりを覗きます

いやなら最初からシャーするはず

これなら ほぼ大丈夫でしょう



もちろんトライアル期間を設けていますので

里親さまにはしばらく

見守っていただくことになります







l04230
あかりは昨夜

初めて私の膝の上で眠ってくれました

一生懸命

うちに私に馴れてくれたのに

また一から出直しをさせてしまいます

それだけがただただ申し訳ないけれど

今回が最後だから

もうこれ以上どこにも行かなくていいから

頑張って欲しいと思います




あかりの しやわせは間違いなくそこにあるのです

里親さま

どうぞよろしくお願いいたします












amallokao
さわちゃん いくちゃん
さきにいくね