うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

しろとさび                                                                                                                           ... 続きを読む


しろとさび
                                             
                                             
                                            
                                              
元気でやっていましたよ








l7842



そして石松も





 

l7809-02


ころ




l7810-02


ころ




l7807-01


 ぱたり







l7880


ここのボスの さび

一番力を持っています






l9055


しろは勇気を出しました

さびの威嚇にも負けていません







l7894


 ずんずん


逞しくなった しろ

本当に良かった







l9100-02
 

さびの子供だと思われるクロ

人懐っこいです








l7854
 


仲良く食事







l7821



松村さんは最近「野鳥の会」 と一緒に

鳥たちが受ける放射能の調査に協力しています 



線量の高いところ低いところ

47ヶ所ほどに巣箱を設置

鳥たちの状態をみるのです



しかしここでもアライグマの被害が

箱をかじって穴を開け

中の雛や卵を食べてしまう事態が起きています

補強するために一度外し工作中



大変ですよね

仲間になった気分(笑)








l7828



猫は箱が好きだべ

ほれ入ってみろ



そりゃ無理ですって・・・



松村さんは いつも同じペース

まったくブレがないのです

私も見習って活動を続けなければ






福島のブログ記事

もたもたしてる間に

もう二週間が経とうとしています

また明後日 福島に行ってきますね










 

帰還の目処はまったく立っていない 帰還困難区域にも春はやって来ていました何もなかったかのようなのどかな風景が目の前に広がっていましたキジも鳴かずば撃たれまいキジがこんなに頻繁に見ることができしかもゆっくりまじまじと見られたのははじめてでしたキジたくさんい ... 続きを読む


帰還の目処はまったく立っていない
 
帰還困難区域にも春はやって来ていました







l8979


何もなかったかのような

のどかな風景が目の前に広がっていました









l8997


キジも鳴かずば撃たれまい



キジがこんなに頻繁に見ることができ

しかもゆっくりまじまじと見られたのは

はじめてでした

キジたくさんいますよー









l1250013



野生動物対策で 新たに飼われたワンちゃん二匹








l8935



人間が当分住むことのない場所で

彼らは生きていく












 

当たり前のように                                                                                                                        ... 続きを読む


当たり前のように
                                             
                                             
                                          
ここには牛がいる

この当たり前の風景のために

どれほどの人間が動き

どれほどの人たちが支援してくれたか









l7733



到着したのは夕方

もう日が暮れかけようとしていた








l8899



本能のまま生きている牛たち

いや 生かされている牛たち








l8906


現在は去勢手術をすべて行ったのでいないが

震災後 生まれた牛もいたのだ


この牛は生まれる前に何が起きて

なぜ自分が生かされているかも分からず

生きるのが当たり前のように生きている

生まれて28ヶ月

通常ならそろそろ出荷される頃なのだ









l7748



今回の福島は2日間

宿代をケチって牧場で車中泊

深夜 牛の撮影をしてみるが散々な結果に

灯りひとつないところだけれど

牛たちの息遣いが聞こえる

それが心地よい




もう寝よう

昨夜は一睡もしていないから

車の中でも熟睡できることは間違いない





・・・・・・・・・







l7760


 
牛の気配で目が覚める



ん?



いてはいけないところに牛発見








l7768
 


もぐもぐもぐ







l7779




 ぷはー






ぷはーじゃないって!









l7781
 


吉澤さーん



電話するも出ない

後で分かったけど この日は二本松行っておられたそう


何とか自分で追いかけ

柵内に誘導することに成功




しかし切れてしまった電気牧柵は直せない




ほどなく獣医の伊東先生が到着





l7785


 
あー 他にもいたか








l7790
 


なんとか全部誘導し柵内に戻せたけれど



隔離している弱り牛が

元気牛の中に混じってしまった 








l8918
 


伊東先生の朝一番の仕事は

餌をやるよりも電気牧柵の修理



 
牛たちはそんなことも分からずに

腹が減った 腹が減ったと

伊東先生にアピールしていたのだった










 


牧場からの離脱









季節も良くなり

牧草の茂った希望の牧場

是非一度訪れてみてください













 

南相馬市小高区                                                                                                                         ... 続きを読む


南相馬市小高区
                                          
                                               
                                            
                                              
昨年の7月に解除になったものの

まだまだ帰ってくる人々は少ない地域

帰ってきた住民が

猫の世話をしてくれるなんてことは夢のまた夢

そんな状況で孤軍奮闘している猫おばさん








l1240831



調子の悪い身体にムチ打って活動しておられます



今回の私のミッションは監視カメラのレクチャー









l1240806



猫おばさんは今回 ご自分で3台のカメラを購入

その使用方法などを説明に行ってきたのです


餌場に はたして猫が来ているのか

もし来ていなければ その餌場は廃止

そして来ているなら何匹の猫が来ているのか

野生動物はどうなのか

そのあたりを猫おばさんは知りたかったのでした







l1240804



忘れないようにメモを取る

もともと塾の先生をしておられた猫おばさん

勉強熱心です










l1240809

 

アクシデントがありました

電池収納する場所

プラスとプラス

マイナスとマイナスになっています

不良品ですね

現在アマゾンに返品しているところです 








l1240820



湧き水があるお宅

かわいいカニがいました








l1240826
 


猫おばさんはいつまで続ければいいのでしょうか





この後 訪れた餌場に待っていた住民

餌場の近所に住む人間でした

餌を置くと猫が来るのが気に入らないようす

野生動物駆除のためにくくり罠を仕掛けると

猫がかかっても知らないからな

心配なら猫をすべて持って行け と

猫おばさんは何度も謝りながら

もし猫が掛かったら迎えに来るから

どうか連絡くださいと

必死で懇願しておられました

私は何も言えず

一緒に頭を下げることしか出来なかった








l1240833



そしてまた移動








l1240838



こちらのお宅は猫に理解あるお宅

しかし住民は帰ってくることはないのです



餌の補充

カメラの設置をしていると









l8742



裏山から一匹の猫が現れました



山で生活しているのか・・・

人の気配を感じてやってきたのです

せつない

猫おばさんが来るとしても

最近は2週間に一度

それ以外は人が来ることはない場所なのです








l8876



警戒しながら

ご馳走のカンヅメを食べます





この子に未来はあるのでしょうか

この子の生死は

猫おばさんにかかっているといっても

言い過ぎではありません

 





どこの場所でも

猫が生きていくのは厳しい もと警戒区域

今でもぎりぎりで生きている猫たちがいます

その猫たちを救うために

しょうがないで諦めるのではなく

最後まで頭を使って考え

身体を使って足掻き続ける人たちがいます





どうかひとりでも多くの方が

行動を起こしてくださいますように

 




 

久しぶりの箱写真特集です                                                                                                                    ... 続きを読む


久しぶりの箱写真特集です
                                             
                                              
                                                 

箱ばかり撮って並べても

きっと面白くないだろうなあ

なんて思ったり 

でも活動がそうなのでしょうがない

と開き直ったり



久しぶりなんで まいいか






l8640
 
 

午前5時半

冬場は 真っ暗でしたが

この時季はもう夜が開けています

暖かいし良い季節になりました 








l7607


津波に見舞われるも生き残った神社






l7602



解体されるようです








l8644


その裏に設置させていただいている「えさ台」

木を伐採されないことを願います







l7610



最近 新設した場所

しかし動物は誰も来ていません








l7612



プーたちがいた場所

周りはすっかり解体されて更地になりましたが

ここの木だけは残っています

もうしばらくはいけそうな感じです







l8649
 


横に名前と連絡先を書いてあるので

問題があれば連絡が来るでしょう









l7617




カッコつけて撮っても箱は箱(笑)









l8650


 
l8653


あらフタが開いていますよ







この先ヘビいます








l8654



あぶない!

もう少しで踏むところでした







l8659

 

この陽気じゃウロウロもしたくなるってもんですね 

道路には出ちゃダメだよ







l1240733

 

l1240740




l1240741



やられた

ここでは初めての被害








l1240749



新しいタイプに交換して

さらに補強しておきました








l1240761



相変わらず(笑)






l1240767



そして性懲りもなく修理








l1240776



ああ・・・







l1240780



ここもまた解体か

これでまた餌場がひとつなくなってしまう

他でカバーできればいいのだけど










l1240789



ここはひどいですよ


ハクビシンの野郎だと思いますが

中でウンコするんです

餌の中でもウンコ

箱の中はもっとウンコ

トイレと食堂の違いが分かっていない

ゆるせないっ!








ゴキブリ出ます







l1240794
 


今年 初G



あーこれからまた雨が降った後には

いっぱい入っているんだろうなあ

イヤダイヤダ







l1250034


こちらは珍しいです

底の すのこに穴を開けられました







l1250037



修繕









l1240847




希望の牧場入り口

久しぶりにアライグマに穴開けられていたので

修理しました




とりあえず自分の餌場周りは終了

そして今日は南相馬の猫おばさん

吉田さんのお手伝いに向かうのでした




つづく



























 

すっかり春を迎えた  福島に行ってまいりました                                                                                                         ... 続きを読む


すっかり春を迎えた
  
福島に行ってまいりました
                                          
                                                  
                                             
                                            





l16495



いつものように

貴方と食べたい午前4時のかき揚げそば

茨城県は友部サービスエリア


この時間のフードコートは

完全にいきつけの店になりました

先日はお店のひとが声をかけてくださいましたよ





「以前からお伺いしようと思っていたのですが」

「お仕事何されているんですか」





まあ写真を撮ってるんですけどね



「あ やっぱり!」

「先日のニュースみましたよ!」



ご覧になってくださったのですね

ありがとうございます

(鼻の穴膨らんでる)



「イノシシの写真を撮っていらっしゃるのですね!」

「なかなか大変でしょうね」



え? ええ

まあ それなりにね・・・



「今日もイノシシですか!」

「お気を付けて!」



あ ありがとうございます・・・

(脚色して書いてます)






もう顔パスですから

私と行くと好きな席が選べますよ

ガッラガラですから!







l1240763



桜の季節でした







l8891



そして菜の花の季節








l7717



自然は美しい

 しかし

建造物は・・・






l8694



浪江町請戸地区





l8711







l7633
 



l7631
 



l8708


建築中の堤防は高さ7mを超える予定

遠くに第一原発

排気塔の下に「マリーンハウスふたば」が見える






l7729
 









l7658


津波に耐えた マリーンハウスふたば


3階までは津波にのまれ

4階部分に避難して助かった人がいたと聞いてます





l7679








l7669
 


l8717




l7709
 



l7797


浪江町サンプラザも そのまま

かつて かわいそうな猫がいました






l8721


6年

この桜たちは人間が帰ってくるのを6年も待ちました








l1240841
 

美しい自然

リニューアルされようとしている街



そのどちらにも入れてもらえない

人間をひたすら待っている猫たち

このままでは彼らは

また見捨てられてしまうのかもしれません




















 

「福島の今」を求めて活動中 菜の花が夕日に照らされて 車中泊 ちよっと涼しいくらいで快適 でも軽自動車は狭い(笑) 場所はここ 眠ってスッキリの一日でした 最後に松村さんちに寄って しろさびと散歩しましたよ 報告は帰ってから ... 続きを読む
「福島の今」を求めて活動中





image



菜の花が夕日に照らされて









image



車中泊

ちよっと涼しいくらいで快適

でも軽自動車は狭い(笑)







image



場所はここ



眠ってスッキリの一日でした

最後に松村さんちに寄って

しろさびと散歩しましたよ

報告は帰ってから



今晩 戻ります






本日は福島です 今回は日曜日と月曜日の2日間 の活動                                                                                                       ... 続きを読む



本日は福島です
 
今回は日曜日と月曜日の2日間 の活動
                                            
                                             
                                                



l1240554



この写真は前回のモノ

夜明けの時間が早くなってきて

お天気の良い日はこんなにきれいな朝焼けが







l8444



「えさ台」が待ってるぜ

いや

猫が待ってるんだった





二日間といっても

活動は一日だけ

あと一日は撮影に集中したいと思います




では行ってきます!


















 

5月 4日5日6日 今年も代官山にてミニ写真展を開催します                                                                                                    ... 続きを読む


5月 4日5日6日
 
今年も代官山にてミニ写真展を開催します
                                                
                                               
                                                 
                                              

 

案内


今年も「希望の牧場」さんと

一緒にやらせていただきます!








春花祭20177297



7年目に入った20キロ圏内で

ひっそりと生きる猫たち








l8325



ぎりぎりで生かされている牛たち





見捨てる人間

無視する人間

救うために動く人間 



彼ら動物の運命は人間によって決まります



このブログをご覧の皆さんが

救うために動く人間でありますように





 

今回は久しぶりに  ウィズキャトルさんのお二人と合流なかなか現地で会うことはないですから新鮮でございました                                                                           ... 続きを読む

今回は久しぶりに
  
ウィズキャトルさんのお二人と合流

なかなか現地で会うことはないですから

新鮮でございました
                                           
                                              
                                              
                                              







l8481


希望の牧場








l8459



除染された土が放牧場に置いてある







l8473



これから牧草が生える季節だというのに

貴重な場所を潰さないで欲しいところ








l1240579


餌になる草を手に入れるため

あの手この手を考えているウィーさんたち



遠くから運んでいるだけでは

餌は無料でも

膨大な運送費がかかってジリ貧になる

いやもう運送費の蓄えは何もない状態

何とか近場で調達する方法を考えねば 







その後 松村さんちの石松の目が

気になったから目薬を差しに行くというので

午後にまた合流しました





l1240599



これで良くなるからね







l1240609



ハイ終わり







ことさら活動の宣伝もせず

黙々と牛のために動くウィズキャトルです

こういう姿勢が素晴らしいと思います









 

ずんずんずん                                                                                                                          ... 続きを読む

ずんずんずん
                                         
                                          
                                           
                                              




zunnzunn



私を見つけて

ずんずん近づいてくる しろ



今日は疲れました・・・










 

この日 福島のお天気は最高でした                                                                                                                 ... 続きを読む


この日 福島のお天気は最高でした
                                             
                                              
                                            
                                             






l1240011



4月に避難指示を解除に迎える富岡町









l1230914



そう

松村さんも晴れて富岡町に戻ってこれ・・・


そうか

やっと堂々と住めるようになる



いや

この6年間 松村さんは

国 県 町 東電を相手に一歩も引かず 

堂々とわたり合ってこられ

堂々と住んでおられたのでした


のこされたペットたちに餌をやり

放たれた牛やブタ ダチョウたちにも餌をやり

さらには牛とダチョウまで保護

とんでもない強い意思の持ち主です







l1230920


しろは石松が好き

石松 太陽が眩しそうです






l1230926


l1230934


 
しろは仕草がかわいいなあ







l1230963



しろ さび

散歩に行こう






l1230980



今日は松村さんはお留守

それでも散歩につきあってくれるんだ





しろさびと--






l1230988



やまちゃん(笑)





一緒に行ったボランティアさんの山ちゃん

しろさびと散歩ができて超ラッキーと大喜び 








l1240010
 



l1240015



むむむむ




しろさびの関係は以前のようにはいかない

それでも距離を保ちながら一緒にいる







l1240020
 



こうやって折り合いをつけ

一緒に生きている







ここは第一原発20キロ圏内

第二原発10キロ圏内 

もう二度と悲しいことが起こりませんように




この平和がずっと続きますように

















 

今回は やまさんと活動を共にしましたよ                                                                                                              ... 続きを読む

今回は やまさんと活動を共にしましたよ
                                              
                                              
                                             
                                            
友部SAでの「あなたべ」も

二人なら楽しい

やまさんは動物病院勤務の頼もしいお方です






 

l1230767



解体が進んだ「プー」たちがいた場所

外に設置していたものを

かろうじて残っているこちらの木に移動しました

猫が食べた形跡があるので

何とか残して欲しいところです









lllkSyISl_O



さてこちらは








lllTCpagUYq



こちらは楢葉町の元住民で

ずっと活動をサポートしてくださっている

矢内さんが新たに許可を取ってくださった場所


新設の「えさ台」です








l1230777


ちいさいわ 山さん(笑)



これくらいの高さがないと

ブタ野郎にやられますからね















l1230793



場所は変わって浪江町

入り口を破壊されました










l1230796



作ってきたものと交換









JbH2eWEN



壊れたものはバラして持って帰ります

使えるパーツは再利用












赤間さんちに寄りました




l1230886



優しそうでしょう

本当に優しいのです

強く優しい人

困難から逃げずに

犬猫を守り続けて もう6年が経ちました

ワンちゃんに慕われていますね









l1230808


 犬に慕われずにいる男

赤間さんとはエライ違いです 


いや


犬も好きだということをアピールしているところです

ハスキーたちには悪いことをしましたが・・・

ウソウソ

彼らは喜んでいたのですよ!

たまたまこんな写真が撮れたのですっ!








lllVY3N6Tn3
 


ふうー



やっぱり

こっちのほうがしっくりくるなあ(笑)





今回も「えさ台」のメンテに給餌

充実した活動が出来ました

山さんには帰りの運転をお願いしたり

大変お世話になりました

どうもありがとうございました




(私が写っているものは すべて山さん撮影です)


 

テレアサの取材で松村さんちへ                                                                                                                  ... 続きを読む

テレアサの取材で松村さんちへ
                                             
                                              
                                              
                                              

車を止め お宅の方を見ると

いつもの風景







l8360


さび:お客さんだ!

しろ:お客さんだ!

石松:お客さんだ!




ずんずん近づいてくる さびとしろ






l8369



途中で さびを追い越す しろ

堂々としています








l8376




ずんずんずん



さびが怖くて

ビクビクしていた しろはもういません








l8402



車大好きの しろさびたち











l8404



この車は乗っ取った!








l8409



あっ 窓が開いている








l8416



一度降りればいいんだ



頭の良い しろ







l8423



ほらね

これで入れる







この後

さんざん車の中を探検した しろ

最後は私につまみ出されたのでした(笑)

 










 

ということで                                                                                                                          ... 続きを読む

ということで
                                           
                                           
                      
                     



l1230759



午前2時

これから出発です









l1230849



やだこわい

さばかれるのイヤなので

頑張ってきますね















 

何が起きたのか                                                                                                                         ... 続きを読む

何が起きたのか
                                          
                                           
                                           
想像力を働かせてください


知ってるよ 

かわいそうだったんでしょ

大変だったよね


そんな軽い言葉で済ませないでください







l7229-02


今 唯一残っている

2011年 当時のままの牛舎







l7232-02


かれらがどれほど苦しんで死んだか






l7220


想像してください 

百頭以上いた牛たちの叫びを








l7228


想像してください

柱を食べて死んでいった牛たちのことを






つい6年前に日本で起きたことなんですよ














 

浪江町の公園に設置している「えさ台」                                                                                                              ... 続きを読む

浪江町の公園に設置している「えさ台」
                                           
                                             
                                            





l1210930


うっとりするような芸術的設置

いつもさらっと写真をアップしていますが

誰も何も言ってくれないので書いておきます

取り付けた人はきっと天才でしょう

こういう発想は なかなか無いですよ

いや本当に素晴らしい!











じつは最初に設置したのは浪江町の犬猫救世主

赤間さんなんですけどね・・・






ま まあそれはいいとして

私もいろいろ考えたのですよっ!

なんでキレているのか

自分でもよくわかりませんが

私もいろいろ頑張ったのですっ!




ゴホン ところで




今回初めて

この場所に監視カメラを設置したのです

以前からフードがすぐに空っぽになったりして

猫の口に入っているのかどうか

不安になっていたわけです



はたして何が写っていたのか

どうぞご覧ください











猫ちゃん来ていましたね

ふたりで頑張って生きていました

ここは まだ人の住めない地域

餌はどうしていたのでしょうか

この「えさ台」を頼りに生きていたのか

そう思うと切なくなってしまいます

地方から月に何回か来るだけのボランティア

その人間に頼らなくてはいけない

そんなことでは未来はありません


一刻も早く

猫たちが普通の暮らしが出来るように

してあげるのが人間の務めだと思うのです

そのためにはどうすればいいのか

皆さんで考えていただければと思います







 

しろさび!                                                                                                                           ... 続きを読む

しろさび!
                                             
                                           
                                           
                                             
さびに攻撃されてからというもの

さびが怖くなっちゃって

行方不明になったりしていた しろ

どこへ行くか分からないので

松村さんも心配して

しばらくは自宅に保護していたのです

その後しろはどうなっちゃったのでしょうか 








l1220723

外にいましたよ!







l1220683

松村さんちに来ると

必ず さびたちが迎えてくれます






l1220691

それから

こっちだよとばかり奥に案内

犬の石松も大喜びです


あれ?

しろさびが一緒にいる







l1220698

嬉しい石松(笑)







l8153

今日はSPA!の取材デー 






l7443

しろ! さび! 散歩に行くぞ!


ちょっとけん制し合ってます




なぜしろがさびと一緒にいることが

出来るようになったかを松村さんに尋ねると


「しろが反撃したんだべ」

「それ以来しろは外に出られるようになった」


一度しろは戦ったようです

さびはそれから一目置くようになった

ただまだ さびのほうが

強いことには変わりはありませんが






l7380

ついてきてる?


以前のように私を気にしてくれています

この日さびは散歩に参加しませんでした









l7426

またこうして散歩が出来るようになった

松村さんも嬉しそうです







l7424

「しろ 歩きづれえべ」






l7418

放牧場に到着







l7410

インタビュー中は ひとりで遊びます






l7435

「ここはイノシシに荒らされた家だべ」

近くのお宅に案内してくださいました






l7454

帰ってきてからタントの上に昇って遊びます





l8203

さびとくろ






l8228

彼らは自由です 






l8238

持ち前の明るさで

6年を乗り切ってこられた松村さん

後ろを向くことなく常に前向きです



 



l1220719

しろも

自分の力でまた自由を取り戻せたのでした

よく頑張りました




人間がやきもきしていることなど

彼らは気にもしていないのでしょうね

あるがままにこれからも生きていくのでしょう

















 

6年が経つ福島第一原発20キロ圏 この場所で今も動物たちのために活動している人々を紹介                                                                                     ... 続きを読む


6年が経つ福島第一原発20キロ圏
 
この場所で今も

動物たちのために活動している人々を紹介
                                             
                                              
                                              
                                               





l0173

希望の牧場 吉澤 正巳 氏






l2447

3.11レスキュー日誌 赤間 徹 氏






l6695

がんばる福島 松村 直登 氏









週刊SPA! 本日発売です

どうかお手にとってご覧くださいね



一部を紹介

「原発事故から6年、いまも20km圏内に取り残された動物たちを世話する人々」
 



今回はもと住民で活動をしておらる方々の 紹介です

もちろん

他県から来られているボランティアさんたちが

頑張っていることを忘れてはなりません

20キロ圏内の現状を知っていただき

それぞれ何が出来るかを

何度も何度も考えていただければと思います








えっとすんません

役得で私も紹介していただいています




bわし

中にいた「G」にギャーしている図
























 

2011年11月30日 この日 初めてせんちゃんと出会う                                                                                                         ... 続きを読む

2011年11月30日
 
この日 初めてせんちゃんと出会う
                                       
                                         
                                          
                                           



                                           
                                             
                                              
                                             

l5609

このときは

当然ながら「せんちゃん」という名前はない


大熊町の坂下ダムの近くで出会ったので

坂下ダム猫と適当に名づけていた


保護する余裕などない私は

せめて餌を置いてやろうと

しばらくの間 通い

この場所に来ると

かなりの確率で会えたのでした





しかし




毎週毎週 福島入りしていても

いつもこの場所に必ず行けるわけもなく

やがて行ったり行かなかったりして

猫とは会わなくなってしまった





それから半年






l0367
真ん中の捕獲器の横にせんちゃんがいます


2012年5月23日
 
せんちゃんを保護 


この日はラッキーなことに

知り合いの猫ボランティアさんと

一緒に行動していたのです


私一人では保護することはできませんでした








l1050733

保護したせんちゃんは

とても人馴れしていたのでした 

洗濯機の上にいたから せんちゃん 

そう名づけました

私の勘違いで実際は洗濯機じゃありませんでしたが

(1枚目の写真参照)






sen

かわいかった






l1077

脱走させてしまい

肝を冷やしたこともありました 








l1050828

再保護



こんなになついてくれているのに

なぜ逃げるの

保護できて良かった・・・






7月26日

やがて里親が決まりお別れです





sentyanwakare

元気でね

幸せになるんだよ







そしてせんちゃんは大阪の子になったのでした







約3年の月日がたち








2015年5月

里親さまが病気になり

せんちゃんの面倒を見るのが

難しくなったということで

また私が引き取ることになりました

しかし せんちゃんもまた

病気でかなり具合が悪くなっていたのでした







senfinal

この適当に撮った写真

せんちゃんが生きていた頃の最後の写真です

まだまだ写真を撮る機会がある

私はそう信じ込んでいたのでした 



この後 せんちゃんは入院し

そのまま亡くなってしまいました








l1220562

先日

時間があったのでお墓参りしてきました



いつもいた

洗濯機(ロッカーですが)があったお宅

その裏手の林に せんちゃんは眠っています



もっとこうすれば良かった

あそこで間違った

せんちゃんのことを考えると

反省ばかりです

せんちゃんには本当に申し訳ないことをしました







l5119

せめて魂は

自然がいっぱいの生まれ故郷で

走り回って欲しいと思いました



せんちゃん ごめんね

また来るよ

ごめんね










今晩また福島に向けて出発です

前回は雑誌でしたが

今回はTVニュースです

野生動物

とくにイノシシの被害の取材をしているそうです

ブタ野郎と私の戦いを聞きたいのかな