うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

朝から降っていた雨も止んで                                                                                                                   ... 続きを読む
朝から降っていた雨も止んで
                                             
                                             
                                             
さあこれからって感じなのに

残念ながら日が暮れてきました

しろさびの里は

一番 東京寄りの場所にあるために

最初か最後に行くしかないのです

最初はまだ夜が明けていないものですから

やはり最後にするしかないの一択

原発半径20キロ圏内は

結構広くて大変なのです





l01166
どうしたの と しろ



l01483
あそんでよ と さび





お前たちのためだけに

一日を費やしたいよ

ということは一泊するしかないか







l01514
写真タイトル「タントとしろねこ」


l01497
「タントとさびねこ」



l01520
「タントとこいぬ」


おい もたれんな(笑)






l01161
ちょ ちょっとー

「しろねこと こいぬ」(笑)



ご心配なく

しろのほうが立場が上ですので

虐められているわけではありません

子犬の暴走にも

我慢できるところは我慢する

そんなしろさびなんですよ

(我慢できない時はパンチが飛びます)





つづく










時間はさかのぼり 到着から                                                                                                                   ... 続きを読む
時間はさかのぼり
 
到着から
                                              
                                             
                                              
                      
l01201
またきた



しろ

おっちゃんがやって来ましたよー

でも 最近はそっけないよね




l01557
よくきたね



さびはとってもフレンドリー





l01533
おてんき わるいから

ちょうしがでないのよね





l01541
たしかに それはあるよね




でも ここにはお天気に関わらず

ずっとテンションが高い生き物がいる





l01189
子犬たちだ


面白いことが分かった

お母さんのアキを撫でたり可愛がると

子犬たちはアキの方へ行く(笑)





l01130
ちょ やめてくれよう


で お兄ちゃんのムサシを可愛がると

今度はこっち(笑)

弟や妹たちに襲われているムサシ





l01119
やめてくれー!


でも お兄ちゃんだから

決して怒ったりしません





l01125
おこらない おこらない

かわいい きょうだいたちだからね




l01138
わーい あそんであそんでー!


そしてムサシのストレスは私に

子犬たちと一緒に襲われ

もみくちゃにされます





l01145
結果は こう


まあ あとは

帰るだけだからいいんだけどね



しろさびの里に到着してすぐは

いつも撮影にならないのですよ(笑)













しろさびの里                                                                                                                          ... 続きを読む
しろさびの里
                                            
                                            
                                            
私の長い一日の終わる

いつもの場所





l01826
これは一番最後に撮影した写真


しろはどこかへ行ってしまった













雨の牧場                                                                                                                            ... 続きを読む
雨の牧場
                                           
                                           
                                             
午前7時半

きっとこの頃は朝の餌やりで忙しいはず

とりあえず休憩だ





l0319
冬の雨は嫌い

濡れると どんどん体温が奪われていくから




l00869
離れたところに ぽつーんと1頭

おまえはもうご飯を食べたの?

ちゃんとありつけたかい?




30分ほど休憩して

2カ所の餌場を回る

「えさ台」の解体などを済ませて

再び牧場へ




l00874
雨の中

パイナップル(皮)をいただく


立派な角に目が行く

真ん中やその右側の子の角はいいですねえ

危険のないように

先端はカットしてあります



他の子は・・・




l00880
片方が伸びて来ていて危ない感じ

このままいくと目に刺さってしまいます




l00883
この子の角は両目に向かってる!

またいずれ除角しなければいけません

除角作業は牛も大変だけれど

人間も危険が伴います

できればしなくて済むようにしたいですが

そうもいかないのです





l00884
ぷっ(笑)

なんだ子の角は

古いけど「シェー」してるみたい




l00889
なーに わらってんだよっ!(怒)






l00894
吉澤代表は来客に対応中だったので

お姉さんが代わりに作業を

野菜くずをあげていました




待ち時間を有効に使うために

他の場所をまわることに

お昼にもかかったので

赤間さんやボランティアさんたちと

お昼をご一緒させていただきましたよ




食事後 また牧場へ




あっちゃー また別の見学者が来てる

今度は外国人の団体さんだ

団体さんにくっついて

NHKの取材も入っていましたよ

そういやこの団体さん

赤間さんたちとお昼食べてたお店に来てた


暫く待って

やっと吉澤さんは解放されました

でも見学者の対応も大事な仕事の一つ

おろそかには出来ませんね





l00987
お疲れさまでした!




l00996
ヨルダンのお土産のスイーツ


なんか鳥の巣っぽいのがある・・・

甘そうに見えないけれど

しっかり甘かった(笑)



そう吉沢さんはヨルダンに行って来られて

前日に帰国したばかりでした

向こうで活動しているNGO団体の招待で

学校など数カ所で講演されたとか

ヨルダンも原発を導入しようとしているそうで

その危険性などを訴えて来られたのです

ただ紛争地帯である中東に位置する国です

周りの諸国は当然原子力というものには

非常に敏感になっています

なにせお隣には過激なイスラエルがあります

素人考えですが

現在は紛争当事国でないにしても

いつ飛び火するやもしれません

その時に攻撃対象になるのは・・・

その結果どうなるか・・・

さまざまな国を巻き込んで

進められる原発計画

今後どうなっていくのか目が離せません





l0322
お土産頂いた

キーホルダーとボールペン5本も!





l01042
さあ午後も頑張るか





l01021
ちょうどキャベツが届いたところに遭遇

甘いキャベツ

牛にとってはご馳走でしょうね





l01032
キャベツ パイナップル レタス 牧草ロール

牧場事務局が必死に方々に当たって

手に入れています





l01058
私との話も早々に切り上げ

キャベツを牛に与えます

新鮮なうちにやらないとね





l01085
雨ざんざん





l01094
牛たち大喜び



l01070
牛 あたまあたまー!(笑)

でも しやわせ






l00898
作業はしばらく続きそうなので

そろそろお暇しましょう

吉澤さん お姉さんお疲れさまです


私は本日最後の場所

しろさびの里に向かって移動しました























赤間さんちに到着した時には すっかり雨になってからでした                                                                                                    ... 続きを読む
赤間さんちに到着した時には
 
すっかり雨になってからでした
                                            
                                           
                                             
シェルター(第一)を訪ねてお留守だったので

第二犬舎に向かうと

赤間さんが車中にいらっしゃった


「犬たちのお世話を終えたところです」

「雨に濡れちゃったんで乾かしてたのですよ」


そうか そうですよね

雨が降ろうが雪が降ろうが

犬たち猫たちのお世話は待ったなし

毎日のことだと改めて思い直します


そしてまた思ったのが

その毎日のお世話がいる犬や猫や

その他の動物たちが

9年前から 何日も何か月も何年も

放っておかれた事実






l00943
おやつもらって嬉しそう




l00946
ちょうだい ちょうだい

こまちが欲しがっています

秋田犬は二足歩行できるのか




l00949
つぎは わたしー!

つむぎもやっぱり二足歩行




l00965
毛布を取り換えてもらってます




l00982
満足げな ふたり(笑)





「最近また猫が目撃されていますよ」

「人が帰って来るとやっぱりねえ」

と  赤間さん



その猫は帰還者が持ち込んだのか

それとも捨てられたのか

猫たちの避妊手術は

殆どされていないといいます

避妊もされていない猫たちが

自由に屋外を動けるとなると

結果は・・・・

震災以前と

まったく変わらない状態になるのは

火を見るよりも明らか

行政も帰還のためのマニュアルの中に

正しい動物の飼い方などを

入れてくれればいいのにと思うのです



増えた猫たちをケアするのは誰

また同じ過ちを繰り返すのか

結局 見てみぬふりができない人に

しわ寄せが行き

その人たちはエンドレスに

動物たちの世話を

し続けるしかないのです













「えさ台」活動                                                                                                                         ... 続きを読む
「えさ台」活動
                                             
                                               
                                              
ここは「えさ台」設置より

はるか前

原発事故当初から

猫のために餌を置くことを

許してくださっていた場所






l00907
その場所も猫が来なくなって久しい




l00908
破壊もされてしまっているので

この餌場も廃止ということにしました




l00909
長い間ありがとうございました




l00910
おそらくここも

いずれは解体されるでしょう

ここでは赤間さんが何匹もの猫を

保護してくださった




場所を提供していただいた持ち主様

感謝いたします






l00913
浪江町帰還困難区域

一軒だけ餌場があります




l00915
夏の間は草木で生い茂っていた

お宅へのアプローチは

草刈りがしてあり

容易に辿り着くことができます




l00919
餌は空っぽ

猫は来ているのか



次回は久々に

監視カメラを設置してみようと思います






l00923
お宅の真横まで除染されてきています

いよいよここも家屋の解体

それと同時に除染されることになりそうです






来月が来たら震災から9年

世間では

もうすっかり過去のことになっていますが

私の中ではまだまだ整理はつきません

私にとってこの場所は

震災津波があった場所でもなく

原発事故があった場所でもないのです

たくさんの動物たちが人間に見捨てられ

のこされて待ちつづけて

お腹を空かせながら死んでいった場所

そういう場所なのです















ここは団地内の公園 お馴染みの休憩場所だ                                                                                                            ... 続きを読む
ここは団地内の公園
 
お馴染みの休憩場所だ
                                            
                                            
                                            

どれどれ

どんな感じになってるかな




l00859
あー



l00862
やっぱりダメだったか

この「えさ台」

何度も壊されて

修復につぐ修復を重ね

もう限界に来ていました





l00865
今回は代わりになるものを持ってきたので

現行のものは お役御免

お疲れさまとバラしていきます


手前みそになりますが

この「えさ台」は良く出来ています

野性動物に壊されるけど
(当初は想定していませんでした)

簡単に組み立て分解ができます

個人で製作するため出来るだけ安く

出来るだけ簡単な造りにする

パーツ数を最少にするということに拘りました

この時も15分程で分解完了


とはいえ

腰をかがめて作業すると





l001
腰がアイタタタタ・・・



l002
バンバン

インパクトドライバーに反応

鉄砲みたい




l003
こっちもか?

バンバン




l004
ふー





l000
じゃあ次に行きますか






l00867
もちろん中古ですが

新しいものを設置しました



そろそろ雨が降って来ましたよ







スモール
わたしは2011.5.14に
たすけてもらったの
ボランティアさんありがとう
のこされた動物たち




昨日一日福島に行ってまいりました                                                                                                                ... 続きを読む
昨日一日福島に行ってまいりました
                                              
                                              
                                             
予報通りお天気は雨

雨が降り出すとともに気温が下がり

少し寒くなりましたが

真冬という感じがしなかった福島でした




l0312
ぽつーん

あなたべ後に給油




l00823
朝6時過ぎ

曇天なのでなかなか明るくならない

たぶん気温は9℃くらい

なまぬるい感じがします





l3386
梅が咲いてましたよ

このまま春になってしまうのでしょうか





l00842
さて一か所目の「えさ台」

蓋が取れています




l00845
ボルトにナットが付いたまま外れている

ナットがついていたら抜けないはず

不思議な蓋の開き方です




l00847
とにかく空っぽになっていた餌を補充し

元通りにしておきました




l00849
ジャングルジムに設置した「えさ台」

ここは大丈夫っぽい




l00851
と 思いきや




l00853
なんじゃこりゃー!




l0316
ジャングルジムに登って修理




l0318
厚みのある板を あてがっておきました




l00856
相変わらず野生動物は健在

先が思いやられます











































雨予報でしたが  まだ降ってませんぽつーん空気は生ぬるいあなたべかき揚げが揚がったばかりで熱いから気を付けてくださいねとお店の人が笑うへーどれどれアチチ!ほんまやーとお約束(笑)6:30AMどんよりの空寒くない朝だあー  降ってきたやれやれでも  頑張ります ... 続きを読む
雨予報でしたが
  
まだ降ってません





IMG_20200216_032919
ぽつーん

空気は生ぬるい




IMG_20200216_033213
あなたべ

かき揚げが揚がったばかりで

熱いから気を付けてくださいね

とお店の人が笑う


へー

どれどれ

アチチ!

ほんまやー

とお約束(笑)




IMG_20200216_062403
6:30AM

どんよりの空

寒くない朝だ




IMG_20200216_101133
あー  降ってきた

やれやれ

でも  頑張ります





今回のしろさびの里はこれでおわり                                                                                                                ... 続きを読む
今回のしろさびの里はこれでおわり
                                             
                                              
                                              
l07886
しろは逞しくなった



l07817
最初のころは

どんくさくて さびの後を

ついてあるくばかりだったのに


今じゃ

さびよりアクティブ




l08057
一時は さびがしろを攻撃してしまい

どうなるかと思っていましたが




l08064
ちかよりすぎっ!


とばかりに

さびにアタック
 




l08075
微妙な距離感が生まれています(笑)




l08190
それでも仲良く

散歩は欠かさずにしてますよ




l08272-02
もう くらくなってきたね


そうだね

写真も撮れなくなってきたから

帰ろうかな




l08357
谷間にある しろさびの里に

少し早い夜がやって来ます

私は ふたりとひとりに別れを告げ

東京に帰るのでした



今回は これでおしまい






と書いている間に

週末にはまた福島へ

しろさびに会うのが楽しみなんですよ












しろさびの里 続きです                                                                                                                      ... 続きを読む
しろさびの里 続きです
                                             
                                             
                                             
l07569
さすがにこの高さでは

ムサシは登って来れません




l07670
ふー おいしかった



l07626
ここからは おりられないなあ





l07702
やっぱりこっちだよね



l07794
わたしもおりるー



猫の造形は堪らないです



l07743


l07773


l07823



l07462
人が大好き



正確には

人が持ってくる

美味しいものが大好き(笑)




l07844
さびのほうが人懐っこい

こうしてそばに居たがります


ぽーを思い出しますよ






l07409
なにかいいもの ないかなー




l07425
連れて帰りたくなる衝動に襲われます(笑)

行くならひとりだけなんて考えられない

絶対にふたり一緒だね


うちの子たちと相性が合うだろうかとか

妄想してしまう自分がいます(笑)





しゃがんで

犬やら猫やらを愛でていたら





l07525
ガブガブ咬まれてます



犬たち

君たちにはお役目があるからね

頑張るんだよ





l07328
イノシシに荒らされ

放置状態の旧家屋


ムサシが頑張らなければいけないのですが

いかんせん今のところ弱虫

遠くで ワン と吠えるのが

精一杯のようです




つづく





スモールしろさび
わたしたちはイノシシはむりだけど
ネズミはすべて たいじしたよ
しろさびとまっちゃん



すみません 結構時間経ってしまいました                                                                                                             ... 続きを読む
すみません
 
結構時間経ってしまいました
                                              
                                              
                                              
便宜上その1 その2とか

書いていますが

順番はありません

気にしないでくださいね






しろー しろは いるかー

l07164
なーに


あ いたいた

こっちおいでー





l07181
ぬっ

ぼ ぼくのことよんだ?


あームサシ

呼んでない呼んでない(笑)

かまってちゃんのムサシ

いい子ですよ




l07191
おいしいものくれるの?




l07196
いちいち割って入って来るムサシ

あー めんどくさいなあ

まあ かわいいから許すけど






l07339
じゃあ 美味しいものあげよう

ムサシに取られないように

高いところでね




l07282
ぼく のぼれちゃった・・・




とうとう登ってしまったか





l07613
ではもう ここしかない

車の上だ

さすがにここなら大丈夫でしたよ





l07148
松村さんは亀も飼ってます

牛やら馬やら鶏やら

犬やら猫やらを飼ってるのに

亀まで・・・

生き物好きにも程があります



今日はボランティアさんが

亀を冬眠させようとしていました





l07158
とーみん?

さびが興味深そうに見ています


さび お前も冬眠するっぺか?(笑)





l07227
しろ と さび

元気にしていますよ




つづく






スモールしろさび
いぬたちも なかまだよ
しろさびとまっちゃん



福島県双葉郡富岡町                                                                                                                       ... 続きを読む
福島県双葉郡富岡町
                                             
                                               
                                              
福島第一原発から17キロほどの場所に

しろさびの里があります





l07829
しろ


l07766
さび


l07202
まっちゃんこと松村さん


人が居なくなってしまったこの地で

生きていこうと決めたのです





l07897

l08067
しろさびは まっちゃんのパートナー



l07913
そして自動車修理する この子も

大事なパートナーなのです





つづく











希望の牧場                                                                                                                           ... 続きを読む
希望の牧場
                                            
                                            
                                           
少し前ツイッターでお騒がせしていましたが

この場外乱闘は

希望の牧場さんは関係ありません

あくまでも私と「@cmk2wl」氏との

個人的なやりとりですので

ご承知おきくださいね

希望の牧場の牛たちがこっそり出荷され

市場に出回っているとか

牛が脱走して行方不明になるなど

個体管理が何もできていないとか

根も葉もないデマを拡散されて

さらには牛たちを

「いまさら!」殺処分したほうがいいなんて

書いているものだから

つい それは間違いですよと

ネットで仕入れた情報だけじゃなくて

現場に行けばいいのにと指摘したらーー

その気はまったくなさそうで

どうやらネットだけで

満足しておられる様子なんです

実際に行って見て体験している私より

ネットのほうが正しいと思い込み

もう反論反論で取り付く島なし状態

私が希望の牧場と結託して

情報を隠し

国民を陥れているとでも

思っているのでしょうかね

やっと生きることを許された

牛が出荷されるなんて私もド反対ですよ

もう何言っても聞く耳持たないので

相手しないようにしようかなと

思い始めて来ました


ただ間違った情報を拡散している以上

指摘はしていかないとという気持ちはあります

さまざまなことがあり

希望の牧場関係者や

支援している人たちのおかげで

生き永らえることができた牛たち

ここまで来るのにも

どれだけの人たちが関わって尽力したことか

それを

無知で真実を知ろうともしない

石頭さん一人のせいで

誤解する人たちが増えたんじゃ

堪ったものではありませんからね

今後は様子を見つつ

対応できるならしていこうと思っています



私も希望の牧場に

忖度している部分は全くないとは言いませんが

その時々で起きていることを

正直にそのまま撮影しブログに掲載したり

雑誌に掲載したりしています

希望の牧場も

してきたことすべてが

間違いじゃないとは言い切れません

代表の吉沢さん

サポートするお姉さん

運営する事務局

お手伝いするボランティアさん

支援してくださっているサポーターさん

皆さんが手を抜かず頑張っても

300頭余りの牛を生かすには

完ぺきとは程遠い状態なのです

しかし完ぺきではないにしても

震災初期の頃を除いて

もう8年以上

人に迷惑をかけることなく運営できているのは

凄いとしか言いようがありません

そんな希望の牧場を何とか維持していただくために

私は牛たちが生きている限り

出来ることで応援するつもりなのです



さて今回牧場に到着して

すぐ目に飛び込んできたのは




l2867
どうしても出て来てしまう

「食い負け」する牛さんでした

こういう牛のために

何カ所にも分けて餌を置きますが

それでもなかなか食べられない子がいます

最近までそういういう弱い子は

牛舎に入れて囲って特別扱いをしていました

しかし以前にも書きましたが

弱い牛を囲っても

そこでさらに弱い牛が出て来てしまう

結局その子は弱っていき

最後には亡くなってしまうのです





l2823
牛たちはペットではありません

何とか生かしたいけれど

弱いものは淘汰されるしかない

弱い牛はずっと死ぬまで弱い牛

かかりっきりでお世話をするしかありません

しかし今の希望の牧場の体制では

この子をケアしてやれるだけの

体力はないんです

もし何とかしてやりたいと

そう思う方がいらっしゃるなら

その方にお願いしたいくらい

自分は何もできないけれど

人にはちゃんとしろとは

私には言えません







l2883
定期的に廃棄されるパイナップルの皮を

無料で頂いています

今までは特に気にもしておらず

流失していたパイナップルの汁

考えてみれば栄養満点のジュースです

飲んでもらわない手はありません

水槽は吉澤代表の手作り

こうして

少しでも牛たちの栄養状態を良くする

余すことのない工夫がされています






l06968
おいしい おいしい

牛たちはズーズーと音を立てて飲みます



ああ・・・

牛タン・・・

私も震災前は大好きだったんだよなあ

ごめんね牛さん





そのころ

代表の吉澤さんが何をしていたかというと





l06938
ガガガガ・・・・


昨年の台風で崩れた部分を補修中





l07072
以前紹介した

ホイールローダーの修理も

このためだったそう

牛の世話だけでは成り立たない

牧場を維持するために

吉澤さんは休むことはありません






l07011
とはいえ

来客があれば私のような者でも

もてなしてくださいます



「ほら ノンアルコールだよ」

いや すんません

私お酒はやらないし

そういう味も好きではないので

とお断りして

缶コーヒーをいただきました





l07046
吉澤さんにお会いしてもうすぐ8年

長かったような短かったような

失礼ながら

やはり顔のしわが増えました

何軒かの農家さんが牛を生かしていますが

最初から牛を殺さないと決めたのは

希望の牧場だけ

吉澤さんは反原発のために

この生き証人である牛たちを

生かすことに決めたのです

生半可な気持ちじゃ8年続きませんし

これからも続くわけがありません

私はーー

原発反対はもちろんそうですが

ただ牛たちを犠牲にしてスッキリさせようとする

やり方が気に食わないことと

何よりも普段の彼らのこと

殺されて肉となってしまう

「家畜」という牛たち豚たち鶏たちのことを

もう一度皆さんに考えていただきたい

そんな気持ちで

希望の牧場を応援しているのです






l2955
牛さん 牛さん

いったいどうしたの(笑)

何の意味があるのでしょうか

別に挟まっているわけじゃないです

そこから顔を出したかっただけみたい

やはり彼らの気持ちは

はかり知ることはできませんねえ

(実は頭や首を掻いてるんです)





l2971
牛たちや私たちの未来のために

希望の牧場は存在しています

ここは誰でも来られる場所

疑問や知りたいことあるならば

是非 訪れて吉澤さんに尋ねてみてください

優しく丁寧に教えてくださいますよ




希望の牧場ブログ
お話をしっかり聞きたい方は上記ブログに飛んで
メールにてお問い合わせの上訪問してください
さらっとでしたら お留守じゃなければ
直接行っても大丈夫だと思います





















海岸で朝を迎え 請戸地区をウロウロし その後                                                                                                          ... 続きを読む
海岸で朝を迎え
 
請戸地区をウロウロし
 
その後
                                                
                                              
                                                

l06844
残り4カ所となった餌場を

サクっと回ります




l2815
もう猫が来ていない感じ




l06850
ここだけはまだ利用してくれているようです



l06852
お上品に食べてある

しかし

フードの減り方を見たら

1~2回くらいしか来ていない様子

他にも食べるものがあるというのは

嬉しいことだけど





あっという間に「えさ台」チェックは終わり

希望の牧場を挟んで

午後は赤間さんちへ行きました





l07077
この日はそれほど寒くなかった




l07091
かわいい・・・

服着せてもらっていいね(笑)

チップちゃん といいます



「もう10歳越えの老犬だからね」



かわいいなあ(笑)




l07107
なにがおもしろいの




もう1頭





l07140
ククリちゃん

これまたかわいい(笑)



「この子も10歳越え
この2頭は震災後すぐに うちの前
国道114号線を歩いていたところを
保護しました」

「もう9年前になりますね」

「飼い主も現れないので もううちの犬かな」

「今は毎晩 僕と一緒に眠っています(笑)」



l07129
もうどこにもいかないよ




l07087
震災から9年

確かに9年も一緒に暮らしたら

それはもう保護しているんじゃなくて

飼い犬ですね

ここは一時的に保護する場所ではありますが

犬たちは深い愛情を受けて生活している

赤間さんには申し訳ありませんが

ここに来ると一瞬ですが

保護シェルターだということを

忘れてしまう自分が居るのです











日の出を見た場所は 新しく建設中のスーパー堤防の上                                                                                                       ... 続きを読む
日の出を見た場所は
 
新しく建設中のスーパー堤防の上
                                             
                                             
                                             
                                             
ゆるーく立ち入り禁止っぽいので

長居はできません




l06771
海には海上保安庁巡視船

第一原発 周りを監視

テロなどを警戒しているのでしょうね


以前 希望の牧場見学ツアー

団体で海岸に出た時

巡視船から警察に連絡が行って

パトカーが来ちゃった事件がありました





なついPM58
中型巡視船 かとり型 なつい(PM58)

20mmの6銃身ガトリング砲装備ですって


撃たれると怖いので(撃つか!)

長居は禁物




l2804
堤防を離れて少しだけ内陸に

「棚塩集会所」がありました

ここは2階まで津波に飲み込まれています





l2739
2階部分

まだ当時のままに





l2781
2階からは牛たちの墓場が見下ろせました





l06833
請戸漁港の見晴台には

震災前の請戸の空撮写真が展示してありました

こんなにも家屋建物があったのですね

私の知る請戸は殆どの建物が流されてしまって

何もない風景

被災後しか知らない私にとってはショック





夜明けから1時間ほど滞在して海側を離脱

「えさ台」チェックに回ります











ここは殺処分された牛たちの墓場日の出まであと少しの0.9                                                                                                    ... 続きを読む
ここは殺処分された牛たちの墓場

日の出まであと少しの0.9
                                            
                                             
                                             
当時のニュース特集によると

何百頭と埋められているということです




l2615
右は廃棄物処理場

その少し左側に影になっていますが

「マリンパークなみえ」という施設があります




l06504
マリンパークなみえ





lNQ7
こちらは2014年に撮影された埋設作業

背後にマリンパークなみえ





l2689
0.93

埋設地はピンポイントでは分かりませんでしたが

たぶんこのあたりだろうと


このあたりは津波に備えてかさ上げしてあり

その上には防風林にするために

植樹することもあるようです


くまなく探していませんが墓標はなさそう

しかも上には盛り土

まさに牛たちの存在は

なかったことになっています





l2703
何か声をかけてあげようと思いましたが

手を合わせても言葉が出て来ません

彼らは原発事故があってもなくても

消えていく運命




牛は本当に悲しい生き物

だからこそ

希望の牧場で生かされている牛たちは

何としても

寿命を全うして欲しいと思うのです



朝日が昇るまであとわずか

もう少しこの海岸にとどまります

















一日の始まり 日の出が「1」としたら                                                                                                               ... 続きを読む
一日の始まり 日の出が「1」としたら
                                            
                                            
                                            
「0.3」くらいから動いていることになります

まあなんの意味もないのですが

ちょっと書いてみたかっただけ





l06486
「0.5」あたり

茨城県の友部SAの月



今日は一番最初に行くところは決めてあります






l06459
浪江町に到着

「0.7」



日の出まであと「0.3」


最近は国道を使わずに

動物たちに会う機会の多い

県道を使っています

今回は会えませんでした





l2587
浪江町の海側

「棚塩」という場所にやってまいりました

この時点でまだ「0.8」

日の出まではまだ少し時間があります


誰もいない

車のライトを消すと真っ暗な場所です





続く











お天気はどうかなー                                                                                          午前3時のアナタベちょっと早く着いたので時間調整ちう午前5 ... 続きを読む
お天気はどうかなー
                                             
                                             
IMG_20200112_025957
午前3時のアナタベ

ちょっと早く着いたので

時間調整ちう




IMG_20200112_090403
午前5時すぎ

福島に到着

お天気は まずまず

以前から気になっていた

ある場所に来てみました

ここはとても悲しい場所なのです

この場所の説明は

また帰ってからしますね





2012年の1月の福島では



l6841
富岡町のダチョウに襲われていました



まっちゃんこと松村さんもキックで襲われ

軽トラのバンパーがヘコんだそうです




l2241
他のダチョウはそうでもなかったけど

この子だけは人間を目の敵にしてたのでした


























年内最後の しろさびの里です                                                                                                                   ... 続きを読む
年内最後の しろさびの里です
                                             
                                              
                                              

l0101
ボランティアさんが持ってきた

パウチをいただく ふたり


おいしい おいしい


しろの前足には植物のひっつき虫が(笑)






l0099
ぼくもー!

と登り付こうとする甲斐犬のムサシ

ムサシは今年の1月に母犬アキから生まれ

しろさびと一緒に育っています



食いしん坊だから餌を地上に置くと

全部食べてしまう

だから しろさびにパウチを与える時には

こうして高いところに置くようにしています




l0119
ふー おいしかったー





l05762
しろさびを撮ろうとしても

すぐに邪魔しに来るムサシ(笑)

人間大好き 猫も大好きの かわいいヤツ


子犬の頃から一緒に居るので

しろさびとは仲良しです



ムサシの身体が大きいため

甘えて来られても持て余してしまいます

しつこい時は猫パンチが出て

ムサシはまずいことをしたかと

反省して離れるのです


ムサシはイノシシから家を守るためにいます

松村さんにムサシは役に立っているかと伺うと


吠えてるべ

遠くからな

だからイノシシは逃げもしねえべ


と(笑)


ああムサシ

危険なことはして欲しくないけど

ちょっとは役に立つようにね




l05767
モコモコしろ



さびの写真が少ないんです

なぜかというと

さびは甘えん坊で

すぐに近づいてくるのですよう





l05774
このまま連れ去りたくなります

いずれ誘拐してしまうかもしれません(笑)



あ ウソです






l05789
捨てられ

処分されそうになっていた

生まれて間もないしろさびを

救ってくださったボランティアさん

しろさびにとって神様のような人

しろさびがこうして生を謳歌出来るのも

この方のお陰なのです





l8424
2013年7月撮影



今から6年半前

しろさびは この里にやって来ました

姉妹でありながら

柄も性格も全く違うふたり

私はうちのとらまると姿が重なり

この子たちに魅了されてしまって

ここに通うようになったのです








スモールしろさび
へー
ここでうまれたんだとばかりおもってた
しろさびとまっちゃん