うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

誰もいない場所に取り残された猫たち                                                                                                               ... 続きを読む


誰もいない場所に取り残された猫たち
                                 
                                 
                                    
                                    



l1240838
(4月17日撮影)


そこに通う猫おばさん


何か所も餌場を持っている猫おばさんは

餌を与えるだけで手がいっぱい

細かいケアなどはなかなかできないのです







l1240845
(4月17日撮影)


南相馬市小高区の海に近いあるお宅

裏手が山になっている場所


ここは以前 監視カメラを設置した場所







l8742
(4月17日撮影)


そして人の気配を察知したシャム猫が

山から出てきた場所です







l8865
(4月17日撮影)


猫おばさんが用意した缶詰を

警戒しながら食べるシャム猫











今回この場所に設置した

監視カメラ映像が手に入りました



アラ001


腹が余程減っているのか

明るいうちからアライグマは活動しています

夜は彼らの天下です

入れ代わり立ち代わり現れ

執拗に餌箱にすがりついています

それが朝まで続いているのです

しかし入口が狭くて入ることはできていません







はげくろ001

明るくなると猫の出番

お尻の毛がはげている黒猫

これはいったい・・・







はげくろ002


給餌器に潜り込み餌を食べています






そして・・・








シャム001


耳の下から血を流しているシャム猫

前回 撮影した子が写っていたのです








シャム003

カラスをけん制するシャム猫

カラスは猫以上に来ているところが

カメラに捉えられています









シャム004

どのようにしてできた怪我かは分かりませんが

身体の汚れといい

ここは猫が暮らしていける環境では

ないような気がします








シャム

人が帰れる場所であっても

人が全くいない場所はいくらでもあるのです

彼らは少ない餌で細々と生きるしかなく

やがて消えていってしまう運命なのかもしれません











来週30日火 31日水  「希望の牧場」にて牛の個体識別作業を行います  お手伝いを若干名募集中ですよ                                                                              ... 続きを読む


来週30日火 31日水
  
「希望の牧場」にて牛の個体識別作業を行います
  
お手伝いを若干名募集中ですよ
                               
                                 
                               
                                



l見開き横

被爆し商品価値のなくなった牛たちが

出荷されることもなく

そして殺処分されることもなく

生かされている牧場です


「幸福牛」がいる牧場のお手伝いをしてみませんか






l4999

見方によっては牛の楽園ともいえる

300数頭の風景は圧巻です



見て

参加して

ここで何があったのかを考えて欲しいと思います




【ボラさん数名募集中!】300頭の個体識別作業
★日時:5/30-31 両日10-16時
★もちろんボラ初めての方も大歓迎!わいわい楽しくやりましょう!
★問合先 09012792106 ★東京ー牧場間の送迎あり!















あと少しです                                                                                                                          ... 続きを読む


あと少しです
                               
                                   
                                 
                                  
何がってバックアップがですよ

新しいPCにしたものですから

データの移行とバックアップに時間がかかっています





l9282


写真がないのもアレなんで

松村さんちの しろをどうぞ






l9293



犬の石松の家を乗っ取っております






新しいPCは快適で

心配していたWindows10も使い易いですよ

ちゃんとデスクトップ画面があるし

Win7からでも あまり違和感なく使えます


問題だらけだった

インターネットエクスプローラーとも

無事に別れを告げられました

新しいブラウザソフトの

マイクロソフト エッジも使い易くできています







ll9304



また会いたいなあ

次は今度の日曜日だ

学校の先生と一緒に行くことになります

普段は猫の里親探しの活動をしておられ

希望の牧場のサポーターでもある方です






データのコピーももう少し・・・

と思ったら途中で止まってしまった!

とほほー

最初からやり直しだ

大量データを一度にしようとしたからなのかなあ

次は小分けして少しずつやってみます




とにかくこれが終わらないと次に進めません

ガンバリマス!




hdd


古いPCから取り出したHDD

取り付けても認識してくれなくてダメなものが多いです

長くて15年くらいしか持ちませんね

異音がして完全に死亡したものもありました

この他DVDに焼いたものや

SDカードにコピーしたものもありますので

なんとかデータは残しています

絶対に写真データをなくすわけにはいかない

保存するのに気を使うので大変なんですよ









吉田の猫おばさんの餌場                                                                                                                     ... 続きを読む


吉田の猫おばさんの餌場
                             
                                 
                                   
                                

吉田さんが購入された監視カメラ

約1か月間 様子を見た結果です






l0008



設置中








l0016


ここは家の中に餌箱が設置されているのです





l0022


猫は結構いるようです





l0024


やはりコイツもいますね

しかし体が大きくて入れない






l0030



がんばれ







l0045



l0047


キツネまで!






l0056



l0059



l0200




l0208


ハクビシンは猫と同じサイズ

防ぐ手段はありません






l0227


かなり頑張らないと入れない・・・

でも猫たちは一生懸命生きています







この隙間が猫たちの命を左右します

可哀そうだからと隙間を広げれば

アライグマにあっという間に食べられてしまう

猫たちには頑張ってもらうしかないのです




吉田さんも もう6年以上頑張っておられます

終わりのない活動

でも

「終わらせる」 イコール 「猫の死」 を考えると

何としてでも終わらせるわけにはいかないのです















犬  犬ってやつは・・・                                                           深谷かほる先生がツイッターで連載している                                     ... 続きを読む



  
犬ってやつは・・・
                               
                            


深谷かほる先生がツイッターで連載している                                  
                                 
『夜廻り猫』

そこに出てくる「柴犬殿ハッピー」のお話に

いたく感動したのです





b1240530



みぞれの吹雪に遭う 遠藤と重郎






l1240532


避難させてくれた犬小屋には

もう1週間も食事をとっていない柴犬殿ハッピーが






b1240534



人に助けを求める遠藤

しかし その人も

他者を助けている場合ではない状況ではあったが

有難いことに当り前のように動いてくれた







b1240538



最後は

脳梗塞で倒れ入院していた飼い主が戻ってくる




そこで柴犬殿ハッピーが発した言葉に打ちのめされました



「おかえりなさい」

「買い物 楽しかった?」







l1240542




・・・犬という生き物は

飼い主との間に信頼関係ができていたら

飼い主を疑うことを知りません

どんな状況になっても飼い主を信頼し続けるのです



私は

この素晴らしい漫画に対して申し訳なかったのですが

すぐに福島に置き去りにされた動物たちを思い出しました



彼らは待っていました

きっと飼い主が迎えに来てくれること信じて

本当に待っていたのでした

もちろんお迎えに行った飼い主もいたけれど

それよりもたくさんの動物たちが

飼い主を待ち続けながら息絶えていったのです





もう二度と

彼らの信頼を裏切るようなことはあってはならない

そのことを思い出させてくれた「夜廻り猫」だったのでした






『夜廻り猫』 
第92話~第95話







l1240546-02

















  



昨日の福島は雨                                                                                                                         ... 続きを読む


昨日の福島は雨
                                           
                                           
                                          

雨の作業は本当に骨がおれます

イヤ

イヤイヤイヤ

大嫌い

でも好き




ちょっと何言ってるか分からない状態になってますが

とにかくテンションも下がり気味の一日でした







l1250575


これだもの



雨の中の修復作業は気が滅入ります










l1250583



でも復活



こんなことばかり もーやってらんない

って気分ですが・・・







l1250592



満身創痍の「えさ台」



これを見ていると

コイツは雨や風や日差しにさらされ

アライグマやハクビシンに毎日襲われ

それでもじっと耐えている


それを思うと

雨うざーい

なんて言っている自分が恥ずかしくなります

私も頑張らないと「えさ台」に申し訳ないですね

きっと直すよ

きれいに修復するからね

晴れてる時にね

それまですこーし待っててね





「えさ台」の男気に報いるためにも

わたくしもーすは頑張ります!






ここは楢葉町 以前 プーたちがいた場所                                                                                                              ... 続きを読む

ここは楢葉町
 
以前 プーたちがいた場所
                                               
                                      
                                          





l7612


建物はとっくの昔に解体され

建物の裏の木に設置していたものの

その木も伐採


現在は かろうじて残っている

こちらの木に設置させていただいています











2週間の観察です



2匹の猫が逞しく生き残っていましたよ















希望の牧場                                                                                                                           ... 続きを読む


希望の牧場
                                              
                                           
                                            
そこで暮らす二頭のホルスタイン牛

その一頭に「いちご」と名付けられた牛がいます








l8397

2015年撮影




いちごは2011年7月に保護された

乳牛になるホルスタイン牛の女の子








l0690


彼女がいた場所は

死臭漂う南相馬にあった牛舎







l0675


いちご以外の牛たちはすべて餓死していて







l0681


いちごは亡くなった母牛のそばを

離れないで生きていたのです 







l0705


皆さん想像してみてください




いちごが生まれたのは震災後の

3月15日 といわれています

15日生まれだから いちごと名付けられました



ということは

彼女が生まれた時には

すでに人間は逃げてしまっていたということ

ある程度の餌は畜主さんが置いて行ったにせよ

餌をすぐに食べつくしてしまったであろう母牛

すぐにやってくる苦しい飢餓

それでもいちごにミルクを与え続けたでしょう

死ぬまで・・・




「わたしはもうだめ」

「あなたは生きなさい」





映画やドラマの中ならクサイ台詞です

しかしここで母牛は

本当にいちごにそう伝えたに違いありません




想像してください

一頭の牛がラッキーにも生きていた

そんな簡単な話じゃないのです

分かったような気にならないでください





私が目撃した牛舎は餌がなくなっても

水があれば約3週間は生きていた牛がいました

いちごが母親と一緒にいられたのは

長くてもほんの3週間以内



母牛が亡くなりおっぱいを貰えなくなったいちごは

なんとか自力で動けるところまで成長していて

牛舎の横に流れる川で喉を潤し

周りに生い茂っている草を食べて生き延びたのです

でも母親のそばを離れることが出来なかった

なぜか起きてこない母親

腐りウジが沸き 形が無くなっていく母親

それでも5ヶ月間いちごは一緒にいたのでした







l1478


やがて希望の牧場チームがレスキューに

いちごはこの時初めて人間を見ました


逃げ回るいちご

でもとうとう部屋の隅に追い詰められてしまいます








l1499


助けてやるぞ!


でも いちごにはそんなことは分かりません









l1514


見たことのない人間に囲まれて

たいそう怖い思いをしたでしょう



この時は おーあみさんも一緒でしたね







l1524


希望の牧場に移動





l1562
 


ほんの7、8分で希望の牧場に到着







l1572



小さかった いちご

まだ人間が抱かかえることができていたのですね 







l1580
 


トラックから下ろされて

いちごはすぐに放されました

ここで皆と生きていくんだよ


自分と違う毛色の黒毛和牛が怖くて

このあと数日行方不明になるも 

勇気を出して自力で再度合流






そして現在


 




l9126
 
4月30日撮影



こんなに立派になりましたよ

母牛が命をかけて守った いちごだから

希望の牧場はその遺志を継ぎました



ただの一匹の牛が生きている

その生きるということ 生かすということが

どれほど大変なことか

それをもう一度考えてみませんか









l8343


俺はベコ屋

牛を生かすことが仕事だ





今日も310数頭の牛を生かし続ける

吉澤正巳 希望の牧場代表
 














 

バタバタの4月30日の活動でした                                                                                                                ... 続きを読む


バタバタの4月30日の活動でした
                                              
                                           
                                         
                     


バタバタと言っても この日の前後の話

福島に行ってしまえば集中して動きますよ







                     
l1250042


お天気バッチリ

睡眠も取れて今回はいい感じでした






l1250051


あなたと食べたい おそばも頂き

霧の常磐道を北上





l1250068


私が降りる広野ICの ひとつ手前で朝日が昇る









l1250097



さあ活動が始まります

大好きな猫たちのために









l1250090


大きい被害はないものの







l1250083

                                            
                       
依然としてアライグマは

猫の餌を横取りしようとしています








l1250095



しかし今回は破壊までには至らず








l1250103



軽微な被害で済みましたよ









と思ったら







l1250105


(笑)




いや まだいける

破壊はされていないからね

これくらいは大丈夫




と思ったら






l1250108



なーい!






l1240789

これでしたからね(3月20日撮影)



赤間さんに確認したら

町から「外すように」という指示があったようで

赤間さんが外してくださっていました



ここは住民が憩う「街角広場」

住民が帰還して来る町には邪魔なもの


しょうがない・・・








l9105



緑がきれいな季節

でも

まだまだここは喜ぶことができない土地




ここはたくさんの

本当にたくさんの死があった

そんな場所だから









l8361


新しく帰還困難区域に設置しました

こちらの住民は震災直後から理解ある方でした


国道から少し入るこの場所は

警戒区域の頃

警察の目を逃れられる隠れ場所としても

使用させていただいてました








l8365


さあ

猫ちゃん来てね!







                                            
この5日前の25日は叔母のお葬式でした

母を長女に三姉妹

今回亡くなったのは二番目の叔母

この関西のおばあちゃん3人が揃うと本当に面白い

いつまでも話を聞いていられるというか

楽しかったなあ



子供の頃からかわいがって頂いた

本当に大好きなひとでした

おばちゃん また会いましょう









 

4月29日の福島のお天気は 大変な荒れ模様だったようで 大きな落雷があり山火事が起きた模様でした帰還困難区域の山火事 1週間で50ヘクタール余焼ける私が浪江町に行ったのが翌日の30日消火作業真っ只中でしたが山の中深くの火事で近くには行けず遠目で見守ることしか ... 続きを読む


4月29日の福島のお天気は
 
大変な荒れ模様だったようで
 
大きな落雷があり山火事が起きた模様でした




帰還困難区域の山火事 1週間で50ヘクタール余焼ける





私が浪江町に行ったのが翌日の30日

消火作業真っ只中でしたが

山の中深くの火事で近くには行けず

遠目で見守ることしか出来ませんでした






l9156


消火ヘリが現場に向かっています






l9114


l9106


さまざまなヘリが ひっきりなしに飛んでいました







l9169-02
 


肉眼では見えなかった消火作業







l9169
 



報道によると火災は発生8日目

5月6日に鎮圧したと浪江町長が発表 

懸念されていた空間線量も異常はなかったようで

ひとまず安心

ただ山で生きていた動物たちは

しっかり逃げられたのか

それが気になりますが

こればかりはどうしようもないこと




とにかく被害が広がらないで良かったですね




 

「のこされた動物たち」福島第一原発20キロ圏内の現在(いま)写真展初日終了しました天候にも恵まれおかげさまで本日は104人のお客様においでいただきました今でもぎりぎりで生きている動物たちがまだいることをもっと皆さんに知って欲しいその気持ちだけで動いております  ... 続きを読む


「のこされた動物たち」
福島第一原発20キロ圏内の現在(いま)

写真展初日終了しました






lポスター


天候にも恵まれ

おかげさまで本日は104人の

お客様においでいただきました








l7154


今でもぎりぎりで生きている

動物たちがまだいることを

もっと皆さんに知って欲しい

その気持ちだけで動いております 







l8640-02


もう前代未聞

箱写真を写真展で使うことになろうとは(笑)







さて明日2日目は

お昼過ぎ? 13時くらい? から

音楽ユニット「バジル」のミニコンサート

WITH 吉澤正巳 氏の講演があります

私は観客の一人です


写真展の方では「福島の現在(いま)」を

見ていただき

説明もさせていただきます

ついでにシロも待ってます

3日間で一番盛り上がる日になりますよ




お天気も大丈夫そうです

是非 代官山にお出かけくださいね









 

のこされた動物たちそして現在(いま) いよいよ明日からです!                                                                                                  ... 続きを読む


のこされた動物たち
そして現在(いま)

 
いよいよ明日からです!
                                             
                                             
                                              
  5月4日(木)~6日(土) 
11:00~16:00 ※最終日のみ15時まで
 


株式会社サイバード2F 
東急東横線「代官山駅」下車
渋谷区猿楽町10-1マンサード代官山


主催 
渋谷中央委員会、家計活動委員会、
753(なごみ) スマイル委員会(連携企画)

協賛

 代官山春花祭実行委員会 






l8960


帰還困難区域にある牧場

牛と猫



彼らに未来はあるのでしょうか






おいでいただければ嬉しいです

写真ですがシロもこっそり待っていますよ

見つけたら撫でてやってくださいね







 

先ほど0時前 福島より戻りました                                                                                                                ... 続きを読む


先ほど0時前
 
福島より戻りました
                                          
                                           
                                            
                                         
                                             



l8369


不思議なことがあったのです






荷物を下ろそうとして車から降りたとき



ニャー・・・



声が聞こえたのです

この声は忘れもしないミヨコの声




ミヨコが まだ外にいた頃

保護して家に入れる1年前くらいからは

ミヨコはうちの周りで生活していたのです

私が福島から夜中に戻ると

どこからか出てきて

ニャーニャー鳴いて私の後追いをしました

車を駐車場に停めに行っても

駐車場までついて来て

歩いて家に戻るときも

鳴きながらついて来たのです


まあそんな時はお腹が減っているときで

ご飯をあげると大人しくなり

食べてる間に家に入るということをしていました







l8378-02


へたくそな合成です




私を先導するように

ミヨコがいたような気がしました



気のせいだとは思えないほど

ミヨコの声はしっかりしていたのです

良かった

元気でやっているんだね

よく来てくれたね





ただいまミヨコ

おかえりミヨコ








 

しろとさび                                                                                                                           ... 続きを読む


しろとさび
                                             
                                             
                                            
                                              
元気でやっていましたよ








l7842



そして石松も





 

l7809-02


ころ




l7810-02


ころ




l7807-01


 ぱたり







l7880


ここのボスの さび

一番力を持っています






l9055


しろは勇気を出しました

さびの威嚇にも負けていません







l7894


 ずんずん


逞しくなった しろ

本当に良かった







l9100-02
 

さびの子供だと思われるクロ

人懐っこいです








l7854
 


仲良く食事







l7821



松村さんは最近「野鳥の会」 と一緒に

鳥たちが受ける放射能の調査に協力しています 



線量の高いところ低いところ

47ヶ所ほどに巣箱を設置

鳥たちの状態をみるのです



しかしここでもアライグマの被害が

箱をかじって穴を開け

中の雛や卵を食べてしまう事態が起きています

補強するために一度外し工作中



大変ですよね

仲間になった気分(笑)








l7828



猫は箱が好きだべ

ほれ入ってみろ



そりゃ無理ですって・・・



松村さんは いつも同じペース

まったくブレがないのです

私も見習って活動を続けなければ






福島のブログ記事

もたもたしてる間に

もう二週間が経とうとしています

また明後日 福島に行ってきますね










 

帰還の目処はまったく立っていない 帰還困難区域にも春はやって来ていました何もなかったかのようなのどかな風景が目の前に広がっていましたキジも鳴かずば撃たれまいキジがこんなに頻繁に見ることができしかもゆっくりまじまじと見られたのははじめてでしたキジたくさんい ... 続きを読む


帰還の目処はまったく立っていない
 
帰還困難区域にも春はやって来ていました







l8979


何もなかったかのような

のどかな風景が目の前に広がっていました









l8997


キジも鳴かずば撃たれまい



キジがこんなに頻繁に見ることができ

しかもゆっくりまじまじと見られたのは

はじめてでした

キジたくさんいますよー









l1250013



野生動物対策で 新たに飼われたワンちゃん二匹








l8935



人間が当分住むことのない場所で

彼らは生きていく












 

当たり前のように                                                                                                                        ... 続きを読む


当たり前のように
                                             
                                             
                                          
ここには牛がいる

この当たり前の風景のために

どれほどの人間が動き

どれほどの人たちが支援してくれたか









l7733



到着したのは夕方

もう日が暮れかけようとしていた








l8899



本能のまま生きている牛たち

いや 生かされている牛たち








l8906


現在は去勢手術をすべて行ったのでいないが

震災後 生まれた牛もいたのだ


この牛は生まれる前に何が起きて

なぜ自分が生かされているかも分からず

生きるのが当たり前のように生きている

生まれて28ヶ月

通常ならそろそろ出荷される頃なのだ









l7748



今回の福島は2日間

宿代をケチって牧場で車中泊

深夜 牛の撮影をしてみるが散々な結果に

灯りひとつないところだけれど

牛たちの息遣いが聞こえる

それが心地よい




もう寝よう

昨夜は一睡もしていないから

車の中でも熟睡できることは間違いない





・・・・・・・・・







l7760


 
牛の気配で目が覚める



ん?



いてはいけないところに牛発見








l7768
 


もぐもぐもぐ







l7779




 ぷはー






ぷはーじゃないって!









l7781
 


吉澤さーん



電話するも出ない

後で分かったけど この日は二本松行っておられたそう


何とか自分で追いかけ

柵内に誘導することに成功




しかし切れてしまった電気牧柵は直せない




ほどなく獣医の伊東先生が到着





l7785


 
あー 他にもいたか








l7790
 


なんとか全部誘導し柵内に戻せたけれど



隔離している弱り牛が

元気牛の中に混じってしまった 








l8918
 


伊東先生の朝一番の仕事は

餌をやるよりも電気牧柵の修理



 
牛たちはそんなことも分からずに

腹が減った 腹が減ったと

伊東先生にアピールしていたのだった










 


牧場からの離脱









季節も良くなり

牧草の茂った希望の牧場

是非一度訪れてみてください













 

南相馬市小高区                                                                                                                         ... 続きを読む


南相馬市小高区
                                          
                                               
                                            
                                              
昨年の7月に解除になったものの

まだまだ帰ってくる人々は少ない地域

帰ってきた住民が

猫の世話をしてくれるなんてことは夢のまた夢

そんな状況で孤軍奮闘している猫おばさん








l1240831



調子の悪い身体にムチ打って活動しておられます



今回の私のミッションは監視カメラのレクチャー









l1240806



猫おばさんは今回 ご自分で3台のカメラを購入

その使用方法などを説明に行ってきたのです


餌場に はたして猫が来ているのか

もし来ていなければ その餌場は廃止

そして来ているなら何匹の猫が来ているのか

野生動物はどうなのか

そのあたりを猫おばさんは知りたかったのでした







l1240804



忘れないようにメモを取る

もともと塾の先生をしておられた猫おばさん

勉強熱心です










l1240809

 

アクシデントがありました

電池収納する場所

プラスとプラス

マイナスとマイナスになっています

不良品ですね

現在アマゾンに返品しているところです 








l1240820



湧き水があるお宅

かわいいカニがいました








l1240826
 


猫おばさんはいつまで続ければいいのでしょうか





この後 訪れた餌場に待っていた住民

餌場の近所に住む人間でした

餌を置くと猫が来るのが気に入らないようす

野生動物駆除のためにくくり罠を仕掛けると

猫がかかっても知らないからな

心配なら猫をすべて持って行け と

猫おばさんは何度も謝りながら

もし猫が掛かったら迎えに来るから

どうか連絡くださいと

必死で懇願しておられました

私は何も言えず

一緒に頭を下げることしか出来なかった








l1240833



そしてまた移動








l1240838



こちらのお宅は猫に理解あるお宅

しかし住民は帰ってくることはないのです



餌の補充

カメラの設置をしていると









l8742



裏山から一匹の猫が現れました



山で生活しているのか・・・

人の気配を感じてやってきたのです

せつない

猫おばさんが来るとしても

最近は2週間に一度

それ以外は人が来ることはない場所なのです








l8876



警戒しながら

ご馳走のカンヅメを食べます





この子に未来はあるのでしょうか

この子の生死は

猫おばさんにかかっているといっても

言い過ぎではありません

 





どこの場所でも

猫が生きていくのは厳しい もと警戒区域

今でもぎりぎりで生きている猫たちがいます

その猫たちを救うために

しょうがないで諦めるのではなく

最後まで頭を使って考え

身体を使って足掻き続ける人たちがいます





どうかひとりでも多くの方が

行動を起こしてくださいますように

 




 

久しぶりの箱写真特集です                                                                                                                    ... 続きを読む


久しぶりの箱写真特集です
                                             
                                              
                                                 

箱ばかり撮って並べても

きっと面白くないだろうなあ

なんて思ったり 

でも活動がそうなのでしょうがない

と開き直ったり



久しぶりなんで まいいか






l8640
 
 

午前5時半

冬場は 真っ暗でしたが

この時季はもう夜が開けています

暖かいし良い季節になりました 








l7607


津波に見舞われるも生き残った神社






l7602



解体されるようです








l8644


その裏に設置させていただいている「えさ台」

木を伐採されないことを願います







l7610



最近 新設した場所

しかし動物は誰も来ていません








l7612



プーたちがいた場所

周りはすっかり解体されて更地になりましたが

ここの木だけは残っています

もうしばらくはいけそうな感じです







l8649
 


横に名前と連絡先を書いてあるので

問題があれば連絡が来るでしょう









l7617




カッコつけて撮っても箱は箱(笑)









l8650


 
l8653


あらフタが開いていますよ







この先ヘビいます








l8654



あぶない!

もう少しで踏むところでした







l8659

 

この陽気じゃウロウロもしたくなるってもんですね 

道路には出ちゃダメだよ







l1240733

 

l1240740




l1240741



やられた

ここでは初めての被害








l1240749



新しいタイプに交換して

さらに補強しておきました








l1240761



相変わらず(笑)






l1240767



そして性懲りもなく修理








l1240776



ああ・・・







l1240780



ここもまた解体か

これでまた餌場がひとつなくなってしまう

他でカバーできればいいのだけど










l1240789



ここはひどいですよ


ハクビシンの野郎だと思いますが

中でウンコするんです

餌の中でもウンコ

箱の中はもっとウンコ

トイレと食堂の違いが分かっていない

ゆるせないっ!








ゴキブリ出ます







l1240794
 


今年 初G



あーこれからまた雨が降った後には

いっぱい入っているんだろうなあ

イヤダイヤダ







l1250034


こちらは珍しいです

底の すのこに穴を開けられました







l1250037



修繕









l1240847




希望の牧場入り口

久しぶりにアライグマに穴開けられていたので

修理しました




とりあえず自分の餌場周りは終了

そして今日は南相馬の猫おばさん

吉田さんのお手伝いに向かうのでした




つづく



























 

すっかり春を迎えた  福島に行ってまいりました                                                                                                         ... 続きを読む


すっかり春を迎えた
  
福島に行ってまいりました
                                          
                                                  
                                             
                                            





l16495



いつものように

貴方と食べたい午前4時のかき揚げそば

茨城県は友部サービスエリア


この時間のフードコートは

完全にいきつけの店になりました

先日はお店のひとが声をかけてくださいましたよ





「以前からお伺いしようと思っていたのですが」

「お仕事何されているんですか」





まあ写真を撮ってるんですけどね



「あ やっぱり!」

「先日のニュースみましたよ!」



ご覧になってくださったのですね

ありがとうございます

(鼻の穴膨らんでる)



「イノシシの写真を撮っていらっしゃるのですね!」

「なかなか大変でしょうね」



え? ええ

まあ それなりにね・・・



「今日もイノシシですか!」

「お気を付けて!」



あ ありがとうございます・・・

(脚色して書いてます)






もう顔パスですから

私と行くと好きな席が選べますよ

ガッラガラですから!







l1240763



桜の季節でした







l8891



そして菜の花の季節








l7717



自然は美しい

 しかし

建造物は・・・






l8694



浪江町請戸地区





l8711







l7633
 



l7631
 



l8708


建築中の堤防は高さ7mを超える予定

遠くに第一原発

排気塔の下に「マリーンハウスふたば」が見える






l7729
 









l7658


津波に耐えた マリーンハウスふたば


3階までは津波にのまれ

4階部分に避難して助かった人がいたと聞いてます





l7679








l7669
 


l8717




l7709
 



l7797


浪江町サンプラザも そのまま

かつて かわいそうな猫がいました






l8721


6年

この桜たちは人間が帰ってくるのを6年も待ちました








l1240841
 

美しい自然

リニューアルされようとしている街



そのどちらにも入れてもらえない

人間をひたすら待っている猫たち

このままでは彼らは

また見捨てられてしまうのかもしれません




















 

「福島の今」を求めて活動中 菜の花が夕日に照らされて 車中泊 ちよっと涼しいくらいで快適 でも軽自動車は狭い(笑) 場所はここ 眠ってスッキリの一日でした 最後に松村さんちに寄って しろさびと散歩しましたよ 報告は帰ってから ... 続きを読む
「福島の今」を求めて活動中





image



菜の花が夕日に照らされて









image



車中泊

ちよっと涼しいくらいで快適

でも軽自動車は狭い(笑)







image



場所はここ



眠ってスッキリの一日でした

最後に松村さんちに寄って

しろさびと散歩しましたよ

報告は帰ってから



今晩 戻ります