うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

浪江町の町中に近いこの場所                                                                                                                   ... 続きを読む


浪江町の町中に近いこの場所
                                                    
                                                   
                                               
今年に入ってから 餌の減りが殆どなく

心配で2月3月と連続して監視カメラを設置





l1210919


しかし写っていたのは鳥とアライグマ

アライグマは中に入れないようで良かったのですが






002
3月撮影


鳥は自由に出入りしていました(笑)

これは3月撮影です

ちょうどフードをくわえて出てきたところ



餌も鳥が食べた分しか減らず

2か月の間に2回(2週間を2回)

カメラで様子を見ても

猫は一度も現れない

そろそろこの餌場を廃止するかと思っていたのでした








しかし心配性の私は 念には念を入れて

今回もう一度だけカメラを設置してみたのです






0001

カメラ設置完了!



ポーズとったのに写ってないし






001

やはり鳥

ヒヨドリ系ですかね

キャットフードがお好きのようです







0010


カラス!

しかしカラスは入ることはありません





0024

ちゅんちゅん

じゃないか ピーピーか?






0027


夜はアライグマ

この後どうなったのかなあ(笑)






0028


入ろうとしていますが

みごとに阻止しましたよ





0122


ハクビシン






0142


おまわりさん


あ おまわりさんはフードを取りません

パトロールお疲れ様です





0194


珍しい真昼のアライグマ





やっぱりね

鳥とアライグマとハクビシン

ここも終わりか・・・


なんて 思ってたら!







0206



にゃー





0225

にゃにゃー





0235


にゃにゃにゃー

(これは初めの子と同じ)




出ました!

どこからか流れてきたのか

猫が現れたのでした



ああ

外さないでよかった






0259

そして最後は





0265


ブタ野郎です



高い位置に設置しているので もう大丈夫





猫が来ていることが分かった以上

この餌場は続行します


しかし


電柱に設置しているために

いずれは外さなくてはいけなくなりそうです

そうなる前に次の手を打たなければ

しかし他には設置できるところがなかったから

この場所になってしまったはず




次回もう一度しっかり見てきたいと思います












さてさて やってきました箱特集(笑)                                                            いつものように深夜2時出発です月は満月ちまたではピンクムーンとか言ってましたがたぶん深夜の月は違うの ... 続きを読む

さてさて やってきました箱特集(笑)


                                                            

01

いつものように深夜2時

出発です







02


月は満月

ちまたではピンクムーンとか言ってましたが

たぶん深夜の月は違うのだろうな






03


タントも絶好調

今回は久々に一人で出発

(前回 前々回と2人で行きました)



ただ 今回も出発と帰りは一人ですが

現地で大事な人たちと待ち合わせをしています







S_6228369819058


あなたと食べたい午前3時半のかき揚げそば

略して「あなたべ」


ひとりぼっちは やっぱりつまらない

ああ

ここに君がいてくれたら

食べた後はさよならしてもいいから(笑)

あ ウソです








l9328

5時半到着

さあ給餌の始まりです







l9330


前回 取り壊しのステッカーが貼ってあった神社

跡形もなく無くなっていました

きっと新しく建て直すのだろう

何と言ってもこの神社で津波が止まったのだから

「えさ台」は後ろの林に取り付けてあります

前回はブタ野郎に破壊されていましたが

今回は大丈夫







l9335


プーたちがいたところ

二匹の猫が確認されています

ただハクビシンも来ていて

餌の減りが早いのが気になります







l9333

少しずつ餌が減るようになってきました

次回カメラを仕掛けて誰が食べているかを

確認したいと思います







l9342


痛恨のミス

脚立を持ってくるのを忘れました

新しいものと交換予定をしていたところです

しかし高い場所に設置しなければいけないので

脚立がないとどうにもなりません


こちら かなり破壊されていて

知り合いのボラさんが応急処置してくださっていました

ごめん もう2週間だけ頑張ってくれとお願い






l9345

学校に設置しています






l9347


穴が・・・





l9349


塞ぎました






l9350


キジさん

見ない日はありません







l9355


1匹の猫が来ていることが確認されています

ただハクビシン アライグマも頻繁に来て

餌は空っぽ状態でした






S_6228367659017


しばらく見かけなかった場所でしたが

ばったり出くわしました

来てる!

頑張って生きるんだよ









l1260371


今回の一番大事な活動

浪江の現地で合流したお二人を赤間さんに紹介


横浜で活動をしている

「ニュータウン動物愛護会」

代表の日向(ひなた)さんと

一緒に活動しておられるベルポンさんをお連れしました
(ベルポンさんは顔出し名前出しNG)

毎週横浜で里親会を開いておられるので

赤間さんのところにいる猫たちも

加えてもらえることになったのです






l1260380


手始めにミケちゃんを一匹お預かり

きっと良い飼い主さんを見つけてくださるでしょう






l1260338


第一原発を望む



浪江の給餌を手伝ってくださり感謝

空いた時間で原発ビューポイントをご案内





l1260347


誰もいない双葉海水浴場にぽつんと・・・

ベルポンさんに電話がかかってきました

かけてきたのは希望の牧場の吉沢さん(笑)


ベルポンさんは希望の牧場のサポーターでもあるのです







l1260319


お二人にお願いしてしまった虫よけ

そう餌に湧いたカツオブシムシを

手で取りだしていただいています






l1260321


成虫だけでなく幼虫もいるので

気持ち悪く大変な作業

最初は気持ち悪がっておられましたが

段々慣れて平気に(笑)








l1260360


? 貼り紙が・・・






l1260364


あいたー とうとう来たか


電柱はこれから外していかねばなりません

幸いこの場所は猫がほとんどいなくなっている場所

他にも電柱設置はあるので早急に対処しなければ







L1260393


外すばかりではありませんよ

赤間さんがご紹介くださって新たな設置も

協力してくださるお宅に感謝です








今回は 給餌だけでなく

猫の未来を繋げるお手伝いもできたように思います

まだまだやれることはあるはず

諦めずにやりたいと思います


















去年から続いている 希望の牧場が やまゆりファーム(以下”やまゆり”に略)にたいして起こしていた訴訟                                                                              ... 続きを読む

去年から続いている
 
希望の牧場が
 
やまゆりファーム(以下”やまゆり”に略)にたいして

起こしていた訴訟
                          
                                                          

1回2回は やまゆり代表岡田氏が欠席

今回の3回目は

原告(吉沢 氏)被告(岡田 氏)

双方の本人尋問が行われました                                                      
                                                     







l5920
やまゆりファームには現在41頭の牛がいる
青耳標が目印




裁判では 原告の吉沢氏

被告の岡田氏の順番に

双方の弁護士が尋問していくという形

約2時間で終了

私としてはこれで終わりなの?

という感じで終わってしまった



乱暴な書き方ですが裁判は事実を積み重ね

被告に非があるかどうかを判断する場

もちろん心証も左右されるでしょうけど

お二人それぞれに これまでしたことや

それについてのデータを質問して終了


これで材料はすべて揃い

あとは判決を待つところまで来たようです

8月に判決が出るそうですが

その前に和解の機会も設けられる可能性もありそう







l8449
裁判後に行われた記者会見






私としてはモヤモヤ感が残った裁判でしたよ

それが何なのかを考えてみました



まず裁判の内容ですが大雑把にいうと

希望の牧場吉沢氏は やまゆり岡田氏にたいして

岡田氏が牧場に来なくなった

2014年10月から現在までの

やまゆり所属の牛の飼養費を請求と

岡田氏は以前からもう牛を飼育する気はなく

もしあったとしても

独立した牛の飼育は無理と判断していて

牛の放棄 やまゆりの解散

これを求めています



一方 やまゆり岡田氏の主張は

請求されている金額に納得がいかない

牛は引き取りたい しかし

牧場に来たくても来るなと言われたこと

牧場に行けなくなった半年後の2015年4月に

牛を引き取るためにトラックを用意し

アクションを起こしていることなどを述べていました



裁判ではこの二つの主張を裏付ける理由などが

それぞれ質問されていたのですが

モヤモヤ・・・・


今まで何年も双方を見てきて

内情を少し把握しているこちらとしては

言いたいことがたくさんあるわけです






l9315



私の個人的な気持ちを述べますね

主観的になっていることをお知らせしておきます



まず

やまゆりのベースとなる理念

「終生飼育」 は どうなったのか

餓死もさせず 殺処分もさせず

牛たちの生涯を全うさせることが

やまゆりの目標だったはず

その目標は素晴らしいものだったのです



しかし内情は とてもお粗末なもので

やまゆりの前身であった「ファームアルカディア」の頃から

支援金の使い方でトラブル勃発

関わっていた東京の愛護団体が通帳を持ったまま遁走(笑)

めげずに残ったメンバーで

やまゆりファームを立ち上げたものの

大口の支援金が入ると またもめて分裂(注↓

さらに数回の分裂をへて

最後やまゆりは岡田氏ひとりになってしまった

それでも岡田氏は諦めることなく

やまゆりを継続

しかし実情は当時 約60頭いた牛を

一人で面倒をみられるわけもなく

結局は希望の牧場におんぶに抱っこ状態

それでもやまゆりは独立した団体だとして

個別に支援金を募っていたのでした




つまり「終生飼育」の理念で作ったはずの団体が

「来るな」と言われたくらいで半年間も牛を放置

べつに実力行使で妨害されたわけでもないのにです

半年どころか半月も放置すれば牛は死んでしまいますよ

もうここで岡田氏の甘えが出ています

牛は希望の牧場が面倒をみてくれているという甘えです

その甘えは現在も続いていて

すでに2年半以上たっているのです

「牛の命を自分が守るんだ」

という気持ちで始めた活動でしょう

何を甘えているのでしょうか

この状況に陥ってしまった切っ掛けが

大口の支援金があってから

要は大事なのはカネであって牛ではなかった

ということなのでしょうか












l1130373
青耳標やまゆりファームの牛たちは
希望の牧場の牛たちと一緒に仲良く暮らしています





先に書いたように

牧場に行けなくなった半年後の2015年4月に

トラックを用意し牛を引き取るという

行動に出たのは良かったのですが

その準備や手続がお粗末


まず移動する場所の確保ができていなかった

了解を得ていたのは牛を放牧する土地の地主だけだった


岡田氏が希望の牧場に来なくなって半年後

2015年4月に何の前触れもなく現れた時に

吉沢氏は県や市に許可を取ったのかと問うと

取っていないとの返事

それでは牛を連れて行っても置くこともできず

まともな飼育ができるわけがないと吉沢氏は判断

追い返したということがあった


被爆牛の移動は県の家畜保健所や

移動した自治体(この場合南相馬市)の承認が必須

これはかつてやまゆり牛たちを楢葉町の牧場から

希望の牧場に運び込んだ時に手続きを踏んでいます

当事者の岡田氏が知らないわけはありません

なのに岡田氏がとった行動は

南相馬市に「相談」電話を一本入れただけだった(判明しています)

その電話時に市の担当者から

地主だけではなく

隣接する土地の持ち主にも

許可が必要と聞いているにも関わらずしていない
(尋問で岡田氏は「やっていないと」証言)

さらに移動先は

現在も立ち入りが制限されている帰還困難区域で

普通に考えて移動の許可が下りるような場所ではないこと

岡田氏は そういう牛を飼うために必要な行動を

殆ど起こしていなかったのでした



「牛は犬や猫と違うんだ」

「素人が何十頭もの牛を飼うことなどは不可能」

と いつも言っている吉沢氏は

そういういい加減な人物に牛を任せることなどは

絶対にあり得ないと再確認したのでした









l8481





裁判では

牛を6年もの間 毎日毎日毎日必死で

それこそ必死で守ってきた吉沢氏と

かたや希望の牧場に預けっぱなしで

尚且つ牛の飼育を自分でするための行動を

ほとんど何もしてこなかった岡田氏を

同じ立場でニュートラルに扱うのですね

当たり前なんですけどね・・・









l8423



私には この「差」があまりにもありすぎるこの二人を

同列で扱うこの裁判にモヤモヤしていたのでした

まあ素人考えでお恥ずかしいのですが

ずっと吉沢さんを見てきた人間としては

そういう気持ちになってしまうわけですよ





ニュートラルな記事がこちらに出ています → 民の声新聞






今現在も吉沢氏は牛のために動いていることでしょう

容易に想像がつきますね

牛の世話は まったなしです




一方 岡田氏は今ごろ何をしているでしょうか

彼女ひとりの やまゆりファーム

2年以上の時間がありながら

手続きをいつまでたってもする気配もない

世話をする気もない牛たちに

そこまで拘る理由はなんでしょうか

そう考えると岡田氏の目指している目標が

なんとなく見えてくるような気がします



いくつもの愛護団体や個人がやってきた福島

純粋に動物のために動いている人間は間違いなくいます

しかし そこそこの金を生む愛護活動に目をつけて

この土地を目指してきている輩たちも

一定数いましたし 現在もいるのです




裁判の結果がどうであれ

希望の牧場 および

やまゆりファームがどういう団体であったかは

私は知っていますし その気持ちは変わることはありません







希望の牧場ブログ








(注【補足】

やまゆり2度目の分裂で団体を出た2人のメンバーは

やまゆりを出てすぐに20キロ圏内の牛たちの支援団体

「ウィズキャトル」として

希望の牧場だけではなく

20キロ圏内全般の生き残った牛たちのために

餌を調達する活動を現在も続けています










「えさ台」を作ろうと思い 材料をもとめに近くのホームセンターに行ったのですが 目的の木材がなく店員さんに尋ねたら もう取り扱わないということでした                                                       ... 続きを読む


「えさ台」を作ろうと思い
 
材料をもとめに

近くのホームセンターに行ったのですが
 
目的の木材がなく

店員さんに尋ねたら
 
もう取り扱わないということでした

                                                                                      
                                                            
                                                                                       
   
そういや経営が替わると言ってたっけ

あーもう参ったなあ




l1260108



しょうがないので あるものでギコギコやってたら

後ろから視線が

うちの庭に住んでいる

チビと たまおです

すみませんね お騒がせしています









l1260104



結局材料が揃わなくて

明日に持ち越しになりました



チビたまには迷惑料として

パウチを差し上げましたよ









                                                                    

しろさびんちへ訪問 あ 本当は松村さんちですが お留守だったので                                                                                                 ... 続きを読む

しろさびんちへ訪問
 
あ 本当は松村さんちですが お留守だったので
                                 
                                  
                                  
                                     
                                  




l1260008


到着して一番に見た光景がこれ



仲良しだねえ









l1260009



しろは ころころ

石松はしっぽぶんぶん(笑)




松村さんはどこに行ったのかな

ひょっとすると

近くに囲ってある牛のお世話に行ってるかも

ならば見に行こうってことで

しろさびに案内してもらいました








l1260046


ずんずんずん

先導してくれる しろ










l1260059


君たちはえらいねえ









l1260064


松村さん いなかったね・・・





今日は横浜でボランティアをしておられる

ベルポンさんをお連れしたのですよ

福島の猫たちのために

何かしたいと同行くださいました

そして希望の牧場のサポーターでもあります








l9199


しろ






l9200


さび




いつ行っても変わらずに迎えてくれる

ステキな福島がここにあるのです
























しろさびのいる風景                                                                                                                       ... 続きを読む

しろさびのいる風景
                                 
                                   
                                  
                                   




l1260028


木陰が気持ちいい季節です

この子たちといられる時間は貴重です




すみません

今 ちょっとテンパってまして

また今度ゆっくり紹介しますね




























先に一枚だけ                                                                                                             この場所に来て彼らと一緒 ... 続きを読む


先に一枚だけ
                                    
                                    
                                     





l1260048


この場所に来て

彼らと一緒にいると

何ともいえない しやわせな気分になります


いいなあ いいなあ

本当にいいのですよ



















誰もいない場所に取り残された猫たち                                                                                                               ... 続きを読む


誰もいない場所に取り残された猫たち
                                 
                                 
                                    
                                    



l1240838
(4月17日撮影)


そこに通う猫おばさん


何か所も餌場を持っている猫おばさんは

餌を与えるだけで手がいっぱい

細かいケアなどはなかなかできないのです







l1240845
(4月17日撮影)


南相馬市小高区の海に近いあるお宅

裏手が山になっている場所


ここは以前 監視カメラを設置した場所







l8742
(4月17日撮影)


そして人の気配を察知したシャム猫が

山から出てきた場所です







l8865
(4月17日撮影)


猫おばさんが用意した缶詰を

警戒しながら食べるシャム猫











今回この場所に設置した

監視カメラ映像が手に入りました



アラ001


腹が余程減っているのか

明るいうちからアライグマは活動しています

夜は彼らの天下です

入れ代わり立ち代わり現れ

執拗に餌箱にすがりついています

それが朝まで続いているのです

しかし入口が狭くて入ることはできていません







はげくろ001

明るくなると猫の出番

お尻の毛がはげている黒猫

これはいったい・・・







はげくろ002


給餌器に潜り込み餌を食べています






そして・・・








シャム001


耳の下から血を流しているシャム猫

前回 撮影した子が写っていたのです








シャム003

カラスをけん制するシャム猫

カラスは猫以上に来ているところが

カメラに捉えられています









シャム004

どのようにしてできた怪我かは分かりませんが

身体の汚れといい

ここは猫が暮らしていける環境では

ないような気がします








シャム

人が帰れる場所であっても

人が全くいない場所はいくらでもあるのです

彼らは少ない餌で細々と生きるしかなく

やがて消えていってしまう運命なのかもしれません











来週30日火 31日水  「希望の牧場」にて牛の個体識別作業を行います  お手伝いを若干名募集中ですよ                                                                              ... 続きを読む


来週30日火 31日水
  
「希望の牧場」にて牛の個体識別作業を行います
  
お手伝いを若干名募集中ですよ
                               
                                 
                               
                                



l見開き横

被爆し商品価値のなくなった牛たちが

出荷されることもなく

そして殺処分されることもなく

生かされている牧場です


「幸福牛」がいる牧場のお手伝いをしてみませんか






l4999

見方によっては牛の楽園ともいえる

300数頭の風景は圧巻です



見て

参加して

ここで何があったのかを考えて欲しいと思います




【ボラさん数名募集中!】300頭の個体識別作業
★日時:5/30-31 両日10-16時
★もちろんボラ初めての方も大歓迎!わいわい楽しくやりましょう!
★問合先 09012792106 ★東京ー牧場間の送迎あり!















あと少しです                                                                                                                          ... 続きを読む


あと少しです
                               
                                   
                                 
                                  
何がってバックアップがですよ

新しいPCにしたものですから

データの移行とバックアップに時間がかかっています





l9282


写真がないのもアレなんで

松村さんちの しろをどうぞ






l9293



犬の石松の家を乗っ取っております






新しいPCは快適で

心配していたWindows10も使い易いですよ

ちゃんとデスクトップ画面があるし

Win7からでも あまり違和感なく使えます


問題だらけだった

インターネットエクスプローラーとも

無事に別れを告げられました

新しいブラウザソフトの

マイクロソフト エッジも使い易くできています







ll9304



また会いたいなあ

次は今度の日曜日だ

学校の先生と一緒に行くことになります

普段は猫の里親探しの活動をしておられ

希望の牧場のサポーターでもある方です






データのコピーももう少し・・・

と思ったら途中で止まってしまった!

とほほー

最初からやり直しだ

大量データを一度にしようとしたからなのかなあ

次は小分けして少しずつやってみます




とにかくこれが終わらないと次に進めません

ガンバリマス!




hdd


古いPCから取り出したHDD

取り付けても認識してくれなくてダメなものが多いです

長くて15年くらいしか持ちませんね

異音がして完全に死亡したものもありました

この他DVDに焼いたものや

SDカードにコピーしたものもありますので

なんとかデータは残しています

絶対に写真データをなくすわけにはいかない

保存するのに気を使うので大変なんですよ









吉田の猫おばさんの餌場                                                                                                                     ... 続きを読む


吉田の猫おばさんの餌場
                             
                                 
                                   
                                

吉田さんが購入された監視カメラ

約1か月間 様子を見た結果です






l0008



設置中








l0016


ここは家の中に餌箱が設置されているのです





l0022


猫は結構いるようです





l0024


やはりコイツもいますね

しかし体が大きくて入れない






l0030



がんばれ







l0045



l0047


キツネまで!






l0056



l0059



l0200




l0208


ハクビシンは猫と同じサイズ

防ぐ手段はありません






l0227


かなり頑張らないと入れない・・・

でも猫たちは一生懸命生きています







この隙間が猫たちの命を左右します

可哀そうだからと隙間を広げれば

アライグマにあっという間に食べられてしまう

猫たちには頑張ってもらうしかないのです




吉田さんも もう6年以上頑張っておられます

終わりのない活動

でも

「終わらせる」 イコール 「猫の死」 を考えると

何としてでも終わらせるわけにはいかないのです















犬  犬ってやつは・・・                                                           深谷かほる先生がツイッターで連載している                                     ... 続きを読む



  
犬ってやつは・・・
                               
                            


深谷かほる先生がツイッターで連載している                                  
                                 
『夜廻り猫』

そこに出てくる「柴犬殿ハッピー」のお話に

いたく感動したのです





b1240530



みぞれの吹雪に遭う 遠藤と重郎






l1240532


避難させてくれた犬小屋には

もう1週間も食事をとっていない柴犬殿ハッピーが






b1240534



人に助けを求める遠藤

しかし その人も

他者を助けている場合ではない状況ではあったが

有難いことに当り前のように動いてくれた







b1240538



最後は

脳梗塞で倒れ入院していた飼い主が戻ってくる




そこで柴犬殿ハッピーが発した言葉に打ちのめされました



「おかえりなさい」

「買い物 楽しかった?」







l1240542




・・・犬という生き物は

飼い主との間に信頼関係ができていたら

飼い主を疑うことを知りません

どんな状況になっても飼い主を信頼し続けるのです



私は

この素晴らしい漫画に対して申し訳なかったのですが

すぐに福島に置き去りにされた動物たちを思い出しました



彼らは待っていました

きっと飼い主が迎えに来てくれること信じて

本当に待っていたのでした

もちろんお迎えに行った飼い主もいたけれど

それよりもたくさんの動物たちが

飼い主を待ち続けながら息絶えていったのです





もう二度と

彼らの信頼を裏切るようなことはあってはならない

そのことを思い出させてくれた「夜廻り猫」だったのでした






『夜廻り猫』 
第92話~第95話







l1240546-02

















  



昨日の福島は雨                                                                                                                         ... 続きを読む


昨日の福島は雨
                                           
                                           
                                          

雨の作業は本当に骨がおれます

イヤ

イヤイヤイヤ

大嫌い

でも好き




ちょっと何言ってるか分からない状態になってますが

とにかくテンションも下がり気味の一日でした







l1250575


これだもの



雨の中の修復作業は気が滅入ります










l1250583



でも復活



こんなことばかり もーやってらんない

って気分ですが・・・







l1250592



満身創痍の「えさ台」



これを見ていると

コイツは雨や風や日差しにさらされ

アライグマやハクビシンに毎日襲われ

それでもじっと耐えている


それを思うと

雨うざーい

なんて言っている自分が恥ずかしくなります

私も頑張らないと「えさ台」に申し訳ないですね

きっと直すよ

きれいに修復するからね

晴れてる時にね

それまですこーし待っててね





「えさ台」の男気に報いるためにも

わたくしもーすは頑張ります!






ここは楢葉町 以前 プーたちがいた場所                                                                                                              ... 続きを読む

ここは楢葉町
 
以前 プーたちがいた場所
                                               
                                      
                                          





l7612


建物はとっくの昔に解体され

建物の裏の木に設置していたものの

その木も伐採


現在は かろうじて残っている

こちらの木に設置させていただいています











2週間の観察です



2匹の猫が逞しく生き残っていましたよ















希望の牧場                                                                                                                           ... 続きを読む


希望の牧場
                                              
                                           
                                            
そこで暮らす二頭のホルスタイン牛

その一頭に「いちご」と名付けられた牛がいます








l8397

2015年撮影




いちごは2011年7月に保護された

乳牛になるホルスタイン牛の女の子








l0690


彼女がいた場所は

死臭漂う南相馬にあった牛舎







l0675


いちご以外の牛たちはすべて餓死していて







l0681


いちごは亡くなった母牛のそばを

離れないで生きていたのです 







l0705


皆さん想像してみてください




いちごが生まれたのは震災後の

3月15日 といわれています

15日生まれだから いちごと名付けられました



ということは

彼女が生まれた時には

すでに人間は逃げてしまっていたということ

ある程度の餌は畜主さんが置いて行ったにせよ

餌をすぐに食べつくしてしまったであろう母牛

すぐにやってくる苦しい飢餓

それでもいちごにミルクを与え続けたでしょう

死ぬまで・・・




「わたしはもうだめ」

「あなたは生きなさい」





映画やドラマの中ならクサイ台詞です

しかしここで母牛は

本当にいちごにそう伝えたに違いありません




想像してください

一頭の牛がラッキーにも生きていた

そんな簡単な話じゃないのです

分かったような気にならないでください





私が目撃した牛舎は餌がなくなっても

水があれば約3週間は生きていた牛がいました

いちごが母親と一緒にいられたのは

長くてもほんの3週間以内



母牛が亡くなりおっぱいを貰えなくなったいちごは

なんとか自力で動けるところまで成長していて

牛舎の横に流れる川で喉を潤し

周りに生い茂っている草を食べて生き延びたのです

でも母親のそばを離れることが出来なかった

なぜか起きてこない母親

腐りウジが沸き 形が無くなっていく母親

それでも5ヶ月間いちごは一緒にいたのでした







l1478


やがて希望の牧場チームがレスキューに

いちごはこの時初めて人間を見ました


逃げ回るいちご

でもとうとう部屋の隅に追い詰められてしまいます








l1499


助けてやるぞ!


でも いちごにはそんなことは分かりません









l1514


見たことのない人間に囲まれて

たいそう怖い思いをしたでしょう



この時は おーあみさんも一緒でしたね







l1524


希望の牧場に移動





l1562
 


ほんの7、8分で希望の牧場に到着







l1572



小さかった いちご

まだ人間が抱かかえることができていたのですね 







l1580
 


トラックから下ろされて

いちごはすぐに放されました

ここで皆と生きていくんだよ


自分と違う毛色の黒毛和牛が怖くて

このあと数日行方不明になるも 

勇気を出して自力で再度合流






そして現在


 




l9126
 
4月30日撮影



こんなに立派になりましたよ

母牛が命をかけて守った いちごだから

希望の牧場はその遺志を継ぎました



ただの一匹の牛が生きている

その生きるということ 生かすということが

どれほど大変なことか

それをもう一度考えてみませんか









l8343


俺はベコ屋

牛を生かすことが仕事だ





今日も310数頭の牛を生かし続ける

吉澤正巳 希望の牧場代表
 














 

バタバタの4月30日の活動でした                                                                                                                ... 続きを読む


バタバタの4月30日の活動でした
                                              
                                           
                                         
                     


バタバタと言っても この日の前後の話

福島に行ってしまえば集中して動きますよ







                     
l1250042


お天気バッチリ

睡眠も取れて今回はいい感じでした






l1250051


あなたと食べたい おそばも頂き

霧の常磐道を北上





l1250068


私が降りる広野ICの ひとつ手前で朝日が昇る









l1250097



さあ活動が始まります

大好きな猫たちのために









l1250090


大きい被害はないものの







l1250083

                                            
                       
依然としてアライグマは

猫の餌を横取りしようとしています








l1250095



しかし今回は破壊までには至らず








l1250103



軽微な被害で済みましたよ









と思ったら







l1250105


(笑)




いや まだいける

破壊はされていないからね

これくらいは大丈夫




と思ったら






l1250108



なーい!






l1240789

これでしたからね(3月20日撮影)



赤間さんに確認したら

町から「外すように」という指示があったようで

赤間さんが外してくださっていました



ここは住民が憩う「街角広場」

住民が帰還して来る町には邪魔なもの


しょうがない・・・








l9105



緑がきれいな季節

でも

まだまだここは喜ぶことができない土地




ここはたくさんの

本当にたくさんの死があった

そんな場所だから









l8361


新しく帰還困難区域に設置しました

こちらの住民は震災直後から理解ある方でした


国道から少し入るこの場所は

警戒区域の頃

警察の目を逃れられる隠れ場所としても

使用させていただいてました








l8365


さあ

猫ちゃん来てね!







                                            
この5日前の25日は叔母のお葬式でした

母を長女に三姉妹

今回亡くなったのは二番目の叔母

この関西のおばあちゃん3人が揃うと本当に面白い

いつまでも話を聞いていられるというか

楽しかったなあ



子供の頃からかわいがって頂いた

本当に大好きなひとでした

おばちゃん また会いましょう









 

4月29日の福島のお天気は 大変な荒れ模様だったようで 大きな落雷があり山火事が起きた模様でした帰還困難区域の山火事 1週間で50ヘクタール余焼ける私が浪江町に行ったのが翌日の30日消火作業真っ只中でしたが山の中深くの火事で近くには行けず遠目で見守ることしか ... 続きを読む


4月29日の福島のお天気は
 
大変な荒れ模様だったようで
 
大きな落雷があり山火事が起きた模様でした




帰還困難区域の山火事 1週間で50ヘクタール余焼ける





私が浪江町に行ったのが翌日の30日

消火作業真っ只中でしたが

山の中深くの火事で近くには行けず

遠目で見守ることしか出来ませんでした






l9156


消火ヘリが現場に向かっています






l9114


l9106


さまざまなヘリが ひっきりなしに飛んでいました







l9169-02
 


肉眼では見えなかった消火作業







l9169
 



報道によると火災は発生8日目

5月6日に鎮圧したと浪江町長が発表 

懸念されていた空間線量も異常はなかったようで

ひとまず安心

ただ山で生きていた動物たちは

しっかり逃げられたのか

それが気になりますが

こればかりはどうしようもないこと




とにかく被害が広がらないで良かったですね




 

「のこされた動物たち」福島第一原発20キロ圏内の現在(いま)写真展初日終了しました天候にも恵まれおかげさまで本日は104人のお客様においでいただきました今でもぎりぎりで生きている動物たちがまだいることをもっと皆さんに知って欲しいその気持ちだけで動いております  ... 続きを読む


「のこされた動物たち」
福島第一原発20キロ圏内の現在(いま)

写真展初日終了しました






lポスター


天候にも恵まれ

おかげさまで本日は104人の

お客様においでいただきました








l7154


今でもぎりぎりで生きている

動物たちがまだいることを

もっと皆さんに知って欲しい

その気持ちだけで動いております 







l8640-02


もう前代未聞

箱写真を写真展で使うことになろうとは(笑)







さて明日2日目は

お昼過ぎ? 13時くらい? から

音楽ユニット「バジル」のミニコンサート

WITH 吉澤正巳 氏の講演があります

私は観客の一人です


写真展の方では「福島の現在(いま)」を

見ていただき

説明もさせていただきます

ついでにシロも待ってます

3日間で一番盛り上がる日になりますよ




お天気も大丈夫そうです

是非 代官山にお出かけくださいね









 

のこされた動物たちそして現在(いま) いよいよ明日からです!                                                                                                  ... 続きを読む


のこされた動物たち
そして現在(いま)

 
いよいよ明日からです!
                                             
                                             
                                              
  5月4日(木)~6日(土) 
11:00~16:00 ※最終日のみ15時まで
 


株式会社サイバード2F 
東急東横線「代官山駅」下車
渋谷区猿楽町10-1マンサード代官山


主催 
渋谷中央委員会、家計活動委員会、
753(なごみ) スマイル委員会(連携企画)

協賛

 代官山春花祭実行委員会 






l8960


帰還困難区域にある牧場

牛と猫



彼らに未来はあるのでしょうか






おいでいただければ嬉しいです

写真ですがシロもこっそり待っていますよ

見つけたら撫でてやってくださいね







 

先ほど0時前 福島より戻りました                                                                                                                ... 続きを読む


先ほど0時前
 
福島より戻りました
                                          
                                           
                                            
                                         
                                             



l8369


不思議なことがあったのです






荷物を下ろそうとして車から降りたとき



ニャー・・・



声が聞こえたのです

この声は忘れもしないミヨコの声




ミヨコが まだ外にいた頃

保護して家に入れる1年前くらいからは

ミヨコはうちの周りで生活していたのです

私が福島から夜中に戻ると

どこからか出てきて

ニャーニャー鳴いて私の後追いをしました

車を駐車場に停めに行っても

駐車場までついて来て

歩いて家に戻るときも

鳴きながらついて来たのです


まあそんな時はお腹が減っているときで

ご飯をあげると大人しくなり

食べてる間に家に入るということをしていました







l8378-02


へたくそな合成です




私を先導するように

ミヨコがいたような気がしました



気のせいだとは思えないほど

ミヨコの声はしっかりしていたのです

良かった

元気でやっているんだね

よく来てくれたね





ただいまミヨコ

おかえりミヨコ