うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

しろが居ない しろさびの里です                                                                                                                  ... 続きを読む
しろが居ない しろさびの里です
                                             
                                             
                                              
しろの目撃情報も

もう何か月もありません

なんとしても

見つけてやりたかったけれど

厳しい状況です




l01945
さびは元気です



l01911
食欲旺盛



l01943
ただ くしゃみが定期的に出ます

抗生物質を与えても

その時だけは治まりますが

また元通りになってしまうようです



l01967
ひとりが好きなんだよね



l01890
でも犬たちとは仲良くできてる

なぜ猫がダメなんだろうね

面白い恰好でじゃれ合ってる母と息子




l01993
さび



l02005
さび



l01972
さび



次にこの里を訪れた時も

おまえはここに居てくれるかい?












希望の牧場まで移動しました                                                                                                                   ... 続きを読む
希望の牧場まで移動しました
                                         
                                           
                                             
l01707
アー アー

カラスがお出迎え



l01731
前々日に雪が降ったようです

気温は零下

寒々しい希望の牧場の朝です




l01717
そんな中でも

吉沢代表 黙々と給餌中



l01727
今朝入荷したレタスをどんどん与えます




l01721
おいしい おいしい

牛たちは寒くても食欲旺盛

いや

寒いからこそ

たくさん食べなければいけません




l01699
弱い牛は見ているだけ

強い牛が食べ終わるのを

待つしかないのです





l01759
じゃあ 一服しよう

ストーブにでもあたりなさいよ




l01736
トラックのタイヤホイール二個を

溶接して合わせた手作りストーブ

割った薪をどんどんくべます


最近はこれがいいんだよ

スティック状のミルクティー

暖かい飲みものを頂きながら

小一時間お話を聞く



現在250頭弱

震災前は何頭いたのか気になったので

尋ねると

もともとは330頭いて

最初の冬で80頭が犠牲になった

印象的だったのは

震災の翌月

餌をまともにやれなかった時に

ストックしてあった「おから」を

勝手に腹いっぱい食べた牛たち

そのうち20頭が死んだといいます



「おから」は食べ過ぎると

腹の中にガスが溜まって

死んでしまうことがあるそう



これら初期の犠牲を含め

現在まで死んだ牛は約250頭

そして他の農家から保護した約100頭

去勢手術が追い付かず

生まれてしまった牛が約70頭


330+100+70-250=250(現在の頭数)


ということになります


死んだ牛は殺処分されたわけではなく

どの牛も 病死 事故死

餌が食べられなくなったための衰弱死です




l01747
凍結した給水機のチェック




l01791
話を聞いているうちに

パイナップル(皮)が入荷

再び給餌作業に入ります



牛 どかない(笑)




l01796
パイナポーまみれの

しやわせな牛さん





l01704
浪江町の震災前の人口は

約21,500人

現在の居住者は1,500人


これは帰還してきた住民の数だけではなく

原発関係者や除染関係者など

あらたに住み着いた人間の数も

入っているということで

もとの浪江住民だけをカウントすると

さらに少なくなると思われます


世間では

すっかり忘れ去られつつある

原発問題

私たちの心の緩みを巧みに突いて

再稼働も少しずつ進められています

2011年から数年にわたって

動物たちが苦しんで苦しんで

死んでいったのを

もう忘れてしまったのでしょうか

希望の牧場は あの悲劇を

なかったことにさせないために

こんな世の中でいいのかと問うために

牛たちを生かし続けているのです















海を見に行こうと思った                                                                                                                     ... 続きを読む
海を見に行こうと思った
                                             
                                             
                                             
国道六号線から海に向かって走ると

その途中には

忘れられない場所があったのです





l01667
何の変哲もない

一軒の住宅へのアプローチ

しかし かつてここには

何匹もの猫たちが

取り残されていた場所でした





l9805
2011年5月

この時活動していた

個人ボランティアさん3人と私は

何匹もの猫を発見

猫たちもこちらの姿を見て

ぞろぞろ現れたのでした



おなかがへったよ

にんげんはどこにいったの



この場所が警戒区域になってから

約1カ月経っています

どうやって生き延びていたのだろう



l9815
明らかにやせ細っていた猫たち

ボランティアさんたちは

黙々と捕獲の準備にかかります





l9842
捕獲器なんて使っていられない

ケージで捕獲するボランティアさん

ケージの扉に紐を付けて少し離れて待機

猫が入ったら

紐を引っ張って扉を閉めます


この時は確か5匹くらい入ったと思います

皆 お腹が減って

警戒などしていられなかったのでしょう




l9865
10匹以上の猫を保護

ボランティアさんの働きは凄かった

皆個人で動いている人たちでしたよ

警戒区域に侵入して最初の現場で

もうキャパオーバー

東京に戻るしかありません


この写真を撮っていた時

背後に猫の声がして振り向くと




l9870
津波で破壊された住宅の方から

アメショーが鳴きながら

助けを求めてやってきたのです




l01673
現在は すっかりきれいな道路に




l9884
ケージも使い果たし

捕獲器もケージ代わりに使って

もう入れ物がないところ

ボランティアさんはシーツのようなものに

アメショーをくるみ

キャットフードの段ボール箱に入れることに




「見捨てない」




一度は見捨てられた猫たち

ボランティアさんたちの

もう二度と見捨てないという気持ちが

ひしひしと伝わったエピソードです






l01679
気温は低かったけれど風はなく

穏やかな南相馬の海

この後 私は希望の牧場に向かいました














2021年1月9日                                                                                                                         ... 続きを読む
2021年1月9日
                                           
                                             
                                            
今年初めての福島です

本当は3日行くはずでしたが

年末 体調が悪かったもので

約1週間先延ばしました




ltomobe
いつもの友部SA



ltomobe2
いつものあなたべ

腹ごしらえをして

常磐道を北へGO



いわき市の手前にある

高速道路上の温度計で-5℃を確認

ひーって思うのだけど

この10年の福島通いで

マイナス5℃が最低温度なのです

それ以下は見たことがない




l01649
福島到着

日陰だったところは凍ってしまって

ツールツル




l01642
でも部分的で済んでいるので

それほど大変でもない




l01615
6時半

まだ日が出てこない

空気が冷たい!




l01626
そうだ今日は土曜日だった

原発関係のダンプがひっきりなしに走る

いつも来るのは日曜日だったから

スキスキなんですけどね





l01633
ここは大熊町

ダチョウ牧場があったところ





l01636
この道をダチョウたちが歩いていたのです




l6109
つかの間の自由を謳歌していたカップル

(2011年のクリスマスに撮影)





l01653
日が出て来た

踏切で引っ掛かるのは稀で

少しうれしかった(笑)




この後 私は海に向かうことにしました










福島に来ています                                                                                                                        ... 続きを読む
福島に来ています
                                            
                                             
                                           IMG_20210109_075016 あなたべだ

IMG_20210109_075112
                  浪江・・・いや南相馬の海

 
IMG_20210109_131738
赤間さんちで犬の散歩




新型コロナという疫病で

移動するのも憚れる事態になりましたが

人と会っても外で距離をおいて

新年のご挨拶をさせていただきました




常磐道 友部サービスエリアで保護した猫                                                                                                             ... 続きを読む
常磐道
 
友部サービスエリアで保護した猫
                                              
                                             
                                             
うすい茶トラ猫の麦くん




l3735
2015年11月に保護



l18284557
ほどなくして

やさしいお嬢さんが里親になってくださり



l76046339
その後 ご結婚され

2020年のお正月には弟ができまして




l105971721
今年の2021年のお正月

なんか仲が良さそうな兄弟(笑)




l105971718
麦 良かったなあ


l105971717
いいお兄ちゃんになって

弟を守るんだよ




l105971715
麦は幸せを掴んでいます


また来年の報告をお待ちしています






スモール麦
ふふ
ぼく おにいちゃんになった

おじさんと河原猫


先日の希望の牧場頭数調査時に                                                                                                                  ... 続きを読む
先日の希望の牧場頭数調査時に
                                              
                                              
                                             

l00997
なんかいた


楕円状の何かが

ちょこちょこと走ってる





l01001
よいしょ よいしょ


ちょっとした崖を

一生懸命登ってた





l01003
よいしょ もうすこしだ





l01005
ふー


登り切ったようだ





l01023
その何かはウリ坊だった



ウリ坊たちは

牛たちの餌のおこぼれをいただき

逞しく育っています


太田さん

家に連れて帰ってウリ坊を育てたらどう?


と 吉沢さん


勘弁してください

大人になったウリ坊は散々見て来てます

とても街で飼えるもんじゃありません


朝夕出てくる

希望の牧場 牛たちの仲間

かれらもまた必死で生きています



しろが居ない しろさびの里です                                                                                                                 ... 続きを読む
しろが居ない しろさびの里です
                                             
                                              
                                              
しろさびの里にいる犬猫は

犬は甲斐犬4匹

猫は さびと もう一匹キジトラだけです



l00815
さびと犬たちは仲が良く

毎日の散歩も一緒に行っているようですよ

しろと同じように

さびも消えてしまうのではと

心配しましたが

さびはここの主となって

生き生きと暮らしています



もちろん外で飼うからには

いつどこかに行ってしまうか

分からない危険がありますが

そういう飼い方をよしとする

考えの人に飼われている以上

しょうがありません



私が現在 気を揉んでいるのは

もう一匹のキジトラ猫です



sawa2
さびの孫になるのか

それともひ孫になる子です

現在しろさびの里に残っているのは

さびと この子だけなのです

この子は人間には全く馴れていません

名前は「てんちゃん」

今 ちょうど郡山の佐藤さんから

電話がありまして

話をしてる途中で思いつきました

佐藤さんは不服そうでしたが

無理やり決めました




注)佐藤さん
震災後作られた福島県のシェルターの
もとボランティアさん(現在は閉鎖されてます)
シェルター前に捨てられた子猫を
松村さんちに連れて来てくれた方
それがしろさびです
現在は赤間さんのシェルターを
毎週 郡山から2時間かけて浪江まで通って
お手伝いをされています





しろさびが避妊手術前に産んだ子供は

それぞれ2回のお産で15匹くらい

その子供たちが産んだ子の数は

もう想像もつきませんが

かなりの数に上ると思われます


今まで愛護団体の方々に

避妊去勢手術などもしていただき

私もしろを含む数匹の手術をしました

しかしそれはスポット的であり

全頭には至っておりません






l00796
猫たちを生かしたい

この里につなぎとめておきたい

そのための「えさ台」も設置していました

下に置くと

犬たちがあっという間に食べてしまいますので

台を 空き家になってもう使用していない

もう亡くなった松村さんのご両親が住んでいた

旧母屋の柱に固定

これで猫だけが食べられる餌場ができました

この里にいればご飯は貰える

ここで一族ゆっくりと生きていければと

そう願っていたのです



しかし現実はキジトラを残し

他の猫たちはすべて消えてしまった



原因は・・・

オスの縄張り拡張など

いろいろな要因があると思いますが

私が想像するに

一番は さびの存在があると思います

さびは今までも自分の子供や孫たちが

ある程度大きく育つと

きつく当たって親離れをさせるのです

しろもきっとそうなったのではと

推測しているのです






さび・・・

お前の孫でしょう?

先に食べさせてやってよ




このままでは てんちゃんまでもが

里を離れてしまう可能性があります

てんちゃんは女の子です

避妊手術もされていません

なんとかしないと・・・





l00803
ということで

てんちゃんを捕獲することを決めました


希望の牧場の作業がお昼休みになった時に

里に向かい捕獲器を設置

牧場作業が終わった夕方に見に行くと

もう真っ暗で写真は撮れていないのですが

入っていましたよ!

さびが(涙目)・・・


さびー お前なあ

どんだけ食いしん坊なんだよ





l01060
その後 さびを車の中に閉じ込めて

もう1時間半頑張りました

しろさびの里は日が暮れると全く灯りがなく

真っ暗になります


今度こそと覗きに行くと

犬たちが捕獲器を見つけたようで

動かしてしまいフタが閉まっていました(泣)


だめだこれでは

さびの際限ない食欲と

犬たちの好奇心をなんとかしないと

てんちゃん捕獲は難しそうです

また対策を考えて仕切り直すことにして

私は帰途に就いたのでした






スモールしろ02
・・・・・・・・


本日の東京は雨 気分もイマイチですね                                                                                                              ... 続きを読む
本日の東京は雨
 
気分もイマイチですね
                                           
                                             
                                             
12月2日の希望の牧場は晴れ

こちらの画像映像を見て

そんな気分を晴らしてくださいね




l4266
作業は昨日から始まっています

前日に牛たちを牛舎に集め

2日目の本日は牛舎にてチェック作業・・・

のはずが 牛たちは外にいます(笑)




l00731
何を優雅に歩いてんの

さっさと牛舎に入らなきゃダメでしょ

0.1㌧の私10匹いや 10人分の巨体

よくもまあこれほど育ったものだ





l00717
よし行くか

牛追いのために放牧場に向かう

吉沢さんとボランティアの清水さん





l4291
私は柴田さん(ラナさん)とタッグを組み

放牧場に向かいます

そして奥にいる方々は

福島県の家畜保健所の方々

毎年 保健所の立ち合いのもと

耳標をチェックし

頭数を調べていくのです


希望の牧場 保健所合わせて

10余名での作業になります





l00743
広大な放牧場

前日 牛舎に誘導できなかった牛たちを

これから追っていきますが

これが一筋縄ではいきません

大変だった牛追いを

買ったばかりのカメラ(GoPro8)で

動画を撮ってみました

長いですけど お時間ある時にでも

見てやってください





ふー 歩いた歩いた

ボランティアさんたちの中には

2万歩越え(驚)した人もいましたよ






l00738
牛たちとにらみ合い

中には闘牛のように

前脚でザッザザッザと土を掻いてるのもいて

ちょとビビりましたが

人に向かって

突っ込んでくるような子はいませんでしたよ





l00664
牛舎前では電気牧柵などを整備して

コースを作り

牛舎内に誘導するのです




l00670
そとはいいわ~

だーれが ぎゅうしゃなんかに

はいるもんですか




l00746
牛を追う吉沢さん




l00772
ほーう ほーう




l4278
広い放牧場での誘導って本当に大変です




l4289
大変だけど健康的です(笑)

来年は皆さんも参加してみればどうでしょうか

人数が居れば もっと簡単にできそうですよ

ただ 相手は大型動物ですから

危険と隣り合わせでもありますが・・・






l00708
むしゃむしゃ


結局22頭が牛舎に誘導できませんでした

この子たちに

ずっと関わっているわけにはいきませんので

22頭は望遠鏡などで

耳標をチェックすることになったのです




l00835
4~5頭ずつに区分けされた

牛たちの耳標番号を読み上げ

去年のデータと照合します





l00866
ボランティアさんが読みあげていきますが

ボランティアさんたちも慣れたものです

もう10年が経とうとしていますからね




l00852
清水さん何頭かを縛っています

何のために?




l00908
何らかの原因で耳標が取れてしまった子に

再度 装着するためです

耳標は

両耳に付いていなければいけないと

そう決められているそうです





l00871
震災の年

子牛で保護してきた「イチゴ」

元気ですよ

もうすぐ10歳になるのですね





l4322
やたらに舌を出して

ペロンペロンしていた牛さん

かわいいです

ちなみにこの舌が「タン」になるのですね






l00971
見落としがないか最後の見回りをしている

吉沢さんのお姉さん


地震によってできた亀裂や林の中

旧牛舎の片隅などで

死んでいる子が発見されることがあります





l01049
チェック終了!

牛たちは解放されます





l01031
やったー




l00983
ん? もう終わったの?

牧場猫の くいちゃん





l4329
日が暮れてしまった



朝7時から始まった作業もようやく終わりました

私はこのまま失礼して

しろさびの里へ向かいます



牧場関係者 保健所の皆さま

お疲れさまでした

牛たちは現在237頭

まだまだ生きられる子たちです



支援してくださる皆さんのおかげで

牛たちは生きていくことができています

これからもよろしくお願いいたします



問い合わせ先

希望の牧場ブログ



希望の牧場の牛たちの頭数検査の撮影に来ていますたいへんだー! ... 続きを読む
希望の牧場の牛たちの

頭数検査の撮影に来ています




IMG_20201202_075047
たいへんだー!
































しろがいなくなって8カ月目                                                                                                                   ... 続きを読む
しろがいなくなって

8カ月目
                                             
                                            
                                             
寂しい しろさびの里です




l00468
さびは元気です



l00222
この子が うちのノイアのおばあちゃん

会いたかったのよ




l00230
元気といっても

慢性的なくしゃみに青っ洟

今回 シゲタさんは

抗生物質を持ってきてくださいました


松村さんにも5日間飲ませるように

お願いしました





l00273
食欲はすごいです

今回は

見ている間にはありませんでしたが

食べ過ぎると吐くんですよね




l00313
さびはボランティアさんや私たちが来ると

ご馳走が貰えるので大喜び

犬たちを従え

このしろさびの里を独り占めです





l00344
しろがいない しろさびの里


残念なことですが

しろは生きていたとしても

もうここに住むことはないのでしょう





l3904
時を戻せたら

どれほどいいかと悔やむ毎日です







スモールしろ01




赤間さんちに寄らせていただきました                                                                                                               ... 続きを読む
赤間さんちに寄らせていただきました
                                             
                                             
                                              
希望の牧場が

ずっと牛の世話をしているように

赤間さんも犬猫の 保護お世話を

続けておられます

希望の牧場と少し違うのは

未だに

猫の保護をしておられるということ

町に人が戻って来るのと同時に

猫が増えていく

猫を家の中で飼育せずに

外に出していることによって

起きてしまった悲劇を忘れる人が

いかに多いか

赤間さんが新たに猫を保護する数が

それを物語っています




lmix
保護し

人馴れをさせ

里子に出す

それが

どれほどの時間労力がかかることか

猫を避妊手術もせずに捨てたり

安易に外に出す人には

分からないのでしょう



l00135
黒猫フリークのシゲタさん

ちゃっかり黒猫を見つけてご満悦




l00100
赤間さんの奥さま

犬たちの散歩は毎日のことです





l00185
そう

そうなのです

柿のシーズンだったのです

しかし

去年や一昨年に渋柿を食べて

酷い目にあって学習した私は

もう迂闊に食べたりしませんでしたよ


赤間さんに取ってもらった柿

ボランティアの佐藤さん食べて悶絶(笑)





l00139
ちょうだい ちょうだーい!


犬たちも柿は大好き

ボランティアの渡辺さんが

一頭ずつに柿を与えます





l00156
しかしこれはすべて渋柿

それでも犬たちは

おいしいおいしいと食べています

彼らの味覚はどうなっているのでしょうか




初冬の暖かい一日

犬も猫も元気で過ごしていましたが

猫たちの数が増えています

一番助かるのは

猫たちの里親になってくださること

どうか

赤間さんのブログをチェックして

応援をよろしくお願いいたします


3.11レスキュー日誌





l00190
双葉町の海岸に行ってみました

津波で破壊された建物が

10年が経とうとしているのに

そのままで残っていました






希望の牧場にやってきました                                                                                                                   ... 続きを読む
希望の牧場にやってきました
                                            
                                             
                                              
こちらも本当に久しぶりです

新型コロナが流行してから

訪問を自粛していました




l09928
資料館には様々なサインが増えていましたよ



l09927
レタスがあった



l09940
吉沢さんは遠くで作業中

お忙しそうだったら

会わずに失礼しようかと思っていたら





l09953
ちょうどこちらへ



l09984
レタスを給餌するところだったみたい




l00005
長野方面から来たレタス

詳しくはお聞きしてませんが

たぶん無償で手に入れておられるのでしょう

牧草など含め

こういう餌の調達を

長年ずっとして来られている事務局には

本当に頭が下がります





l09999
レタス目当てにやってくる牛たち

結構なスピードです




l00063
牧場中で一番大きいと思われる赤牛

1㌧はあるでしょう

強い牛は餌を一番に食べられ

さらに強い牛となります




l00042
ウリ坊が死んでたんだよ

死因は寒さなのか

よく分からないということでした




l00058
作業が一段落して

約1時間 お話を聞く

もうすぐ10年が経つというのに

何も変わらないブレない吉沢さん





l00083
コロナ以降 東京での演説は自粛

最近は双葉町に新しくできた

産業交流センター&伝承館前で

演説をされているとか

団体がバスで来場しているから

その人たちに向けて話されているそうです






l4512-02
希望の牧場

牛の数は約240頭

12月1日2日の両日で耳標のチェックをし

正確な頭数が出る予定





牛たちは今も生きています






福島に行ってきました                                                                                                                      ... 続きを読む
福島に行ってきました
                                              
                                              
                                              
l0849
しばらくぶり

3カ月も間が開いたのは初めてです




l0848
そして あなたべ




l09782
楢葉町の海です

あと30分早ければ

水平線から昇る朝日が拝めたのに残念






l09840
今回ご一緒頂いたのはシゲタさん

うちから行った猫の里親さまです





lノイ
黒猫ノイア

富岡町にいる「しろさび」

その さびの孫にあたります

うちの さわと姉妹ですね

このノイアちゃん心臓に疾患を持っていて

現在 投薬をしながら育てて頂いています




l09859
シゲタさんは

もともとムービーカメラマンでしたが

猫が好きすぎて転職

現在は江戸川区にある

「猫の病院シュシュ」

お勤めしておられます




l09883
ノイアの産まれたところを見に

ノイアのおばあちゃんに会いに

一度は行ってみたかったけれど

猫のお世話と毎日の仕事で

なかなか叶いませんでしたが

ついに来ることが出来たのです


・・・・・・

てゆーか

シゲタさん病院の服のまま来てます

靴はクロックス

福島も舐められたものです(笑)

でもそれだけ時間が経ったということ

別にこの服装で困ることは何もありません




l09871
今回 捜索チラシの一部を

撤去しました





l0855
第一原発を望む




l09912
唯一残った「えさ台」

もうそろそろ撤去の時に来ています




この後

希望の牧場 赤間さん しろさびの里

という順番で回りました












約3カ月半ぶりの福島です                                                                                                                    ... 続きを読む
約3カ月半ぶりの福島です
                                             
                                             
                                             

前回は8月

福島はすっかり冬めいて来ています


IMG_20201122_043345
あなたべ

何ヵ月ぶりかな



IMG_20201122_143303
第一原発を望む




lしろ横A5-統合
しろの情報も3カ月半ありません

猫返しの神様

どうか会わせてください!

いやいや福島は暑かった                                                                                                                     ... 続きを読む
いやいや福島は暑かった
                                              
                                            
                                             
暑くて汗かいて

こりゃ痩せるからラッキーなんて

そう思っていたのですが

終盤は頭痛がしてきて

軽い熱中症っぽくなってしまいました



今回は写真が殆どありません

カメラマンにあるまじろ行為でした

もうーしわけありません




l0534
雨で取れてしまったところを

全部ラミネートしたものに交換完了

そしてさらに範囲を広げました

皆さんこの貼り紙のことを

結構知ってくださっていますが

残念ながらしろのことを知っている方には

未だに届いていません







l0538
かねてからお願いしていた

廃材をいただきに行きました

ボランティアの佐藤さんのご紹介で

いただくことが出来たのです

何に使うかって言うと

多摩川で使います


多摩川が増水した時に備えて

木に登れるように梯子を作るのです

早めに設置して

猫たちが普段から木に登れるように

慣れてくれたらいいと思っています





l0539
さあ東京に帰りますよ


一番の理想は猫たちの保護

工事が始まる区域から

猫を全頭保護してしまえば

台風が来ようが工事があろうが

悩むこともありません

しかしそれが無理なら

少しの可能性を信じて出来ることをする

それしかありません






l0531
鶏かわいい

抱きしめたいのだけど

するっと逃げてしまう







スモールしろ01
はやくみつけてよ

ごめんね頑張ってるよ
待っててね!


福島に来ている目的は                                                                                                                      ... 続きを読む
福島に来ている目的は
                                             
                                             
                                             
今や しろの捜索活動がメインになっていて

電柱に貼らせていただいている

チラシが劣化するので定期的に交換と

ポスティングの範囲を少しずつ広げています





IMG_20200802_071705
第三弾チラシ

すべてラミネート加工してます



IMG_20200802_140917
第四弾チラシ


どうかこのチラシが

目撃者の目に留まりますように



今日の福島は

お天気最高

久しぶりの晴れの活動です

暑くて汗もかきますが

痩せたいので

望むところです(笑)




l04103
昨年11月に撮影


しろ 会いたいよ



少し前から しろさびの里には鶏たちも居るのです                                                                                                          ... 続きを読む
少し前から しろさびの里には

鶏たちも居るのです


                                             
                                             
                                             
犬に 牛に 猫に  次は鶏



先日 ウィズキャトルの和田くんが

広い鶏小屋を整備してくれました





l08035
もとはイノシシ小屋だったのを

目の細かい網と板を使って改造

全部で9羽います




l08019
うわーい

私 鳥が好きなんですよー




l08023
バサバサバサ

コーケコッコー!

リーダー? なのか 唯一の雄鶏




l08050
新鮮な卵



実は いただいて来ちゃいました








請戸の餌場です                                                                                                                         ... 続きを読む
請戸の餌場です
                                              
                                             
                                             
l07987
雨続きでコンディションは最悪





l07992
中を見るのが恐ろしい・・・





l07993
案の定フードは食べた形跡もなく

2週間前に入れ替えた量のまま


その2週間前も同じように食べた様子はなかった

赤間さんが一生懸命この場所の猫たちを

保護してくださったからなのかもしれません





l07993-02
またまたナメクジが這いまわってる

こうなったら猫はもう

これを食べ物と認識してくれません




l08000
中は大量のダンゴムシ

ヤスデにハサミムシ

入れた対ナメクジ用の薬剤も効果なし



せめて毎週来ることができるなら

この状況に対応することも

可能かもしれませんが

今回 もう私がここの餌場を

維持するのは無理と判断

撤収することにしました





l08003
中を水で洗い撤収します





この「えさ台」は

また別の場所で活躍する予定



これで福島の「えさ台」も

あと1カ所のみとなりました













メインの活動は しろの捜索                                                                                                                    ... 続きを読む
メインの活動は しろの捜索
                                             
                                             
                                             
ポスティングと

チラシの貼り付けをせっせとします

お天気は曇り

雨降らなくて助かりました




l1450_00005
2014年4月撮影





IMG_20200705_124559
ラミネート加工したので

もう雨も大丈夫


コロナのこともあるので

なるべく誰にも会わずに

帰ってこようと思います