うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

今回は やまさんと活動を共にしましたよ                                                                                                              ... 続きを読む

今回は やまさんと活動を共にしましたよ
                                              
                                              
                                             
                                            
友部SAでの「あなたべ」も

二人なら楽しい

やまさんは動物病院勤務の頼もしいお方です






 

l1230767



解体が進んだ「プー」たちがいた場所

外に設置していたものを

かろうじて残っているこちらの木に移動しました

猫が食べた形跡があるので

何とか残して欲しいところです









lllkSyISl_O



さてこちらは








lllTCpagUYq



こちらは楢葉町の元住民で

ずっと活動をサポートしてくださっている

矢内さんが新たに許可を取ってくださった場所


新設の「えさ台」です








l1230777


ちいさいわ 山さん(笑)



これくらいの高さがないと

ブタ野郎にやられますからね















l1230793



場所は変わって浪江町

入り口を破壊されました










l1230796



作ってきたものと交換









JbH2eWEN



壊れたものはバラして持って帰ります

使えるパーツは再利用












赤間さんちに寄りました




l1230886



優しそうでしょう

本当に優しいのです

強く優しい人

困難から逃げずに

犬猫を守り続けて もう6年が経ちました

ワンちゃんに慕われていますね









l1230808


 犬に慕われずにいる男

赤間さんとはエライ違いです 


いや


犬も好きだということをアピールしているところです

ハスキーたちには悪いことをしましたが・・・

ウソウソ

彼らは喜んでいたのですよ!

たまたまこんな写真が撮れたのですっ!








lllVY3N6Tn3
 


ふうー



やっぱり

こっちのほうがしっくりくるなあ(笑)





今回も「えさ台」のメンテに給餌

充実した活動が出来ました

山さんには帰りの運転をお願いしたり

大変お世話になりました

どうもありがとうございました




(私が写っているものは すべて山さん撮影です)


 

テレアサの取材で松村さんちへ                                                                                                                  ... 続きを読む

テレアサの取材で松村さんちへ
                                             
                                              
                                              
                                              

車を止め お宅の方を見ると

いつもの風景







l8360


さび:お客さんだ!

しろ:お客さんだ!

石松:お客さんだ!




ずんずん近づいてくる さびとしろ






l8369



途中で さびを追い越す しろ

堂々としています








l8376




ずんずんずん



さびが怖くて

ビクビクしていた しろはもういません








l8402



車大好きの しろさびたち











l8404



この車は乗っ取った!








l8409



あっ 窓が開いている








l8416



一度降りればいいんだ



頭の良い しろ







l8423



ほらね

これで入れる







この後

さんざん車の中を探検した しろ

最後は私につまみ出されたのでした(笑)

 










 

ということで                                                                                                                          ... 続きを読む

ということで
                                           
                                           
                      
                     



l1230759



午前2時

これから出発です









l1230849



やだこわい

さばかれるのイヤなので

頑張ってきますね















 

何が起きたのか                                                                                                                         ... 続きを読む

何が起きたのか
                                          
                                           
                                           
想像力を働かせてください


知ってるよ 

かわいそうだったんでしょ

大変だったよね


そんな軽い言葉で済ませないでください







l7229-02


今 唯一残っている

2011年 当時のままの牛舎







l7232-02


かれらがどれほど苦しんで死んだか






l7220


想像してください 

百頭以上いた牛たちの叫びを








l7228


想像してください

柱を食べて死んでいった牛たちのことを






つい6年前に日本で起きたことなんですよ














 

浪江町の公園に設置している「えさ台」                                                                                                              ... 続きを読む

浪江町の公園に設置している「えさ台」
                                           
                                             
                                            





l1210930


うっとりするような芸術的設置

いつもさらっと写真をアップしていますが

誰も何も言ってくれないので書いておきます

取り付けた人はきっと天才でしょう

こういう発想は なかなか無いですよ

いや本当に素晴らしい!











じつは最初に設置したのは浪江町の犬猫救世主

赤間さんなんですけどね・・・






ま まあそれはいいとして

私もいろいろ考えたのですよっ!

なんでキレているのか

自分でもよくわかりませんが

私もいろいろ頑張ったのですっ!




ゴホン ところで




今回初めて

この場所に監視カメラを設置したのです

以前からフードがすぐに空っぽになったりして

猫の口に入っているのかどうか

不安になっていたわけです



はたして何が写っていたのか

どうぞご覧ください











猫ちゃん来ていましたね

ふたりで頑張って生きていました

ここは まだ人の住めない地域

餌はどうしていたのでしょうか

この「えさ台」を頼りに生きていたのか

そう思うと切なくなってしまいます

地方から月に何回か来るだけのボランティア

その人間に頼らなくてはいけない

そんなことでは未来はありません


一刻も早く

猫たちが普通の暮らしが出来るように

してあげるのが人間の務めだと思うのです

そのためにはどうすればいいのか

皆さんで考えていただければと思います







 

しろさび!                                                                                                                           ... 続きを読む

しろさび!
                                             
                                           
                                           
                                             
さびに攻撃されてからというもの

さびが怖くなっちゃって

行方不明になったりしていた しろ

どこへ行くか分からないので

松村さんも心配して

しばらくは自宅に保護していたのです

その後しろはどうなっちゃったのでしょうか 








l1220723

外にいましたよ!







l1220683

松村さんちに来ると

必ず さびたちが迎えてくれます






l1220691

それから

こっちだよとばかり奥に案内

犬の石松も大喜びです


あれ?

しろさびが一緒にいる







l1220698

嬉しい石松(笑)







l8153

今日はSPA!の取材デー 






l7443

しろ! さび! 散歩に行くぞ!


ちょっとけん制し合ってます




なぜしろがさびと一緒にいることが

出来るようになったかを松村さんに尋ねると


「しろが反撃したんだべ」

「それ以来しろは外に出られるようになった」


一度しろは戦ったようです

さびはそれから一目置くようになった

ただまだ さびのほうが

強いことには変わりはありませんが






l7380

ついてきてる?


以前のように私を気にしてくれています

この日さびは散歩に参加しませんでした









l7426

またこうして散歩が出来るようになった

松村さんも嬉しそうです







l7424

「しろ 歩きづれえべ」






l7418

放牧場に到着







l7410

インタビュー中は ひとりで遊びます






l7435

「ここはイノシシに荒らされた家だべ」

近くのお宅に案内してくださいました






l7454

帰ってきてからタントの上に昇って遊びます





l8203

さびとくろ






l8228

彼らは自由です 






l8238

持ち前の明るさで

6年を乗り切ってこられた松村さん

後ろを向くことなく常に前向きです



 



l1220719

しろも

自分の力でまた自由を取り戻せたのでした

よく頑張りました




人間がやきもきしていることなど

彼らは気にもしていないのでしょうね

あるがままにこれからも生きていくのでしょう

















 

6年が経つ福島第一原発20キロ圏 この場所で今も動物たちのために活動している人々を紹介                                                                                     ... 続きを読む


6年が経つ福島第一原発20キロ圏
 
この場所で今も

動物たちのために活動している人々を紹介
                                             
                                              
                                              
                                               





l0173

希望の牧場 吉澤 正巳 氏






l2447

3.11レスキュー日誌 赤間 徹 氏






l6695

がんばる福島 松村 直登 氏









週刊SPA! 本日発売です

どうかお手にとってご覧くださいね



一部を紹介

「原発事故から6年、いまも20km圏内に取り残された動物たちを世話する人々」
 



今回はもと住民で活動をしておらる方々の 紹介です

もちろん

他県から来られているボランティアさんたちが

頑張っていることを忘れてはなりません

20キロ圏内の現状を知っていただき

それぞれ何が出来るかを

何度も何度も考えていただければと思います








えっとすんません

役得で私も紹介していただいています




bわし

中にいた「G」にギャーしている図
























 

2011年11月30日 この日 初めてせんちゃんと出会う                                                                                                         ... 続きを読む

2011年11月30日
 
この日 初めてせんちゃんと出会う
                                       
                                         
                                          
                                           



                                           
                                             
                                              
                                             

l5609

このときは

当然ながら「せんちゃん」という名前はない


大熊町の坂下ダムの近くで出会ったので

坂下ダム猫と適当に名づけていた


保護する余裕などない私は

せめて餌を置いてやろうと

しばらくの間 通い

この場所に来ると

かなりの確率で会えたのでした





しかし




毎週毎週 福島入りしていても

いつもこの場所に必ず行けるわけもなく

やがて行ったり行かなかったりして

猫とは会わなくなってしまった





それから半年






l0367
真ん中の捕獲器の横にせんちゃんがいます


2012年5月23日
 
せんちゃんを保護 


この日はラッキーなことに

知り合いの猫ボランティアさんと

一緒に行動していたのです


私一人では保護することはできませんでした








l1050733

保護したせんちゃんは

とても人馴れしていたのでした 

洗濯機の上にいたから せんちゃん 

そう名づけました

私の勘違いで実際は洗濯機じゃありませんでしたが

(1枚目の写真参照)






sen

かわいかった






l1077

脱走させてしまい

肝を冷やしたこともありました 








l1050828

再保護



こんなになついてくれているのに

なぜ逃げるの

保護できて良かった・・・






7月26日

やがて里親が決まりお別れです





sentyanwakare

元気でね

幸せになるんだよ







そしてせんちゃんは大阪の子になったのでした







約3年の月日がたち








2015年5月

里親さまが病気になり

せんちゃんの面倒を見るのが

難しくなったということで

また私が引き取ることになりました

しかし せんちゃんもまた

病気でかなり具合が悪くなっていたのでした







senfinal

この適当に撮った写真

せんちゃんが生きていた頃の最後の写真です

まだまだ写真を撮る機会がある

私はそう信じ込んでいたのでした 



この後 せんちゃんは入院し

そのまま亡くなってしまいました








l1220562

先日

時間があったのでお墓参りしてきました



いつもいた

洗濯機(ロッカーですが)があったお宅

その裏手の林に せんちゃんは眠っています



もっとこうすれば良かった

あそこで間違った

せんちゃんのことを考えると

反省ばかりです

せんちゃんには本当に申し訳ないことをしました







l5119

せめて魂は

自然がいっぱいの生まれ故郷で

走り回って欲しいと思いました



せんちゃん ごめんね

また来るよ

ごめんね










今晩また福島に向けて出発です

前回は雑誌でしたが

今回はTVニュースです

野生動物

とくにイノシシの被害の取材をしているそうです

ブタ野郎と私の戦いを聞きたいのかな











 

今回も行ってきました福島に                                                                                                                   ... 続きを読む

今回も行ってきました福島に
                                            
                                          
                                               
今回のあなたべは

雑誌の編集者と2人で食べました 

やはりこの時期は

メディアも取り上げやすいのでしょう

私としても仕事になるので嬉しい

しかも

一泊させていただけるというのですから

体も楽になりますので有難いことですね







l8086
楢葉町の夜明け






bbjidori

さあ長い一日が始まります







l1220544

スタート地点は いつもここ

高い位置に付け替えてからは

ブタ野郎の被害はなくなりました

そしてアライグマにも壊されず

平和な時が続いています







l1220546

こちらはフードがあまり減っていない感じがします

食べてくれているのかなあ

いずれ監視カメラをセットしてみます









l1220549
どーん



3つ前の記事

「おにょれ~」

のエピソードがありましたが

じつはこちらの方が先でした



朝からテンションが下がる出来事

しかし編集者の目もあるので

こんなことではめげてはいられません



持って来た新しいタイプに交換

編集者にお願いして支えてもらい

とても楽に設置することが出来ました










l1220552

こういう時は2人いると楽ですね








今日は編集者さんを

いろいろ案内しながらの給餌活動

人物の取材もありますので盛りだくさん

回りきれなければ翌日に行くことになっています






つづく






今回の記事は

扶桑社 週刊SPA!でどうぞ

来週3月7日(火)発売ですよ
 












 

トークイベントの お知らせです                                                                                                                  ... 続きを読む

トークイベントの お知らせです
                                             
                                               
                                              
「希望の牧場・ふくしま」の獣医師

伊坂邦雄氏の著書

「福島ノラ牛物語---原発事故を生き残った牛たち」

の出版を記念してのイベントです




明日 3月2日 18時30分~(開場18時)

場所は水道橋「たんぽぽ舎」

千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル4F

参加費500円

 






l8098
伊坂邦雄 先生










lcover_low






l0199
ふくちゃん




l6078
いつも明るく元気







l4928
松村さんの牛も治療しておられます






l1508_DxO
伊東節郎 先生・・・

私には本名の方がしっくりきますが

ペンネームはご本人の希望だそうです






l7098
希望の牧場に伊東先生がいらっしゃってから

牛の死亡率がぐんと減りました








l5759
誰よりも

原発20キロ圏内の牛の身体を

診て来られた伊東先生

その経験 想いが本となったのです




lC5qcikLU4AATWPH



皆さま是非ご参加ください


東京にて牛の身体的状況などを伺えるチャンスです 

私も参加します!













 

おにょれ~                                                                                                                           ... 続きを読む

おにょれ~
                                    
                                            
                                            
                                             
おのれ許さん!

つーても仕返しするわけでもないのですが







 



l1200348
1月10日撮影



ここの餌場の話です



もともと近くで設置していたものの

ブタ野郎に破壊され

もうだめだと諦めかけていた時に

あるボランティアさんが

鉄製の柱を製作してくださった

おかげさまで

ブタ野郎に破壊されることはなくなったのですが










l1210384
1月29日撮影




ウオッシングベアーです

ヤツらはどんなに高い場所でも登れます

穴を開けることを覚えたヤツはやっかいです

くそう








l1210392
1月29日撮影


木材を両端に固定しさらに金属で保護

さすがにこれでは歯が立つまい

ぐふふ








l1210861
2月12日撮影


約2週間後

小林旭を歌ってご機嫌だった この日

無事を確認

よしよし いい感じだ









そしてまた2週間が経ち

今回は と・・・










l1220817


おい




さぁ~今 ♪

銀河~の向こぉへ~ ♪

飛んでゆけ~ ♪

上条恒彦の歌が聞こえたような気がした


もしアライグマがここにいたら

銀河の向こうへぶっ飛ばします







そういや先日

深夜うちの庭にタヌキが現れて

ライトを当てながら少し追いかけたのですが

こちらを舐めていて

一定の距離を保ちながら逃げるという

こしゃくなまねをするので

どこまでも追いかけてやったのでした

疲れました











l1220820

l1220824


ぐすんぐすん と泣きべそをかきながら修理しました











l1220826
 

設置完了!


これでダメなら もう知らないっ!

なんてことが あったのでした






プンスカ(怒


















 

あなたひと~り~に~♪ かけ~た~恋~♪ (略) でも帰りは雨~だった~♪ 事故渋滞というので 現在サービスエリアにて休憩中 福島は暖かく穏やかでした ... 続きを読む
あなたひと~り~に~♪

かけ~た~恋~♪

(略)

でも帰りは雨~だった~♪



事故渋滞というので

現在サービスエリアにて休憩中




image



福島は暖かく穏やかでした






北風が強い一日でした                                                                                                                      ... 続きを読む

北風が強い一日でした
                                          
                                              
                                            
                                             
 「えさ台」をすべて回り終え

時間が出来たので

久しぶりに希望の牧場へ行ってまいりました



もちろん自宅と連絡を取り

シロの容態が安定していることを確認しています







l1210957

びゅううううう!



冷たい風が吹き付けています

吉澤代表のお姉さんである「しずお姉さん」

なにやら作業を始めるところでした








l1210971

具合の悪い子がいるのよ


獣医の伊東先生が葉っぱを食べさせましょうと

白竹を取りにきていました



この季節ですから牧草もありません

緑の葉っぱがかろうじてついている白竹

ときおり強い風が吹く中

しずお姉さんはもくもくと

なるべく葉のついているものを集めます










l1210973


牛が待っている牛舎へ








l1210975

そこには脚が立たなくなった牛が一頭







l1220006

「赤1番」 と耳票がついています







l1220026

もともとついていた耳票の裏には

「しげひめ」と名前があり

久米島から来たことがわかります








しずお姉さんが摘んできた白竹を

もぐもぐ食べる しげひめ








l1220072


ご馳走のニンジン!

むしゃむしゃボリボリ

食欲あります








l1220060


数日間 立っていないので

脚が痺れているはず と伊東先生

寝返りをさせて脚を楽にさせます






l1220083


立って!

ほら立つんだよ!


しばらく時間をおいたあと

しげひめを何とかして立たせようとしています

立てないと しげひめの未来はないのです






l1210984

牛舎には もう一頭具合の良くない牛がいました

体が大きい立派な牛です

しかし痩せていて いかにも調子が悪そう








l12577


必死に食べて生きようとしています










l1210981


青耳票・・・

やまゆりファームの牛ですね

岡田代表はお金は持っているのだから
(自分で使っていなければ)

そのお金をかけて救ってやって欲しかった




二日後




しずお姉さんのツイッターで

この二頭が亡くなったとありました


青耳票の35番やまゆりの牛は翌日13日

赤耳票1番しげひめは2日後の14日に亡くなったようです

そしてもう一頭 赤耳票9番も13日に逝きました




誰に頼まれたわけでもなく黙々とお世話をする

その活動がもうすぐ6年経とうとしています


希望の牧場に訪れるたびに

牛たちが生きている風景があります

牧場に行けば牛がいる

ついそれが当たり前だと思っている

無責任な自分がいます

この裏で牛を生かすために

必死にもがいている人間がいることを

絶対に忘れてはならないのです


自分への戒めとして書かせて頂きました







【しずお姉さんのツィート】
伊東獣医師による解剖所見
青35 第一胃異物が原因の穿孔性肝炎無数の顆粒状膿瘍第一胃内に多量の土と砂
赤9 第一胃内ロープの塊による消化障害 
赤1 膀胱がん転移による膀胱粘膜肥厚ポリープ状の小粒脂肪腫大腸癒着・肥厚















 

ネコを畏敬えなさい                                                                                                                       ... 続きを読む

ネコを畏敬えなさい
                                            
                                              
                                             
久しぶりにやってしまった・・・







l1210935



奥の矢印に「えさ台」

なんとなくですが猫さん来てないみたい

猫が「えさ台」を恐れているのかしら

とほほほ











l1210821

こちら公園に設置したもの





l1210820

からっぽ・・・

これは猫じゃないですね

破壊もされていないので

小さいサイズの動物が入っているようです


これ以上入り口を小さくすると

猫も入れなくなるのでしょうがない

このまま続行します








l1210824

あら雰囲気が変わっている







l1210826
今まではこんな感じでした 






l1210825


遅ればせながら除染が始まったようです









l1210841


帰還困難区域

牧場の 猫

まるまるとしてる

お前たちは幸せだね









l1210855


こちらは場所を移動した「えさ台」









l1210852


この感じ(しやわせ

フードがこの感じで減っているのは猫さんです



全部の「えさ台」がこうだったら

どれほどしやわせかと思います








l1210862


前回屋根を破壊されていた場所

良かった持ち応えています








l1210868


うーむ

どうも他の動物が入っているようだ

入り口をこれ以上狭くできないのでしょうがない









l1210885

さて次は豊田動物病院のお隣・・・

あら?

光が差し込んでいますよ






l1200441
場所はこちら 以前の写真です








l1210887


穴が開いていたのを広げられたようです








l1210889

板を貼り付けて応急処置


ちょっとでも隙を見せると

奴らはそこを突いて来ますね








l1210893

新設場所


猫は いるはずなのに食べた形跡がない

ボランティアさんが踏み台を置いてくださいました

様子を見るしかなさそうです









l1210900


「えさ台」を高いところに設置しているので

イノシシの被害は少なくなりましたが

アライグマの穴あけには参りますね







l1210902

こちらも板を貼り付けて応急処置


間違って逆に設置しちゃった・・・

ま いいか







b1200372
以前はこちら向き









l1210908


かなり古くなったこちらの「えさ台」

小学校の正門に設置させていただいてます







l1210911


新しいタイプに交換しました









l1210919


こちら餌を誰が食べているかが 気になって

監視カメラを仕掛けること2週間

なんと猫は1匹も映っていませんでした







l1210922


l1210925


l1210927
 






l1210930


気になっているところ

ハクビシンが来ているのは間違いありません

なぜなら

中でフンをしているから!



食堂でフンをする!?

猫ちゃんならそんな下品なことは

絶対にしませんっ!(愛の偏り


ここは監視カメラで様子を見ることにします







l1210944

 希望の牧場入り口

「えさ台」も結構くたびれてきていますが

あまりにもサイズが合致して

うまくセッティングされているので

もう少しこのままでカンベンしてください


コンスタントに猫は来ているようです








さて次回は久しぶりの 希望の牧場です

強い北風の中

牛たちは逞しく生きていましたよ

しかしその中には命が消えようとしている 

弱い牛たちもいたのです













小林さんは北へ流れてしまったので ここからは もーすがお届けします                                                                                                ... 続きを読む

小林さんは北へ流れてしまったので
 
ここからは もーすがお届けします
                                              
                                             
                                             









l1210803


うちのシロの介護の問題で

自宅スタートが30分遅れました


その30分遅れのおかげで

到着時の空はうっすらと明るくなって

作業がやり易くなりましたよ









l1210798


順調に餌が減っている海に近い場所

猫のことを思えば

もっと内陸に餌場が欲しいところですが

設置する場所が今のところありません










l1210800


小さい神社の裏に設置させていただいています

許可を頂いているので本当にありがたい











l1210806

プーたちがいた場所

解体作業が始まっていました

そのために屋外の木に設置した「えさ台」

いい感じでフードが減っていて喜ばしいのですが








l1210811


給餌してくださっているボラさん情報によると

建物の解体ののち

この木も伐採されるそうです










l1210814

代わりの場所を見つけねばなりません

しかし

ここの周りは民家もない場所

こちらに猫を留めておくことが

はたして猫のためになるのかと

そう思うようになりました


私たちボランティアが

いつまでも給餌に来られるはずもなく

最後は住民の方々にお任せするしかないのです

ならば

民家がある方向へ

誘導してやることを考えねばと思っています







l8072

「えさ台」が設置できそうなところを

探していたら

キジの巣を見つけました



驚かせて ごめんね










l1210817


以前 こちらの近所で

イノシシが来るからという

住民の方の意向で

泣く泣く外した「えさ台」がありました


切り捨てる生き方を選ぶのは簡単

しかしそれは自分がそうなっても文句は言えません

弱いものを守る

手を差し伸べる

それは間違いなく自分を守ることに通じます

「しょうがないよね」

このひとことで猫たちは行き場がなくなり

消えていくことになるのです












どしたどした もーすはどした? という長いタイトル                                                                                                        ... 続きを読む

どしたどした もーすはどした?
 
という長いタイトル
                                           
                                              
                                            
この私に深い意味などあるわけがない

ただ

小林旭がラジオから流れてきただけである







l12567


きれいなオレンジ

撮りそこねたトンネル内の照明の色

これも芸術だといえば通してもらえるだろうか

しかし私はいったいどこを撮ったのかしら





軽快に走るタント

BGMに流れる曲は「昔の名前で出ています」



・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



どこに出てる?

お店によ

関西方面だから

お店にやねん か






b1210792

しのぶ~と よばれたのぉ~♪




だれはばかることなく

絶叫ちう








l12608


さんざん唄ったあと

歌詞の中に出てくる名前

どちらの名前で出ているのかが

気になってしょうがなくなった



このときにあなたがいれば

一緒に考えることができたのに

あなたさえいてくれたら









l8068

 
到着した楢葉町には

月がかろうじて残っていた




これからまた長い一日が始まるのだ 

このとき

私の中の旭はもういなくなっていた

旭はさらに北に流れて行ったのだろう







つづく








 

楢葉町から浪江町に移動  楢葉町の餌場から浪江町の次の餌場まで約25キロ                                                                                            ... 続きを読む

楢葉町から浪江町に移動 
 
楢葉町の餌場から

浪江町の次の餌場まで約25キロ
                                               
                                              
                                               
20キロ圏内は広い 移動も結構大変です

当たり前ですが直径は40キロ

この範囲をウロウロするわけです

いつもこの25キロの間に おにぎりを1個食べます








l1210358


公園も除染されています

「なみえ復興レポート」によると

浪江町は3月に一部避難指示解除を想定しているそう


当然 公園として機能し出すと

「えさ台」は余計なものになるでしょう









l1210362


イノシシが「えさ台」の下をうろついています

いつ壊されてもおかしくない状況でした









l1210365


新しいタイプを高い位置に再設置

これでイノシシの被害はなくなるでしょう










l1210369


前々回 破壊されていた場所

大丈夫でした

フードもボランティアさんが前日に補充してくださっています

ありがとうございます


こうして給餌日が重なってしまうと大変もったいない

でも 皆が行ける時に行くしかないのです

そこまで贅沢は言ってはいられません








b1200344
前回撮影


手前の古い「えさ台」から

奥の新しい「えさ台」

しかしこの場所の持ち主さんから

外して欲しいと要請があったので

場所を移動することに






l1210380

次の場所はこちら

タントの後ろに細い道があります






l1210378


小道の右側は帰還困難区域

当分の間は いけそうな気がします







l1210375


猫たちはきっと気づいてくれるでしょう






さて次は・・・









l1210384

ギャン!



ここを破ることを覚えてしまったか・・・

アライグマですね








l1210392


今回持って来た2台をここで使い果たす

まだすべての餌場の半分も回ってないのに



効果があるかどうか分からないけれど

あるもので補強してみる









l1210399


ここも もうだめだ

騙し騙し使ってきたけれど限界


ダメなパーツを外して

手持ちのパーツで補修して再設置だ









l1210403


設置場所を一段下げてみました

この高さでも十分イノシシを防げると思います

敵はアライグマです








l1210420


階段をつかうイノシシがいなくて良かった(笑)


豊田動物病院のとなりです

ここで偶然 赤間さんとバッタリ会いました

そうしたら豊田先生もいらっしゃった

しばらく立ち話で今後の方針などを相談

帰還してくる町民との摩擦は避けねばなりません










l1210427


新しく設置した場所

しかし猫が来ている様子はありません

監視カメラには

猫どころかアライグマさえ映っていませんでした

映っていたのはお隣で作業している人間のみ

マタタビを多めに振りかけておきました










l1210430


小学校


ここもいずれ・・・









l1210447



l1210448



l1210453


しっかり機能しているといえば こちら


希望の牧場の入り口です

中のフードもいい感じで減っています

2匹くらいが来ているのかな

またカメラを使ってチェックしようと思います









l1210459


最後の最後に行った所



うちのシロのこともあって 

今回はなるべく早く帰ろうと思っていたのです

またしてもアライグマ!

たまに「簡単に諦めないタイプ」がいるのですね



必死に補修し

さらに補強しました




これに30分余計に掛かりましたが

いつもより4時間は早く福島を出発 

やればできるんだ(笑) 








b1210411
 
地鶏じゃなくて自撮り


デブ・・・


この写真を見て私は決めたのです

また断食すると!



・・・・・・・・・・・・・


 
ということで昨日3日間の断食が終わりました

4キロ減

もう0.1トンとは言わせません!

断食は終了ですが さらに痩せるように頑張ります

シロも頑張っていますからね












 

「えさ台」活動ですよ                                                                                                                      ... 続きを読む

「えさ台」活動ですよ
                                          
                                           
                                            
今回は名古屋 滋賀 四国と渡り歩いていたので

福島行きが予定より5日間遅れてしまった

でも出来る範囲でしか出来ないのでしょうがないですね









l12262

「あなたべ」の友部SA


「あなたべ」というのは

「あなたと食べたい午前4時のかき揚げそば」

の 略です

どうでもいいことですけどね!


週末でしたのでレストランは貸切ではありませんでした









l1210333

暗い

暗いよ



そして「えさ台」を設置していた木が切られている

残念ながらこちらの餌場は終了ということになります

「えさ台」は私の前に行っていただいていた

だるたにあんさん」 が脇に寄せてくださり

かじさん もいさん」のお二人が回収してくださいました








l1210339


プーたちがいたところも解体が始まります

車庫の中に設置していた「えさ台」も

かじもいさんたちが回収

先の「えさ台」とともに

赤間さんちに置かせていただいていました


この木は大丈夫なのかな

少し心配







l1210353


いつ降ったのか雪が残っていました

こちらのお宅はすっかり解体され

何もない状態になっています



「えさ台」だけがぽつんと






とっくの昔に帰還可能な楢葉町

人が住んでいれば給餌のやり方も慎重にならなくてはいけません

「他所から来た迷惑な餌やり」

一度だけですが すでにこういう扱いを私は受けています

もちろん人が優先なのは分かっています

ただ

ここは日本中どこにでもある野良猫の問題ではないのです

ここの猫たちは

「私たちが一度見捨てた子たち」 なのです

彼らは次の日もご飯をもらえるだろうと

人間を信じていたのです

それをこちらの都合で裏切って死に追いやってしまった


ならばせめて今生き残っている子たち

その子孫たちは守ってやりたい

その気持ちを持って私は活動しています


被災者の方々は確かに大変かもしれません

しかし 今までのように餌をやるだけ

それくらいの余裕もないのでしょうか

毎日 いや3日に一回でもいい

「えさ台」を利用してくれるなら1週間に一回でもいいのです

「えさ台」を取り付けろというのでしたら

取り付けに行きます


これはあくまでも猫好きな人へのお願いです

猫がお好きというのなら

猫たちを守ってやって欲しいのです

もちろん出来る範囲でしかできません

私もそうしていますよ



今年は浪江町 富岡町などの帰還が始まります

これから起こることを想像すると気が滅入ってきますが

決して諦めず

これからも活動を続けていくつもりです






















 

リンダ?                                                                                                                            ... 続きを読む

リンダ?
                                              
                                                
                                               
                                              
リンダというフレーズが

ツボにはまった2017年

これで1年過ごします


ウソだけど





002


リンダとは ほど遠い

おじいちゃんが監視カメラにキャッチされました




おじいちゃんですが

なんか楽しそうです








l1200492


こちら南相馬 小高の吉田さん宅

浪江の給餌が終わり

一番北の小高までやってきました




この波板の使い方が気に入らない

美しくない

でも吉田さんが気に入っているからしょうがない

吉田さんが幸せなら私も幸せ



家の中にあった餌箱を

家屋解体のため庭に出しました

家を寝床にしている猫たちは

月末から出て行かなければいけなくなります

また戻ってきてくれることを願って

餌箱を設置しました










終了後は富岡の松村さんちへ向かいます





l1200531

5時ごろ到着

すっかり暗くなっていましたよ

今日は松村さんご在宅でした



しろが家の中に入ろうとしています

鍵が掛かってなければ開けて入るそう(笑)









l1200537


さびと鉢合わせ




ちなみにさびも戸を開ける事が出来ます

彼らが入ると家の中の食料がえらいことに

しろはさほどでもないですが

さびが・・・

冷蔵庫も開けるワル猫だそうですよ



犬の石松は人が大好き

猫同士の争いにはノータッチ



ところで

さびと しろの関係が少し変わってきました

これまでさびが一方的に攻撃して

しろが逃げ回るという展開でしたが

ある日 しろは反撃したそうです

しろは今でも さびのことは怖いのですが

反撃したことによって

さびが少し譲歩しているようです



松村さんとの散歩も一緒に行くこともあるも

必ず途中でケンカになるそう

でもしろが自信をつけてくれたのは良かった

リンダうれしいです


これで しろが消えてしまうことにでもなったら

しろさび大好きな私としては とても悲しい


ただ

新たな問題が起きています

さびにぴったりくっついていた ちびさび

一風変わった たてがみのある こげ茶猫

今度は このふたりが さびに追われて

帰って来れなくなっています



猫の世界は本当によくわかりません

自分の子供なのにねえ

独り立ちしろということですか

このあたりに

野生の血というものが関係しているのかな











11990


ポーランドから取材に来た人から

いただいたチョコ


松村さん甘いものは苦手なので

私が引き受けました



早く帰ろうと思ったのですが

チョコに負けて4時間の滞在


松村さんお酒が回ってきて

聞いたことのある話が出てきたので

必死に脱出(笑)



猫たちの写真も撮りたいから

今度は明るい時間帯に来たいな

しかし明るい時間は「えさ台」廻りをしたい

頑張って2日間にするかなあ










11930

あなたべ イン守谷SA


かきあげそばに始まり かきあげそばに終わる

それがルール









l1200561


深夜1時

もうすぐ我が家だ

ここまでで23時間経過



長い一日が終わろうとしています

確かにけっこう疲れる一日です

でも間違いなく猫たちの役に立っている

とても充実した一日なのですよ
















 

前回は壊れていた「えさ台」の報告でした                                                                                                             ... 続きを読む

前回は壊れていた「えさ台」の報告でした
                                              
                                               
                                            
                                            
今回は壊れていない「えさ台」の報告です

よって箱写真が延々続くだけですよ(笑)







b1200368








l1200317


公園のトイレ横

いつまで置かせていただけるか







l1200321


まだイノシシは地面のほうに興味を持っています

上に気づいたらそれで終わり(笑)

壊される前に付け替えたいのですが

いや ひょっとしてこのままいけるのではと

なかなか踏ん切りがつきません












l1200348


ここはアライグマとの戦いの場所

様子を見たいのですが

監視カメラを設置する場所がないのです

道路に向けて設置すれば

通る車にすべて反応してしまいます










l1200356


ボランティアのみなさま

餌入れ難いですよね・・・

すみません・・・








l1200360


中学校

何かの作業が始まっています

除染はとっくに終わっているし

少し心配なところ










l1200370


新しく設置した場所






l1200368


前回 監視カメラをセットしていました









設置して2週間

猫はまだ現れていません


それにしてもアライグマの仕草は愛嬌があります

困る存在だけど!










l1200372




l1200375



l1200381



l1200385



l1200387


l1200390





l1200395


希望の牧場入り口

順調です










l1200412


赤間さんちにいたワンちゃん

ほぼ寝たきりになってしまったそうです

口元に餌を持って行ってやらないと食べられません

ただでさえ たくさんの犬猫のお世話で大変なのに・・・







つづく