うちのとらまる

2002年、近所で生まれた野良の子「とら」と「まる」。飼い始めてその可愛さに魅了され撮影を始めました。今ではうちの猫「とらまる」だけでなく、過酷な条件で生きている外猫たちに少しでも力に成れればと思い、自分の活動を始めております。ご質問などございましたら otacats2@yahoo.co.jp こちらにお願いいたします。 2011年に起きた東日本大震災により、事故があった福島第一原発20キロ圏内の取り残された猫たちのために、現在も給餌活動を続けています。

カテゴリ: 福島

台風一過の福島 12:00PM 戦士が休んでいる                                                                                                         ... 続きを読む

台風一過の福島 12:00PM
 
戦士が休んでいる
                                               
                                              
                                              
早朝からの活動で疲弊してしまったのだ

移動を含めると私の活動は

すでに10時間を超えていた







l1280378

活動内容も過酷だ

こぼれ落ちて

堆積したキャットフードに群がる

ムシムシ虫たちの駆除

エンドレスにアライグマたちに破壊される

「えさ台」の修復

百戦錬磨の戦士といえども年には勝てない




しばしの休息




「えさ台」のチェックはまだ半分を過ぎたところ

私は数分間の睡眠ののち

また活動を再開するのである







ちなみにこの写真はセルフタイマーで撮影している

私は10秒以内で走ってベンチに戻り

眠らなければいけない

戦士は休憩時間もゆっくりしていられないのだ













7cmpo

写真集「やさしいねこ」うちのぽー

10月18日発売
只今予約受付中







猫の保護活動は 個人でしていると往々にして孤独な活動になりがちですね                                                                                              ... 続きを読む

猫の保護活動は
 
個人でしていると

往々にして孤独な活動になりがちですね
                                               
                                               
                                               
この世界にどっぷり浸かっていると

TNR活動 や 殺処分ゼロ!活動などが

かなり浸透しているような錯覚も覚えますが

まだまだ大勢は個人の猫好きさんたちが

孤独に活動しておられることが多いのです




今回 ご紹介させていただくのは

そんな状況を少しでも良くしようと

京都を中心に全国を走り回っておられる

若き女性 小池さんです




l21363367_1437817002974718_606213176_o
撮影:小池さん




普段 私は「団体」より「個」を重視していて

そして「個」が繋がって(ご近所で)

地域の猫たちを守っていく

ということを目指しています

もちろん団体は否定しません

ただ遠くの大きい問題ばかり見ていないで

まず足元にいる猫たちを

出来る範囲で何とかしましょうよって

ごくごく当たり前のことを言っています

日本中どこの地域でも

野良猫がいない地域なんて ありませんよね

それには目をつむって

遠くの多頭崩壊に援助するのって?

という疑問を持っているわけです





私の話はおいといて





l9057
(希望の牧場にて )



小池さん

まだ二度しかお会いしたことがないから

それほど理解しているわけではないのと

何やら難しいことを(笑)しておられることで

いまいちよく分かってもいないのですが

自分とは全く違うところから

動物愛護活動をされている感じなので

ひょっとすると「何か」を

成し遂げてくださるのではないか

なんて思ったのでした





l1280103
(一日 給餌活動にお付き合いくださいました)




l9019-02



小池 英梨子 氏
(人もねこも一緒に支援プロジェクト 代表)

立命館大学院応用人間科学研究科対人援助額領域2015年修了
猫を切り口に、共生と共存社会のリアリティについて
研究公益財団法人どうぶつ基金に2年間勤務し、
犬猫の殺処分ゼロを目指す取り組みに従事。

現在は、立命館大学 衣笠独立研究科事務室 応用人間科学研究科 
実験・実習相談室で契約専門職員として勤務しながら、
「猫から目線。」という活動ネームで、TNR や
地域猫のコーディネート、里親探し、動物問題の研究に取り組んでいる。

NPO法人FLC安心とつながりのコミュニティネットワークに
「人もねこも一緒に支援プロジェクト」を立ち上げ中。







l9001
(初めて会った被爆牛)




l1280197
(松村さんちにて 石松に愛されるシロ)



l1280120
(虫地獄にビビる小池さん)



l1280154
(テンションMAXの石松(笑))



小池さんが なぜこの問題に取り組もうと思ったのか

それは彼女が中学生時代まで遡ります

彼女は出会う野良猫たちを見捨てられず

中学 高校の6年間で

なんと25匹もの猫を保護し

里親を見つけて来られたのです

しかし いくら頑張っても

次々と現れる かわいそうな猫たち

個人の力なんてたかが知れている・・・

それと人を助けることで猫も助かり

また逆もあるのではないかと

彼女は思っていたことを大学で専攻し

社会人になった今も

手探りで実践している人なのです








l1280188
(いろいろなかたちの生活がある・・・)




l9039-03
(被爆牛の未来は・・・)



動物愛護問題

答えはひとつではないし

アプローチの方法もさまざまです

彼女はこれからも自分を信じて

動物のため人のために

活動を続けていかれることでしょう

小池さん 丸一日お付き合いくださり

ありがとうございました!





私も自分の信じること

できることで頑張ることとします










やさしいねこ の ぽー

日本中のどこにでもいる ぽーを救いたい

そんな気持ちで活動を続けています





やさしいねこ
太田 康介
扶桑社
2017-10-18発売
予約受付中です!














見たくもないでしょうが 今回は私ですの                                                                                                             ... 続きを読む

見たくもないでしょうが
 
今回は私ですの
                                             
                                              
                                             
                                              
撮影者は ご一緒頂いた

小池英梨子さん

京都で猫活動しておられる小池さん

たまたま青森に行っておられ

その帰りに早朝の浪江町で合流

一日「えさ台」活動にお付き合い頂きました

私が写っているのは小池さん撮影です







l498911718_o




l189766208_o




l448405402_o
イノシシ親子遭遇



l719634963_o




l737821147_o
この金具で入口の幅が決まります

広すぎても狭すぎてもダメなんです

 




l1437502425_o
小池さんは福島が初めてだというので

請戸を通り





l66449370_o
双葉町の海岸までご案内

第一原発を見ていただきました




l1430662347_o
浪江の赤間さんを訪問




l36376615_o
帰りに松村さんちを訪問

でもお留守でした

犬好きをアピールする私




l61715542_o
しばらく石松と しろさびたちと遊んで

東京に戻りました






l8987

小池英梨子さん

双葉町の海岸にて


小池さんがどういう方なのかは

次回でご説明させていただきますね

すごい人ですよ












やさしいねこ
太田 康介
扶桑社
2017-10-18発売
予約受付中!



















のこされた動物たちに出会いました                                                                                                                ... 続きを読む

のこされた動物たちに出会いました
                                              
                                              
                                              
                                             
「えさ台」が設置してある所から

さほど遠くない場所







l8973

人を知らない

震災後に生まれ

誰にも頼らず生きてきた猫です






l1658383729_o

毎回ほとんど猫に会うこともなく

続けている給餌活動ですが

彼らに「えさ台」が役に立っているのなら

これほど嬉しいことはありません








l1280142

先日 救急車で搬送されてしまった赤間さん

体力のいる犬の散歩は ご身内の方々や

ボランティアの方々にお願いして

60匹の猫たちのお世話はぎりぎりできている状況








l1311142629_o

こっちへおいで

怖がらなくていいから

そう思いながらシャッターを切りました







l8978

でも

人間を信頼できる要素など何もない中で

産まれ 生きてきた子たちには

私の浅はかな想いなど伝わるわけもなく

猫は去っていきました







人間に裏切られた子たちに対して

なんとか許しを請うために

赤間さんは活動しています

赤間さんを支援する人

独自で活動している人

皆 彼らに詫びながらの活動をしています




私たち人間が仕出かしたことのために

犠牲になっている動物たちは

福島の汚染の残る地で

今もひっそりと生きているのです










やさしいねこ
太田 康介
扶桑社
10-18発売
予約受付中!











ミッドナイトドライブ オレと行かないかい?                                                                                                           ... 続きを読む

ミッドナイトドライブ
 
オレと行かないかい?
                                             
                                              
                                              
                                              



l1280032
マシンはランボルギーニ・タント

あのランボルギーニ社がシャレで製造したもの

このマシンで300キロドライブだ



途中 貸し切りのおしゃれなレストランで食事して

さらに北を目指して進む

やがて夜明けがやってきて

コーヒーを飲みながら海を見る

ロマンチックじゃないか






l1280042
ダイハツが

同じ名前で販売しているものがあるが

ランボルギーニは

これをコピーしたらしい



私のマシンはランボルギーニ製

ダイハツ製とは かなりの部分が違う




まず外観


ランボ製はボンネットに凹みがある

決して物に当たって凹んだものではない


そしてフロントのバンパーが少しガタついている

決して車止めに引っ掛けたものではない

イタリア製のおおらかなところですな


リヤにあるはずのタントのエンブレムはない

なんでか知らないけどない



次に内装だ



アイドリングストップが効かない

初期の頃は効いていたが

いつのまにか効かなくなっていた


助手席のドリンクホルダーが出てこない

無理して出したら元に戻らない


獣のウンコの匂いが充満している

どこに原因があるのか分からない


まだまだいろいろあるのだが

書き出すのが面倒だから端折らせていただく





l1280051
ダイハツ製のものとほとんど変わらないインパネ

ランボ製といえど

気持ちの良い速度域は80キロから100キロだが

本気を出せば300くらいは行けそうな気がする

まじめな私はそんなスピードは出す気はないですがね







l6650520230553

好きなの選んでいいぜ

ん?

そうか42番か

奇遇だね 私もこれが気に入っている






l6650517764753

今日も連絡しておいたから貸し切りだ

店長はお休みだったが

おばちゃんはいた

「いつもありがとうございます」

と言うおばちゃんを制止して

いいってことよと笑いかける




ゆっくり時間をかけ食事を頂き

ランボタントにも燃料をフルアップ





そして私はさらに150キロ北上するのであった

ポテチン











アホなブログはそこそこにして
「やさしいねこ」
よろしくお願いしますね!
もういろんな人たちが絶賛する予定
とんでもないです
と思います





やさしいねこ
太田 康介
扶桑社
2017-10-18発売!















「えさ台」  それは愛  それは希望  それは・・・                                                                                                      ... 続きを読む

「えさ台」
  
それは愛
  
それは希望
  
それは・・・
                                             
                                              
                                               
                                               
ちょっと前に思い出した

こんな感じのお線香のCMが

頭から離れないので

意味なく書いてしまいました(笑)







ls1280086

2013年3月 思い付きで製作し

設置を始めて

早4年半が過ぎようとしている「えさ台」は

人のいなくなった福島の地に

自然に溶け込むように今日もありました



それは

保護もされることなく

人間がいない環境の中で

必死に生きている猫たちの

最後の希望になっている・・・



と 思いたいところなのですが

実際は餌の補充がコンスタントにできず

さらに野生動物に餌を奪われ

たとえ邪魔が入らないところでも

この季節は虫やカビなどに侵されてしまって

機能しているとは言い難い現状です





l1280082


このまま活動を続けても意味がないのでは

そう思いながらの活動・・・

それでも他に良い方法が見つからない以上

止めるわけにはいきません

保護せずにTNRし その場で生きてもらう

そのひとつのアイデアが「えさ台」ですが

餌の補充と本体のメンテナンスが

しっかりできないと意味をなしません

猫への給餌を邪魔する野生動物たち

その解決方法が駆除しかないのも悲しい現実

福島では現在

私たち人間が仕出かしたことのツケを

物言えぬ動物たちの命で払わされているのです

2011年 恐ろしいほどの数の命が

なくなって行ったのです

7年以上も経過した現在

彼らに何か良いことがあったでしょうか

忘れ去られて無視されて

あの地獄を生き延びた子たちの子孫が

また同じ目に遭っているのです





l1280071
(イノシシが土を掘り起こしています)


一握りの有志の方々が

確実に救済できる方法である

犬猫を保護そして

里親を見つけ譲渡するために

頑張ってきておられます

私たちには休日がありますが

動物の保護は休みなどありません

それがもう7年半続いていて

体力が続かなくなってきています

浪江町の赤間さんも先日倒れて

救急車で運ばれてしまうことがありました

幸い大事には なっていないようですが

ずっと無理をされてきていているのです

治療すれば治る病でも

治療する暇もない中で活動をされているのです






l1280058


福島は終わっていない

今も見捨てられた牛や猫たちが

数少ない人たちによって必死に守られています

彼らを守るのは「お金」ではありません

私たち一人一人の勇気が

彼らを守ることに繋がるのです

「わたし一人が頑張ったってどうせだめだよ」

違います

一人が福島の動物たちのために立ち上がれば

数は少なくても

間違いなく助からなかった命が助かります

それを見て

また立ち上がる人が出てくるやもしれません

一歩を踏み出す勇気

福島の方々の心の中にある勇気を

今こそ解放していただいて

のこされた動物たちのために

一肌脱いでいただければと

わたしは願っているのです









やさしいねこ
太田 康介
扶桑社
2017-10-18発売
予約受付中!












久しぶりの晴れの福島                                                                                                                      ... 続きを読む

久しぶりの晴れの福島
                                              
                                              
                                              
ここ数回は雨ばかりだった活動

良いお天気の一日でした







l1280105

日中から活動するブタ野郎家族・・・

なんて書いていますが

こうして子連れで

一生懸命生きている母子イノシシたちを見ていると

切なくなってきます


この母イノシシは足を怪我しているようでした




長い雨が終わり

やっと晴れたらもう秋

空気も乾燥 高い空



もう何度目の秋かな







やさしいねこ
太田 康介
扶桑社
2017-10-18発売

予約受付中です!






























ジメジメ浪江町のつづきです                                                                                                                   ... 続きを読む

ジメジメ浪江町のつづきです
                                               
                                               
                                              
                                              



001

でーんでんむーしむし♪




002
この写真は過去のものです


ここの「えさ台」は旧式で

交換するチャンスを伺っていた場所






003

ウンコと虫地獄に侵された「えさ台」

今回 晴れて交換することになったのでした






004

外してバラします




005

いやー ひどいものです

ウンコもひどいですが

よく見ると・・・





006

いやああああああ!





007

普段ならバラして持って帰るところですが

車に積みたくない!(笑)

次回まで雨ざらしにしておきます





008

新しく再設置

しっかり機能しますように









009

長雨の影響は

虫やカビばかりではありません






010

板が水分を含んで変形してしまうのです

ここは歪んで隙間ができてしまい

雨が中に入っていました






011

012

014

カビカビ三連発





015

ここは空っぽでした

カメラを設置したので見てみましょう




016

子アライグマが4匹 群がってました

猫は全く写っていません








019

かなり痛んでいた「えさ台」を交換

水たまりで洗浄





018

ブタ野郎に壊されないように

高い場所に設置






今回は以上です

報告が遅れに遅れて

もう明日には福島に行く日になってしまった




効率よく猫たちに食べてもらうために

猫たちに生きてもらうために

いろいろ考えてはいますが

なかなか良いアイデアが見つかりません

今のところはこの方法で

時間を稼ぐしかないのが現状です





さあ明日は晴れ予報

張り切って行ってまいりますよ!










予約受付中です!










浪江町第二部                                                                                                                          ... 続きを読む

浪江町第二部
                                              
                                              
                                              
                                               
掃除と修理でなかなか前に進めない

おまけに雨で凹んでいます






ll0065

おにょれアライグマ

こうして複数来ているのは

子アライグマの場合が多い

彼らが厄介なのは身体が小さいということ

だから猫サイズの穴でも入れてしまう




ll1270776

たくさん食べて もりもりウンコ

こやつら自分の匂いを消す事は重要ではないのか

天敵がいないのかもしれない




そんな中で ひとついいことが









ll0012




猫が来ている!



ここに「えさ台」を設置して2か月以上

初めて捉えられた猫映像です!



・・・・・・



と 思ったのだけど

やっぱりアライグマかなあ・・・

鼻先が出ているもんね

しっぽが細いような気もするけど

模様がアライグマ模様だし・・・





引き続きガンバリマス!






つづく








やさしいねこ
太田 康介
扶桑社

10月18日発売!

予約受付中!




































楢葉町の給餌を終え浪江町へ                                                                                                                   ... 続きを読む

楢葉町の給餌を終え浪江町へ
                                                  
                                                    
                                                     

ll1270675
 
やばい雨が本格的に降ってきた







ll1270679

浪江町に入ってひとつめの「えさ台」

以前ハクビシンのウンコがあったところ






ll1270677

またあった(笑)


フードは空っぽ

ウンコはバッチリ

やれやれですわ







ll1270698

小さい秋がいっぱい


もう夏は終わってしまったのでしょうか






ll1270707

ll1270703

ここもカビが生えていました







ll1270715

フードは空っぽ・・・・






ll1270723

ll1270717

穴が開けられていました

アライグマは入ることはできませんでしたが

フードが雨に濡れてしまってダメに






ll1270720

修理した






ll1270726

前々回ブタ野郎に破壊されたところ





ll1270729

今度はアライグマにやられました

もちろん修理しましたよ







ll1270735

ll1270746

ll1270747

水道のあるポイント


ここでカビのついた容器などを洗う







ll1270753

カビカビカビ



ll1270758

さらにウンコ



も~イヤ!






ll1270766

やっといつもの休憩ポイントに

ここで30分休憩だ





今回は

フードが残っていればカビだらけ

もしくは一粒残らずカラッポ

さらにウンコだ

猫たちが食べられている気がしない



掃除や修理で時間ばかりが過ぎる

やっと半分

この時点で昼が来てしまった



さらにカビウンコ地獄は続くのであった






つづく











予約受付中ですよ!









天気予報を見て大慌て                                                                                                                      ... 続きを読む

天気予報を見て大慌て
                                               
                                               
                                               


明日から3日間は雨予報だと!?

ならば今日中に「えさ台」製作しなければ!

しかも今日は夕方には雨が降ると!

気づいたのが午後2時

もう東大和市は豪雨だと!?

これは急いで作らねばねば!







l6620580945021
かわいい とらちゃんは乾燥機の中

ひんやりしているのが気持ちいいみたい

良かったねえ




・・・・・・・・・・




ではなくて!






S_6620580878887

雨が降る前に!

幸いにも世田谷は雨も降らず

しかし気温高し

のこぎり引いてたら立ち眩みがした








S_6620579445000

汗だくだ

ん? 変だな・・・






S_6620581174403

変!



富士総合火力演習でついた

おでこの一本線

帽子被らなきゃどこにも行けやしない

はずかしい






でも頑張ったおかげで

1台なんとか作れました

日曜日の福島の予報は またしても雨

フードのことを思うと泣けてきますが

暑い日が続くほうが

猫たちにとってはキツイような気がします

このほうがいいのかなあ

水も豊富にありそうだしね




次回は京都から

猫のために活動をしている方と

福島で合流して動く予定です

よろしくお願いいたします









しばらく宣伝させてくださいね



わたしを「外猫道」に導いてくれた
「やさしいねこ」うちのぽー(扶桑社刊)
写真集が発売されます


予約受付ちう!







東京も福島も長雨続き                                                                                                                      ... 続きを読む

東京も福島も長雨続き
                                              
                                              
                                              
こうも雨が続くと

身体にもカビが生えそうになりますね






l1270633
2:00AM

出発の東京も雨

東京はいくら降ってくれてもいい

福島で降らなければね












いつもの首都高最短コースが工事で渋滞とのこと

なので少し遠回りになるけれど別コースを選択

JWaveからマドンナのリミックスが流れる







あなたべはもちろん食べましたが

代り映えしないので省略して(笑)








l1270643


道中の天候は降ったり止んだり

5:30AM

楢葉町に到着








l1270646

楢葉町は小雨模様

やっぱり雨か・・・




福島ももうずいぶんと雨が続いている

その長雨がもたらす問題を

これからご覧に入れます






l1270658

もともと虫が多いポイントですが




虫注意





l1270649

ダンゴムシの巣となっていました








l1270668

そしてこの場所



そう

ここは私が華麗に戦った場所



005-02
決まってます




これはフードの容器を出してからの写真でした

そのフードはどうなっていたかといいますと








l1270663
ケホン ケホン


アオカビで真っ青になってました






アライグマも食べやしない







l1270671

楢葉町の餌場は

すべて空っぽになっているか

カビが生えているか


虫はすべての「えさ台」に入っていました







l1270674

不安を感じながら北上


浪江町は

いったいどうなっているのでしょうか






つづく

















私は謙虚な人間だ                                                                                                                        ... 続きを読む

私は謙虚な人間だ
                                               
                                               
                                               
                                                
よって自身の自慢などはしたことがない


・・・・・・・


少しはしたことがあったかもしれないが

そんなにしたことがないと思う


・・・・・・・


まあ時々はしたかもしれない



しかし今回だけ

今回だけは許してほしい

私がいかに頑張っているか

それを知って欲しいのだ


今回 仕掛けて置いた監視カメラに

私と虫野郎との戦いが記録されていたので

是非 紹介させて欲しいのだ

貴重な映像だ





001
午前5時半 楢葉町某所


日曜日の早朝だ

世間の人間たちは

まだ口を半開きで眠っていることだろう

しかし私は違う

この箱を維持するために福島にやってきているのだ





普段はとても良く寝ているので

まあこの時くらいは頑張らないといかんというのが

私の原動力だ

みんな 毎日よく寝てしまってごめん







002
戦いがあったのは

楢葉町3つ目のポイント


ふたを開けて・・・





003
左手にライト

右手に殺虫剤

そして少し距離を取る


誰が私に向かって飛び出してくるか

分からないからね

顔にくっついて

口の中に卵を産んだらイヤだもんね





004
かかってこいや!

サッと身構える私

戦闘態勢に入ろうとしているのだ





005
相手は飛ぶかもしれないし

ジャンプもするかもしれない

少し距離を取る

これが「間合い」だ

空手をやっていて良かった

先生先輩によく言われたものだ

自分の間合いを知り

それで戦うのですよ と





005-02
決まった


自分の間合いを取って

万全の体制

表情も決まっている





006
んーっと・・・

虫野郎は襲い掛かってこないな




008
・・・・・・・

しばし待つが何も起こらない

奴らは絶対にいるはずなのだ

でも何も起こらない・・・






007
離れるとよくわからんなあ


どれどれ






009
武器はただの棒に持ち替えた

私も無益な殺生はしたくないのだ

この棒ちょっと短いな・・・






010
ガサガサッ

ひゃあああああ!

飛んで後ろに下がる私






011
おい!

おまえ

あっち行って!

行けってば!

直接触れて棒に上りつかれると困るので

ヤツの回りをカンカン叩く

早朝の楢葉町に音が響いている






やがてGは私の棒攻撃に恐れをなして

「えさ台」から出ていった

ぽとりと落ちたG

楢葉町に平和が訪れた瞬間である






012
勝利のVサインだ

決してピースなどではない

Gとの和解などあり得ない






こうして私が2週間に1度のペースで

壮絶な戦いを繰り広げ

世界の平和を守っていることを

皆に知って欲しいのだ


この後

戦いはまだまだ続く

それはまた後日報告させてもらおうと思う




続く




















フードがカビでダメになっていたりえさ台が虫たちの避難所になっていたり一台一台に時間がかかっています先が思いやられますわー以上 速報でした  ... 続きを読む
フードがカビでダメになっていたり

えさ台が虫たちの避難所になっていたり

一台一台に時間がかかっています



[画像:19ae18b9-s.jpg]
[画像:513f70ef-s.jpg]

先が思いやられますわー



以上 速報でした 





この日 最後に希望の牧場へ                                                                                                                    ... 続きを読む

この日 最後に希望の牧場へ
                                               
                                               
                                               
                                               
今日はトリさんとワダくんが

お手伝いに来てるというので

ご機嫌伺いに寄らせていただきましたよ







l8724

もちろんその前に「えさ台」のチェック

前日に餌の補充をしていただいているようで

餌の減り具合が良くわからない状況

次回はカメラを仕掛けて様子を見ます







l8734

雨が降って日が差せば

ぐんぐん伸びる牧草・・・・

とはいかず 圧倒的な数の牛たちが

すぐに食べてしまうので伸びる暇がない


もう雨は降った

十分降ったから そろそろ日よ差してくれ

浪江ではずっと雨の日々が続いているようです







l8730
左から トリさん お姉さん ワダくん


お姉さん いつもありがとうございます

トリさん ワダくんは ここぞというときに

駆けつけてくれる頼りになる存在


他にもさまざまな人たちが

関わってサポートして成り立っている

希望の牧場なのです






l8739

女の子の赤牛に想いを寄せる黒牛

いい風景だと思いませんか

ずっとくっついて歩いていました

ここ希望の牧場は

牛たちの本来の姿が見られる場所なのです



もちろんオス牛は去勢されているので

繁殖しませんからご心配なく








l6518181103865

それぞれの仕事が終わり

東京方面へ戻る3人

途中 四倉パーキングで「あなたべ」






l6518185740435

駐車場に戻ると出荷されたであろう牛たちが



l6518185660607

ごめん



l6518185576269

ごめんよ



この子たちは「食べ物」ではなく「生きもの」です

この子たちの犠牲の上で

私たちの生活が成り立っているということを

忘れてはいけません








l0077


それを分かって

忘れていない人たちが集まって

希望の牧場が出来

もう6年以上もの間続いているのです
















もうタイトルにも統一性がなくなってきました                                                                                                           ... 続きを読む

もうタイトルにも統一性がなくなってきました
                                               
                                               
                                               
                                              

どんどん報告を書かないとヤバいです

もう次の日曜日には福島に行きますから!






l8635
だーれかさんが だーれかさんが

だーれかさんが みぃーつけたー ♪




確かに暑いと大変

熱中症にもなりかねないし

危険なのは分かってる


でもね



さみしー!

もうちょっと夏を楽しませてくださいよ





l8659


l8662


l8664


l8667


l8671


l8675


l8679

ここ

ふたを開けてみたら





l8680

フードがこんな状態


アライグマが手で引っ掛けて倒したかな

でも容器は倒れてないな

よくわからんなあ





l8677

んー

よくわからんけどガンバレ「えさ台」!





l8686


l8688


l8721


l8690

少し前に移動したところ

まだ食べてる形跡はありません

この時 監視カメラをセットしたので

次はデータを回収してきます









l1270411

燃え尽きた あしたのジョー状態

もう限界でした・・・

これで「えさ台」活動報告を終わります









あ うそです うそ!

これはカビ「えさ台」洗って乾かしているところ

そしてこの写真はセルフタイマーで撮影してます

セットして走って戻ってますよ(笑)



次回は最後に寄った希望の牧場です














長いタイトル(笑)                                                                                                                       ... 続きを読む
長いタイトル(笑)
                                               
                                               
                                              
                                               
なんか怒ってますけど

それが何かは2枚目の写真で







l8591
せっかく除染できれいになった場所

ここは公園です

それがまた草ボーボー


でもね

こうしてまだ公園を使用していないから

「えさ台」も置けるわけです

いずれ来るであろう取り外し要請

そのことを見据えて活動をしていかねば







何に怒っているかというと





l8593
はっきり写さないほうがいいので

こんな写真ですみません

中に山盛りのうんこがありました

しかもまだ時間が経っていないようで

やわらかいの

木の実が混じっているハクビシンのうんこです

怒 なんでするかなあ 怒

ほんと奴らには

マナーもへったくれもあったもんじゃないです

(もともとないわなあ)







l8591
うんこを取り除いて

運が去っていきませんようにナムー







l8605
帰還困難区域





l8638
猫が食べている気がしない






l8640
凄い湿気でフードが湿っている


けど

前日に小鳥さん(ボラさん)が回ってくださり

新しいものと取り換えてくださったようだ

感謝






l8641
同じ場所


「えさ台」がついているところは

帰還困難区域


小径を挟んで向かい側は

避難指示解除になったところ

解体が始まっています








l8646
こちら!

ちょっと先に業務連絡させてください

こちらの「えさ台」が破壊されて落ちていたのを

再度針金を使って修理していただいた方がいます

それを連絡いただいたのに

メールなのかSNSのメッセージなのか

何を使って連絡を頂いたのが分からなくなり

誰がしてくださったかも分からないままなのです

お礼も伝えていなくて本当に申し訳ないです

ごめんなさい

もう一度だけご連絡いただけますでしょうか




ということで

また落ちていました

というよりは

落ちていたのを

誰かが置いてくださった感じかな






この「えさ台」

中を見てビックリ





l8648
うぎゃあああ!

カビだらけ!








l8650
こりゃもうダメだと

持ってきた新しいものと交換

高めにセットしたから

もうブタ野郎には壊されないと思います






l8656
車の熱に引き寄せられたかってくるアブ


以前こいつとスズメバチを間違え

手で払って刺されてしまいました

放射能に汚染されたスズメバチは

わたしに特殊な能力を与えました

すこーしだけ寒さに強くなったのと

最近判明しましたが

何をしても痩せない身体に改造されてしまったのです

おそろしい・・・・





つづく

















すごいですよ!                                                                                                                         ... 続きを読む

すごいですよ!
                                              
                                               
                                              

いつもはつい猫の話ばかりしていますが

赤間さんちには

20頭近いワンちゃんが保護されているのです



もともとは犬の保護のために活動を始められた赤間さん

その理由は犬好きだということもありましたが

赤間さんが「犬のためにうごかねば!」

と思われた出来事が実はあったのでした



時は原発が爆発してすぐの頃

浪江の住民たちが

山を越え福島方面に逃げる途中

何とか連れてきた愛犬たちを

行政から置いて行けと言われ

泣く泣く途中で放すことになってしまったのです

わけも分からず放された犬たちは

飼い主たちの乗ったバスを追うこともなく

それぞれが家に帰るために

もと来た道を引き返していった


赤間さんはその光景を目撃したのです

そしてその犬たちのために活動を始めたのでした



私が赤間さんと初めてお会いしたのが

2011年4月に入ってすぐの頃

ちょうど「加倉」の交差点で

私を含むボラさんたちが猫保護をしている時に

交差点を挟んで反対側の もとファミマで

(現スクリーニング場)

赤間さんは犬を保護しておられたのでした

愛護団体の人だとばかり思ってましたが

地元の人だと分かり

凄いと思ったものでした




で ドッグランです







l8705
赤間さんの奥さま  二人で撮りっこしています

ドローンで撮影

ウソ

脚立をお借りして撮影(笑)



10m×35m

堂々のドッグランです





20匹近い犬の毎日の散歩は本当に大変

各地からボランティアで散歩に来てくださる人たちが

何人もおられますが 週末に集中するため

殆どは赤間さん 奥さま お嬢さんがしている状況

60匹はいるという猫たちのお世話もあり

それぞれの散歩に費やす時間も限られているのです

何よりも赤間さんが気にかけていたのは

「運動量」

中型犬 大型犬がほとんどの保護犬たち

彼らが全速力で走るのは人間がついていては無理ですね

その運動不足を補うためのドッグランを建設しています






l8694
現在は 芝を敷き詰められたそうです




赤間さんのブログに敷き詰め作業が完了したと出ていました

3.11レスキュー日誌

これを見て 私も慌ててブログ書いてます(笑)









l8714
中型犬でも厳しいのに

大型犬を散歩でめいっぱい走らせるのは

絶対に無理!



秋田犬やハスキーたちが

自由に走り回れる時はもうすぐです







l8701


動物たちが犬たちが大好きな赤間さんが

自費で作ったドッグラン

現状 行政も浪江の犬たちのことは

すべて赤間さんにお世話になっている状況

それってどうなのって思いますし

猫だって殆どが赤間さんを通して活動しているのです

私も赤間さんのお手伝いを

少ーしだけしているに過ぎません

でも赤間さんは自分の役目だと黙々と活動

浪江の住民が戻ってきて

生活が動き出せばなんとかなる

きっとなんとかなる

そう願って活動をしているのです




某番組でタレントさんが

ドッグランを建設していたのを見ましたが

こちらのほうもお願いしたいと思いました

ワンちゃんが楽しく遊べる施設を

是非 中に作って欲しいです

だめですかね?

















なんか面白いこと書かなきゃと                                                                                                                  ... 続きを読む

なんか面白いこと書かなきゃと
                                              
                                             
                                             

                                             
思うのですが

才能のない私には無理無理無理






l8540
8月6日午前2時

いつもと同じ変わらぬ風景




夏休みに入って

首都高速道路は工事渋滞

夜中に渋滞だとヘコむわー







l6518186072345
それでもなんとか常磐道に入り

友部SAでいつもの「あなたべ」

こちらも夏休み 人が結構います

なんか人が多いと楽しいな



いつもは独り

時々

孤独で不安になり押しつぶされそうになる・・・






嘘だけど(笑)






あたしが一番不安で鼻血出そうになったのが

旧ユーゴ紛争地の撮影に行った時のこと

セルビアの首都ベオグラードから

ボスニアヘルツェゴビナへ行くために

お金がかからない乗り合いバスを利用したのでした


外国人は私一人

ボスニアの国境のパスポートコントロールで

一人だけ降ろされ


「お前はセルビアの一回こっきりのビザを持っているが」

「ボスニアに入ったらそのビザを使い切ることになって」

「セルビアにはもう戻れなくなるが」

「それでどうやって日本に帰るんだ?(笑)」


あうあう

わ わたしセルビア帰りたいあるよ

だから何とかしてよ


当たり前だけど交渉してもどうにもならないという




「ここで引き返して帰る?」

「戦闘地帯突っ切ってクロアチアに出る?」

「それとも もうボスニアに住む? わっはっは(笑)」



当時ボスニアは3分割されていた

セルビア人勢力

モスリム人勢力

クロアチア人勢力

それぞれが国を名乗って支配地域を

コントロールしていたのだ



この時 私はセルビア本国から

セルビア人勢力の支配地域を通って

ボスニアに入国しようとしていた


入国審査官は笑いながら私に決断を迫る



どーするの

ほれ どーするの

って目がそういってる



バスは私一人のために

もう20分ほど足止めされている

きっと地元の人たちにも迷惑をかけていることだろう

まだボスニアにも入っていないのに

ここで帰るわけにはいかない

いかないのよーーーー!


行く

わたし行くあるよ



「え? 行くの?」

「知らないよ どうなっても」



いいの

わたしなんかどうなっても・・・





しょーもないこと書きましたが

こんなに不安になったことなかったです

怖いことと不安なことは別ですね

このあとオシッコちびりそうなこともありましたが

不安とはまた全然違うものでした

続きはいっぱいありますが

またの機会に(笑)







lgs
なんかモメてるよ

GSのおじさん困ってる

助けたほうがいいかな

どうしようかな

なんて迷ってるうちに解決しました

良かった















l8571
午前5時半 楢葉町到着

堤防工事なのかな

海に一番近い道は もうずっと工事中









l8578
うひー 空っぽだ

アライグマにやられたな







l8581
前回はイノシシにやられていた場所

高くしたことにより もう大丈夫だ

しかしアライグマは防げない









l8583
ここも空っぽ

むう・・・








l8585
あら ここも!






l0172
監視カメラをチェックしたら

太ったおっさんとアライグマが写ってた








l8587
ここも空っぽ!







l6518185996249
強烈な湿気







l6499649059735
太ったおっさん・・・

いや体格のいい初老の殿方というのだ




外で湿気が不快になるってなかなか無いですよ

気温はそれほどでもないけれども

体力を奪われそうな予感がする今回の福島でした




つづく













ダメだダメだ                                                                                                                          ... 続きを読む

ダメだダメだ
                                              
                                              
                                              
                                              

活動報告をしなくては

のんびりしていると

あっという間に次の活動日が来てしまう







001

場所は変わって





002

楢葉町から浪江町にやってきました






003

お天気は 今にも降り出しそうな感じ






004

雨が降ると活動がやり難くなるものですから





005

もう超特急で作業を進めます






005-02

006

こちらはまだ猫が食べた形跡なし

またたびを振り撒きました






007

そしてえらいもの発見


フードが山盛りだからって安心はできませんでした

見てください これを

もはや虫の巣と化した容器








008

どれどれ・・・






009

ギャー!







010

アサミさんにバトンタッチ(笑)


今回は心強い味方がいらっしゃいます








011

幼虫は糸のようなものを出して

フードを固めてしまいます

こうなったらもう他の動物は食べません

あのアライグマでさえ食べなくなるのです







012

ここはフードは空っぽ

アライグマに侵入されたようです








013

こちらは古くなったものを

新しい「えさ台」にチェンジ







013-02

時々 雨がポツポツと降ってくる

気は急くけれど身体ついて来ず(笑)







014

でも急げ急げ








015-02

むうう

フードが減っていない・・・






015-03

アライグマは来ているが

猫は来ていない

アライグマが「えさ台」の中に

入れていないのは喜ばしいことなのだけど






015-04

ひっ


ブタ野郎が徘徊している

見つかったら終わりだ







015

急げ急げ







016-02

雨が入り込みそうだったので補修



この脚立

そろそろ壊れるかも

私の体重を支えられないみたい

しなってギシギシいってる








018

希望の牧場入口








017-02

あと少しだ








017

しかし

ここにもカツオブシムシ幼虫が巣作りしてる








019

やった! ラスト!

ここは先日設置したばかり

ですがさっそくアライグマが破壊していた

ステップ部分だから

さほど問題はないけれど


雨がまた降ってきた

でも本降りになる前に活動が終了

やれやれでした







050

今回も頑張ってくださったアサミさん

大変お疲れさまでした

バレエのダンサーさんですよ

今回 虫に対しては頼りっぱなしでした

心強い味方

来年の夏またお願いしますね(笑)