そこは木の一本も生えていない場所でした。


きれいに整備された川岸は人間にとっては気持ち良さそうな散歩道。


しかし、そこは他の生き物を完全に拒絶している場所でした。





うちのとらまる



ここにはかつて集落があり、そこに暮らしていたのらねこがマンション建設の開発で


行き場を失い、取り残されてしまったところ。


そんな場所に私は行ってきました。



100匹いたねこたちは、現在地元の住民やボランティアの人々に助けられたり、


または死んでしまったりして数を減らしてゆき、この場所には12匹を残すのみとなっています。


今回、私は彼らに毎日2回ごはんの世話を長年しておられるおじさんに同行させていただき、


ねこたちを撮影してきました。



土手の上に立ち見渡すと100mくらい離れたところ


人工物が何もない土手の下にぽつんと事務机があります。


その光景はその場所にはまったくそぐわない異質なものでした。


河川敷は国土交通省の管轄になっていて勝手にモノを置いてはいけません。


しかし、この机こそがねこたちの命をつなぎとめている一番大事なものだったのです。


この机が彼らの家です。


雨が降っても全員入れない小さな小さな机。


なんと、ここでかれらは暮らしているのです。




うちのとらまる


急な土手を降り、おじさんが机を目指して歩いて行くと、

机の周りにいた数匹のねこが一斉にこちらを見ます。

そしてそのうち一匹がこちらに近づいてきてお迎えしてくれました。



うちのとらまる


おじさんが机に到着しても、ねこたちは慌てず騒がず淡々としています。


きっと食事が安定して与えられているからなのでしょう。


とは云え、食事の支度をしているおじさんを待つ仕草の中には、


確かな喜びの表情が見られます。




うちのとらまる


ここのねこたちは人間にはあまり慣れていないようです。


しかし、よそ者である私がいても逃げようとしないのは、おじさんに対する信頼の厚さ。


それだけで、おじさんとねこたちの絆の深さがわかります。


先を争うこともなくごはんを黙々と食べ、お腹を満たしたねこたちは、


仲の良いもの同士で舐めあったり、一人が好きな子は少し離れて自分でグルーミングしたり。




うちのとらまる







ねこたちのささやかな幸せのひとときです。






うちのとらまる








後編に続きます