おじさんが残ったエサや食器をきれいに片付け、帰り支度を整えます。


これをしっかりしないとカラスなどの害が出るので気を使うところです。


おじさんは丁寧に食器などをペットボトルに入れて持ってきた水で洗い、


決して残り物が出ないようにします。




うちのとらまる


おじさんは帰るために歩き出します。


一日、朝と夕方二回の、もう7年続いている日常ですから、


ねこたちは自然に受け入れています。


「おじさん、ありがとね。また明日。」


そう言っているかのように、みんな顔だけをおじさんに向けて見送ります。





うちのとらまる











うちのとらまる


その時その中で一匹だけが足元を離れません。


帰るおじさんにまとわりつき、そして先導するように歩くのです。





うちのとらまる




「ああこの子ね、チビタといって毎日土手の上まで見送りに来てくれるんだよ。」


おじさんは嬉しそうに話してくれました。


先に歩いたり、止まって寝転がったり。





うちのとらまる




遅れるとまた早足で追いかけて、


しっぽをピンと立てながらおじさんに甘えながら歩くのです。






うちのとらまる







うちのとらまる



ちょうど夕日に照らされたその光景は映画のワンシーンのように見え、


思わずシャッターを切らずにはいられませんでした。






うちのとらまる




「おじさん、僕はここまでだよ」







うちのとらまる


川原の土手が切れ人間の世界に入る境目。ここでチビタは足を止めます。


チビタの見送りは、いつも川原と街の境目のここで終わるそうです。






うちのとらまる



いつものことだからとおじさんも慣れたもの。


「じゃあな、また明日。」


そう言っておじさんはまた歩き出します。


チビタは座ったまま動かない。



この川原で生まれたから・・・ここで暮らしていくしかないのです。


こんな場所でもこの子のテリトリーなのです。


この場所がこの子のふるさとで未来なのです。


それが現実です。



私は立ち止まって行儀よくお座りして


おじさんを見送っているその子を写真に撮りました。


「ウン、また明日。 待ってるからね。」






うちのとらまる



チビタがそう言ったような気がしたあと、


切なそうにため息をついたのを私は見逃しませんでした。






うちのとらまる






ねこたちは、今の寒くもなく暑くもない良い季節のひとときを


ゆっくりと過ごしているようでした。


その光景があまりにも平和すぎて、この環境の悲惨さをよりいっそう際立たせ、


胸が締め付けられるのです。

この初夏という季節であったのと、夕方の川原の空気のせいもあるのでしょうが、


なんともいえない切ない気持ちになった日でした。







このねこたちは、もう完全に成猫なのですが、ボランティアの方や

ごはんを上げているおじさんはたとえ一匹でも行き場を見つけて

あげたいと願っています。



次回に各ねこのプロファイルを紹介させていただきます。