今まで紹介していない写真が結構ありますので


これからシロの生活風景の合間に


掲載してゆきたいと思います





7月8日 夕方



雨こそ降りませんでしたが


風が強い日でした



うちのとらまる




この頃は チャーの行方不明はもちろんのこと


ほとんどの河原猫たちは捕獲しています


残ったコイの捕獲の約1ヶ月前です (8月6日捕獲)


そしてシロは この1週間後に捕獲します (7月14日捕獲)





うちのとらまる




コイは


堤防の土手を登って


マンションの敷地の植え込みなどで


過ごすことが多かったようです


おじさんの後ろが 河原猫たちが暮らしていた堤防の下になります



コイの右上にある 少し大きめの木に


コイはよく登って 散歩する人間たちを見下ろしていました


結局 私は一度も目撃することはできませんでしたが (残念)


こういうことも聞いていましたので


少々 多摩川の水が増水しても コイは大丈夫だろうと


私も安心していたのです





うちのとらまる




おじさんは


すんなり ごはんを食べてくれないコイに


30分以上かけて ごはんをあげていました


本当にていねいに手をかけて声をかけて・・・


それを やきもきしながら撮影する私


心狭いです(笑)



そして おじさんがいつ捕獲に乗り出すのか


じっと待っていた時期でした






うちのとらまる


河原からの帰り道


西の空の雲が 風で吹き飛ばされてゆき


不思議な色の夕景でした


この写真を撮影したあと


しばらく眺めていると気が滅入ってきたので 


さっさとこの場を離れたことを思い出します