うちのとらまる


どーん







ここは横浜根岸にある


ふるーい某建物


昭和5年に建てられたとか





うちのとらまる




22年ぶりにやってきました


ここは森川との思い出の地





うちのとらまる




廃墟にそそられ


森川光生 森下光紹(同じくカメラマン) 私 太田の3人は


夜中にふと思い立ち


この場所を訪れたのです





うちのとらまる





最初はフェンスの外から見ているだけだったのですが


中がどうなっているのか非常に非常に気になりだして


とうとう いけないこととは知りつつも潜入してしまいました





うちのとらまる





中に入って昭和初期のモダンなデザインのエレベーターなどを見つつ


ライターの明かりを頼りにどんどん上へ


やはり頂上は極めないといけないという気持ちでした





うちのとらまる




3本ある真ん中の塔の屋上に立った3人は


この建物を征服したような気持ちになって


喜び合った記憶があります





うちのとらまる







遠い昔の思い出


何かしたくてしょうがない頃


森川は確かに生きていたのです













うちのとらまる



帰り道の第三京浜


怖いもの知らずの私は


会社から借りていた車で


二人を乗せてバカみたいなスピード出したっけ





あ この写真は愛車1号に二人乗りして


後部シートに座っているタマさんに撮影してもらいました


タマさんは ここ数年仲良くしてもらっている友人です


職業はグラフィックデザイナー


また紹介できる時が来ると思います






うちのとらまる




多摩川


二子玉川方面を望む






ではまた