河原猫の里親募集です




現在 一時預かり様のお宅で


里親様を待っている子達です



この子達の安住の地が決まらない限り


河原猫のお話は終わりません











うちのとらまる





↓クリックで大きくなります


うちのとらまる



ミカです


エイズ白血病とも陰性で健康なミカ


河原にいる頃からマイペースです


一時預かりを申し出てくださった沙羅さまが


一生懸命愛情を注いで下さっているおかげで


人間にも良く馴れています


詳細は沙羅さまのブログ


☆犬猫ブログ☆


こちらをご覧になってください
















うちのとらまる



うちのとらまる



↑↓ クリックで大きくなります


うちのとらまる



ボス ミケ ミー です


3匹とも猫エイズは陽性ですが発症はしていません


白血病は陰性です


それぞれ個性豊かでかわいい子達です



ボスは名前の通り 河原猫たちをまとめていたボスです


外敵から群れを守っていたのでしょう


しかし河原の厳しい環境の中でのリーダーという任務は


彼の体をボロボロにしてしまいました



ミケとミーは河原にいた頃から仲良し


二匹で協力して現在行方不明となっているチャーを育てた経験のある


面倒見の良い猫たちです


二匹ともボスをとっても慕っています



この3匹のの猫たちは


治療しなければいけないところがいくつもあって


一時預かりをしていただいている と・ろ・ろさまには


かなりの医療費負担を強いてしまいました


しかしそのおかげで


かなり健康を回復してきていて


もう河原時代の面影も少なくなってきています


猫たちの変貌ぶりは


と・ろ・ろさまのブログ


またたびハウス  河原猫関連記事


こちらをご覧になってください
















うちのとらまる



↓ クリックで大きくなります

うちのとらまる




トラとクーです 


この二匹は全く人に馴れていないため


一般の家庭では一時預かりをお願いするにも


難しい子達だったのです


しかも猫エイズ陽性というハンデもあったことで


ボランティア団体である


犬猫救済の輪 さまの施設にて預かっていただいています



お世話をしてきた おじさんがいなければ 


この河原猫たちは とっくの昔にこの世にいませんでしたが


またこちらの犬猫救済の輪さまの目に留まらなければ


この子達の運命も悪い方向に変わっていたでしょう


雨露をしのぐ所もない整地された堤防に


違法を承知で机を置き


河川敷を管理する国土交通省と交渉し


近隣のマンションの管理会社や住民の方々とも交渉して


河原猫たちを守ってくださった


私が河原猫捕獲に関われたのも


こちらの団体の後ろ盾があってこそ出来たことです


現在トラとクーは施設で保護されていますが


もっと良い環境で暮らせるようにと行動されているところです



犬猫救済の輪 河原猫関係













いきなりの話で何のことか分からない方は


「おじさんと河原猫」のシリーズ 第一回第二回(前編後編)


どうぞご覧になってください





うちのとらまる