独立記念式典


前回は軍事パレードでした




今回は場所をスタジアムに移して


社会主義国家が好きなマスゲームや 


鼓笛隊が出てきてブンガブンガしたり


ボールを使った健康体操みたいなことをしていました






うちのとらまる





うちのとらまる




うちのとらまる



正直 お世辞にも上手いとはいえないマスゲーム


部族によって意見が割れて 


なかなかひとつになれない国家を象徴していました




うちのとらまる




うちのとらまる



スタンドからの光は 太陽光を反射させている手鏡によるもの


手鏡はマスゲームに使用するもので 皆持っています


スタンドにいる何人もの少年少女が 面白がって手鏡を反射させて


私に向かって光攻撃をしてきました


「やめんかー」


という意思表示をジェスチャーでスタンドに送ったら


倍以上になって返ってきました(笑)


子供は いいですな







さらに式典の場所を室内に移し


ナジブラ大統領の演説





うちのとらまる


この時


同時通訳の機械を渡されたのですが


英語すらスットコドッコイの私に


ロシア語の機械(笑)


かなり笑えました







うちのとらまる


大統領を守るSP


チェコ製の短機関銃が生々しかったです







うちのとらまる



前回にも書いたように 彼 ナジブラ大統領は のちに処刑されました


彼にも理想があり ソ連と手を組むことで国が良くなるという気持ちもあったでしょう


しかし反対するゲリラ側からみればソ連に国を売った裏切り者で独裁者


その反政府ゲリラもまとまることもなく 自分たちの部族単位で物事を考えている


いったい何が正義なのか よくわからなくなりますね



と そんなことを考えたのは日本に帰ってからのこと


この日から数日の私は 有頂天になって 撮れるものは何でも撮りまくっていました




それが仇となることも知らずに










うちのとらまる

この頃はまだ良かったのですよ この頃は・・・