昨夜 地震がありましたね


下からどんどん突き上げられるような揺れは


あまり経験がなかったので ちょっと気味が悪かったです


東北は結構すごい揺れだったようですが


どうか被害がありませんように


この地震で


まだ何も終わっていないことを痛感しました





さて話は前後するのですが


犬や猫の話で大変だったので紹介できなかった


私が初めて南相馬市に入った時の写真をご覧ください











うちのとらまる



東京を出たのが夜の9時半ごろ


荷物満載でトコトコ走って


ここを越えれば南相馬市の八木沢峠


気温見てビックリ


やっぱりここは東北 


寒いところなんだと思い知りました


甘く考えていてすみません






うちのとらまる


そしていよいよ南相馬市に入りました


このころ午前3時ごろ


そしてさらに進んでいくと








うちのとらまる



真っ暗な中で検問をしていました


止められ


警察官の話を聴くと


ここがちょうど原発から30km圏内に入る場所


これから先は屋内退避の勧告が出ているので


注意してください ということと


20km圏内には絶対入らないでくださいと注意を受けました




この写真は帰りに撮影しました まったく同じ場所です





検問を過ぎ 市内に入りましたが


あまり車を止められそうもなかったので


海側の国道六号線の


営業していないコンビニ駐車場で夜を明かして


明るくなってきた5時半ごろから


動き出しました


目的であった20km圏内の犬猫に食事をさせに行く前に


津波の被害を確認したくて


さらに海のほうに向かってみたら・・・








うちのとらまる



南相馬市の夜明けです


この写真を見ても何も違和感はないですよね


私も知らなきゃ 普通の整備された海岸だと思います


地元の人にお話を聞いたら


まずこの石畳の先にきれいな砂浜があったとか 


そしてここはキャンプ場でもあったそうです


真ん中にテトラポッドがありますが


そんなものはなかったようです


少し先にある堤防から押し流されてきたのです








うちのとらまる


東北電力の火力発電所がありました


もちろん今は稼動していません










うちのとらまる


火力発電所の正面玄関


関係者以外 立ち入り禁止 撮影禁止 の看板


撮影禁止!?


何を書いているんだろう


もちろん敷地内に入っての撮影はいけないだろうけど


外から撮影するのを止める権利は何者にもないはず


訳が分からない看板でした









うちのとらまる



火力発電所の燃料タンクですね


大ダメージを受けています


クレーンもひん曲がるほどの力がある津波だった・・・


恐ろしいです









うちのとらまる


何もなければ気持ちの良い公園だったのでしょう


悲しくなりました









うちのとらまる


瓦礫瓦礫


靴底がしっかりしていないと釘を踏み抜きます


とても危ないですね










うちのとらまる



若者が乗る


黄色のマツダのスポーツカー


ナンバーを見たら品川ナンバーでした


運転者は旅でここまで来て被災したのです









うちのとらまる



今までの一連の写真の場所は


南相馬市の30km圏内です


ということは屋内退避勧告が出ている場所


なぜバイクで走っている?


原付のカブですから地元の人ですね


バイク好きの私もバイクで走りたくなりました







うちのとらまる


一階部分を波に持っていかれたようです


何度もあった余震で倒壊していなければいいのですが









うちのとらまる


一通り見て


国道6号線を南下


これから20km圏内というところは通行止めになっていました


この先を20kmずっと走ると原発があるわけですね



地元の消防団の車があり


入ったらダメだよと注意を受けました


その後 消防団はいなくなり




一人のおじさんがやってきました


おじさんは規制ライン入ってすぐのお宅の方で


牛と犬と猫を飼っておられました


牛を別の場所へ逃がす準備をしているとのことでしたが


自分と犬猫は残るようなことをおっしゃっていました


市内ではドッグフードキャットフードとも手に入らないそうなので


持っていたものを分けさせて頂きました











うちのとらまる



6号線ではない道で入った20km圏内の小高区


小高駅がありました


まったくの無人で


ゴーストタウンです







うちのとらまる


津波の被害はとんでもないものでしたから


忘れがちですが


地震の被害も街中に結構あったのです







うちのとらまる




見事な旧家


地震には耐えられなかったようでした


ああもったいない









うちのとらまる



規制ラインを入ってしばらく行ったところの国道6号線


この先道が寸断されて 南下するには迂回しなければいけませんでした










うちのとらまる




ここは浪江町


地震の凄さが分かります






こういう風景を見ながら


ボランティアの方々は犬や猫のために奔走しておられるのです




原発さえなければ


こういう事態を招かなくて済んだのに




他にももっともっとつらい悲劇があります


なんとか取材できたらいいのですが・・・


皆に紹介したいです







明日出発します











うちのとらまる

悲しい悲しい朝日でした

こんな悲しい朝日は見たことがありません