牛たちです









うちのとらまる


私を見ています










うちのとらまる


この柵で 1頭だけ残った この子は何を思っているのでしょうか













うちのとらまる



弱い子から死んでいく











うちのとらまる



この丸いレバーをいくら押しても水は出てきません


水道が完全に止まっています














うちのとらまる


先に倒れた仲間を気遣うような仕草を見せていました








うちのとらまる


生きている


ぼくたちは まだ生きています


いたわり合いながら


必死に生きているんです











うちのとらまる


外に出された子達は まだ幸せ


しかし いつまでもつのか・・・










うちのとらまる


子牛の未来はあるのでしょうか










県にの畜産課に問い合わせても


この子達は放置と決定しています


所有者の把握も出来ていないようです


亡くなったのか どこに避難されたのかも分からない所有者もいるようです




助けもしない


安楽死もしない



これが今の日本の方針なのです