一日 ボランティアの皆さんと


犬や猫の捕獲をして


保健所でスクリーニングを受けているとき



たまたま


ジャーナリストの山路徹氏が来られた


山路氏とは


東京で面識はあるとはいえ


特別一緒に動いているわけではありません


お互い別々で動いてはいるのだけど


妙に現場で出くわしてしまう


今回もそんな感じで 保健所でバッタリと会ってしまったのです



山路氏が私に向かって声をかけてくれた


「馬のいいニュースが これからあるのだけど行きますか?」




馬に関しては 殆ど写真を撮っていなかったので


二つ返事で行くことにした


スクリーニング受けたばかりなのに 


また20km圏内に帰ることになるとは







うちのとらまる



一部 津波被害が出たこの厩舎


数頭の馬が津波の犠牲になったようです



そしてさらに


ここにも置き去りになった馬たちがいたのです


生き残ったこの馬は


落ち着くことなく ずっと前足で地面を掻いていました







うちのとらまる


この馬はおとなしいというか


放心状態のような感じがしました







うちのとらまる



そして


となりの房の倒れた仲間を


時々気にするように覗いていました









うちのとらまる


餓死


この日本でこんなことが起こるなんて


ありえない


しかし 現実に今も起こっているのです








うちのとらまる



死んだ仲間を気遣う










うちのとらまる



その目は悲しみをたたえている様に見えます


ごめんよ


やはりここでもそう言うしかありませんでした









うちのとらまる



しかし 生き残った馬たちはラッキーでした


NPO法人と地元の有志の協力で


他の牧場に避難できることになったのです


山路氏が言う いいニュースとはこのことでした


本当にいいニュースです



そして元気な馬から移動です


彼らは30km圏外の牧場に移動しました


しばらくはゆっくりと静養することでしょう



良かった







うちのとらまる



ただ


すべての馬が移動できたわけではありません


動かすことの出来ない弱った馬などは


依然として ここで暮らすことになります


幸い飼い主様が定期的に帰ってきて


餌はもらえるものの・・・



今回の警戒区域内にしっかり入っているこの地域


残った馬たちはどうなったのでしょうか


私はまだ確認しておりません





夕暮れになり


行方不明者の捜索から


次々と帰ってくる警察車両を


この馬は


いつまでもいつまでも眺めていました




なんとか


なんとか動物たちを救って欲しい


切にそう願います







【追記】


上記に元気な馬から移送とありますが 私の間違いでした



被災馬INFOさまのツイッターでのご指摘

-------------------------------

実は、逆で、残った馬の方が元気な馬たち、移動した馬たちは治療などが

必要な状態の悪い馬でした。

本当に動かせない馬は1頭だということでした。それでも、もう餌をあげに

くる方は入れないと思います。

-------------------------------

お詫びして訂正いたします

申し訳ありませんでした




うちのとらまる