原発20km圏内が 警戒区域になってしまいました


それはもう区域内の動物の世話を出来ないということ


政府は動物たちを見捨てる決定をとりあえず下したのです






まだまだ20km圏内には たくさんの動物が残されており


飼い主さんの帰りを待っている子たちがいることでしょう








うちのとらまる





4月22日の警戒区域設定3日前


20km圏内 小高川沿いの桜が満開でした


思わず車を止め撮影してみました


横を通り過ぎる たぶん一時帰宅の住民のドライバーが


怪訝そうな表情をして通り過ぎていきます







「猫が二匹自宅に取り残されているので見てきて欲しい」


東京のボランティアさんが依頼を受け


現地にいた私に連絡がありました



場所は小高区の かなり海側でした


GPSに入力した住所で車を進めていくと


結構手前で瓦礫に阻まれ道がなくなっています

徒歩で15分くらい歩いたところに


その場所はありました



うちのとらまる




その住所の場所は


猫どころか 家そのものが無くなっていて


しばらくあたりを探しては見ましたが


何も痕跡を見つけることはできませんでした


残念な結果ではありますが


内陸の取り残され飢えに苦しんで死んでいった子達と比べ


自然災害で一気に命を落としたほうが幸せだったのかもしれない


そんなことを考えたりしながら すぐ近くの堤防に上がってみました





うちのとらまる



コンクリート製の堤防が決壊しています


なんという破壊力







うちのとらまる





そこにあった犬の足跡


どこから流れてきたのか


このあたりには食べ物になるようなものは一切ないのです







うちのとらまる




内陸のほうに帰る途中で見つけた子達


そっちは海のほうだから行ったらダメだよ


餌もないし人もいないよ


生きたければこっちにおいで


餌と水を置いて呼んでも警戒して来ない



助けてもらえる犬


運悪くボランティアさんに見つけてもらえない犬



運命は180度変わります







うちのとらまる





不憫な猫たち



お前はここで生きていけるのかい


猫の性格上 日中はあまり姿を見ることはありません


犬よりも絶対多くの猫が取り残されているはずなのです


たまに見つけても


人間を警戒して逃げていきます


そして死ぬときも


人目につかず ひっそりと死んでいくのでしょう



本当に不憫です





うちのとらまる



道路で車にひかれていた猫を見ました


少し時間がたっていて 特徴などはあまり分かりません


国道114号線 浪江町 室原---加倉 あたりだったと思います


「山本ミー」ちゃん


亡くなっていました









うちのとらまる




現在 


20km圏内の動物救出は遅々として進んでおりません


助けられるのか 完全に見捨てるのかも決まっていない様子です


ということは 


政府の中で助けようという力と 見捨てるんだという力がせめぎ合っているのでしょう



見捨てようとしている方たちに言いたい


あなた方はその判断をしたということを堂々と背負っていく気があるのですね


世界中でどこにも例のない この動物虐殺を


胸を張って しょうがなかった と全世界に対して言えるのですね





今年は誰にも見てもらえないこの桜も


運が良ければ来年には 見ることが出来るかもしれません


その時に


ペットとなる動物が一匹もいないような土地になっていいのですか


東北の長い冬が終わり やっと来たこの春を


何万匹の動物が虐殺された


悲しい季節として永遠に語られていき


虐殺の土地という悲しいレッテルを貼られていいのですね





本当にいいのですね






あとひとつ


大手マスコミの方々に言いたい



この悲劇を なぜもっと取り上げないのですか


屋根の上の漂流犬


古くは崖っぷち犬


たった一匹で大騒ぎしていたじゃないですか


全部で万単位の動物が 理不尽な理由で殺されようとしているのですよ


なぜ動物たちを助けようキャンペーンをしてくれないのですか




お願いです


本当にお願いです


どうかどうか 彼らを救ってやってください


お願いいたします










うちのとらまる