原発圏内に取り残された動物で


私が一番気にかけているのは







当然 私は猫好きですからね








うちのとらまる





ある住宅街 (場所は詮索しないでくださいね) を車でゆっくり走っていたら


白猫ちゃんが ぽつんといました










うちのとらまる




大人のようでもありましたが


小さい子でした




そして 少し痩せて薄汚れた姿は


とてもはかなげで


どうしても保護したいと思いました




今回は 「福島原発20キロ圏内犬猫救出プロジェクト」  の


おーあみさん ナカジマくんと一緒に来ているので


お二人に お願いして救出して頂くことにしたのです








うちのとらまる



まずは 白猫を呼んでみます


呼ぶ係は


今まで猫の声真似が通用したことがないと言われた ナカジマくん


ニャオニャオ


ちょっと怒っているような ドスのきいた感じ


それじゃーダメでしょ なんて思っていたら・・・




まあ なんてことでしょう




白猫ちゃんは 捕獲器をセットした場所 ナカジマくんがいる方向に


ふらふらと吸い寄せられるように歩いていきます







うちのとらまる



そして捕獲器の近くまで来ました


あともう少しです




ナカジマくんの ニャオニャオ も力が入ります







うちのとらまる




通り過ぎて お花畑に (笑)



ダメじゃん ナカジマくん





この白猫ちゃん お花が似合います









うちのとらまる



お花が似合うなんて言っている場合じゃなくて


なんとかしなければ




ここでやはり頼りになるのが おーあみさん










うちのとらまる



餌を上手く使い おびき寄せ








うちのとらまる



最後は お尻を押して捕獲器の中へ (笑)


うまいもんです









うちのとらまる




あああ かわいい


うちのシロをひとまわり小さくした感じ


この子は今日 病院に入院しており


健康状態をチェックしてもらっています



良かった 良かった


保護しないで置いていったら


この子はどうなっていたか


生き延びられるかどうか


その可能性は低かったでしょう


この子を保護でき 私は本当に嬉しかったのです




ありがとう おーあみさん


ありがとう ナカジマくん




そして捕まってくれて ありがとう 


ふたばちゃん (♀名前つけました)




絶対に幸せになって欲しいと思います







【追記】


先日書いた


「待ち続ける犬」  ですが


飼い主さんが見つかりまして


これから定期的に戻ってきて世話するということを


ボランティアさんが確認されました


よって待ち続ける犬の保護は


見合わせることになったことを報告させて頂きます


心配してくださった方々大変申し訳ありませんでした












うちのとらまる