保護活動 最終日の朝


私は他の人たちより先に 南相馬市役所に向かうため


ビジネスホテルの駐車場に止めてある


カミさんから借りてきた 愛車ココアに乗り込んだ



保護活動も3日目 


体力的にも そろそろきつくなってきた


しかも 他の仕事と重なって慢性的に寝不足になっている





「にゃー・・・」





エンジンをかける前に猫の鳴き声が聞こえた気がした


気のせいと思いエンジンをかける




「にやーーーーー」







猫などは車に積んでいない


連日の猫保護活動で


私もとうとう幻聴が聞こえてきたかと思って


ふっと笑いながら そのまま発進した




「にゃーーーーーーーー!」


「にゃーーーーーーーー!」





なんと しばらく走っても


猫の声が ついて来るではないか


時速50kmで走っても猫は ついて来る






そんな まさか


ありえない


まさかこの車の何処かに 猫が乗っているなんて




どこに!?


室内!?


いや違う!


外だ!




背筋が寒くなり あわてて路上に車を止める


国道6号線


大型車もバンバン通っている


朝の通勤車もいて交通量は多い




道幅の狭いところに停めたものだから


大型車がすれ違いできなくなり 道路は軽く渋滞しだした


しかし 今はそんなことよりも猫が気になった


はいつくばって車の下を覗き込む


猫の声が時々聞こえるが 姿はまったく見えないのだ



ボンネットを開けてエンジンルームも見るが


声はすれどまったく見えない!



いつまでも道路上にいると迷惑をかけるので


少し先にあった田んぼのあぜ道に 車をそっと入れ


本格的に捜索を始めるも見つからない


そのうち声も聞こえなくなった



ぎゃー いやだいやだ


このまま猫がどこにいるか分からないまま


出発なんて怖くてできない



必死に猫の鳴きまねをして


猫の反応を待つ



呼び続けること約3分


反応があった!


周りの草むらから聞こえた



おわっ


車から降りたのかっ!



雑草がかなり伸びていて


姿が分からない



一番怖いのは 国道に出てしまうことだ



時々声が聞こえ


少しずつ移動している


その方向はまさに国道だ



今は草が邪魔をして猫の逃げるスピードは上がらない


しかし 開けたアスファルトの国道に出てしまったら・・・


パニックになった猫は迷わず道路に飛び出すだろう



ああああだめだめだめ


そんなことは絶対ダメ!


なんとしても捕まえなくては!



声がする方へ 雑草を掻き分け私も進む


慌てて猫を踏んでも大変だ



やがて猫に追いつけた


キジトラ子猫だ!


必死に逃げているのだけど


草が邪魔して難儀しているようだ


その進む姿が ちょっとかわいい


とか言ってる場合じゃなくてっ!



国道の30cm手前で やっと上から押さえ込めた!




「ギャーーー」




子猫ちゃんはパニックで暴れる


ガブガブガブ


バリバリ




「ぎゃああああああ」




もーす 咬まれて 引っかかれて あまりの痛さに叫ぶ



格闘が始まった


子猫とは思えないすごい力だ


もうこっちはどうなってもいいから絶対離さない


しかし暴れる咬む引っかく


どうすればいい


そうだ首だ!


母猫が子猫を運ぶ時のように首をつかむんだ!



首を片手でつかもうとした


猫はくるりと体制を入れ替え またしても思いっきり咬む



「ぎゃああああああ」



南相馬の田んぼに私の悲鳴が響く


しかしその声は国道を走る車の音にかき消され


誰も気付いてもらえない


というか


気付かれなくてよかったと思う



182cm 0.1㌧ の私 VS 子猫ちゃん


とても人に見せられるものではない




片手がダメなら両手で掴み


とうとう捕獲することができた



車には猫を入れるために持っていた洗濯ネット


これに放り込んで一件落着


子猫に勝利した瞬間だ








うちのとらまる


にゃー







お前の名前はココア


もうそれしか考えられない




このあとネットに入ったまま また逃げようとした


油断ならぬヤツ


洗濯ネットを二重にしてやっと大人しくなった














うちのとらまる



うわーん


子猫の牙って細いから


プスプスよく入ります


痛いよう













うちのとらまる



さらし者の刑だ


クリックすると大きい画像です














うちのとらまる



何回咬まれたんだろう


腫れて曲がらなくなっちゃった













うちのとらまる



ココア


よくぞ私の車に入ってくれたね














うちのとらまる




君の未来は おーあみさんに託すことにする


きっと幸せにしてもらえるよ