レスキューしながら撮影する活動


もう3ヶ月半になります


先日 何回福島に行ったか数えてみたら


17回



東北道や常磐道の道の悪い箇所も覚えてきましたよ


結構行ってます



これは自分の目的がふたつあるからなんですね


猫を保護してやりたい のと


福島の現状を撮影して皆さんにお知らせしたい といこと


行く理由が どちらかひとつだったら


ここまでやれなかったでしょうね



保護に夢中になると 写真が撮れない


写真ばかり撮ってると 保護ができない



行く度に


どちらかが犠牲になるので


次こそは!


と 思うわけです




そんな中で


いろいろな失敗もあって


それをカバーするために 行かざるをえないこともあったのですね





たとえば こんなことがありました




あるお宅からのレスキュー依頼


犬1匹と猫が3匹


個人ボラさんからの また聞き依頼だったので


あまり詳しく話を聞いてなかったのが失敗でした



ご自宅を訪ねてみると


生き物のいる気配がありません


もうここにはいないと判断し


移動を始めて100mの道路上



そこには2匹の犬がいました











うちのとらまる




依頼されていた犬の特徴は


ヨークシャテリアと柴のMIX


顔はヨークシャテリア寄りらしい


写真はなく ふーんと聞いていた私











うちのとらまる



ゴールデンと一緒のこの子


どう見ても 柴寄りだよなあ


と 判断









うちのとらまる



人懐っこかったのだけど


この日は 鳥と猫の保護日だったので


ご飯を与えて バイバイしてしまったのですね











うちのとらまる




頑張って生きるんだよ


ごめんね





ということで東京に戻り


ボラさんに写真を見せたりして


さらに その写真を依頼主さんに見てもらったら


「この子です!」 と



うわっ なんてこと



せっかくいたのに置いてきちゃった




それからというもの福島に行ったら


必ず 撮影した場所を訪ねることに


しかし 毎回空振りに終わっていました



申し訳ない気持ちで いっぱいだったのです






そして ひと月後・・・







一昨日


本来依頼を受けたボラさんからメールが来ました


内容は


チョコちゃん(名前) ゲット!








うちのとらまる



うふ 捕まっちゃった♪ (ボラさん撮影)




わーん 良かったよう


ありがとうありがとう


もうこれであそこに行かなくていいんだね



ほっとしました











うちのとらまる




私の保護活動ってのは こういうお間抜けな失敗をしながら


やってるわけです






チョコちゃん 遅くなってごめんね







このチョコちゃん


実は妊娠していて


もうすぐ子どもが産まれるようです


その前に保護できて良かった


個人ボラさん 感謝感激雨あられ


今度 安いものおごります(笑)








【追記】


私が撮影した時に一緒にいたゴールデンの件ですが


チョコちゃん保護時には いなかったそうです