「のこされた動物たち」 新宿での写真展


終了いたしました






うちのとらまる









写真展のお礼が遅くなりました


申し訳ありません


たくさんのご来場者 たくさんのご寄付


こんなにも多くの方々が関心をもってくださり


福島の子たちを心配してくださっている






うちのとらまる





私が思うに 


時にボランティアさんたちは


孤独感を感じながら


20キロ圏内に突入しておられると思います


もう世間に忘れられてしまっているのではないか


そんな不安を感じつつ


しかし 絶対動物たちを助けるんだという


強い意志も持って活動しておられるのだと思います


今回の写真展での反響 皆さまの関心の高さが


ボランティアさんたち 福島に通う人々にとって


励みになってくれることを


私は期待しています








うちのとらまる





今回募金していただいたお金は


ボランティアさん個人が すべて自腹でフードを買い


自前の自動車で交通費を支払っておられている


個人活動していらっしゃるボランティアさん中心に


フードを提供させていただくことにします


必ず


福島の子たちに届けることをお約束しますね








うちのとらまる






この私も


誰にも看取られずに消えていった子たちを想い


今現在必死で生きている子たちのために


微力ですが行動していくことをお約束いたします



ご来場くださったみなさま


寄付してくださったみなさま


お手伝いしてくださったスタッフのみなさま


パネルの手配や本を提供してくださった飛鳥新社様と ご担当者さま


この度は 本当にありがとうございました





太田康介