最近チラホラ聞くようになった




福島の警戒区域の動物たちの 『野生化』




私は この 「野生化」「野犬化」 という言葉に反応してしまいます




一言 いわせていただきますね







うちのとらまる




「半年以上放置された犬や猫たちは野生化し

自分で餌などを取って生きています」


とか


「犬は野犬化し 人間を信用していないので

近づくと咬まれる恐れがあります」


こういう使い方で聞きますね




私が思うに


(あくまでも私が思っているだけですが 

ほぼ間違いないと信じています)


長年 人間と一緒に暮らしてきた


イヌやネコたちが


簡単に野生化するわけないじゃないですか


特に犬に関しては


100パーセント自分で餌を取って生きていくことなど


無理でしょう


今生きている犬達は


ボランティアさんたち


地元の人たち


原発関係者の優しい人たちが置く


フードを食べてかろうじて生きているのです


野生化したから攻撃してくるとか咬むとか


何を言っているのだと思っています


犬たちに失礼ですよ




もちろん咬んだりする犬はいるでしょう


しかしそれは相手が飼い主じゃないから


赤の他人だから咬むのです


そんなこと当たり前ですよね


全部の犬がどんな人にも


尻尾を振ってくるわけないでしょう




何百年と何千年とかけて


野生化していくというのなら分かりますが


半年やそこらで


人間のパートナーである犬が


野生化などするはずがありません


そのへんのところ


報道される方も


しっかり言葉を選んでいただきたいですね


私は怒ってますよ 








うちのとらまる






餌を求めてさまよう彼らに


まるで危険な存在になったのは


彼らの責任のような表現




そんな表現はしちゃダメですね


あまりにも彼らに対して失礼です











うちのとらまる







彼らに希望の光が


降りそそぐ時がくるのを信じて






今晩また仲間たちと


行ってきますね