こんばんは



今回の福島は


雨が降ったり止んだり晴れたりと


なんか落ち着かないお天気でした



ただ、気温は22度と比較的暖かく


動いていたら汗ばむほどの気温でしたね



それでも福島は秋真っただ中で


冬の到来を予感する風景がちらほら見られました



私たちは


出来ることを無理せずに


淡々とやり続けます


やり続けることが大事なのです











うちのとらまる




あら


君は麻呂?


マロでしょ(笑)










うちのとらまる




背中に少し怪我をしているけど


とても元気で人懐っこい


助けてやりたい


でも


ううう


連れて帰っても行くところがない



これは困ったと 皆で相談











うちのとらまる



マロ!


か かわいい


こんなかわいい子なら


ひょっとすると預り先が見つかるかも と


現地から ツイッターで報告してみようということになり


預りさん募集をお願いしてみる



そしたらなんと!


一時預かりをしていただける方が連絡をくださいました!


嬉しい・・・


ありがたい・・・


これでまた1匹救えます





そしてマロは東京へ







うちのとらまる



ねこひと会の「猫のマリアさん」ちに到着したマロ


ケガが広がっている・・・


ドキッとしました










うちのとらまる



「猫のマリアさん」がチェックしてみると


べろっと皮が剥がれました


ひええええええっ!


私だめです


注射も見られない男なんです



しかし記録を残さないと ということで


必死で撮影


ファインダー越しなら結構いけます


写真で見てみると


ケガは思ったより大きかったことが分かりました



どうも咬み傷らしいです


犬か


はたまた猫同士なのか


残された子たちは


本当に過酷な生活を強いられているのです




まず病院へ行って


ケガの治療


ウィルスチェックなどをしたのち


預り様のうちへ行くことになるでしょう




「猫のマリアさん」が


放っておいたら厳しいことになってたかもしれませんね


よく連れ帰ってくれましたね と


おっしゃってくださったのが


とても嬉しかったです




そして


何より感謝しなければいけないのは


一時預かりを名乗り出てくださいました


所沢にお住まいの H岡様


この方のおかげで 


マロ(仮名)を あの地獄から連れ出せたのです


ありがとうございます


感謝いたします















うちのとらまる




さてさて他にも嬉しいことがありましたよ


現在は南相馬にお住まいの方の黒猫ちゃん


依頼で行きまして見事に捕獲器に入ってくれました


もう7ヶ月ですよ


本当に奇跡と言っていいと思います


無事に飼い主様のもとに帰ることができました











うちのとらまる




最後は仔猫ちゃん


怒ってます


そりゃそうですよ


人間なんて見たこともない子


誰もいない住宅街で保護しました











うちのとらまる




女の子です


今は怖がっているけど


きっとすぐに人間に馴れるでしょう











うちのとらまる



君の行き先はどこになるかな


優しい人に もらわれるといいね




あの場所には 


きっと お母さんや兄弟がまだいるんだろうね


大丈夫


フードはたっぷり置いてきたから


そして次回も見に行ってくるからね


君は君の幸せだけを考えていればいいからね













そして最後に



いつも私がお世話になっている


「ねこひと会」


被災猫たちの譲渡会  が行われます






うちのとらまる





併せて 私の写真展もしていただきます


サイズはA4やA3ですが 


猫写真を中心に結構な枚数を展示する予定です


当日は私も会場へ是非行きたいと思っていますが


福島行きと重なったら どうしよう・・・


まあその時に考えるとします




猫ちゃんも写真も 


お気軽に見に来て頂けたら嬉しいです