以前にも書きましたが


出来ることをしていただけませんでしょうか




実際に動いて


圏内に入っておられるボランティアの方々


頭が下がります


ボランティアの方々は特別の人たちではありません


何の特権も持っていない


普通の方々です




他にもやれることはあります


保護された動物たちのいるシェルターのお手伝い


一時預かりさんや里親さんになっていただく


募金












うちのとらまる






それも難しければ


あまり報道されない福島の子たちを忘れずに


これからも関心を持ち続けていただき


最後の最後まで見届ける


彼らが最後にはどうなったか


日本という国が彼らに何をしたか


見届けて欲しいのです



私は


絶対忘れない


そしてこれからも


写真を撮り続けます





よろしくお願いします










先日の写真展でいただいた募金


すべてフードの購入資金になっています


私も餌やりで使わせていただいています


ありがとうございます



今晩また出発です