11月5日


今回も餌やりを主体に行ってきました








うちのとらまる






今回の福島は霧が深く


まるでこの世とは思えない景色










うちのとらまる




そして


いよいよ冬の到来を思わせる朝霜


早朝の山間部は気温3度くらいか


動物たちに厳しい季節がやってきました




冬が来た 冬が来た


これは大変だ と言っても


私ができる事は殆どなく


餌やりくらいしかありません


その餌やりでさえ


すべての地域をカバーできるわけもなし


常に無力感を感じながらの活動となっています










うちのとらまる




警戒区域に向かう道


この先に待っているのは


動物たちの地獄



8ヶ月前までは


人間とともに平和に生きていた動物たち



現在は 餌を求めさまよって


力なきものは死んでいってます











うちのとらまる




警戒して近づこうとしない犬


しかし餌を求めていました












うちのとらまる





いつも同じ場所にいる三毛猫


人間を見ると出てきます












うちのとらまる





後ろは津波エリア


久しぶりに訪れた小高区下浦


誰かが餌をやっているのか


生きている猫がいました






淡々と


感情を出さずに活動する


これを心がけています




そうしないと


心が壊れそうになるのです




冷静に 冷静に


自分を守る上で大事なこと





頑張ります