今回も猫をメインにフードを置いてきました


もう猫のために必死です (ちょい大げさ)


これは私が猫好きだから しょうがないですよね






それと






他の理由もあるんです












うちのとらまる




飼い猫がいて


何らかの理由で連れ出せない方のお宅です


他人に負担をかけないように


自分でフードを置かれている









うちのとらまる





なんとか死なないで欲しい


飼い主さんの気持ちが伝わってきます





こうやって


自力で助けに来られる方


ボランティアさんに救出を依頼される方


自分で餌やりに来られている方


餌やりをボランティアさんに託す方


残念ながら放置された 可哀想な子もいますが



飼い猫は 



飼い主さんが見つけて捕獲さえできれば


救出しようと思えばできるんです


そういう意味で 飼い猫たちは まだ恵まれています









しかし


私が本当に心配しているのは














うちのとらまる




坂下ダム近く


ここでは以前 この白猫を含む2匹を保護しました


この写真は写真展でも使用しました



情報では もう一匹いるとのこと


その子は保護できていません




そこに先週末行った時








うちのとらまる




ああっ いました


たしか情報では茶トラだったけれど


この子はキジ白


近くに住んでいた子なのでしょうか



もう 一匹の猫をピンポイントで探すことなど不可能です



とにかく一匹の猫がいたのです


人間にまったく馴れていない子




近づくとすぐに逃げてしまいました






私の心配しているのは こういう子たち


恐らく飼い猫ではないでしょう


住民の方が可哀想だと


餌だけ与えていたのかもしれません


猫の場合


殆どが こういう猫たちですよね


飼い猫でもない


もちろん野生でもない


いわゆる野良猫たち












うちのとらまる




浪江サンプラザ (ショッピングセンター)


ここにも人に馴れていない数匹の猫がいます







うちのとらまる




肉付きは良さそうです


私も含め


ここは他のボランティアの方も定期的に餌を置いてくださります


壊れた建物の中で暮らしているようですので


冬になっても安心です











うちのとらまる



話を戻しますが


野良猫たち


野良猫たちは救出の対象にはなりません



もちろん優しいボランティアさんは


依頼を受けたお目当ての子ではなく こういう子たちが捕獲器に入っても


分け隔てなく保護してくれます


しかし それらはほんの一部のことです




猫の殆どを占める野良猫たち


彼らを全頭 警戒区域から保護し救出するのは無理です


見捨てられた飼い猫も もちろん不憫ですが


誰にも気に留められず ひっそりと餓死していく野良猫たち


野良猫たちを生かすためには 定期的な餌やりしかありません


飼い猫や弱っている子は例外として


保護よりも 餌やり


とにかく餌やりが大事だと思います




ですから


お願いですから 


ボランティアさんたちや飼い主の方々に


餌やりの許可を出して欲しいのです




行政ご担当者様 


よろしくお願いいたします