名古屋に来ています


土曜日の今日は朝から雨が降っています


雨は昔から大嫌いでしたが


雨でしか水分を取れない子たちが


北の国にいると思うと


苦しくなります




福島は雪が降っているそうです


雪はいいですよ


私は雪が降って欲しいと思っています


雪が降って積もるということは


動物たちにとって水分を取るための


水タンクになります


雨なら流れて終わりですけれど


雪はしばらく残ってくれますからね




今日も個人ボラさんたちが福島に入ってくれています


継続的な給餌給水


弱っている子の保護


ボラさんたちの働きなしでは


福島の子たちは とっくの昔に全滅です


なのに国は 


しゃあしゃあと3月頭に一斉保護を発表しました


この1年間 餌をやりに行くことも禁じておいて


今頃 一斉保護


あきれて言葉が出ないです



「一斉保護」の言葉は


去年から何回か聞いたように思いますが


一度も一斉になったことはなかったですね



今度こそ「一斉保護」になってくれるように期待しています









さて名古屋写真展


2日を終えて


1日中 お客さまは途切れることなく


名古屋の方々の関心の高さを感じました




さあ 土曜日


今日明日と どれくらいの方が来場くださるか楽しみです


ただ あまり混むと 


写真をゆっくり見ていただけないのが心配です


上手く均等に・・・って無理ですかね



写真はストレートに楽しんで(今回は楽しいものではないけれど)頂くものと


写真を通して その背景を想像して頂きたいものもあるのです


私たちカメラマンも そういう写真を撮るように心がけています


なかなか撮れませんけどね









うちのとらまる



第一ドイツテレビ ARDさんが取材に来てくださいました


これは記念に撮影したわけじゃなく 写真を撮っている私をテレビが撮影しているところ


凝った作りになっていて 手前の白シャツ(日本支局長)の方を私が撮影します


どうもそこにいるのは私だそうです


よく分からないのですが 


インタビューに答えている私を 


私が撮影しているというふうにしたいらしいです


なんか小芝居させられて 恥かしかったです



ARDさんの取材は これだけではなく


もうすでに一度 圏内の取材をしていただいています


日本のTVや新聞が ちっとも動いてくれないので(注


外国にいいつけてやります




(注

TV新聞が動かないのは確かですが、今回とある国内のTV局のディレクターが

個人として私を助けてくださいました この方は そのために局の上層部から

叱られたそうです 他にも現場の方々には大変お世話になって出来るぎりぎりの

ところまでやってくださっています 新聞もTVも上へ行けば行くほど熱い気持ちが

薄れていくのでしょうね 残念です






では あと4日間 


全力でお待ちしています! (よくわからん表現)





あ 明日日曜日の報告会もお待ちしています!