3キロ圏内は中間貯蔵施設が出来るために

いずれは立ち入り禁止になるであろうということで

重点的に猫の保護などをしなくてはいけない場所です









$うちのとらまる



海岸近く

津波によって1階部分を持って行かれてしまったお宅










$うちのとらまる



双葉の町役場近くにあったスローガン

「原子力郷土の発展豊かな未来」










$うちのとらまる



しかし誰もいなくなってしまった

未来は豊かになるどころか汚染された物質が

半永久的に貯蔵される場所となるのです













以前から行ってみたかった原発が見えるポイントです









$うちのとらまる



上のムービーと同じ場所から望遠で撮影したもの



原発は確かに安定した電気を私たちに供給してくれていました

しかし いざことが起きてしまうと人間がコントロールすることが出来ず

町がいくつも消滅しかねない とても危険な存在だということがわかりました

それに伴って動物たちの命を救うことも許されない事態を引き起こしました



去年の3月以降

我が家は暗くなりました

これくらいの節電で間に合うのかどうか分かりませんが

私も我慢をしなければいけないと思いました

初めは嫌だったこの暗さにも

だんだん慣れて来ました



私の贅沢のせいで

動物たちは死んでいったのです

もう二度とこんな思いはしたくありません