アニマルフォレスト さん企画 


3.11東日本大震災追悼プロジェクト~memorial mum~


の 続きです







うちのとらまる



浪江町で見かけた牛


そっと近づいてみました


牛は私を怖がることも無く


じっと佇んでいます


こんなに時間が経っても まだ人間を信じている・・・












今日は浪江町を中心に活動しました


もちろん猫たちに餌をやりながらの活動です







うちのとらまる


ある牛舎


ここにも悲劇の跡が まだ残っていました










うちのとらまる


時間の経ったものや












うちのとらまる


まだ間もないものもありました






飼い主様が苦しんで苦しんで


なんとか生かそうと餌を運ばれたことが想像できます


しかし力が及ばなかった


結果 牛は餓死という


一番苦しい死に方をすることになってしまったのでしょう





もう餓死という死に方だけは させないようにお願いしたいです


この死に方だけは 絶対に絶対に避けてやらねばいけません











うちのとらまる






うちのとらまる















去年の四月に初めて行った牛舎を訪れました




うちのとらまる


誰もいなくなっても


あの時の光景がよみがえります







うちのとらまる



餌も水も無く


3分の1は死んで


残りの3分の2は 1ヶ月近く 生き延びていたのです








うちのとらまる



牛舎の裏の用水路


ここには まだ骨が残っていました









うちのとらまる


彼らは 私たち人間が見捨てたのです


そして苦しみぬいて死んで行きました










うちのとらまる


ふと足元を見ると


猫の骨


20キロ圏内は


死があらゆるところにあります




死んでいった彼らへの供花


プロジェクトとしては これで終わりますが


弔う気持ちはずっと持ち続けて


これからも活動していきたいと思います



そして今月4月22日


私が写真展でもお世話になっている


ささきちさん 主催で


慰霊祭を企画されました


南相馬と東京の2箇所で開催です




警戒区域内どうぶつ慰霊祭















うちのとらまる



まだまだ厳しい状況は続いていきます



一匹でも多く生かしてやりたい


飼い主さんに会わせてやりたい



そういう思いでボランティアさんは


今日も餌をやり続けています






円で設定されていた20キロ圏内は


川内村や田村市が解除になり 一部形を変えました


これからも解除になるところが出てきます


解除になった地域の住民の皆さん


住むのはまだ難しいと思いますが


一時帰宅されたときには


飼い主さんでなくても少しでも動物たちの餌やりをお願いしたいです


大変だとは思いますが


同じ土地に一緒に住んでいた皆さんの小さい仲間です


どうか手を差し伸べてやってくださるようお願いいたします


余所者が勝手な事を言って申し訳ありません


どうかお許しいただけたらと思います