6月13日


猫のマリアさんと保護活動に行きました



例の場所の子猫を捕まえるために


捕獲器を2台仕掛けます












うちのとらまる




2台のうち1台にキジトラっぽい子が入りました


おっぱいの様子から この子はお母さんだと思われました


子供のためにリリースして置いていくか悩みましたが


私の見た子猫は


もう自分でごはんを食べられるくらいの大きさだった


後で必ず子猫を保護する


相談の結果 このお母さん猫を連れて帰ることにしました


次に私が来るのが17日(日)


そして猫のマリアさんが次に来るのが20日(水)


チャンスがまだ2回あります


しかもラッキーなことに


おーあみさん とーるくんチームが手伝ってくれることになったのです


お二人は土日で活動されるので


土曜日に捕獲器をセットしていただいておいて


日曜日に私が取りに行くという作戦


結局 取りに行くのも とーるくんにお願いしちゃったのですがね


まあそれは後の話



そして監視カメラの設置です


6月13日~17日まで4日間置いてみることになりました



あそこに猫は何匹残っているのか


最低いつも10キロの餌を置きますが


2週間で空っぽ状態


本当に猫たちに行き渡っているのか


今回それが明らかになればいいと思いました



では見てみましょう










うちのとらまる


一日目


私がカメラをセットして1時間後くらいの写真です


もう私はこの場を離れています









うちのとらまる



おおっ


さっそく猫の登場です










うちのとらまる


辺りを伺っているのか










うちのとらまる


大人の黒猫!


この場所で黒猫なんて見たことがない


最初から驚かされます











うちのとらまる


尻尾は長くて立派


この子がお父さんなのか?


見ていて もうワクワクしてきますね










うちのとらまる


ダンボール食堂が役に立っているかと思うと


本当に嬉しいですね












うちのとらまる


ちゃんと猫の命を繋いでいたのだなあと


しみじみ思いました












うちのとらまる


餌を置きにいくものにとって


この写真は本当に励みになりますね












うちのとらまる


いっぱい食べるんだよ












うちのとらまる




この子はこの場所に30分くらいいたようです




ふーむ


これだけゆっくりと食事できるということは


あまりライバルは いないのかもしれないと思いました







後の写真を見て


そんなのんきな気持ちが吹っ飛んだのです





つづく (引っ張ってごめんなさい)





とにかく3000枚以上の写真が撮影されていたので


選ぶのも大変なんですよ・・・