いつまで続くのか このシリーズ


まだもう少し続きますのでご了承くださいね






さて 前回 一番最後に出てきたケダモノが


ハクビシンではなくてアナグマだ


という指摘がコメントされました









ケダモノ博士のわたくしに意見するとはいい度胸だ


私はかつてニューヨーカーだったことがあり


ニューヨークのアメリカ自然史博物館の動物紹介


このブログでやったほどの人物である


その私がハクビシンといえばハクビシンに決まって・・・



慌ててインターネットで調べたら


なんとなくアナグマちゃんかな・・・


そんな気がしてきたような



まあどちらにしてもケダモノが来たのだ


それでいいやん



て ことで


続きです










うちのとらまる



夜が明けました



果たして猫は あの黒い子一匹だけなのでしょうか


以前に子猫を目撃しているので現れないと心配です


目撃したのは3週間前


もう死んでしまったのでしょうか











うちのとらまる


うお


しょっぱなから猫がっ


しかも黒猫じゃないっ












うちのとらまる


しっぽの短いキジトラだ











うちのとらまる



オスかなあ


子猫がいるということはお父さんもいるわけで










うちのとらまる



入っていく


フードが残ってたらいいけれど・・・












うちのとらまる


頑張って生きてるね









うちのとらまる


アクビなんかしてるよ











うちのとらまる



何を考えているのか




とにかく この子も保護しなきゃね


これで大人の猫が二匹いることが分かりました


あといったい何匹いることか



















うちのとらまる


やっぱりタヌキ(笑)







うちのとらまる



毎回タヌキは欠かせません








続く