日曜日の小高餌やり活動のあと

希望の牧場を訪れました





希望の牧場の手前の牛舎には

楢葉町から来た

やまゆりファームの牛たちがいます





$うちのとらまる



今のところですが餓死の心配も無くなり

一見のどかな牛舎の風景











$うちのとらまる




原発事故後 一年と五ヶ月

混乱の中 しっかり世話も出来なくて

状態の悪い牛たちもいます












$うちのとらまる




その中に












$うちのとらまる




命が尽きようとしていた牛がいました














$うちのとらまる




餓死しないで生かすことが精一杯の毎日

調子を崩す牛たちの世話まで

手が回らない現実


















君は精一杯生きているよね

君は幸せだったかい

殺処分も免れ

生き延びたよね
















$うちのとらまる




命って何だろう

どういう状態なら幸せなんだろう

私たちは何をすればいいのだろう




私には答えが出せませんが

何も自分で選べない牛たちを目の前にすると


生かしてやりたい

ただただ 生かしてやりたいという気持ちになるのです








皆さんも機会があれば

是非 南相馬を訪れて

必死で生きている牛たちを見て

命を考えてみてください