本当に情けない

この国はいったいどうなってしまったのだろう



希望の牧場代表の

吉沢正巳氏が警察に出頭されました


参考人としてではなく被疑者として・・・





$うちのとらまる



吉沢さんが南相馬警察署に到着



「希望の牧場」スタッフや

同じ敷地内で牛を生かしている「やまゆりファーム」のスタッフたちが

のぼりや旗を立ててお出迎え








$うちのとらまる



$うちのとらまる



$うちのとらまる



署内に入る 吉沢さん






$うちのとらまる



$うちのとらまる



約30分後 出てきた吉沢さんを囲み取材


熱く語ってくださいました

内容は下の動画をご覧ください











撮影:玉水睦夫 
編集:太田康介



浪江町の許可証なのに

大熊町に無許可で入ったのがいけないということ



これを聞いて 「はぁ~?」 と思う方はたくさんいるでしょう

まず 警戒区域の住民の殆どの方々

富岡町 大熊町 双葉町 の住民の方々は

楢葉町や浪江町 

以前だったら南相馬市や川内村を通らないと自宅に帰れませんでした

そのために いちいち他の町の許可などは取っていられません

まったくナンセンスな話です



公益立ち入りにしてもそう

許可をもらっていない町を通過しないと

事業所にたどり着けない

そんな方はいくらでもおられます



吉沢さんの行為が法律違反だというなら

殆どの住民が法律違反者になります



原子力災害の いびつな姿が見えてきています

何も人に迷惑をかけていない

牛飼いが牛の命を守ろうとしているだけの吉沢さん

それが罪となってもしょうがないと

皆さんは思いますか



これが今の日本なのです

こんな世の中は変えていかねばなりません

これは決して他人事ではないのです









$うちのとらまる



警戒区域内で牛を生かし続けられるのは

吉沢さんいなくしては成り立ちません

どうか皆さん

これからの吉沢さんを見守ってあげてくださいね



よろしくお願いいたします









--------------------------------------------


「おじさんと河原猫」名古屋写真展 開催中です!


--------------------------------------------