途中 写真展などがありましたので


報告が遅くなっております





去年 猫たちに寒い冬を乗り切ってもらうために


ふと思いついた プラスチックダンボール食堂


コストが安く


断熱効果が少しあるので寝床になるのと 


中にフードを入れれば全天候性食堂になるという


私の悪い頭ではなかなか良いアイデアだと思ったのですが






結果が こちら












うちのとらまる



あう










うちのとらまる




あうあう






これらは多分 野生動物に破壊されたと思われます


まいったな・・・


確かに強度は殆どないプラ段


これでは使い物になりません




これに代わるもの


確かにあるにはあるのですが


コストが高い


押入れ収納ケースですね


どこのホームセンターに行っても


使えるサイズのものは 1個 1000円以上します


これをいくつも購入するわけにはいけないと思っていたところ



ありましたよ 安売り商品が


1個 500円弱 プラ段より安い


さっそく喜んで購入し使用してみました



しかし野生動物の力を侮ってはいけません


彼らはこれさえも破壊してしまいました



値段の張る 肉厚のいい物だったら大丈夫だとは思うのですが


そんな高いものを大量には買えません


何とか今あるものでやっていくためにはどうすればいいか


ちょっとだけ考えました







少し改良したのがこちら







うちのとらまる


まず蓋が開けられていたことが多かったので


紐で縛る 


原始的です



そして 開けた入り口を手で破壊していたこともあるのです


ガムテープで補強してみました


まあ補強というよりは 弾力性を持たせたということですね


でもこれがどこまで通用するかはわかりませんが・・・






うちのとらまる

(体が入らないアナグマは手で破壊しようとしています)












うちのとらまる



それと


猫が入っている時に他の動物が来たら


逃げ道がなくなるという話を聞きました


なので反対側にも もう一個穴を開けてやったらいいという話


初めは 「なんでそこまで」 と思っていましたが


確かに考えてみれば可哀想になってきたので もう一個開けることに


作業は倍になりますが猫のためです













うちのとらまる


せんちゃんのいたところにも設置









うちのとらまる



ここには リサイクルショップで購入した小ぶりのものを設置


中古でも十分


いや リサイクルショップのものの方が


肉厚でモノが良いのが安く売っています


難点はいつも売っているとは限らないこと









うちのとらまる




動かせないように周りを固めました


どうか猫さんが来てくれますように






もしボランティアさんに支援したいと思われましたら


猫が通れるくらいの穴を開けて送っていただけたら


ボランティアさんは助かると思います


どうかよろしくお願いいたします



ちなみに私のほうは自分で買って作って


自分で使用したり 


私もボランティアさんに使っていただいたりしていますので


私への支援は募集していません


よろしくお願いいたします






-------------------------------------------------------------


【追記】


先日 私が保護した 「カツラくん」 一時預かりさんのところにおります


1年半以上 山の中で暮らしていたのに 人間を忘れていませんでした


もう二度とお腹を減らせることはないように してやってください




里親さま募集中です


よろしくお願いいたします



預かりさんのブログ   「たわごと」



詳しくは こちらをご覧ください