1年と9ヶ月も経ってしまいました



警戒区域の動物のニュースなどは殆んど出なくなり


たまに牛が車にはねられるニュースがあるのみです



国からの殺処分命令に同意せず


何百という牛たちの命を守っている希望の牧場代表


吉沢さんが被疑者になっても


大手マスコミたちは報道もしません



こうしてマスコミが取り上げなければ


福島で起きている現状や事実は


あえて知ろうとしない人たちの視野からは


どんどん外れていくのです



そうして忘れ去られた警戒区域は


動物たちの墓場になり


歴史からも消え去っていくのでしょう







うちのとらまる




イノシシです


彼らは彼らで必死に生きています


ボランティアさんたちが犬猫のために置いたフードは


彼らにとっては労せず手に入れることが出来て


栄養価も高いので とてもラッキーなことでしょうね



彼らがフードにつられてやってくる事によって


民家が荒らされてしまいます


その苦情が行政に行き


ボランティアさん自身の動きが制限されてしまうというジレンマ



ただただ犬や猫を生かしたいだけのボランティアさんたちは


頭をフル回転させて対策を考えています













うちのとらまる




牛がひょっこり現れました


ここは双葉町




もう立派に成長した成牛ですが


耳のタグ 耳票がないこの牛は震災後生まれということが分かります


人間を知らない 


自分が何のために生まれてきたかも知らない牛です


豊富な草を食べて健康そうな体をしていました


この子の未来はどうなるのか


現時点では分からないのです





ただ


このまま私たちの関心が薄れていってしまえば


この牛は意味なく死んでいくことになるでしょう




間違いなくきっと・・・