保護した猫が死んだそうです






2011年9月3日


まだ警戒区域だった楢葉町で おーあみさんと  活動していた時に見つけた子








うちのとらまる




どこか溝にでもはまってしまったのか


白いねこが茶色のツートンカラーに


なんとしてでも連れて帰りたいと おーあみさんと思ったものでした




保護してからの相談の結果 


この子は 猫のマリアさん  に預けることになり


病院に連れて行っていただき検査をしたら


残念なことに白血病の陽性でした



いつもお世話になっている一時預かりさんにお願いし


可愛がって頂いた結果


何とか触ることが出来るようにまでなりました



しかし白血病ということで里親が見つからず


一時預かりさんの負担も大きくなってきて


シェルターをお持ちの


信頼できるボランティアさんに預けることになりました



数ヶ月 広いシェルターで暮らしていましたが


残念ながら昨年の12月31日に亡くなったそうです


前日まで普通に ごはんを食べてたのに突然死だったようでした







うちのとらまる



保護当時は痩せていてみすぼらしかった子


このままだったら 程なく野垂れ死にしていたでしょう


暖かい部屋で お腹いっぱい食べて暮らした1年4ヶ月は


幸せだったと思いたいです




この子は幸いなことに


お坊さんに戒名までつけていただいたそうです


このお坊さんは私がボランティアをするきっかけを作ってくださった方


ありがとうございました















うちのとらまる



お坊さんが撮影してくださいました


おなかがプックリしていますよね


最後までしっかりごはんを食べていたのでしょう


いろいろ大変なことに遭ったけれど 


この子は幸せものです


ね 幸せだったよね



バイバイ







追記


一時預かりさんのところにいた頃のプクプクの「白ちゃん」


こちらのブログの過去に遡れば幸せいっぱいの白ちゃんが見られます