2011年9月1日の記事


「待ってるよ 5」 で紹介した猫


耳が片方折れている長毛の茶トラ


http://ameblo.jp/uchino-toramaru/entry-11004787195.html

(アメブロさんリンクできないのはなぜ?)







うちのとらまる


週刊朝日のグラビアでTOPの扉ページに使用された写真です





でも結局は保護できなかった子


ミニチュアダックスのくるみがいた場所の近くで発見し


その後 何度か捕獲器を仕掛けたのですが


結局は入らずに そのままになっていいました


それ以降 写真を見るたびに少しの罪悪感をもっていましたが


いつしか忘れてしまっていた猫でした









うちのとらまる


しっかり探さなくてごめんよ




私がしていることは保護活動なんて言えるほどのものではなくて


助けることが出来た子なんてのは本当にごくわずか


ほとんどが助けられなくて後悔ばかりしているのです



この子もその中の一匹でした






しかし





先日 にゃんこハウス http://ameblo.jp/ariko602/  で活動をしておられる


ぽんぽんさん http://pon-rare.jugem.jp/  とお会いした時に


「あの子は保護されてますよ」 とのお言葉をいただきました



え?



「ライオン丸って名前がついています」



えええええええーーーー!?



そうだったんだ・・・・


保護した場所は私が見かけたところと同じ場所のようでした


津波が来たところなのに


あそこでずっと待っていたんだね・・・




ぽんぽんさんは写真を送ってきてくださいました









うちのとらまる


うわーーそうそう!


左耳が折れていて長毛


素晴らしい! 保護してくださって感謝します!


ライオン丸はその後 里親さまも見つかり幸せに暮らしました・・・







突然死・・・


病名は判らなかったようですが残念なことになってしまいました


里親さまは本当にこの子を大事にしてくださったそうです


その熱心さは


ライオン丸を保護した現場まで行かれたことからも分かりますね





そしてまた幸運だったのは


死後にはなってしまいましたが飼い主さまも見つかり


遺骨と遺品は飼い主さまのもとに帰れた事


良かったね


ボランティアさんや里親さんたちのおかげで


この子は寿命を全うできたのでしょう






ライオン丸は幸せな猫でした