ブログを一生懸命更新しないと


写真が溜まるばかり


ネタがまったく無いときもあるんですけどねー




特に福島はせっかく撮影してきたのに


時期を逸してのお蔵入りはもったいないですもんね










牛のレスキュー前の話です



4月12日


福島浜通りは すっかり春めいていて


桜も盛りを過ぎていた頃










うちのとらまる


前日に富岡町の仮設住宅におじゃまして


富岡町の方に「えさ台」の設置許可をいただけたのです



2日連続福島行きで ちょっと効率が悪かったのですが


「えさ台」を設置させていただけるとあって気分はルンルン



お天気もよく こんなに気分良く福島に行くのも久々でした











うちのとらまる


富岡住民の方と待ち合わせは午後


それだけで行くのはもったいないので


朝から楢葉と富岡をゆっくりと回ることにしました





2年前バリケードをそっと動かし入って行った


海沿いの道を進みます



楢葉町の一本松


ここは津波の被害があった場所












うちのとらまる


汚染で住めないというよりは


津波で破壊しつくされた地域です




しかし除染はこういう場所も進めています


もちろん住民のためにしているのでしょうけれど


住民の方々はどうするでしょうか


はたして津波のことを考えると帰ってこられるのか



それに近くには中間貯蔵施設の候補地もありそうです


その近くで以前のような生活が取り戻せるとは思えないのです


まあ そういう場所だからこそ候補地になっているのでしょうけど












うちのとらまる


津波に破壊された建築物の土台のコンクリートを突き破り


タンポポが咲いています


自然は強い


人間や動物は弱いですね











うちのとらまる


動物だけが生きているんじゃないってことを感じた場所でした












うちのとらまる


少し内陸に行きますと


分かりにくいですが三毛猫がいました


あたりに家はありますが


一階部分は津波で破壊されているお宅ばかりのところです



今の私に保護する力はありません


フードと水を置くのが精一杯です












うちのとらまる


楢葉町の竜田駅前


黒猫が生きています


ボランティアさんの置いた餌を食べて生きているのでしょうか


しかし今の楢葉町は


餌を置いても置いても撤去されたりするところがあったりして


ボランティアさんたちも困っている状態です


なんとか自治体の許可を頂きたいところですが


まだその兆しは見えません


まずは住民の方々の協力を得て


根気良く交渉していくしかないのでしょうね











うちのとらまる


牛の神さま


たくさんの牛たちが死んで行きましたが


残った牛たちをどうか見守ってやってください















うちのとらまる


楢葉の里は素晴らしいところ


何としてでも復活させないと国の損失だと思いました










楢葉町をあとにして


すぐ北隣にある富岡町です


再編成で


今まで入ることが出来なかった場所にも自由に行けるようになりました











うちのとらまる



ここは国道6号線の富岡駅に通じる「月の下」交差点


「富岡は負けん!」


うん 負けないでください


本当に




交通量がまだ少ないので車道で撮影











うちのとらまる


警察車両から逃げることばかり考えてきましたが


現在は このとおり


道路で撮影していたって何も言われないのですよ(笑)














うちのとらまる


駅に来ました


海がすぐそばですから かなりの被害があったところです








うちのとらまる



自動車もどこから流されてきたのか


線路上にあります









うちのとらまる




2年が過ぎました


自然が人間の作ったものを飲み込んでいきます











うちのとらまる


ここに人が住めるのか


皆さんならどうしますか


また地震が起きて津波が来たら・・・











うちのとらまる


住民の方々は本当に悩んでいらっしゃるでしょうね・・・










うちのとらまる


さて春といえば桜


定番の夜ノ森の桜並木を見に行くことにしました


途中でキジに遭遇


キジは福島でよく会う鳥のひとつ


よそでは殆ど見たことがないのに








うちのとらまる



桜並木を進みますが500mくらいで行き止まり


まだまだこれからってところで終わっていました












うちのとらまる



行き止まりになっていたところは


私が給餌を続けていたところでした


ここはダンボール食堂をデビューさせた場所なのです











うちのとらまる



桜は何も知らずに毎年咲いています


いつもなら人で賑やかだったのに


この2年は静かだなあ なんて思っているかもしれません





自然(地球)は強いです


自然を守ろうなんていうのは人間の思い上がりですね


自然を守ろうと言いながら人間を守りたいだけ


自然が犯されると 結局はそれが人間に返って来る


それが怖いから守らなきゃと言っているだけなんですね



地球というものがまずあり


人間はそこに住まわせていただいているだけ


なのに自分が支配している気分になって好き放題している


そのしわ寄せが今 自分に返って来ているだけなんですね



自分たちで選んだ道


原発容認も 生活の便利さの追求も


それによって自分の首を絞めるのは それはしかたがない



でも



つつましやかに生きている 


ほとんど迷惑もかけずに つつましく生きている他の生き物を


巻き添えにしていることに気がつかなければいけません



どうか一人でも多くの人が


このままではいけないことに気づき


行動を起こしてくださることを願っています