渡欧中で お留守になっている松村さんちですが


それでも動物たちは生きています




お留守番を任されていたのは


松村さんの お父さん お兄さん




そして今回 ウィズキャトルの 


永澤代表と和田くんも お手伝いに行っておられたようです









写真ウィズキャトル提供



ポニーの やまちゃん


油断するとかじられます(笑)











写真ウィズキャトル提供


すっかりダチョウの もも(仮 を征服した和田くん


自信がみなぎっています














写真ウィズキャトル提供




牛のお世話に お兄さんと出発










写真ウィズキャトル提供



ウィズキャトルが手配したロールを


ご自身でも給餌 


精力的に活動をされている永澤代表












写真ウィズキャトル提供



牛のための作業は重労働です


一口に「牛を助けたい」といっても


日々のお世話は途方もない手間がかかります










写真ウィズキャトル提供




牛たちの餌の手配をメインに活動しているウィズキャトル


20キロ圏内の牛たちの生命線を繋いでいます













写真ウィズキャトル提供




諦めたら そこで終わり


あっという間に彼らは消えていなくなってしまいます


そうなることが たまらなく嫌だと思う人々によって


牛たちは生かされているのです






















写真もうーす提供 あ いらんか




しろです


あたちは首のところが気になって舐めてしまうの
















さびです


あたちは別に気になるところはないの













3月11日


今回 しろのための塗り薬をお持ちしました















お医者さんに言われたのは


舐めても害はないけれど


効果を出すためにも塗ってから30分は舐めないようにさせてください




松村さんの お父さんにそのことを告げると


しろの気を散らすことを一生懸命やってくださいました


















それでも油断をしていると


ぺーろぺろ





あーもう


だめだっぺー



















こうしとけ




お父さんガムテープをペッタンコ




いやそれは・・・(笑)


すぐに剥がれちゃいましたから効果ナシでしたけどね















しろ おじいちゃん なにやってんの


さびは まったり中




















平和な時が流れていた松村さん宅でした










すこーし気になることがありましたが・・・


もう少し様子を見てから報告することにします